「エンジニア」の記事一覧

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:環境]1-5-6

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:環境]1-5-6 科学・技術史(ラジウムの発見、種痘法の開発、トランジスタの発表等)

(ア)ポロニウムは1898年7月にウラン鉱石から発見され、ラジウムは1898年に放射線の測定と分光学的測定から発見されました。 (イ)ジェンナーが種痘法を発表したのは1798年です。 (ウ)ブラッテン、バーディーン、ショ […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:環境]1-5-5

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:環境]1-5-5 明治維新で発展した日本の産業技術

科学技術の歴史に関する問題も技術士試験では頻出です。ここでは、「不適切なものはどれか」という問いにも気をつけましょう。 今回の項目は 1. 適切な説明です。江戸時代を通じてすでに軽工業の分野で成熟を迎えていましたが、主に […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:環境]1-5-4

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:環境]1-5-4 日本のエネルギー情勢(主要な発電方式とエネルギー調達先)

(ア)30が正解です。 電気事業連合会の資料では、2010年度時点の発電量に占める原子力発電の割合は28.6%となっており、選択肢のうちこの数値に近い30が正解になります。 (イ)コンバインドが正解です。 コンバインドサ […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:材料・科学・バイオ]1-4-6

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:材料・科学・バイオ]1-4-6 PCR法の熱変性、アニーリング、伸長反応

PCR法は今や生命科学における基本的な技術となっており、また昨今は新型コロナウイルスの問題に伴って、広く一般社会でも耳にする用語となりました。したがって、今後も技術士試験では取り上げられる機会が多くなると思われます。 1 […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:材料・科学・バイオ]1-4-5

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:材料・科学・バイオ]1-4-5 アルコール酵母菌の呼吸とアルコール発酵

求めたいのは、好気呼吸とエタノール発酵でそれぞれ発生した二酸化炭素(CO2)量のモル数の合計になります。 解法ですが、まず、問題文の「酸素を2モル吸収した」という点に着目します。 これを、「好気呼吸」の式に当てはめると、 […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:材料・科学・バイオ]1-4-4

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:材料・科学・バイオ]1-4-4 アルミニウムの結晶構造と単位胞と配位数

面心立方構造の場合の単位胞(単位格子)には4個の原子が含まれます。 ちなみに、単位胞に2個の原子を含むのは体心立方構造です。 面心立方構造の配位数(近接する原子の数)は12です。 ちなみに、配位数が8なのは体心立方構造で […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:解析]1-3-5

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:解析]1-3-5 単振動する質点系に固定されたばねの固有振動数

ばねの固有振動数fは f=1÷2π×√(k/m)で求められます。 ばね質点系A、B、Cは単振動する角度がそれぞれ異なりますが、固有振動数は単振動する角度に影響しないため、固有振動数は同じ値になります。 したがって、fA= […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:解析]1-3-4

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:解析]1-3-4 三角形の内心と外心の性質と座標の求め方

内心:三角形の三つの内角の二等分線が交わる点を内心すなわち内心円の中心としたもので内心円は円の外周が三角形の三辺と接します。 外心:三角形の三辺の垂直二等分線が交わる点を外心すなわち外心円の中心としたもので外心円は円の外 […]
令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:解析]1-3-1

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:解析]1-3-1 3次元直行座標系の発散(DIV)を使った計算

発散は3次元直行座標系に存在する微小立方体のX平面、Y平面、Z平面を通過する流体の変化を表しています。 発散が正の値であれば流入に対し流出の量が増えており、負の値であれば、流出に対し流入の量が増えていると判断できます。 […]