「エンジニア」の記事一覧

リチウムイオン電池

令和元年度技術士第二次試験問題[機械部門] 必須科目1-1 ①「すり合わせ型」(インテグラル) ②「組み合わせ型」(モジュラー) この区分は、モノづくりの本質を考える上で画期的で極めて有用な概念である。

参照:https://www.engineer.or.jp/c_topics/006/attached/attach_6640_1.pdf   キーワード 組み合わせ、すり合わせ   組み合わせ、すり […]

3Dプリンティング技術でジェットコースター(スチールベンジアンス)の完全に機能するモデルレプリカ再現

シーダーポイントのテーマパークの最新の魅力は、スリル満点のアドレナリンを誘発するスチールオンウッドのローラーコースターで、最初のドロップは205フィート、反転は4回、通信時間は30秒で、最も高く、速く、長くなります。 - […]
バンバンクロス

ハイブリッド電気飛行機でグリーン飛行 離着陸時に使用される電気モーターが燃料消費、騒音公害を減らす

Faradair Aerospaceは英国の新興企業で、ハイブリッド駆動の飛行の状況を変えようとしています。同社は最近、旅客および貨物輸送用の18座席バイオ燃料駆動ハイブリッド飛行機の新しい設計計画を発表しました。 「こ […]
リチウムイオン電池

エンジニアは、新しいアイデアを捻り出し、大きなイノベーションを起こすことができる。あなたの夢を叶える可能性を持った素晴らしい職業だ。

エンジニアは、新しいアイデアを捻り出し、大きなイノベーションを起こすことができる。あなたの夢を叶える可能性を持った素晴らしい職業だ。 ただし、エンジニアに成りたてのあなたは、まだエンジニアの原石で、将来光り輝くためには成 […]
ヒートポンプ

本来固体中の熱は、振動を粒子とみなしたフォノンによって運ばれ、熱特性はフォノン同士の衝突頻度に左右される。そのため、フォノン同士の衝突以前にフォノンの平均自由行程程度のナノ構造に衝突させれば、物理的な構造により熱伝導を制御できると考えられた。

研究に用いたナノ構造の熱伝導計測用光学システムと測定原理 東京大学生産技術研究所は2017年5月19日、シリコン薄膜にナノ構造を形成することで熱を特定の方向に流し、一点に集めることに成功したと発表した。半導体チップなどの […]
サラリーマン金太郎MAX

超短波帯で応答する有機トランジスタを実証、遮断周波数の世界記録を2倍更新 東大など | fabcross for エンジニア

超短波帯で応答する有機トランジスタを実証、遮断周波数の世界記録を2倍更新 東大など | fabcross for エンジニア 超短波帯で応答する有機トランジスタを実証、遮断周波数の世界記録を2倍更新 東大など 東京大学大 […]

振動力発電というのは、圧電素子(ピエゾ素子)という振動や力が加わると、変形して電圧に変換する素子を利用します。

振動力発電というのは、圧電素子(ピエゾ素子)という振動や力が加わると、変形して電圧に変換する素子を利用します。 これを圧電効果と呼びます。この原理の逆のものは逆圧電効果といい、電圧をかけると伸縮します。 例えばスピーカー […]

謎の流体運動への新たな洞察を発表した。将来的に、乱流遷移と乱流についてより包括的で概念的な理解をもたらすという。

‪謎の流体運動への新たな洞察を発表――遷移流の新概念を説明 沖縄科学技術大学院大学 | fabcross for エンジニア 沖縄科学技術大学院大学(OIST)流体力学ユニットの教授 ピナキ・チャクラボルティ氏、連続物理 […]
リチウムイオン電池

【落合陽一】21世紀はトレンドを読み、時代性を理解して自ら研究していくことが重要になってくる

勉強と研究やはり繰り返しである。 勉強というのは他人が研究した結果を学ぶことで、 研究というのは他人が勉強可能な状態にしてあげることですね。 教科書を書く作業と、教科書を読む作業 勉強が教科書を読む作業で、研究は教科書を […]

2019年に行われた研究によると、超加工食品は食欲をそそるだけでなく、食べ過ぎになりがちであるという事がわかった。

身の回りに加工食品が増え始めたころから肥満の人は多くなってきたように思われる。   2019年に行われた研究によると、超加工食品は食欲をそそるだけでなく、食べ過ぎになりがちであるという事がわかった。   […]
人生の幸福に大事なのは金より時間!

ディープラーニングは次元の呪いが原因で高次元で我々の幾何学的な直感が破綻するようだ

ディープラーニングは現在我々の生活を変えつつあるAI技術である。ディープラーニングは2011年頃から急速な進展を見せ始め、瞬く間に実用的なテクノロジーへと進歩した。ディープラーニングの発展のスピードは凄まじいものがある。 […]
鉄道車両

AIやビッグデータを科学研究に活用する試みは、研究分野を超えて広がっている。研究の効率を大幅に向上し研究者は単純作業から解放される。

科学研究や技術開発に人工知能を活用する科学のためのAIの進展が著しい。AIは膨大な実験、観測データや複雑な現象の背後に潜む最適解を探すのが得意だ。生身の人間である科学者は、現象を記述するパラメータの数や、研究対象が拡大す […]
リチウムイオン電池

小型ドローンの電源など、取り付けや活用が難しいところでも使える太陽電池の実用化が近づいてきた。ペロブスカイト太陽電池

ビルの壁や丸みを帯びた屋根、小型ドローンの電源など、取り付けや活用が難しいところでも使える太陽電池の実用化が近づいてきた。ペロブスカイト太陽電池と呼ぶタイプで軽くて曲げられる特性を活かし応用分野を広げられそうだ。 ペロブ […]