Pocket

引用:How to Win the Future: An Agenda for the Third Generation of the Internet

Foreword

web3—a group of technologies that encompasses blockchain, cryptographic
protocols, digital assets, decentralized finance and social platforms, NFTs, and
DAOs—is the third generation of the internet. These innovations have garnered
an incredible amount of attention, both good and bad, over the past few years,
and are still very early in their evolution. They will serve as the basis for new forms
of economic and social interaction arising from platforms that allow people to
collaborate, create, exchange, and take ownership of their digital identity and assets.
Web 2.0 has transformed our economic and social interactions in ways that have
profoundly benefited society. At the same time, few would debate that Web 2.0—
social media and today’s large tech platforms—took a wrong turn along the way.
Neither the public sector nor the private sector has figured out how to grapple
with the Pandora’s Box of privacy breaches, disinformation, monopolistic practices,
and algorithmic biases that have come to define much of the internet. Meanwhile,
authoritarian governments have never had more data with which to surveil, censor,
and manipulate their citizens and those of other nations.
If the past decade has taught us anything, it’s that we need to have a serious
conversation about the role we want technology to play in open societies. In this
sense, web3 isn’t just a new wave of innovation. It’s an opportunity for a reset that
allows us to obtain new benefits, while solving some of the thorniest problems
arising out of the disruptive technologies of the past. We’ve learned a lot over
the last two generations of digital innovation. Many leaders around the world
have started expressing clear views on what they don’t want from technology. We
believe it’s time for an affirmative vision of what we do want. As a society, we can
decide how we want to use these tools, establish the principles that should guide
our innovation, and spell out the role these technologies could play in improving
people’s lives. The technology will be what we make it.
Defining that vision is a task too large and too important for any organization to
tackle on its own. Policymakers, innovators, companies, universities, civil society
organizations, and investors all need to collaborate in this work. But it’s time to
begin. It’s time to build.
What do we want from web3? We need the next generation of the internet to be:
• Open and inclusive
• Participatory and well-governed
• Distributed and resilient
• Sustainable
• Accountable
• Efficient
• Secure
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 5
• Equipped to protect privacy
• Designed to help individuals and communities, not middlemen, capture
more of the value they create for society
web3 technologies have the potential to help realize all these objectives. But we
need a clear policy framework to get there. We are radically optimistic about the
potential of these solutions to restore trust and enable new kinds of cooperation
and governance. We believe these tools can help communities break through the
stalemates that define too many aspects of public life and make collective decisions,
including about critical issues such as how networks will evolve, what behaviors are
permitted online, and how economic benefits are distributed.
Our team includes former officials drawn from across government. As the largest
investor in the space, we know web3—but we also understand public service.
We see the potential of web3 as a force for good, and we are eager to work with
policymakers to define a vision for how to use these powerful new technologies to
benefit society and ensure they realize their full potential

Executive Summary

At a fundamental level, web3 is a set of technologies for coordinating resources and
human activity. These systems build on existing internet infrastructure and leverage
the power of cryptography to distribute power, resources, returns, and information
across stakeholders. The fact that they are distributed and cryptographically secured
gives rise to a host of new characteristics that have the potential to fix many of our
existing institutions.
We believe in three core principles to guide policymakers:
1. web3 systems offer a better vision for how societies should use technology.
Open, distributed technology platforms that are directly accountable to their users
provide an alternative to a digital status quo that is dominated by big tech and
subject to exploitation by potentially oppressive regimes and malicious
non-state actors.
2. Decentralization is the organizing principle of our past and future success.
Decentralized competition was at the foundation of American growth and
dynamism in the 20th century when it helped the country outcompete
authoritarian adversaries. It can help us succeed in the face of new challenges
today. Decentralization fosters democratized technology platforms that embody
the values of open societies and will provide the infrastructure to power
tomorrow’s economy and institutions.
Telecom Internet
web3 is Decentralized and Distributed
web3
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 8
3. Policymakers should work with market participants to unlock the potential
of web3 technologies and design regulatory frameworks that are carefully
calibrated to address perceived risks. America’s technological and financial
leadership depends on developing world-class systems that support better
payments, digital identity management, data protection, and broader access to
opportunity. Those systems will emerge from public-private collaboration, sensible
regulation, and standards that are tailored to the different levels of risk inherent in
different sectors and projects.
In the sections that follow, we aim to catalyze a conversation with policymakers
about the future of web3. We cover some of the ways in which web3 could help
deliver resilience and efficiency; secure, inclusive digital infrastructure; greater
economic prosperity; and participatory, accountable governance. We conclude by
offering some thoughts on how to move forward. We intend for this paper to be
a living document. It will evolve as more stakeholders join the effort to define our
digital future. We look forward to working with partners in government, the private
sector, and civil society to shape what promises to be one of the most consequential
conversations of our time.

An Agenda for Policymakers

Technological innovation is a starting point for social progress and economic
growth, but without a well-conceived public policy framework to provide scaffolding
for technology’s proper role, we may never realize its benefits. Or, worse, a new
technology may evolve on a path that actively harms individuals and society.
Defining 20th century innovations such as automobiles and aviation only became
practical and trusted for use after serious national efforts to develop regulatory
frameworks and infrastructure.
In 1997, the Clinton Administration published the groundbreaking Framework for
Global Electronic Commerce, which presented nine recommendations and five
key principles:
• The private sector should lead.
• Governments should avoid undue restrictions on electronic commerce.
• Where governmental involvement is needed, its aim should be to support
and enforce a predictable, minimalist, consistent and simple legal
environment for commerce.
• Governments should recognize the unique qualities of the Internet.
• Electronic commerce on the Internet should be facilitated on a
global basis.
We stand at a similar moment for web3, where policymakers can establish the
principles on which the next generation of the internet will be founded. While policy
is far behind, there is still time. If you compare user growth of digital wallets against
the user growth of the internet, 2020 for web3 was the year 2000 in internet terms—
that is to say, two years after Google was founded and four years before
Facebook launched.

With web3 adoption skyrocketing and mainstreaming in 2021, now is the time for
policymakers to take action. In this section, we lay out an affirmative vision for an
agenda to realize the transformative potential of web3. It’s important to note that
these proposals are aimed at two equally critical targets: promoting innovation
and minimizing abuse. We need to encourage technological breakthroughs while
ensuring the existence of safeguards that limit harm to individuals along the way.
Establish a national strategy to prioritize the development of
world-class, decentralized digital infrastructure
One of the major shortcomings of recent policy efforts around technology in
general, and decentralized technology in particular, has been severe fragmentation.
Policymakers should be leading the conversation and setting a broad vision for
the future of U.S. digital infrastructure, not merely reacting to private sector and
international developments such as China’s digital renminbi. Leaders in the United
States have two options: assume the responsibility of shepherding web3 innovation
in a manner that’s consistent with the country’s values, or cede this role to others
with a different, divergent set of priorities. The choice should be clear.
The United States should establish an overarching national strategy to foster the
development of world-class, decentralized digital solutions. As we explain in further
detail in the following section, web3 infrastructure promises dramatic improvements
over our existing slate of fragile, centralized, exclusionary systems. At a minimum, a
national strategy should provide a framework for:
• Digital identity
• Property rights and ownership, including of digital goods
• Securing financial systems
• Expanding access to financial services
• Individual data sovereignty and data usage
• Privacy-first architecture
• Systems resilience and cybersecurity
A coherent national strategy that addresses these issues would provide a foundation
for the country’s long-term competitiveness and send a signal that the U.S. can
reemerge as a global leader in developing digital systems that benefit all citizens.
It could also create a starting point for the public-private partnerships that will be
needed to achieve these goals.
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 12
Forge partnerships to oversee functions that are critical
to society
The web3 community has already developed compelling solutions for many of the
most critical digital infrastructure challenges including payments, decentralized
digital identity, and data protection. This is knowledge that the public sector can
and should leverage. For example, as governments worldwide are grappling with
ransomware attacks, web3 platforms have created permanent, distributed data
layers, which—given sufficient adoption—have the potential to dramatically reduce
the threat of these attacks. Similarly, while states and the federal government
continue to grapple with how best to write data ownership and privacy statutes,
web3 innovators have developed a suite of privacy-enhancing alternatives to the
traditional web.

Create targeted, risk-calibrated regulatory solutions for different
web3 activities
web3 comprises a wide array of human behavior. Art creation and curation. Video
games and collecting. Data archiving and preservation. Publication. Borrowing and
lending. Remittances. The easiest way to lose out on all of this potential is to treat
web3 as if it were a monolith. Policymakers should focus on calibrating regulatory
activities to specific applications and their associated risks. Many legislative
proposals that have been introduced treat all digital assets as if they were the same;
this makes little sense in a world where applications of web3 technology already
extend far beyond finance. Treating web3 as a monolith is analogous to having
a single regulatory regime that covers stocks, real estate, cars, art, watches, and
trading cards.
It is time to look beyond the SEC as a catchall regulator,
establish cross-agency groups where appropriate, and consider
whether a tailored and comprehensive approach to the
regulation of digital infrastructure may be needed
The SEC was established in 1934 to address innovations and issues in financial
markets. Its triple mandate is to protect investors, maintain orderly, efficient capital
markets, and facilitate capital formation. While some of these policy objectives
overlap with the risks inherent in web3, there are a host of other activities and
opportunities in the space that demand different expertise in subjects encompassing
intellectual property, network security, data protection, net neutrality, consumer
protection, property rights, banks, currencies, derivatives, corporate governance,
telecommunications, energy, and any of the many other areas that web3 platforms
might touch. Cross-agency working groups—not regulatory land grabs—should be
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 13
the default mode of moving ahead with federal regulation. Forcing all digital assets
into a regulatory framework designed to cover investments in centralized enterprises
such as corporations does not work and could frustrate innovative solutions that, if
allowed to develop, would offer broad benefits to consumers and society.
Regulating web3 platforms effectively requires its own set of literacy, training, and
expertise. Over the medium term, a new approach tailored to the unique attributes
of web3 platforms may be more appropriate and efficient than stretching the existing
jurisdictional authority of a dozen or more agencies. In Europe, there is already
conflict between the European Data Protection Board, which oversees GDPR and
consumer privacy, and the European Financial Commission over the latter’s antimoney laundering rules. This lack of jurisdictional harmonization is an outcome
the United States should seek to avoid. As the Government Accountability Office
found with respect to financial regulation, “fragmentation and overlap have created
inefficiencies in regulatory processes, inconsistencies in how regulators oversee
similar types of institutions, and differences in the levels of protection afforded
to consumers.” Shoehorning web3 regulation into what is already a splintered
regulatory framework is likely a losing approach.

U.S. Financial Regulatory Structure, from the GAO Report
Make room for one or more industry-led organizations
Industry leaders—many of whom have come from careers in public service—have
accumulated a reservoir of technical and legal expertise. To some, the situation
today looks analogous to the one faced by traditional financial exchanges before the
creation of the National Association of Securities Dealers (now FINRA) or that faced
U.S. Financial Regulatory Structure, from the GAO Report
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 14
by automated clearing house corporations before the consolidation into NACHA,
which oversees rules and standards used for ACH payments nationwide. In both of
these cases, as well as in countless other examples like ICANN, expertise on the
inside of the industry provided the foundation for effective organizations to oversee
and shepherd innovation. Making room for one or more web3 SROs or nonprofit
corporations does not mean leaving industry to its own devices:
FINRA supports and facilitates the regulation of securities and capital markets, over
which the SEC has ultimate authority. However, such organizations are a valuable,
proven approach to help regulators benefit from the knowledge and agility of the
private sector.
Participate in standard-setting for protocols
TCP/IP, HTTP, SMTP, and TLS/SSL are all protocols with which we interact on a daily
basis. They are the building blocks of the internet and basic applications such as
email and file transfers. The technical standards for these protocols were developed
by a smattering of government agencies, nonprofit organizations, private sector
entities, and academic institutions. Importantly, no one controls these protocols.
Nonprofit organizations such as the Internet Engineering Task Force, composed of
volunteers, may set particular standards, but the protocols themselves are open and
jointly developed. Similarly, ethereum has adopted an open model for web3, with a
nonprofit organization (the Ethereum Foundation) funding development of related
technologies, as part of a much larger ecosystem of developers.

Much of web3 consists of open protocols, including protocols for storage,
computation, lending, and value exchange. Like the internet protocols developed
over the past six decades, web3 protocols have flourished due to the robust
communities supporting their development. Since development is open, distributed,
and transparent, these protocols also benefit from resistance to arbitrary changes
and neutrality with respect to the applications that are developed on top of them.
Protocols that fit this bill should therefore be treated similarly to their predecessor
internet protocol layers—nonprofits and governments should provide input into
standards-setting, but regulating them directly is both futile and incongruent, since
they consist of nothing more than open-source codebases that thrive only if they
continue to serve the needs of the communities that use and contribute to them.
Meanwhile, applications built on top of these protocols may be controlled by
companies that have management teams to actually implement effective compliance
programs. An effective regulatory framework will clearly differentiate between
applications and protocols.
Bring disclosure-based regulation into the 21st century
Disclosure-based regulation was resoundingly successful in developing efficient,
safe capital markets over the course of the 20th century. However, the thicket of
registration statements, audited financials, and other traditional forms of disclosure
that dominated the 20th century regulatory landscape is not well designed to
address some of the unique aspects and benefits of crypto and web3 platforms,
which historically have been highly transparent, open source, and auditable. A web3
platform could, for instance, generate financials and operating reports hourly instead
of quarterly. New disclosure standards that focus on consumer understanding
rather than strict technical adherence to legacy rules could take advantage of such
capabilities. And, since not every consumer has the skill set to review open source
code, there should be incentives to facilitate the routine, independent auditing of
web3 platforms.
Create regulatory sandboxes and safe harbors for emerging
use cases
Since 2017, a great deal of debate has been dedicated to the question of whether,
and under what circumstances, certain crypto tokens may be deemed securities.
Some, like SEC Commissioner Hester Peirce, have called for regulatory sandboxes
for projects moving towards decentralized governance over a short time horizon.
Policymakers need to go one step further, since much of web3 is unquestionably
not within the bounds of securities law. Policymakers should give agencies across
the government the authority to experiment with lightweight, low-risk, small-scale
regulatory regimes for emerging applications.

Such sandboxes make regulators
more nimble and establish open channels of communication with industry that can
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 16
help address challenges before they become deeply rooted, and they should be
structured in such a way that they provide clarity for existing projects. In addition,
regulators need to use opportunities to engage with innovators as an opportunity
to seek solutions, not as an excuse to target companies or projects seeking
dialogue and engagement for enforcement action. Ironically, the innovators that
seem most interested in ensuring compliance and pursuing constructive dialogue
with regulators often find their willingness to engage makes them vulnerable to
regulatory action, while others operating in a less transparent fashion
escape scrutiny.
Embrace well-regulated USD-denominated stablecoins to ensure
the ongoing primacy of the dollar and the centrality of the U.S.
financial system in the global economy
Policymakers should embrace responsibly regulated stablecoins. The existing,
thriving ecosystem of private USD-denominated stablecoins can help the U.S. act
quickly to win the emerging geopolitical arms race in financial innovation. The United
States should condemn the surveillance authoritarianism embodied in China’s
digital renminbi project—not attempt to imitate it. American policymakers should
be cautious about building massive, centralized payments infrastructure. Doing so
would impose unprecedented demands on the government’s limited capacity to
stand up critical technology platforms, present significant privacy risks, and create
an immensely attractive target for attackers. These privacy and security risks can
and should be solved, but CBDCs and stablecoins can coexist. Fostering a range of
USD-backed stablecoin projects will support our policy objectives and enhance the
resilience of our financial infrastructure by avoiding a single point of failure.
Provide clear, fair tax rules for the reporting of digital assets, and
consider technical solutions for tax compliance
The U.S. stands to benefit enormously from the economic growth driven by web3.
Already, with the bipartisan infrastructure bill, policymakers have looked to the
industry to help fund the largest piece of public works legislation since the New
Deal. Yet, the IRS has been slow to give consumers and businesses the basic
guidance they need to comply with tax reporting obligations. Hundreds of thousands
if not millions of individuals pay a premium for third-parties to help them with their
digital asset taxes each year, and yet have no assurance that they’ve done
it correctly.
The irony is that—between blockchains and privacy protocols—the technical building
blocks already exist for the IRS to create a system for secure and detailed tax
reporting of digital assets. This is better than the 1099s already that many centralized
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 17
exchanges have already been providing for years. Rather than put the onus on
individuals and industry players to fill in tax reporting forms that were created for
traditional brokerage firms, policymakers should instead push the IRS to collaborate
with the sector to implement solutions that leverage the technological leap forward
offered by web3. This would help bring the U.S. in line with best practices found in
other advanced economies.
Leverage the compliance benefits of web3 technology, with a
privacy-first approach
The auditability of web3 platforms, combined with privacy infrastructure like zeroknowledge cryptography, promises to dramatically enhance compliance and reduce
compliance costs across the economy. To take one example: the FEC ruled in 2014
that political committees were allowed to accept small cryptocurrency donations
of $100, the risk of larger amounts being attributed to concerns about anonymity.
However, with appropriate reporting guidelines in place, the use of digital currency
as the primary mode of election spending could significantly ameliorate the problem
of dark money in politics.
Unlock the potential of DAOs
The corporation was the default mode of organizing human activity in the private
sector over the course of the 20th century. DAOs (decentralized autonomous
organizations) may become the default mechanism for facilitating collaboration in the
21st. DAOs enable individuals to collaborate, manage projects, own assets, invest,
and operate like a traditional organization, but they can provide far greater levels of
transparency, openness, and democratic governance. Policymakers should create
space for this new cooperation mechanism to flourish.
Despite their benefits, there is currently no clear path for DAOs to perform three
basic functions of an organization: enter into legal contracts, benefit from limited
liability, and pay taxes.

Many of the potential solutions to these challenges are
relatively simple, and some are already being enacted at the state level. Federal
policymakers should establish a clear framework for DAOs to participate fully in
the economy.
Align web3 with sustainability
Despite headlines, web3 projects need not—and, in most cases, do not—consume
vast amounts of energy. Ethereum, the most commonly used protocol for web3
applications, will soon use an energy-efficient proof-of-stake (PoS) consensus
mechanism, reducing energy consumption by a factor of 1,000. Indeed, most modern
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 18
blockchains use PoS. The Flow blockchain, which powers games and apps like
NBA Top Shot, uses PoS and consumes a de minimis amount of energy per year;
meanwhile, Celo, a PoS blockchain that processes tens of thousands of transactions
a day, is carbon negative.
Policymakers should continue working with the bitcoin community to bring greater
levels of sustainability and renewable power use to the bitcoin blockchain. Efforts
are already underway: the Cambridge Center for Alternative Finance found that 76%
of bitcoin miners use renewables as part of their energy mix, and 39% of bitcoin
mining’s total power consumption comes from renewables—twice as much as the
U.S. grid.
Rather than fixating on bitcoin’s energy consumption as an excuse to dismiss the
potential of the whole industry, policymakers should embrace the value of web3
platforms to support sustainability objectives, such as enhancing the liquidity,
integrity, and utility of carbon markets.

序文

web3-ブロックチェーン、暗号化プロトコル、デジタルアセット、分散型金融、ソーシャルプラットフォーム、NFTなどを含む技術群。
ブロックチェーン、暗号プロトコル、デジタルアセット、分散型金融・ソーシャルプラットフォーム、NFT、DAOなどの技術群は
は、インターネットの第3世代ともいえるものです。これらのイノベーションは
これらのイノベーションは、ここ数年、良くも悪くも非常に多くの注目を集めています。
しかし、これらはまだ進化の初期段階にあります。プラットフォームから生まれる経済的・社会的交流の新たな形の基盤となるものです。
人々が協力し、創造し、交換し、交流することを可能にするプラットフォームから生まれる、経済的・社会的交流の新しい形の基盤となるでしょう。
Web2.0は、私たちの生活を一変させました。
Web 2.0は、私たちの経済的・社会的交流を大きく変え、社会に大きな利益をもたらしました。
社会に大きな利益をもたらしています。同時に、Web 2.0-ソーシャルメディアや今日の大規模なハイテク企業が、私たちの社会に大きな利益をもたらしていることに異論を唱える人は少ないでしょう。
ソーシャルメディアや今日の大規模な技術プラットフォームは、その過程で誤った方向に進んでしまった。
公共部門も民間部門も、プライバシーというパンドラの箱にどう対処したらいいのか、わかっていません。
公的機関も民間企業も、プライバシー侵害、偽情報、独占的慣行、アルゴリズムバイアスなどの問題を解決する方法を理解していません。
公的機関も民間企業も、プライバシー侵害、偽情報、独占的慣行、アルゴリズムによるバイアスなど、インターネットを特徴づける「パンドラの箱」に対処する方法を見つけられずにいます。一方で
一方、権威主義的な政府は、自国民や他国民を監視、検閲、操作するためのデータをかつてないほど多く手にしています。
その一方で、権威主義的な政府は、自国民や他国の国民を監視、検閲、操作するためのデータをかつてないほど多く手に入れました。
この10年間で私たちが学んだことは、テクノロジーに求められる役割について、真剣に話し合う必要があるということです。
開かれた社会でテクノロジーが果たすべき役割について、真剣に話し合う必要があるということです。この意味で
その意味で、web3は単なるイノベーションの新しい波ではありません。リセットの機会なのです。
新たな利益を得ると同時に、破壊的技術から生じる最も困難な問題を解決することができるリセットの機会なのです。
過去の破壊的なテクノロジーから生じた最も困難な問題を解決しながら、新たな利益を得ることができるリセットの機会なのです。私たちは、過去2世代に渡るデジタル・イノベーションで多くのことを学びました。
私たちは、過去2世代にわたるデジタル・イノベーションから多くのことを学びました。世界中の多くのリーダーが
世界中の多くのリーダーたちが、テクノロジーに何を求めていないのか、明確な見解を示し始めています。私たちは
今こそ、私たちが望んでいるものについて、肯定的なビジョンを示すべきだと考えています。社会として、私たちは
テクノロジーをどのように使いたいか、イノベーションの指針となるべき原則を確立し
そして、これらの技術が人々の生活を向上させるためにどのような役割を果たすのかを明確にすることができます。
人々の生活を向上させるために、これらの技術が果たす役割を明確にすることができます。技術は、私たちが作るものです。
このようなビジョンを描くことは、組織が単独で取り組むにはあまりにも大きく、重要な課題です。
ひとりで取り組むには、あまりにも大きく重要な課題です。政策立案者、イノベーター、企業、大学、市民社会団体、投資家など、すべての人が協力する必要があります。
政策立案者、イノベーター、企業、大学、市民社会団体、投資家など、すべての人が協力してこの仕事に取り組む必要があります。しかし、それを始める時が来ました。
始めよう。構築する時が来たのです。
web3に何を求めるのか?私たちは、次世代のインターネットに求めているのは、次のようなものです。
– オープンで包括的
– 参加型で統制のとれたもの
– 分散型で弾力性がある
– 持続可能性
– 説明責任
– 効率的
– 安全
© 2021 Andreessen Horowitz. 全世界の著作権はアンドレセン・ホロウィッツに帰属します。5
– プライバシーを守るための装備
– 中間業者ではなく、個人やコミュニティが、社会に生み出す価値をより多く獲得できるように設計されています。
より多くの価値を社会に還元する
web3テクノロジーは、これらの目標の実現に貢献する可能性を秘めています。しかし、私たちは
そこに到達するためには、明確な政策的枠組みが必要です。私たちは、信頼を回復し、社会に貢献するこれらのソリューションの可能性について、極めて楽観的です。
信頼を回復し、新しい種類の協力と統治を可能にするこれらのソリューションの可能性について、私たちは極めて楽観的です。
信頼を回復し、新たな協力やガバナンスを可能にする可能性について、私たちは極めて楽観的です。これらのツールは、コミュニティが、公共生活の多くの側面を支配している膠着状態を打破して
これらのツールは、コミュニティが公共生活の多くの側面を支配している膠着状態を打破し、共同で意思決定を行うのに役立つと信じています。

ネットワークはどのように進化していくのか、どのような行動が許されるのか、経済的利益はどのように分配されるのかといった重要な問題を含め、共同で意思決定を行うことができるようになると信じています。
私たちのチームには、政府関係者の経験者が参加しています。この分野で最大の投資家である
この分野の最大の投資家として、私たちはweb3のことを知っていますが、同時に公共サービスのことも知っています。
私たちは、web3が善の力となる可能性を秘めていると考えており、政策立案者と協力して
政策立案者と協力して、この強力な新技術をどのように社会に役立てるか、そのビジョンを明確にしたいと考えています。
社会に貢献し、その可能性を最大限に発揮できるようにするためのビジョンを、政策立案者と一緒に考えていきたいと思います

概要

基本的なレベルでは、web3は、資源と人間の活動を調整するための一連の技術です。
人間の活動を調整するための一連の技術です。これらのシステムは、既存のインターネットインフラを基盤とし、暗号の力を利用して
これらのシステムは、既存のインターネット・インフラを基盤とし、暗号の力を利用して、権力、資源、利益、情報を利害関係者に分配します。
ステークホルダーに分散させます。これらのシステムが分散され、暗号で保護されているという事実は
分散され、暗号で保護されているという事実は、既存の制度の多くを修正する可能性のある多くの新しい特性を生み出します。
既存の制度を修正する可能性があります。
私たちは、政策立案者の指針となる3つの基本原則を信じています。
1.web3システムは、社会がテクノロジーをどのように利用すべきかについて、より良いビジョンを提供する。
ユーザーに直接責任を持つ、オープンで分散型のテクノロジープラットフォームは
ユーザーに直接責任を持つオープンな分散型テクノロジープラットフォームは、ビッグテックに支配され、潜在的に抑圧的な企業に搾取されるデジタルの現状に代わるものです。
抑圧的な政権や悪意のある非国家主体に利用される可能性のあるデジタルの現状に代わるものです。
搾取の対象となります。
2. 2. 分散化は、私たちの過去と未来の成功の組織化原理です。
分散型の競争は、20世紀のアメリカの成長とダイナミズムの基盤でした。
20世紀のアメリカの成長とダイナミズムの基盤であり、権威主義的な敵国を凌駕するのに役立ちました。
権威主義の敵を打ち負かすことができました。今日、新たな課題に直面しても成功することができます。
今日。非中央集権は、オープンソサエティの価値を体現する民主化されたテクノロジープラットフォームを育成します。
オープンソサエティの価値を具現化し、明日の経済と制度を支えるインフラを提供します。
明日の経済と制度を支えるインフラとなります。
テレコム・インターネット
web3は分散型のテクノロジーです。
ウェブスリー
© 2021 Andreessen Horowitz. 全世界の著作権を保有しています。8
3. 政策立案者は、市場参加者と協力してウェブ3テクノロジーの可能性を引き出すために
政策立案者は、市場参加者と協力してWeb3テクノロジーの可能性を引き出し、認識されているリスクに対処するための
認識されているリスクに対処するために慎重に調整された規制フレームワークを設計すべきである。米国の技術と金融のリーダーシップは
アメリカの技術と金融のリーダーシップは、より良い決済、デジタルアイデンティティ管理、データ保護をサポートする世界クラスのシステムの開発にかかっています。
アメリカの技術と金融のリーダーシップは、より良い決済、デジタルアイデンティティ管理、データ保護、そして機会への幅広いアクセスをサポートする世界クラスのシステムの開発にかかっています。
アメリカの技術と金融のリーダーシップは、より優れた決済、デジタルアイデンティティ管理、データ保護、機会への幅広いアクセスをサポートする世界クラスのシステムを開発することにかかっています。このようなシステムは、官民の連携、賢明な規制、さまざまなレベルに合わせた標準化によって生まれます。
このようなシステムは、官民の協力、賢明な規制、そしてさまざまなセクターやプロジェクトに内在するさまざまなレベルのリスクに合わせた基準から生まれます。
このようなシステムは、官民の協力、賢明な規制、そして、さまざまなセクターやプロジェクトに内在するさまざまなレベルのリスクに合わせた基準から生まれます。
以下のセクションでは、ウェブ3の将来について政策立案者との対話を促すことを目的としています。
以下のセクションでは、web3の将来について、政策立案者との対話を促すことを目的としています。
弾力性と効率性、安全で包括的なデジタルインフラ、より大きな経済的繁栄、参加型の
経済的繁栄、参加型で説明責任のあるガバナンスを実現するために、web3がどのように役立つかを説明します。最後に、以下の内容で締めくくります。
どのように前進すべきかについて、いくつかの考えを述べています。私たちは、このペーパーを
生きたドキュメントにしたいと考えています。より多くのステークホルダーがデジタルの未来を定義する取り組みに参加することで、このペーパーは進化していくでしょう。
進化していくでしょう。私たちは、政府、民間企業、市民社会のパートナーと協力して
私たちは、政府、民間企業、市民社会のパートナーと協力して、現代の最も重要な会話の一つとなることを約束します。
私たちは、政府、民間企業、市民社会のパートナーと協力して、現代において最も重要な

政策立案者のためのアジェンダ

技術革新は、社会の進歩と経済成長の出発点です。
しかし、技術の適切な役割を果たすための足場となる公共政策の枠組みがなければ
しかし、技術の適切な役割を果たすための足場となる公共政策の枠組みがなければ、私たちはその恩恵を実現できないかもしれません。もっと悪いことには、新しい技術が
個人や社会に悪影響を及ぼす道を歩むことになるかもしれません。
20世紀を代表する技術である自動車や航空は、国家的な危機を乗り越えてようやく実用化され、信頼されるようになりました。
自動車や航空といった20世紀を代表する技術は、国を挙げての規制やインフラの整備によって
自動車や航空のような20世紀のイノベーションは、国が規制やインフラの整備に真剣に取り組んだ結果、実用化され信頼されるようになった。
1997年にクリントン政権が発表した「グローバル電子商取引のためのフレームワーク」は画期的なものでした。
1997年、クリントン政権は画期的な「グローバル電子商取引フレームワーク」を発表しました。
このフレームワークでは、9つの提言と5つの基本原則が示されています。
– 民間企業がリードすべきである。
– 政府は、電子商取引に対する過度の規制を避けるべきである。
– 政府の関与が必要な場合には、その目的は、予測可能で最小限のものをサポートし、施行することである。
政府の関与が必要な場合、その目的は、商業のための予測可能な、最小限の、一貫した、単純な法的環境を
政府の関与が必要な場合には、その目的は、予測可能で最小限の、一貫したシンプルな商取引の法的環境を支援し、実施することである。
– 政府は、インターネットのユニークな特質を認識すべきである。
– インターネット上の電子商取引は、世界的に促進されるべきである。
グローバルベースで促進されるべきである。
私たちは、web3についても同じような時期を迎えていますが、ここでは政策立案者が次世代のweb3の基盤となる原則を確立することができます。
政策立案者は、次世代のインターネットの基盤となる原則を確立することができます。政策
政策が遅れているとはいえ、まだ時間はあります。デジタルウォレットのユーザー数の伸びとインターネットのユーザー数の伸びを比較すると
デジタルウォレットのユーザー数の伸びをインターネットのユーザー数の伸びと比較すると、web3の2020年は、インターネットで言えば2000年にあたります。
つまり、グーグルが設立された2年後、フェイスブックが立ち上がる4年前ということになります。
フェイスブックが登場する4年前です。

Web3の導入が急増し、2021年には主流になることを考えると、今こそ政策立案者が行動を起こすべき時です。
政策立案者が行動を起こすべき時です。このセクションでは、ウェブ3の変革の可能性を実現するためのアジェンダについて、肯定的なビジョンを提示します。
ここで重要なのは、これらの提案が、2つの重要な分野に向けられているということです。
これらの提案は、「イノベーションの促進」と「不正使用の最小化」という2つの重要な目標に向けられています。
濫用の最小化です。私たちは、技術的な飛躍を促す一方で
技術の飛躍的進歩を促す一方で、個人への被害を最小限に抑えるためのセーフガードの存在を確認する必要があります。
世界最高水準の分散型デジタルインフラを優先的に開発する国家戦略の策定
世界最高水準の分散型デジタルインフラの開発を優先する国家戦略を確立する
最近のテクノロジーに関する政策の大きな欠点の1つは、分散型テクノロジーに関連するものです。
一般的なテクノロジー、特に分散型テクノロジーに関する最近の政策の大きな欠点は、深刻な断片化であると言えます。
政策立案者は、米国のデジタル技術の将来について、幅広いビジョンを示し、議論をリードすべきです。
米国のデジタルインフラの将来について、政策立案者は、単に民間企業や国際的な動きに対応するのではなく
政策立案者は、民間企業や中国のデジタル人民元のような国際的な動きにただ反応するのではなく、米国のデジタルインフラの将来について幅広いビジョンを示し、議論をリードすべきです。米国のリーダーたちには2つの選択肢があります。
米国のリーダーには2つの選択肢があります。
アメリカのリーダーには2つの選択肢があります。
米国のリーダーには2つの選択肢があります。選択肢は明確であるべきだ。
米国は、世界に通用する分散型デジタル技術の開発を促進するために、包括的な国家戦略を策定すべきです。
世界に通用する分散型デジタルソリューションの開発を促進するための包括的な国家戦略を策定すべきです。次のセクションで詳しく説明しますが
次のセクションで詳しく説明しますが、Web3のインフラは、これまでの脆弱なインフラに比べて劇的な改善が期待できます。
Web3のインフラは、脆弱で中央集権的、排他的な既存のシステムを劇的に改善します。最低でも、国家戦略は
国家戦略は、少なくとも以下の枠組みを提供する必要があります。
– デジタル・アイデンティティ
– デジタル商品を含めた財産権と所有権
– 金融システムの安全性確保
– 金融サービスへのアクセスの拡大
– 個人のデータ主権とデータ利用
– プライバシー・ファーストのアーキテクチャ
– システムの回復力とサイバーセキュリティ
これらの問題に対処する一貫した国家戦略は、米国の長期的な競争力の基盤となり
これらの問題に対処する一貫した国家戦略は、米国の長期的な競争力の基盤となり、米国がグローバルリーダーとして再浮上できることを示すシグナルとなります。
これらの問題に対処する一貫した国家戦略は、米国の長期的な競争力の基盤となり、すべての市民に利益をもたらすデジタルシステムの開発において、米国がグローバルリーダーとして再浮上できるというシグナルを送ることになります。
また、これらの目標を達成するために必要となる官民パートナーシップの出発点にもなります。
また、これらの目標を達成するために必要な官民パートナーシップの出発点にもなるでしょう。
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 12
社会にとって重要な機能を統括するパートナーシップの構築
社会にとって重要な機能を統括するパートナーシップを構築
web3コミュニティは、決済や分散型システムなど、デジタルインフラの最も重要な課題の多くに対して、魅力的なソリューションをすでに開発しています。
決済、分散型デジタルアイデンティティ、データ保護など、デジタルインフラの最も重要な課題に対して、web3コミュニティはすでに魅力的なソリューションを開発しています。
デジタルアイデンティティ、データ保護など、最も重要なデジタルインフラの課題に対して、web3コミュニティはすでに有力なソリューションを開発しています。これは、公共部門が活用できる知識です。
活用することができ、またそうすべきです。例えば、世界中の政府がランサムウェア攻撃に対処している中で
例えば、世界中の政府がランサムウェアの攻撃に対処している中、Web3プラットフォームは永続的な分散型データ層を構築しました。
充分に採用されれば、これらの攻撃の脅威を劇的に減らすことができる可能性があります。
これが十分に採用されれば、これらの攻撃の脅威を劇的に軽減できる可能性があります。同様に、各州や連邦政府は
同様に、州や連邦政府は、データの所有権やプライバシーに関する法律をどのように記述するのがベストかを検討しています。
同様に、州や連邦政府がデータの所有権やプライバシーに関する法律をどのように書くべきか悩んでいる間に、web3のイノベーターたちは、従来のウェブに代わるプライバシー保護のための一連の手段を開発しました。
ウェブ3の革新者たちは、従来のウェブに代わる、プライバシーを強化する一連の手段を開発しました。

ニーズに合わせた、リスクを考慮した規制ソリューションの構築
ウェブ3活動
web3は、人間の様々な行動から成り立っています。アートの創造とキュレーション ビデオ
ゲームと収集。データのアーカイビングと保存。出版。借用と
貸し出し。送金。このような可能性のすべてを失う最も簡単な方法は、web3を一枚岩のように扱うことです。
ウェブ3を一枚岩のように扱うことです。政策立案者は、規制活動を特定のアプリケーションとそれに伴うリスクに合わせて調整することに注力すべきです。
政策立案者は、規制活動を特定のアプリケーションとそれに伴うリスクに合わせて調整することに注力すべきです。多くの立法案が
これまでに提案された多くの法律案は、すべてのデジタル資産を同一のものとして扱っています。
これは、web3テクノロジーの応用がすでに金融をはるかに超えている世界ではあまり意味のないことです。
これは、web3テクノロジーの用途がすでに金融をはるかに超えている世界では意味のないことです。web3を一枚岩のように扱うことは、次のようなことに似ています。
株式、不動産、自動車、美術品、時計、トレーディングカードなどをカバーする単一の規制制度を持つことに似ています。
トレーディングカードを対象とした単一の規制制度を持つようなものです。
今こそ、SECを超えたキャッチオール規制機関として注目すべきです。
必要に応じて省庁横断的なグループを設置して
デジタル・インフラの規制には、個別に対応した包括的なアプローチが必要ではないかと考えます。
デジタルインフラの規制に合わせた包括的なアプローチが必要ではないかと考えています。
SECは、金融市場の革新と問題に対処するため、1934年に設立されました。
1934年に設立されました。投資家を保護し、秩序ある効率的な資本市場を維持し、資本形成を促進することを使命としています。
投資家を保護し、秩序ある効率的な資本市場を維持し、資本形成を促進することです。これらの政策目標の中には
Web3に内在するリスクと重なる部分もありますが、他にも様々な活動や機会があります。
この分野では、知的財産、ネットワークセキュリティ、データ保護など、さまざまな専門知識が必要となります。
知的財産、ネットワーク・セキュリティ、データ保護、ネット・ニュートラリティ、消費者保護、財産権、銀行、通貨など、さまざまな専門知識が必要です。
知的財産、ネットワークセキュリティ、データ保護、ネット中立性、消費者保護、財産権、銀行、通貨、デリバティブ、コーポレートガバナンス、通信、エネルギーなど、さまざまな専門知識が必要となります。
ネットワークセキュリティ、データ保護、ネットニュートラル、消費者保護、財産権、銀行、通貨、デリバティブ、コーポレートガバナンス、通信、エネルギー、その他web3プラットフォームが関わる様々な分野の専門知識が求められます。
のプラットフォームが関わる可能性のあるその他多くの分野です。省庁横断的なワーキンググループは、規制強化のためのものではありません。
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 13
連邦政府による規制を進める際のデフォルトモードとなるべきです。すべてのデジタル資産を強制的に
すべてのデジタル資産を、企業などの中央集権的な企業への投資を対象とした規制の枠組みに押し込むことはうまくいきません。
すべてのデジタル資産を、企業のような中央集権的な企業への投資を対象とした規制の枠組みに押し込むことはうまくいきません。
このような革新的なソリューションは、開発が認められれば、消費者と社会に幅広い利益をもたらすでしょう。
Web3プラットフォームを効果的に規制するには、独自のリテラシー、トレーニング、専門知識が必要です。
専門知識が必要となります。中期的には、ウェブ3プラットフォームのユニークな特性に合わせた新しいアプローチが適切かもしれません。
中期的には、Web3プラットフォームのユニークな特性に合わせた新しいアプローチの方が、十数カ国の既存の管轄権を拡大するよりも適切かつ効率的かもしれません。
よりも適切かつ効率的であるかもしれません。欧州では、すでに
欧州では、GDPRと消費者のプライバシーを監督する欧州データ保護委員会と、欧州金融委員会との間で、すでに対立が生じています。
欧州ではすでに、GDPRと消費者のプライバシーを監督する欧州データ保護委員会と、欧州金融委員会のマネーロンダリング防止規則をめぐって対立しています。このような司法権の調和の欠如は、米国が避けるべき結果です。
米国が避けるべき結果です。政府説明責任局(Government Accountability Office
は、金融規制に関して、「断片化と重複が、規制プロセスの非効率性と
規制プロセスの非効率性、規制当局による同種の金融機関の監督方法の一貫性のなさ、そして
規制プロセスに非効率性をもたらし、規制当局が類似したタイプの金融機関を監督する方法に矛盾を生じさせ
消費者の保護レベルに差が生じている」と述べています。すでに分裂している規制の枠組みに、Web3の規制を押し込むことは、おそらく間違ったアプローチです。
規制の枠組みにWeb3の規制を組み込むことは、おそらく間違ったアプローチです。

米国の金融規制構造(GAOレポートより
1つまたは複数の業界主導の組織が入る余地を作る
業界のリーダーたちは、その多くが公務員出身で、技術や法律に関する専門知識を蓄積しています。
技術的、法的な専門知識を蓄積してきました。今日の状況は、ある人にとっては
今日の状況は、全米証券業協会が設立される前に伝統的な金融取引所が直面していた状況に似ていると考える人もいます。
現在の状況は、全米証券業協会(現在のFINRA)が設立される前の伝統的な金融取引所や、米国の金融規制機構が直面していた状況に似ていると考える人もいます。
米国の金融規制構造(GAOレポートより
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 14
NACHA に統合される前は、自動決済機関(Automated Clearing House)の企業が担当していた。
NACHAに統合される前は、自動手形交換所の会社が14社ありました。いずれの場合も
これらの事例に限らず、ICANNのような数多くの事例においても、業界内部の専門家が
この2つのケースに限らず、ICANNのような数多くの例では、業界内部の専門知識が、イノベーションを監督し
業界内部の専門知識が、技術革新を監督・指導する効果的な組織の基盤となったのです。Web3のSROや非営利法人のためのスペースを作ることは、産業界を放置することではありません。
1つまたは複数のWeb3 SROや非営利法人のためのスペースを作ることは、業界を自力に任せることを意味しません。
FINRAは、SECが最終的な権限を持つ証券と資本市場の規制をサポートし、促進しています。
FINRAは、SECが最終的な権限を持つ証券・資本市場の規制を支援・促進しています。しかし、このような組織は貴重な存在である。
しかし、このような組織は、規制当局が民間企業の知識や機敏性を活用するための貴重で実績あるアプローチです。
民間企業の知識と機動力を規制当局が活用するための貴重な実績あるアプローチです。
プロトコルの標準設定への参加
TCP/IP、HTTP、SMTP、TLS/SSLは、私たちが日常的に使用しているプロトコルです。
これらはインターネットの構成要素です。これらのプロトコルは、インターネットの構成要素であり、電子メールやファイル転送などの基本的なアプリケーションを構成しています。
電子メールやファイル転送などの基本的なアプリケーションの構成要素です。これらのプロトコルの技術標準は、いくつかの政府機関によって開発されました。
これらのプロトコルの技術標準は、政府機関、非営利団体、民間企業、学術機関などの
これらのプロトコルの技術標準は、政府機関、非営利団体、民間企業、学術機関などによって策定されています。重要なのは、これらのプロトコルを管理しているのは誰でもないということです。
ボランティアで構成されたインターネット技術タスクフォースのような非営利団体が、特定の標準を設定することはあっても
ボランティアで構成されたインターネット技術タスクフォースのような非営利団体が特定の基準を設定することはありますが、プロトコル自体はオープンで共同開発されています。
共同開発されています。同様に、イーサリアムもウェブ3のオープンモデルを採用しており、非営利団体(イーサリアム)が
非営利団体(Ethereum Foundation)が関連技術の開発に資金を提供しています。
非営利団体(Ethereum Foundation)が関連技術の開発に資金を提供し、開発者のより大きなエコシステムの一部となっています。

web3の多くはオープンなプロトコルで構成されており、その中にはストレージ、計算、貸し出し、価値のあるものを提供するプロトコルも含まれています。
web3の多くは、ストレージ、計算、貸し出し、価値交換などのオープンプロトコルで構成されています。過去60年間に開発されたインターネットプロトコルのように
過去60年間に開発されたインターネットプロトコルと同様に、web3のプロトコルも、その開発を支える強固な
コミュニティによって発展してきました。開発はオープンで、分散されていて
開発はオープン、分散、透明であるため、恣意的な変更への抵抗力があり
その上で開発されたアプリケーションに対しても中立である。
したがって、このようなプロトコルは、その前身である以下のプロトコルと同様に取り扱われるべきである。
インターネット・プロトコル・レイヤーと同様に扱われるべきであり、非営利団体や政府は、標準化のための意見を提供すべきである。
非営利団体や政府は、標準化のための情報を提供すべきですが、直接規制することは無駄であり、矛盾しています。
というのも、これらは単なるオープンソースのコードベースであり、コミュニティのニーズに応え続けてこそ繁栄するものだからです。
なぜなら、オープンソースのコードベースは、それらを使用し貢献するコミュニティのニーズに応え続けることで初めて繁栄するからです。
一方で、これらのプロトコルの上に構築されたアプリケーションは、実際に実装する管理チームを持つ企業によって管理されているかもしれません。
その一方で、これらのプロトコルの上に構築されたアプリケーションは、効果的なコンプライアンスプログラムを実際に実施する管理チームを持つ企業によって管理されているかもしれません。
その一方で、これらのプロトコルの上に構築されたアプリケーションは、効果的なコンプライアンスプログラムを実際に実施する経営陣を持つ企業によって管理されます。効果的な規制の枠組みは、アプリケーションとプロトコルを明確に区別します。
アプリケーションとプロトコルを明確に区別します。
21世紀のディスクロージャーベースの規制
情報開示に基づく規制は、20世紀の間、効率的で安全な資本市場の発展に大きな成功を収めた。
20世紀の間、効率的で安全な資本市場の発展に大きな成功を収めました。しかし、その一方で
登録書、監査済みの財務情報など、20世紀の規制の中心であった伝統的な形式の開示は
しかし、20世紀の規制の中心であった登録書、監査済みの財務情報、その他の伝統的な開示形式は
しかし、20世紀の規制環境を支配していた登録書や監査法人の財務報告書などの伝統的な開示様式は、暗号やWeb3プラットフォーム特有の側面や利点に対応するようには設計されていません。
これらのプラットフォームは、歴史的に透明性が高く、オープンソースであり、監査可能である。Web3
プラットフォームは、例えば、四半期ごとではなく1時間ごとに財務報告書や営業報告書を作成することができます。
四半期ごとではなく、1時間ごとに財務報告書や事業報告書を作成することができます。従来の技術的な制約ではなく、消費者の理解を重視した新しい情報開示基準
このような機能を活用することで、従来のルールを技術的に厳密に守るのではなく、消費者の理解を重視した新しい情報開示基準が実現できます。
活用することができます。また、すべての消費者がオープンソースのコードをレビューするスキルを持っているわけではありません。
また、すべての消費者がオープンソースコードをレビューするスキルを持っているわけではないので、ウェブ3プラットフォームの日常的な独立した監査を促進するインセンティブが必要です。
web3プラットフォームの定期的な独立監査を促進するインセンティブが必要です。
新たなユースケースのための規制のサンドボックスとセーフハーバーの構築
ユースケース
2017年以降、多くの議論が「ある種の暗号を、どのような状況下で使用できるか」という問題に集中しています。
また、どのような状況であれば、特定の暗号トークンを有価証券とみなすことができるのかという問題について、2017年から多くの議論がなされてきました。
SECコミッショナーのHester Peirce氏のように、分散型ガバナンスを目指すプロジェクトのために、規制のサンドボックスを求める声もあります。
SEC長官のHester Peirceのように、短期間で分散型のガバナンスを目指すプロジェクトのために、規制のサンドボックスを求める人もいます。
しかし、政策立案者はさらに一歩進んで、web3の多くが証券取引法の範囲外であることを明らかにする必要があります。
証券取引法の範囲外であることは明らかです。政策立案者は、政府内の各機関に
政策立案者は、新たなアプリケーションに対して、軽量、低リスク、小規模な規制制度を試行する権限を政府機関に与えるべきです。
新興アプリケーションの規制制度を実験する権限を政府機関に与えるべきである。
このようなサンドボックスは、規制当局の機動性を高め
規制当局の機動性を高め、産業界とのオープンなコミュニケーション・チャンネルを確立することができます。
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 16
このようなサンドボックスは、課題が深く根を張る前に対処するのに役立ちます。
また、既存のプロジェクトを明確にするような形で構成されていなければなりません。さらには
規制当局は、イノベーターと関わる機会を、解決策を模索する機会として活用する必要があります。
また、規制当局は、対話や関与を求める企業やプロジェクトを強制措置の対象とするのではなく、解決策を模索する機会として
規制当局は、対話や関与を求める企業やプロジェクトを強制措置の対象とするのではなく、解決策を模索する機会としてイノベーターと関わる機会を利用する必要があります。皮肉なことに、イノベーターの中で
イノベーターは、コンプライアンスを確保し、規制当局との建設的な対話を行うことに最も関心があるように見えます。
皮肉なことに、コンプライアンスを確保し、規制当局との建設的な対話を行うことに最も関心があるように見えるイノベーターも、その意欲が規制当局の措置に対して脆弱であることに気づきます。
その一方で、透明性の低い方法で活動している企業は監視の目を逃れています。
一方で、透明性の低い方法で活動している企業は、監視の目を逃れています。
ドルの優位性を維持するために、規制されたドル建ての安定コインを採用する。
ドルの優位性を維持し、世界経済における米国の金融システムの中心性を確保するために、規制された米ドル建ての安定したコインを採用する。
世界経済における米国の金融システムの中心性を確保するために、規制された米ドル建ての安定したコインを採用する。
政策立案者は、責任を持って規制されたステーブルコインを受け入れるべきです。既存の。
民間の米ドル建てステーブルコインのエコシステムは、米国が新たな地政学的勝利に向けて迅速に行動するのに役立ちます。
金融イノベーションにおける地政学的な軍拡競争に勝つために、米国は迅速に行動することができる。米国は
米国は、中国のデジタル人民元プロジェクトに具現化された監視の権威主義を非難すべきです。
米国は、中国のデジタル人民元プロジェクトに象徴される監視の権威主義を非難すべきであり、それを真似しようとすべきではない。米国の政策立案者は
大規模な中央集権的な決済インフラの構築には慎重であるべきである。そうすれば
政府の限られた能力では、重要な技術プラットフォームを立ち上げるために前例のない要求を課すことになります。
政府の限られた能力では、重要な技術プラットフォームを立ち上げるために、かつてないほどの要求を課すことになり、プライバシーのリスクも大きくなります。
攻撃者にとっては非常に魅力的なターゲットとなります。これらのプライバシーとセキュリティのリスクは
しかし、CBDCとステーブルコインは共存することができ、解決すべきです。様々な
米ドル建ての安定コインプロジェクトを育成することは、我々の政策目標をサポートするとともに
また、単一障害点を回避することで、金融インフラの回復力を高めることができます。
デジタル資産の報告のための明確で公正な課税ルールを提供し
税務コンプライアンスのための技術的ソリューションを検討する
米国は、Web3がもたらす経済成長から多大な恩恵を受けることになります。
すでに、超党派のインフラ法案では、政策立案者がウェブ3の最大の目的である資金調達のために業界に期待を寄せています。
すでに超党派のインフラ法案では、ニューディール以来最大の公共事業法案の資金源として、産業界が注目しています。
しかし しかし、IRSは、消費者や企業が税務申告を遵守するために必要な基本的なガイダンスの提供が遅れています。
しかし、IRSは、消費者や企業が税務申告義務を果たすために必要な基本的なガイダンスの提供が遅れています。何百万人とは言わないまでも、何十万人もの人々が
数百万人とは言わないまでも、何十万人もの人々が、デジタル資産税の処理のために、第三者に割増料金を支払っています。
毎年、何十万人、何百万人もの人々が、デジタル資産税の処理を第三者に依頼してプレミアムを支払っています。
しかし、それが正しく行われたかどうかの保証はありません。
皮肉なことに、ブロックチェーンとプライバシープロトコルの間には、IRSがデジタル資産税を処理するための技術的な構成要素がすでに存在しています。
ブロックチェーンとプライバシープロトコルの間には、IRSがデジタル資産の安全で詳細な税務報告のためのシステムを構築するための技術的な構成要素がすでに存在しています。
ブロックチェーンとプライバシープロトコルのおかげで、IRSがデジタル資産の安全で詳細な税務報告を行うシステムを構築するための技術基盤がすでに存在しているというのは皮肉です。これは、多くの中央集権的な企業が行っている1099よりも優れています。
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 17
17 取引所が何年も前から提供しています。個人や業界関係者が、これまでに作られた税務申告書に記入する義務を負うのではなく
個人や業界関係者に、従来の証券会社用に作成された税務申告書の記入を義務付けるのではなく
政策立案者は、個人や業界関係者に、従来の証券会社用に作成された税務申告書への記入義務を課すのではなく、IRSに
その代わりに、国税庁が業界と協力して、web3.0の技術的な進歩を利用したソリューションを導入するように促すべきです。
これにより、米国は他の先進国のベスト・プラクティスに並ぶことができます。
米国を他の先進国のベストプラクティスに合わせることができます。
web3テクノロジーのコンプライアンス上の利点を活用した
プライバシー・ファーストのアプローチ
web3プラットフォームの監査可能性は、zeroknowledge暗号のようなプライバシーインフラと相まって、コンプライアンスを劇的に強化し、経済全体のコンプライアンスコストを削減します。
劇的にコンプライアンスを強化し、経済全体のコンプライアンスコストを削減します。一例を挙げると、2014年にFECが下した判決は
政治委員会は、100ドルという少額の暗号通貨の寄付を受け入れることができるとしました。
100ドルという少額の暗号通貨の寄付を受け付けることを2014年にFECが決定しましたが、それ以上の金額になると匿名性が懸念されるというリスクがありました。
しかし、適切な報告ガイドラインがあれば、デジタル通貨を選挙費用の主な手段として使用することは
選挙費用の主要な手段としてのデジタル通貨の使用は、政治におけるダークマネーの問題を大幅に改善する可能性があります。
政治におけるダークマネーの問題を大きく改善することができるでしょう。
DAOの可能性を引き出す
企業は、20世紀の間、民間部門における人間の活動を組織するデフォルトの方法でした。
20世紀の間、企業は民間部門における人間の活動を組織するデフォルトの方法でした。DAO(Decentralized Autonomous
21世紀には、DAO(分散型自律組織)がコラボレーションを促進するためのデフォルトのメカニズムになるかもしれません。
21世紀には、DAO(分散型自律組織)がコラボレーションを促進するデフォルトのメカニズムになるかもしれません。DAOは、個人が共同作業、プロジェクト管理、資産保有、投資などを行うことができます。
DAOは、従来の組織のように、個人が共同作業をしたり、プロジェクトを管理したり、資産を所有したり、投資したり、運営したりすることができます。
また、透明性、開放性、民主的なガバナンスを提供することができます。政策立案者は、この新しい協力メカニズムが
政策立案者は、この新しい協力メカニズムが発展するための空間を作るべきです。
このような利点があるにもかかわらず、現在のところ、DAOが組織の3つの基本的な機能である
組織の基本的な機能である、法的な契約の締結、有限責任の恩恵、税金の支払いを行うための明確な道筋はありません。
税金を支払うことです。

これらの課題に対する潜在的な解決策の多くは、比較的シンプルで
比較的シンプルで、すでに州レベルで制定されているものもあります。連邦政府
連邦政府の政策立案者は、DAOが経済に完全に参加するための明確な枠組みを作るべきです。
連邦政府の政策立案者は、DAOが経済に完全に参加するための明確な枠組みを作るべきです。
web3を持続可能なものにする
新聞の見出しとは裏腹に、web3プロジェクトは膨大なエネルギーを消費する必要はなく、ほとんどの場合、消費することはありません。
膨大なエネルギーを消費する必要はありません。web3アプリケーションで最もよく使われているプロトコルであるEthereum
Web3アプリケーションで最もよく使われているプロトコルであるEthereumは、エネルギー効率の高いPoS(proof-of-stake)コンセンサスメカニズムを間もなく採用する予定です。
エネルギー効率の高いPoS(proof-of-stake)コンセンサスメカニズムを採用し、エネルギー消費量を1,000分の1に削減します。実際、最近のほとんどの
© 2021 Andreessen Horowitz. All rights reserved worldwide. 18
ブロックチェーンは、PoSを使用しています。NBA Top Shot」のようなゲームやアプリを動かしているFlowブロックチェーンは、PoSを使用しており、年間のエネルギー消費量はごくわずかです。
NBA Top Shot」などのゲームやアプリを動かしているFlowブロックチェーンは、PoSを使用しており、年間のエネルギー消費量はごくわずかです。
一方、1日に何万件ものトランザクションを処理するPoSブロックチェーンのCeloは
一方、1日に数万件の取引を処理するPoSブロックチェーンのCeloは、カーボンマイナスです。
政策立案者は、ビットコインコミュニティと協力して、より高いレベルの持続可能性と再生可能エネルギーの利用を実現するための活動を続けるべきです。
政策立案者は、ビットコインコミュニティと協力して、ビットコインブロックチェーンに、より高いレベルの持続可能性と再生可能電力の利用をもたらすための活動を続けるべきです。取り組み
ケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンスによると、ビットコイン・マイナーの76%が再生可能エネルギーを使用しています。
ビットコイン採掘業者の76%がエネルギーミックスの一部として再生可能エネルギーを使用しており、ビットコイン採掘の総消費電力の39%が再生可能エネルギーによるものであることがわかりました。
ビットコイン採掘の総消費電力の39%は自然エネルギーによるもので、これは米国の送電網の2倍に相当します。
これは米国の送電網の2倍にあたります。
ビットコインのエネルギー消費量に注目して、業界全体の可能性を否定するのではなく
政策立案者は、ビットコインのエネルギー消費を理由に業界全体の可能性を否定するのではなく、Web3
プラットフォームの価値を認め、炭素市場の流動性、整合性、実用性の向上など、持続可能性の目標をサポートするべきです。
政策立案者は、炭素市場の流動性、完全性、実用性の向上など、持続可能性の目標を支えるために、Web3プラットフォームの価値を受け入れるべきです。

副業関連

【株式投資でマネーマシンを作る】株初心者向けのテンプレ
初めての方へ。ネットビジネス初心者におすすめするまず最初に読んでほしい10記事を紹介!
(ブログで月数万円の収入があります)

起業

副業を始める前に起業センス(副業センス)を測定しよう。起業センス値が高いほど成功する確率が高い。まずは無料測定から
次世代起業家育成セミナーが1ヶ月間無料!2300名が在籍するビジネスや起業が学べるオンラインスクール
リスク0で時短で会社を起業したいならこの人に学べ!!
初めての方へ。ネットビジネス初心者におすすめするまず最初に読んでほしい10記事を紹介!
先達に学ぶ起業で独立を成功させるためのアイデア 起業で独立を成功させた先達の成功に学ぶ

Pocket