Pocket

「副業でいっぱい稼ぎたいな。でもうまく稼ぐ事ができるかな・・・?」

「副業もいっぱいあって、なにが自分にあうかわからない?」

あなたは、こんなふうに思ったことはありませんか?

 

 

このお悩みへの、私の回答はというと・・・

個人のスキルや興味によって稼げる額や、やりがいが変わってきます。

 

プログラミングスキルがないのにウェブ制作案件で稼いでいたり、
サッカーに興味がないのに審判を引き受けたりするのは
スキルや興味関心と仕事がマッチしていません。

 

そこで、まずはあなたのスキルや興味関心と仕事の
適正をみるために診断テストをやってみるのがよいです。

 

あなたの副業に対するスキルや、どんな仕事を副業とすると良いかは
「起業センス診断テスト(無料)」というもので測定することができます。

 

起業センス診断テストでは

・起業センス(=ビジネスの偏差値)
・リーダーシップ(=組織内アウトプット力、出世力、上司力)
・メンタルヘルス(=精神の健康状態)

 

が主にわかります。

 

ビジネスセンス(起業センス)では、
新しい物を考え付いたりする、創造的な能力がかわります。

 

組織内では(特に硬直的な組織内では)あまり歓迎されない能力ですが、
自分の自由にできる副業においてはこの能力が高いと稼げる額が一段アップすることができます。

 

まだ世の中にない価値を生み出すことに向いていたり
R&Dなどビジネスの種を自分でつくり上げたりすることが
できる可能性を示唆している能力になりうるからです。

 

起業スキル

 

この診断で起業センスが、
55以上の人(トップ3%の起業センス)は
人の下で働く副業(記事作成等の受注案件とか)よりは、個人で新しい価値を生み出す
ビジネスに取り組むほうが向いているし、やりがいを感じることができると思います。

 

順風満帆にはいかない時もありますが、
それを乗り越えられるだけの力を持ち合わせているのが
起業センス55以上の人です。

 

 

【組織化力(組織内アウトプット力,上司力)】は、
組織の中でアウトプットを出す能力であり、
社内では、これが高い人が出世したり部下を持ち仕事をこなすことを得意とします。

 

副業でこの組織化力が高い場合は、組織を作ってもやっていけるということです。

 

例えば副業で転売をした場合は、
仕入れや商品の発送等の仕事を組織で回して
自分は人の管理をするといったように、
組織化した副業ができる可能性を示唆しています。

 

人を使うと、それだけで稼ぎを何倍にもできるようになります。

 

このスキルを持った人は外注を利用して副業の規模を大きくしていくと効率がよいでしょう。
クラウド系で募集をかけると一緒に取り組んでくれる人が見つかるので是非利用してみてください。

 

 

起業センスを無料で測定しよう

では、あなたの起業センスを調べるには、一体どうすればいいのでしょうか?

その方法とは、「起業センス診断テスト」というウェブテストを受けることです。

起業センス診断テストでは、あなたが約90個の質問に直感で答えていくと、
あなたに合った副業の形態が見えてきます。

 

 

実は、この起業センス診断テストは、本来1回につき5400円かかる、
企業の社内研修などで使われるウェブテストです。

 

 

けれども、期間限定で、誰でも無料で受けられる裏技があります。

その裏技とは、『次世代起業家育成セミナー・特別編』というセミナー映像を無料で視聴して、感想文を送信することです。

 

 

セミナー映像を見た感想を、1つにつき1行以上、順番に9回送信すると、
お礼として、あなたも起業センス診断テストを、1回だけ無料で受けられます。

 

 

『次世代起業家育成セミナー・特別編』を視聴して、
起業センス診断テストを無料で受けたい人は、以下のキャンペーンに、メールアドレスをご登録ください。

 

 

起業センス診断テストはこちらから

 

 

あなたも、現在の実力を確かめ、どんな副業形態が適しているか確認するために
かならず起業センス診断テストを受けてくださいね。

 

実力に応じて適した副業は変わってきます。
あなたの副業の成功を、心からお祈りしています^^

 

起業センス診断テストはこちらから

Pocket