Pocket

引用:Tesla’s Giga casting strategy to be adopted by half a dozen other automakers

Tesla’s approach to using giant casting machines, 副業マイスターnamed Giga Press, to make car bodies with just a few massive casted parts is catching on in the auto industry.

A Tesla supplier says that it is working with about half a dozen other automakers taking the same approach.

Over the last few years, Tesla has been heavily investing in casting and alloy technology to enable larger casted parts that have the capability to greatly simplify manufacturing.

The company acquired several units of the biggest casting machines in the world. They have been deployed at Tesla’s factories in the US, Berlin, and China.

Tesla has already been producing the Model Y with a single rear body piece that replaced 70 different parts in the vehicle.

Earlier this year, a picture of the first single front casting part of the Model Y produced at Gigafactory Texas leaked.

Last month, we reported that Tesla produced the first Model Y with both front and back single-piece casting.

The strategy to greatly reduce the number of pieces to make a car body results in a massive reduction in the complexity of the body line and the capital needed to build the production line.

It also brings weight advantage to the vehicle itself, which in turn can improve efficiency. However, it’s not all advantage.

Some people in the industry have been critical of the cost associated with potential repair in the event of an accident. This is led to questions whether Tesla is leading a new way for the auto industry to build cars in the future or if it was a fool’s errand.

But now it looks like some other automakers are willing to give it a shot, especially in China.

The New York Times published a report on Liu Siong Song, an engineer behind LK Technology, a partner in Tesla’s casting technology.

Liu said that he is working with six Chinese automakers to deploy similar casting technology as soon as next year:

“In addition to Tesla, LK will supply similar giant casting machines to six Chinese companies by early 2022 as more automakers adopt Tesla’s way of making cars, Mr. Liu said.”

However, the engineer suggests that they might run into some issues:

“For all China’s progress, it still has a long way to go. LK hopes to deliver the same types of casting machines to many Chinese companies in the next two years. But some of those companies are struggling to find car designers of the type and talent that Tesla has aplenty. Without the designs, LK can’t deliver the machines.”

Aside from designs, other automakers might also run into some issues with materials.

Tesla has long invested in material science to develop its own alloys to support such large casting parts. The automaker even partnered with SpaceX to share material science talent to develop those alloys.

ギガプレスと呼ばれる巨大な鋳造機を使って、わずか数個の巨大な鋳造部品で車体を作るテスラのアプローチが、自動車業界で注目されている。

テスラのサプライヤーによると、同じアプローチをとる他の自動車メーカー6社ほどと協力しているとのことです。

テスラはここ数年、製造を大幅に簡略化できる大型鋳造部品を実現するため、鋳造と合金の技術に多額の投資を行っています。

同社は、世界最大級の鋳造機を数台導入しました。米国、ベルリン、中国にあるテスラの工場に配備されています。

テスラはすでに、モデルYの70種類の部品を1つのリアボディピースで置き換えたモデルを生産しています。

今年初めには、ギガファクトリー・テキサスで生産されたモデルYの最初のシングルフロント鋳造部品の写真が流出した。

先月、テスラが前後ともシングルピースの鋳造で最初のモデルYを生産したことを報告しました。

車体を作るための部品点数を大幅に削減する戦略は、結果として車体ラインの複雑さと生産ライン構築に必要な資本を大幅に削減することになる。

また、車体そのものに重量の優位性をもたらすので、効率の向上も期待できる。しかし、メリットばかりではありません。

業界内では、事故が起きた際の潜在的な修理に伴うコストについて批判的な意見もあります。このため、テスラが今後の自動車業界の新しい車作りをリードしているのか、それとも愚策だったのか、という疑問の声が上がっています。

しかし今、他のいくつかの自動車メーカーが、特に中国で、それに挑戦しようとしているようです。

ニューヨーク・タイムズ紙は、テスラの鋳造技術のパートナーであるLKテクノロジーを支えるエンジニア、リウ・シオン・ソンに関するレポートを掲載した。

劉氏は、早ければ来年にも同様の鋳造技術を展開するため、中国の自動車メーカー6社と連携しているという。

“テスラに加え、LKは、テスラの自動車製造方法を採用する自動車メーカーが増える中、2022年初頭までに中国企業6社に同様の巨大鋳造機を供給すると、Liu氏は述べています。”

しかし、このエンジニアは、彼らがいくつかの問題にぶつかるかもしれないことを示唆しています。

“中国の進歩の割には、まだ先が長い。LK社は、今後2年以内に多くの中国企業に同型の鋳造機を納入したいと考えている。しかし、その中には、テスラのような優秀なカーデザイナーを探すのに苦労している企業もある。設計がなければ、LKは機械を納入できないのです」。

デザインはともかく、他の自動車メーカーも材料で何か問題にぶつかるかもしれません。

テスラは長い間、材料科学に投資し、このような大型鋳造部品を支える独自の合金を開発してきました。さらに、SpaceX社と提携し、材料科学の人材を共有して合金の開発に取り組んでいます。

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket