Pocket

令和2年度技術士第一次試験問題[適正科目]2-4

問題文にもある通り、情報漏洩は近年大きな問題となってきていますので、技術士試験においてもよく取り扱われる問題となっています。問題文の中で出てきた「営業秘密」に関する考え方は、経済産業省のサイト(https://www.meti.go.jp/policy/economy/chizai/chiteki/trade-secret.html)に、各種資料を用いて詳しく解説されています。

(ア)→正しいです。他に、価格情報、製造方法、設計図面、などが該当します。

(イ)→誤りです。有害物質の垂れ流し、脱税等の反社会的な活動についての情報は、法が保護すべき正当な事業活動ではないため、有用性があるとはいえず、営業秘密の3要件に該当しません。

(ウ)→正しいです。公開されているので「公然と知られていないこと」に該当しません。

(エ)→誤りです。「営業秘密」として保護されるためには、3つの要件を「全て」満たすことが必要になります。

これらの正誤を正確に並べると、2.が正解となります。

[解答:②]

もっと知るには・・・

おすすめ参考書

amazon 楽天

■資格取得に関してのおすすめ記事

資格取得のその先… まず第一に「資格」自体取得したところであまり意味をなしません。資格取得はゴールではなく稼ぐための手段なのです
学歴・資金・資格なしでも人生を一発逆転できる方法とは
仕事で成果を上げるために必要な2つの「仕事の構造化」と「仕事のシステム化」について

Pocket