Pocket

令和2年度技術士第一次試験問題[適正科目]2-3

まず、それぞれの正誤ですが、

(ア)→正しいです。精査の結果、利益相反状態は確認されなかった、なっても決して無駄ではなく、疑念を未然に防ぐ上では適切な対応です。

(イ)→正しいです。このような対応は、多くの雑誌で、査読者マニュアルに明記されています。

(ウ)→誤りです。本人と同一生計である配偶者や子、親も利益相反の検討対象となるので、これは委員会へ相談すべき事案となります。

(エ)→正しいです。大学外の営利企業が大学内の施設を無償で利用した場合、利益相反状態を疑われる可能性がありますので、事前に相談することが必要です。

これらの正誤を正確に並べると、3.が正解となります。

[解答:③]

もっと知るには・・・

おすすめ参考書

amazon 楽天

■資格取得に関してのおすすめ記事

資格取得のその先… まず第一に「資格」自体取得したところであまり意味をなしません。資格取得はゴールではなく稼ぐための手段なのです
学歴・資金・資格なしでも人生を一発逆転できる方法とは
仕事で成果を上げるために必要な2つの「仕事の構造化」と「仕事のシステム化」について

 

Pocket