Pocket

令和2年度技術士第一次試験問題[適正科目]2-11 

ロナルド・メイス教授、問題文中にもある、ユニバーサルデザインの提唱者ロナルド・メイス教授の設立した「ノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンター」のサイト内(https://projects.ncsu.edu/ncsu/design/cud/about_ud/udprinciplestext.htm)に記載されています。英語での記載ですが、一つずつ日本語に訳していきますと、

PRINCIPLE ONE: Equitable Use → 原則1. 公平な利用

PRINCIPLE TWO: Flexibility in Use → 原則2. 利用における柔軟性

PRINCIPLE THREE: Simple and Intuitive Use → 原則3. 単純で直感に訴える利用

PRINCIPLE FOUR: Perceptible Information → 原則4. 認知できる情報

PRINCIPLE FIVE: Tolerance for Error → 原則5. エラーに対する寛大さ

PRINCIPLE SIX: Low Physical Effort → 原則6. 少ない身体的努力

PRINCIPLE SEVEN: Size and Space for Approach and Use → 原則7. 接近や利用のためのサイズと空間

となります。これはそのまま、問題の項目(ア)〜(キ)に相当しますね。

したがって、(ア)〜(キ)の7つの項目は全て主旨に一致する、ということになりますので、不適切な項目はない、「0」、ということで正解選択肢は1.の「0」となります。

[解答:⑤]

もっと知るには・・・

おすすめ参考書

amazon 楽天

■資格取得に関してのおすすめ記事

資格取得のその先… まず第一に「資格」自体取得したところであまり意味をなしません。資格取得はゴールではなく稼ぐための手段なのです
学歴・資金・資格なしでも人生を一発逆転できる方法とは
仕事で成果を上げるために必要な2つの「仕事の構造化」と「仕事のシステム化」について

Pocket