Pocket

元記事:Kohler Power Reserve takes on Tesla Powerwall with modular home battery

Power outages, freak weather events, and a crumbling grid have led many in the US to question just how reliable their electricity supply is, and Kohler may have just the home storage battery system to settle some of those fears. While the brand may be most commonly associated with faucets and the like, the Power Reserve Energy Storage System being shown off at CES 2022 sees it branch out into Tesla Powerwall territory.

You can think of such systems as akin to a portable power bank that you might use to top up a smartphone on the move, only with much bigger capacities and being designed for pro-installation in the home. Kohler’s approach is modular, and the company will have three different sizes of battery pack – 10 kWh, 15 kWh, and 20 kWh – which can be mixed and matched together.

Kohler is positioning Power Reserve as the ideal accompaniment to a solar system, and we’ve seen with other products just how much that combination can make sense. Excess power generated during the daytime can be banked and used at night, for example. It’ll work both with new and existing solar panel setups, and is designed to be platform-agnostic and work with just about any brand.

However, even those without solar might still be interested. Power Reserve can also work with the regular electricity grid: for example, it could be set to charge up automatically when off-peak power pricing is low, and then use that energy for the home when the grid switches to more expensive rates. It could also be used as a battery backup during grid outages.

The Kohler Power Reserve app offers all those settings, with the choice of backup, self-supply, time-of-use, or custom operations to adjust under which conditions the batteries charge or discharge. The app also has a timeline of power information, showing when the system charged, when its reserve was tapped, and the historical usage for the home.

As for why you might want to go with Kohler’s system rather than, say, a Tesla Powerwall, the company says Power Reserve is smaller than most rivals. It can be installed inside or outdoors, and as the units are modular there’s support for expanding how much capacity you have overall. A basic, more affordable system might have just enough power stored to keep the essential appliances running in an unexpected outage, whereas a larger system could keep the whole home ticking along as normal with no use of the grid whatsoever.

The lithium iron phosphate batteries have a 10 year warranty, and the system can be installed in either an AC-Coupled or DC-Coupled configuration. The Kohler Power Reserve Energy Storage System will go on sale later this year. The 10 kWh unit is expected to be priced at $13,325, the 15 kWh unit at $18,720, and the 20 kWh unit at $23,440, and Kohler will also have transfer switches to handle the switchover between grid and battery power.

停電、異常気象、送電網の崩壊により、米国では多くの人が電力供給の信頼性を疑問視していますが、Kohlerはこうした不安を解消する家庭用蓄電池システムを提供しているかもしれません。コーラーといえば蛇口などのイメージが強いですが、CES 2022で発表されたPower Reserve Energy Storage Systemは、Tesla Powerwallの領域に踏み込んでいます。

このようなシステムは、移動中にスマートフォンを充電するために使用するポータブルパワーバンクのようなものと考えることができますが、容量ははるかに大きく、家庭に設置することを前提に設計されています。コーラーのアプローチはモジュール式で、10kWh、15kWh、20kWhの3種類のサイズのバッテリーパックを用意し、それらを組み合わせて使用することができます。

Kohler社は、Power Reserveをソーラーシステムの理想的なお供として位置づけています。この組み合わせがいかに理にかなっているかは、他の製品で見てきました。例えば、昼間に発電した余剰電力を蓄えて、夜間に使用することができます。この製品は、新しいソーラーパネルでも既存のソーラーパネルでも使用でき、プラットフォームに依存せず、あらゆるブランドで使用できるように設計されています。

しかし、ソーラーパネルをお持ちでない方でも、ご興味をお持ちいただけるかもしれません。例えば、オフピークの電力料金が安いときに自動的に充電し、電力料金が高くなったときにそのエネルギーを家庭で使用するように設定することができます。また、停電時にバッテリーのバックアップとして使うこともできます。

コーラーパワーリザーブのアプリでは、これらの設定をすべて行うことができ、バックアップ、自給自足、時間帯別、カスタム操作からバッテリーの充電・放電を行う条件を選択することができます。また、アプリには電力情報のタイムラインがあり、システムがいつ充電したか、リザーブがいつ使用されたか、家庭の過去の使用量が表示されます。

テスラのパワーウォールではなく、コーラーのシステムを選ぶ理由として、同社は、パワーリザーブがほとんどのライバルよりも小さいと述べている。屋内でも屋外でも設置可能で、ユニットがモジュール式なので、全体の容量を拡張することも可能です。ベーシックで手頃な価格のシステムであれば、予期せぬ停電の際に必要な電化製品を稼働させるのに十分な電力を蓄えておくことができるかもしれません。

リン酸鉄リチウム電池は10年保証で、ACカップリングまたはDCカップリングのどちらでも設置可能です。コーラーパワーリザーブ蓄電システムは、今年後半に発売される予定です。価格は10kWhユニットが13,325ドル、15kWhユニットが18,720ドル、20kWhユニットが23,440ドルとなる見込みで、Kohler社は系統電力とバッテリー電力の切り替えを処理するトランスファースイッチも用意する予定だそうです。

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket