Pocket

 

 

■>> GOOD AFTERNOON.
IT’S SATURDAY, AUGUST 1ST HERE
AT SPACEX HEADQUARTERS IN
HOUTSDZ THORN, CALIFORNIA.
AND ON YOUR SCREEN IS LIVE VIEW
OF THE INTERIOR OF THE DRAGON
SPACECRAFT AS WE AWAIT ITS
DEPARTURE.
WE EXPECT IT TO PUSH AWAY WITH
NASA ASTRONAUTS BOB BEHNKEN AND
DOUG HURLEY JUST AFTER 4:30
PACIFIC TIME TO MAKE THEIR WAY
BACK HOME BACK EARTH.
I’M A SPACE OPERATIONS ENGINEER
AND EXCITED TO BE BRINGING YOU
LIVE COVERAGE MUCH CREW DRAGON
AS IT COMPLETES ITS FIRST TRIP
TO SPACE WITH PEOPLE ON BOARD AS
PART OF OUR SECOND
DEMONSTRATION.
AND JOINING ME IS NASA PUBLIC
KAY AFFAIRS OFFICER LEAH.
>> IT’S GREAT TO BE BACK HERE
FOR THIS HISTORIC MILESTONE.
BOB BEHNKEN AND DOUG HURLEY’S
FLIGHT HOME IS EXPECTED TO LAST
RUFPLY 19 HOURS THAT INCLUDES 4
DEPARTURE BURN AND PHASING BURN
AND WOLVERINES THE SPACECRAFT UP
WITH ITS LANDING LOCATION AND
ONE FINAL DID HE IMPORTANT BIT
BURN AND ALSO INCLUDE AN OUTHOUR
SLEEP PERIOD WHERE BOTH WILL BE
ABLE TO GET REST BEFORE THEIR
ARRIVAL BACK OBJECT EARTH AFTER
A LITTLE MORE THAN TWO MONTHS IN
SPACE.
DRAGON IS TARGETED TO SPLASHDOWN
OFF THE COAST OF PEPENSACOLA,
CALIFORNIA.
FOLLOWED BY CREW GETTING PICKED
UP BY SEA.
>> THE MISSION BEGAN 2 TWO
MONTHS AGO AND AFTER SUCCESSFUL
SEPARATION FROM THE FALCON 9 BOB
AND DOUG ENJOYED A 19 HOUR
FLIGHT ON BOARD OF BEFORE THEY
CAME TO THE INTERNATIONAL SPACE
STATION.
NOW SINCE ARRIVING, BOB AND DOUG
HAVE BEEN DOING SOME REAL WORK
ABOARD THE STATION.
IN FACT BOB AND STATION
COMMANDER CHRIS CASSIDY
COMPLETED SEVERAL SPACEWALKS AND
ALSO BEEN TAKING SOME
SPECTACULAR PHOTOS OF PLANET
EARTH AND THE DRAGON HAS ITS
BEEN IN ATTACHED SPRAEUGSZ.
WE’LL HAVE A CHANCE TO SHARE
SOME OF THOSE LATER ON.
>> I CAN’T BELIEVE IT BUT IT’S
ALREADY BEEN 63 DAYS SINCE THEY
ARRIVED SO THEY ARE JUST
ENTERING THE FINAL PHASE OF
MISSION IN JUST A FEW HOURS FROM
NOW ASK PREPARING FOR OVER THE
LAST TWO WEEKS FOR THE RETURN
FLIGHT.
TODAY ON BOARD THE “SpaceCast
Weekly” — SPACE STATION IS
EXPEDITION 63 CREW.
>> WHILE ALL THE CREW HAVE BEEN
BUSY ABOARD, THE GROUND TEAMS
HAVE BEEN PERFORMING A NUMBER OF
CHECKOUTS IN PREPARATION FOR
DEPARTURE.
THEY’VE BEEN GOING ON OVER THE
LAST SEVERAL DAYS AND 234 FACT
LAST WEEK.
THEY’VE INCLUDED INSPECTIONS OF
THE HEAT SHIELD, CHECK OUTS OF
THE SUITS, CHECK OUTS OF THE COM
SYSTEMS AND NUMBER OF ACTIVATION
PROCEDURES ON THE LIFE SUPPORT
SYSTEM AND VEHICLE.
WHY DON’T WE CHECK IN WITH GARY
AT JOHNSON SPACE CENTER AND
THEY’LL LET US KNOW HOW THE
STATION CREW ARE PREPARING AND
WHAT TO EXPECT FROM HERE. GARY?
>> THANK YOU.
WELCOME INSIDE THE INTERNATIONAL
SPACE STATION FLIGHT CONTROL
ROOM.
SINCE ARRIVING AT THE SPACE
STATION, BOB AND DOUG JUMPED
RIGHT IN AS FULLY FLEDGED
MEMBERS OF EXPEDITION 63.
OVER THE LAST TWO MONTHS THEY
EXECUTED MORE THAN 2 DOZENS
SCIENTIFIC INVESTIGATIONS
INCLUDING STUDIES IN BIOLOGY AND
BIOTECH TECHNOLOGY AND EARTH AND
SPACE SCIENCES AND HUMAN
RESEARCH AND PHYSICAL SCIENCES
AND TECHNOLOGY DEM STRAYING.
THEY ALSO HAD PLENTY OF
NON-SCIENCE RELATED WORK
PERFORMING MAINTENANCE ON LIFE
SUPPORT AND VEHICLE HARDWARE AND
MULTIPLE MODULES AND
TRANSFERRING CARGO IN AND OUT OF
THE SPACE STATION CRAFT AND BOB
BEHNKEN EXECUTED 4 SPACEWALKS
WITH STATION COMMAND CHRIS
CASSIDY WRAPPING UP ONE THE
FINAL PHASES WITH DOUG ASSISTING
IN ALL SUIT AND ROBOTIC
OPERATIONS.
SINCE COMPLETING, BOB AND DOUG
HAVE SPENT THE LAST TWO WEEKS
PREPARING TO COME HOME.
THEY RECEIVED SOME ADDITIONAL ON
ORBIT TRAINING TO REFRESH THEM
ON THE DEPARTURE AND RE-ENTRY
AND SPLASHDOWN PROCEDURES AND
BUSY PACKING CARGO AND THAT’S
WHAT THEY ARE DOING RIGHT NOW.
THERE WILL BE AN APPROXIMATELY
150 KILOGRAMS OR 330 POUNDS OF
CARGO RETURNING ON DRAGON.
THE MAJORITY OF THAT IS 200
POUNDS OF SCIENCE LARGELY BECAME
INTO SAMPLES THEY’RE FROM A
RANGE OF BIOLOGICAL RANGE
EXPERIMENTS ON THE STATION
DEDICATED TO IMPROVING OUR
UNDERSTANDING OF HOW HUMAN BODY
ADAPTS OR LOOKING A THE WAYS TO
USE SPACE TO IMPROVE LIFE BACK
HERE ON EARTH.
NOW LET’S GO THROUGH SOME OF THE
MAJOR UPCOMING MILESTONES FOR
TODAY’S DEPARTURE COMING UP SOON
AT JUST AROUND 2:35 P.M.
PACIFIC.
WE’RE AWAITING BOB AND DOUG TO
INGRESS OR BOARD THE STATION.
LESS THAN 30 MINUTES FROM NOW
THEY’LL BE CLOSING DRAGON’S
HATCH AROUND 2:45 P.M. PACIFIC
TIME.
ONCE INSIDE THE VEHICLE BOB AND
DOUG DURING ALL DYNAMIC PHASES
OF THE FLIGHT.
ALL WOULD OCCUR BEFORE THE CREW
MAKES THEIR WAY AND STRAPPED
THEY’RE OUTSIDE OF THE HATCH AND
CLOSE IT ABOUT 10 MINUTES LATER
2:55 PACIFIC CREATING A SPACE
BETWEEN KNOWN AS THE VESTIBULE.
THEY HAVE THE FORWARD HATCH AND
AFTER ALL HATCHES ARE CLOSED
ABOUT 15 MINUTES LATER A GROUND
COMMAND WILL BE SENT TO OPEN THE
VALVES ON THE DRAGON SIDE AND
BEGIN DEPRESSURIZATION AT
3:10:00 P.M. PACIFIC AND VENTING
AIR INSIDE OF BRINGING THAT
SPACE DOWN CLOSE TO VACUUM AND 0
TO PAUSE AT 5 FOR A FEW MINUTES
ALLOWING THE TEMPERATURE INSIDE
THAT VESTIBULE TO STABILIZE AND
PERFORM A GOOD LEAGUE CHECK AND
THEN CONTINUE REFRESHERIZATION.
IF ALL IS GO, THE UNDOCKING
SEQUENCE BEGINS MUCH THE
UNDOCKING COMMAND WILL BE SENT
FOLLOWED BY A FEW MINUTES FOR
THE AM BIG CAL.
12 HOOKS WILL RETRACT AND THEN
TWO FIRINGS OF DRAGONS THRUSTERS
WILL INITIATE AND UNDOCKING WILL
COMPLETE AND THAT SEPARATION
SCHEDULED FOR 4:34 P.M. PACIFIC
TIME.
THE DEPARTURE BURN THERE ARE 4,
IMMEDIATELY AFTER THOSE TWO
BURNS, THEY’LL HAVE THAT
PHYSICAL SEPARATION IN THE
DEPARTURE BURN WILL TAKE THEM
AROUND THE ZENITH SIDE OF THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
THOSE DEPARTURE BURNS TAKING
PLACE, THERE’S 4 OF THEM AND
THEY’LL BE TAKING PLACE OVER THE
FIRST FEW HOURS OF THEIR FLIGHT
ESSENTIALLY GETTING THAT DRAGON
FURTHER AWAY FROM THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
NOW, OVERNIGHT, THE CREW WILL BE
ABLE TO GET A SLEEP PERIOD IN
AND IN FACT THIS ORBITAL
TRAJECTORY GIVES THEM PLENTY OF
TIME TO ALLOW FOR THE CREWS
SLEEP TET THEM IN A GOOD SER
INDICATED YUM RHYTHM AND PERFORM
ALL THEIR TASKS PRIOR TO
SPLASHDOWN.
INCLUDING — WHILE THEY ARE
ASLEEP THEY’LL BE PERFORMING A
PHASE BURN.
RIGHT NOW THEY’RE IN THE OR IT
BALL PLAIN OF THE INTERNATIONAL
SPACE STATION.
RIGHT NOW WE LOOK — WE’RE
LOOKING GO 0 FOR PENSACOLA OFF
THE COAST OF PENSACOLA, FLORIDA.
THEY’LL PERFORM A SERIES OF
CHECKS UPON WAKING UP.
WHEN THAT PHASE BURN OCCURS
WHILE THEY ARE ASLEEP, THOSE
CHECKS THEY’LL PUT ON THEIR
SUITS AND GET READY FOR THE
DEORBIT SEQUENCE.
THERE ARE A FEW STEPS THERE.
FIRST THERE WILL BE THE
PREPARATION FOR THE SEPARATION.
THERE IS THE DRAGON TRUNK THAT
THEY’LL PERFORM A HEAVY RELEASE
OF THE DRAGON TRUNK OFF TO THE
SIDE SO IT DOESN’T INTERSECT
WITH THE VEHICLE DURING THE
DEORBIT AND ALIGN DRAGON BACK UP
WITH THE ORBITAL PLAIN AND UP.
THIS WILL BE ONE OF THE LONGEST
BURNS AND THAT’S DEORBIT BURN
MORE THAN 11 MINUTES LONG ASK
THAT WILL SLOW THEM DOWN ENOUGH
AND FOR RE-ENTRY INTO THE
ATMOSPHERE AND BEFORE THAT THEY
HAVE TO CLOSE THE NOSE CONE.
AFTER THEY CLOSE THE NOSE CONE
THEY’LL SHOOT THE PARACHUTES AND
THEN SPLASHDOWN.
THAT’S SCHEDULED FOR TOMORROW
AFTERNOON, SUNDAY AFTERNOON,
AROUND 1:48 P.M. CENTRAL TIME,
11 A. 48 A.M. PACIFIC TIME.
THEN THE RECOVERY OPERATIONS
BEGIN AFTER THAT BOB AND DOUG
WILL BE BACK.
CHRIS CASSIDY WILL BE WATCHING
THE UNDOCKING AND DEPARTURE BURN
FROM THE CUPOLA.
BUT THE PRIME MONITORING WILL
FALL TO BOB AND DOUG.
FLIGHT CONTROL AND MISSION
CONTROL HOUSTON WILL BE BACKING
THEM UP.
AS OCCURRED SEVERAL TIMES, THE
SWRAOU ON BOARD HAS THE ABILITY
TO TAKE CONTROL DURING THE
DEPARTURE IF NECESSARY.
ON THE STATION SIDE WE’RE
LOOKING GOOD.
SOLAR ARRAYS ARE LOCKED IN
PLACE.
ALL SYSTEMS ARE LOOKING HEALTHY.
THEY’LL REMAIN UNTIL THE TIME OF
UNDOCKING.
WE’RE TRACKING NO ISSUES.
NOW BACK TO HAWTHORNE.
>> ON YOUR SCREEN IS A VIEW OF
MISSION CONTROL.
WHERE THE GROUND CONTROLLERS ARE
ALL OPERATING.
AND ACTUALLY WHY DON’T WE LISTEN
IN FOR A SECOND AND I THINK
THERE IS CHATTER HAPPENING
THERE.
>>WE’LL START ASSUMING A GO.
>> YOU ARE A GO.
>>I BELIEVE I JUST HEARD A GO
CALL WAS.
BUT I THINK WE’RE STILL IN THE
PROCESS OF OXYGEN ASK NITROUS
OR OXYGEN DID HE HE PENDING ON
PRESSURE IN THE CABIN AND GIVE
THEM A HABITABLE ENVIRONMENT
LONG ENOUGH TO GET HOME SAFELY
IN AN EMERGENCY EXTERNAL OF THE
SUIT IS FLAME RETARDANT AS WELL.
IT WOULD PROVIDE PROTECTION IF
THERE WERE A FIRE ON BOARD.
THEY’RE VERY COOL.
THEY’RE AESTHETICALLY DECLINED
AND DESIGNED IN HOUSE AT SPACEX.
>> THEY’RE SLEEK AND THE CREW
HAS NOT ABOUT BUSY AS THEY’VE
BEEN PREPARING TO LEAVE.
GOT UP THIS MORNING — IT’S
ACTUALLY EVENING ON THE
INTERNATIONAL SPACE STATION
RIGHT NOW.
AND THEY GOT UP AND STARTED
WORKING OUT.
ALL THE ASTRONAUTS HAVE TO WORK
OUT FOR 2 HOURS EVERY DAY TO
MAKE SURE THEY KEEP UP THEIR
STRENGTH THAT WAY THEY CAN WALK
WHEN THEY GET BACK HOME.
THEY GOT UP AND GOT THE
OPPORTUNITY TO DO THAT AND BOB
BEHNKEN TRANSFERRED EMERGENCY
EQUIPMENT FROM DRAGON TO THE
SPACE STATION AND THEY KEEP THAT
IN THERE JUST IN CASE THEY NEED
IT TO GET A GET SPEEDY TAKE AWAY
OR TAKE A SAFE HAVEN IN CASE
SOMETHING WERE TO HAPPEN IN THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
>> YOU MENTIONED IDEA OF SAFE
HAVEN.
A CUP OF THE VISITING THREBGZ
VEHICLES EITHER THE SO I YANKEE
STADIUM AND THE DRAGON VEHICLE
WHEN THEY’RE ATTACHED CAN
PROVIDE THE CREW WITH A PLACE TO
HOLD UP IF THERE WERE AN
EMERGENCY ON THE STATION OR IF
THERE WAS A LEAK OR A FIRE OR
DEPRESSURIZATION EVENT.
SOME OF THAT IS STORED IN THE
VEHICLE FOR QUICK ACCESS.
AND THE CREW ACTUALLY TRAINED
PRETTY RIGOROUSLY ON THOSE
EMERGENCY SCENARIOS GETTING IN
QUICKLY UNDER ALL KINDS OF
VISIBILITY AND SCENARIOS AND
CHECKING THEIR CREWMATES ARE
SAFELY ABOARD AS WELL.
WE HAD A CHANCE TO DO SOME
TRAINING HERE IN HAWTHORNE
EARLIER THIS MONTH.
JUST A QUICK RECAP OF WHAT’S
COMING UP NEXT.
BOB AND DOUG GOING THROUGH THE
INGRESS OPERATIONS RIGHT NOW.
ABOUT 2:35 PACIFIC TIME IS HATCH
CLOSER.
THAT’S WHERE WE WILL CLOSE
BEFORE THE HATCH ON THE DRAGON
SPACECRAFT AND THEN FOLLOWING
THAT, WILL BE CLOSER OF THE
HATCH.
>> WE’LL HAVE THE SPACE STATION
CREW WORKINGING ON THAT AND
WE’LL GO FOR VESTIBULE
DEPRESSUREIZATION AND THAT’S
WHAT THEY GO THROUGH WHEN THEY
ARRIVE AND LEAVE.
THAT’S WHEN WE’RE HOPING TO SEE
DRAGON DO SOME SMALL UNDOCKING
BURNS THAT WILL SEPARATE IT FROM
THE SPACE STATION ON YOUR SCREEN
IS A VIEW FROM INSIDE THE SPACE
STATION LOOKING DOWN TOWARDS THE
PRESSURIZED MEETING ADAPTER.
I THINK I CHRIS CASSIDY IN THE
VIEW AND I THINK THOSE ARE THE
OTHERS ABOARD AND BOB AND DOUG
ARE IN SIDE THE CAPSULE.
>> ANATOLYI AND IVAN WAGNER
UPSIDE DOWN OR WHAT FEELS LIKE
UPSIDE DOWN FOR US IN SPACE.
AND BOTH THE HATCHES STILL OPEN.
WE’LL BE WAITING FOR THAT HATCH
CLOSER
>> I THINK YOU CAN SEE THAT’S
PROBABLY THE APASS HATCH IF YOU
LOOK JUST PASS WHERE ALL THE ISS
CREW ARE.
I BELIEVE THAT’S THE ISS THAT
WHITE CIRCLE AND CHRIS CASSIDY
WILL HAVE SOME TASK TO ATTACH A
DOCKING TARGET ONTO THAT WHEN
WE’RE READY TO CLOSE THE HATCH.
WE MENTIONED EARLIER BOB AND
DOUG HAVE BEEN BUSY TODAY.
THEY’VE BEEN BUSY AS WELL
STOWING CARGO ON BOARD THE
VEHICLE.
JUST LISTENING IN LOOKS LIKE
THEY ARE GOING THROUGH LIFE
SUPPORT ACTIVATION.
I HEARD A CALLOUT THAT CARBON
DIOXIDE LEVELS ARE COMING DOWN
THAT MEANS THEY’RE ACTIVELY
TAKING IN AIR FROM THE CABIN SO
THEY CAN BREATHE NICELY ON
BOARD.
>> JUST SOME STATISTICS
OBVIOUSLY WE MENTIONEDED THAT
CREW DRAGON HAS BEEN ON THE
STATION FOR 63 DAYS NOW.
FEELS LIKE YESTERDAY.
DURING THAT TIME, BOB AND DOUG
HAVE TRAVELLED — OVER
MILLION STATUE MILES AROUND THE
EARTH.
>> IS THERE A FREQUENT FRYER
PASS FOR DRAGON?
THEY’RE STIPPING AROUND I THINK
ON — I THINK ON GROUND TRACK
THEY’RE GOOD ABOUT 17,500
KILOMETERS WHEN THEY’RE AT THE
OR ITTAL ALTITUDE.
DOES THAT SOUND ABOUT RIGHT?
I THINK IT’S 17,500 MILES PER
HOUR.
>> EXCUSE ME.
I’M SORRY.
>> IT’S STILL EXTREMELY FAST.
SO YOU LOOK JUST ABOVE THE HATCH
YOU SEE THAT ISS 20 FLAG.
THAT IS REPRESENTING THE 20TH
ANNIVERSARY OF THE INTERNATIONAL
SPACE STATION, WHICH WE WILL BE
CELEBRATING LATER THIS YEAR.
FOR THE PAST 20 YEARS I LIKE TO
EXPLAIN IT TO PEOPLE, IF YOU ARE
UNDER 20 YEARS OF AGE YOU’VE
NEVER LIVED A DAY WITHOUT HUMANS
IN SPACE.
FOR THE PAST 20 YEARS WE HAD
CONTINUOUS HUMAN PRESENCE ABOARD
THE INTERNATIONAL SPACE STATION.
IT’S TRULY INTERNATIONAL AND OUR
TWO UPSIDE FRIENDS WE SEE.
THEY’RE GETTING A BETTER LOOK
INSIDE BY TURNING IN THAT
DIRECTION OF THE THEY ARE FROM
THE RUSSIAN SPACE AGENCY.
LOOKS LIKE THEY ARE TAKING OUT
THE MODULATION VENTILATION.
>> WHILE DRAGON HAS BEEN
ATTACHED TO THE SPACE STATION,
MOST OF ITS OPERATIONS HAVE BEEN
IN WHAT WE CALLQUYESCENT MODE.
THEY’RE LOOK AT SOME PERIMETERS
IN CASE WE SEE MEG IT THAT WOULD
TRIGGER THE ON BOARD AUTOMATION
TO LET THE VEHICLE WAKE UP.
THE ON BOARD LIGHT SUPPORT IS
ONLY USED WHEN WE CLOSE THE
HATCHES AND FOR BRIEF PERIODS
WHEN WE ARE CONFIGURING THE
VEHICLE WHEN WE FIRST ARRIVE AND
PERIODS WHEN WE’RE LEAVING LIKE
RIGHT NOW.
SO, THAT DUCT THAT THEY PULL OUT
IS THE INTER MODULE VENTILATION
DUCT THAT PROVIDES CLEAN
BREATHABLE CARE AND CIRCULATES
THE AIR IN THE CAPSULES AND
PROVIDING THAT AIR FROM THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
>> LOOKS LIKE HATCH CLOSER IS
SOON TO BE UNDERWAY.
THEY’RE WORKING TO TAKE OUT
EQUIPMENT INSIDE DRAGON AND PUT
IT BACK IN THE SPACE STATION.
AS PART OF THOSE ACTIVITIES
MOVING THE DUCT THE ACTIVATED OF
COURSE THE LITHIUM HYDROXIDE
SCRUBBERS ON DRAGON AND I THINK
WE’RE JUST WAITING ON
CONFIRMATION OF HATCH
CLOSER.
WE JUST GOT CONFIRMATION THAT
CAPSULE ENDEAVOR HAS CLOSED THE
FORD HATCH.
WE CAN ACTUALLY SEE ON OUR
SCREEN THE ACTIVITIES TO CLOSE
THE APASS HATCH AS WELL.
>> THAT CREW DRAGON CLOSER AS
THEY WERE FLYING OVER THE NORTH
ATLANTIC OCEAN.
AS PART OF HATCH CLOSER
OPERATIONS THEY INSPECTED THE
SEAL ON THE INTERIOR SURFACE OF
THE HATCH ON DRAGON AND WE’RE
TALKING ABOUT THE FORD HATCH AND
THE SIDE HATCH.
THE FORD HATCH IS PART THAT’S
ATTACHED TO THE FRONT — SORT OF
THE FRONT PORTION OF THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
SO, IF YOU’RE IMAGING THE ROCKET
AS IT WAS ON THE LAUNCH PAD IT’S
A LITTLE BIT SIDEWAYS RIGHT NOW.
AND THERE’S A CEILING SERVICE ON
THAT MATCH THAT BOB AND DOUG
WOULD HAVE DONE AN INSPECTION ON
JUST TO MAKE SURE THERE IS NO
FOREIGN OBJECT DEBRIS THAT COULD
CAUSE A POTENTIAL LEAK.
>> LOOKS LIKE WE MAY BE
STEPPING INTO A SATELLITE
HANDOVER.
IT’S TRACKING DATA OF THE
SATELLITE SYSTEM AND CONSTANTLY
MOVING FROM ONE TO THE NEXT.
THIS HE PROVIDE TELEMETRY LINK
AND I BELIEVE THEY’RE IN THE
GEOBELT.
HOPEFULLY THAT’S CORRECT.
BUT THEY PROVIDE COMMUNICATIONS
UPLINK AND DOWN LINK AND DOWN
LINK FOR US TO COMMAND THE
VEHICLE AS WELL AS WE NEED TO
STEP IN ON THE GROUND SIDE.
WE HAVE A VIEW OF MISSION
CONTROL IN HAWTHORNE.
THAT’S WHERE OUR MISSION
CONTROLLERS ARE.
THEY’RE ISSUING COMMANDS AND ALL
SITTING IN THE THIRD ROW THERE
IS THE MISSION DIRECTOR AS WELL
AS AND INTERNAL VIEW OF THE
DRAGON AND HIS COMFORT GARMENT
WHICH IS WHAT HE WEARS
UNDERNEATH HIS
SUIT.
IT’S JUST A SMALL VOLUME THAT IS
NORMALLY EXPOSE TO DO THE VACUUM
OF SPACE WHEN WE DON’T HAVE A
VISITING
VEHICLE.
IT’S LIKE AN ATHLETIC GARMENT
AND HELPS THEM STAY COMFORTABLE
BEFORE THEY STAY IN THE SUIT AND
THE IT’S LARGELY A ONE PIECE
DESIGN SO THE HELMET IS
INTEGRATED INTO IT AND THE BOOTS
ARE INTEGRATED INTO IT.
THE REALLY THEY THEY’LL UNZIP
SOME INTERFACES ON THE SUIT AND
CLIMB INTO IT AND ZIP ALL THOSE
ATTACHMENT POINTS UP AND ANNUM
BILLION CAL ON LEG OF THE SUIT
SO IT’S A CONNECTION THAT
PROVIDES GASES AND ELECTRICAL
CONNECTIONS TO THE SUIT.
SO THEY CAN USE THE INTEGRATIVE
MICROPHONES IN THEIR HELMETS AND
PROVIDE THEM BREATHABLE GASES
FOR SUIT LEAK CHECKS.
THESE ARE WHAT ARE CALLED INTER
VEHICULAR SUITS INSIDE THE
VEHICLE.
WHAT WE JUST SAW AS CHRIS
CASSIDY WAS DOWN THERE IN
BETWEEN THE MATCHES AND THAT
SPACE HE WAS FIXING THAT DOCKING
TARGET.
I LIKE TO SAY IT’S LIKE AN X
MARKS THE SPOT BECAUSE THAT’S
WHAT THE VEHICLES BZ AIM FOR
WHEN THEY ARRIVE AT THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
ONE STEP CLOSER TO BRINGING BOB
AND DOUG HOME.
WE HAD 2.5 HOUR PRIOR TO
UNDOCKING WEATHER BRIEFING AND
THINGS ARE STILL LOOKING GOOD
FOR ON TIME DEPARTURE TODAY.
REALLY GLAD TO HEAR.
MOVED BACK TOWARDS THE
ATLANTA.
WE’RE WATCH THE SAEURPL VIEW YOU
ARE SEEING.
AS YOU SAW THAT HATCH ON THE
DRAGON SIDE CLOSE, THIS IS AN
IMPORTANT SET OF PROCEDURES THAT
CASSIDY IS WORKING RIGHT NOW.
YOU ALREADY MENTIONED THE
DOCKING TARGET.
THIS IS THAT ROD THAT X MARKS
THE SPOT AS LEAH MENTIONED.
THIS IS AN IMPORTANT ITEM TO FIX
TO THAT APASS HATCH.
NOW YOU SEE HE SET UP A CAMERA
JUST OUTSIDE OF THERE AND HE’LL
BE TAKING SOME PICTURES FOR THE
GROUND TEAMS TO KNOW EXACTLY HOW
THE AMASS WHICH WAS CONFIGURED
PRIOR TO CLOSING.
SAW THERE WAS A WHITE PADDING ON
OUTSIDE THAT’S JUST FOR SAFETY
MEASURE.
THE CREW ALREADY A LITTLE BIT
AHEAD OF THAT TIMELINE.
A FEW ITEMS COULD MANYING AFTER
THAT CLOSEMENT NOW YOU SEE THAT
HATCH IS ON THE STAYS SIDE.
THERE’S GOING TO BE A SPACE IN
BETWEEN THE DRAGON HATCH AND THE
INTERNATIONAL SPACE STATION
HATCH.
THAT SPACE IS CALLED THE
VESTIBULE.
AFTER 15 MINUTES AFTER THEY
CLOSE IT THEY’LL GIVE A GO FOR
DEPRESSURIZATION OF A THAT
VESTIBULE THAT IS ALL CONTROLLED
FROM THE DRAGON SIDE.
WE’LL WATCHING VERY CLOSELY HERE
FROM MISSION CONTROL HOUSTON.
NOW THE DEPRESSURIZATION OF THAT
VESTIBULE DOES QUITE A BIT OF
TIME OF THE IT TAKES AN HOUR TO
GET DOWN TO VACUUM.
BUT THERE’S GOING TO BE A CHECK
AT ABOUT 5 POUNDS PER SQUARE
INCH.
THE CHECK AT 5 POUNDS PER SQUARE
INCH WILL TAKE SOME TIME AND
WON’T TAKE TOO LONG TO GET TO 5
PSI.
BUT ONCE THEY ACTUALLY GET THERE
BRINGING THAT VESTIBULE DOWN TO
VACUUM CREATES A LITTLE BIT OF
TEMPERATURE SWINGS IT WILL
HAPPEN AT THE MARC AND THEN
CONTINUE DOWN CLOSER TO
DEPRESSURIZATION TOWARDS VACUUM.
HA ALL THE COMING UP VERY SOON.
GO-NO GO FOR ACTUAL UNDOCKING TO
OCCUR A LITTLE BIT MORE THAN AN
HOUR AFTER DEPRESSURIZATION AT
ABOUT 4:20 P.M. PACIFIC AND IF
EVERYTHING GOES I DON’TTH
ACCORDING TO PLAN SO FAR THE
DREW WILL GET THEM UNDOCKED AND
LOOKING AT 4:34:58 AND
EVERYTHING GOING GREAT FROM THE
INTERNATIONAL SPACE STATION
SIDE.
NO NOW BACK OVER TO YOU IN
HOUTSDZ THORN.
NOW THAT DRAGON HATCH IS CLOSED
AND BOB AND TKOUBG HAVE DONNED
THEIR SUITS WE’LL LOOK FOR
AMASS.
IT STANDS FOR ANDROGENOUS
ATTACHMENT SYSTEM AND IT’S AN
INTEGRAL PART.
WE SAW CHRIS CASSIDY WORKING TO
FINE TPAOUPB ANY ALIGNMENT FOR
APPROACHING SPACECRAFT.
NOT SOMETHING REQUIRED FOR THE
UNDOCKING.
I THINK WHAT WE HEARD WAS A COM
CHECK UP TO THE CREW.
THAT’S VERY GOOD SIGN.
THAT MEANS THEY’RE WELL UNDERWAY
IN THEIR SUIT DONNING
PROCEDURES.
HE’S TAKING PICTURES AND HE’LL
BE SENDING THOSE BACK DOWN TO
THE GROUND TEAM SO THEY CAN
CHECK OUT HOW THE HATCH CLOSER
PROCEDURE WENT AND HE’LL BE ABLE
TO PROVIDE THOSE DETAILED PHOTOS
FOR FUTURE USE.
>> VEHICLE UNDERGOING A NUMBER
OF RECONFIGURATION STEPS AT THIS
POINT WITH CREW OF COURSE ON
BOARD.
WE HAVE TO MAKE SURE OUR LIFE
SUPPORT SYSTEMS AND THERMAL
SYSTEMS ARE ALL OPERATING AT
NOMINAL AND VOLUME IN BETWEEN IN
THE VESTIBULE THAT PRESSURIZED
AREA WHICH IS 14.7 PSI WE’LL
VENT THAT THROUGH ON THE DRAGON
■おはようございます。
今日は8月1日の土曜日です
SPACEXヘッドクォーターズにて
カリフォルニア州ソーンのHOUTSDZ THORN。
あなたの画面には ライブビューが映っています
ドラゴンの内部
スペースクラフトは、私たちがその時を待つように
出発
私たちは、それが一緒に押し去ることを期待しています。
NASA ASTRONAUTS BOB BEHNKEN AND
ドッグ・ハーリー 4:30過ぎ
パシフィック・タイムは自分たちの道を作るために
故郷に戻る 地球に戻る
私は宇宙運用エンジニアです
あなたをお迎えできることを楽しみにしています。
LIVE COVERAGE MUCH CREW DRAGON
最初の旅を終えて
船内の人たちと一緒に宇宙へ
私たちの第二のパート
デモストレーション
そして私が参加しているのは NASA公開です
ケイ・アフェアーズ事務官のリーフです
>> ここに戻ってきて良かったよ
この歴史的なマイルストーンに
ボブ・ベヒンケンとダグ・ハーリーの
フライトホームは長持ちすると予想される
4時間を含む19時間のRUFPLY
出発バーンとフェーズリングバーン
AND WOLVERINES THE SPACECRAFT UP
着陸位置と
ONE FINAL DID HE IMPORTANTANT BIT
燃やすだけでなく、アウトプールを含む
両者が存在する睡眠時間
その前に休むことができる
帰還後の天体地球到着
2ヶ月余りの滞在で
スペース。
ドラゴンはスプラッシュダウンを狙っています。
ペペンサコーラの海岸を離れて
カリフォルニア州
選ばれたクルーに続いて
海辺に引き上げて
>> 任務が始まった2 TWO
前月以降の成果
ファルコン9ボブからの分離
そしてドゥグは19時間を楽しんだ
先に船に乗って飛行する
国際宇宙ステーションに来た
駅です
ボブとドゥーグが到着してから
実際に仕事をしていたんだ
ステーションに乗り込んだ
実際にはボブとステーション
クリス・カシディ司令官
SEVERAL SPACEWALKSとコンプリート済み
まだ服用しています
スペクタクル写真の惑星
地球とドラゴンには、その特徴があります。
スプラウグスに入っています。
シェアする機会があります
後日、そのうちのいくつかを紹介します。
>> 信じられないけど、信じられない。
♪まだ63日も経っていない
到着したので、ただのお友達です。
最終段階に入ると
任務はここからわずか数時間のところにあります。
NOW ASK オーバー・ザ・オーバーに向けての準備をお願いします。
復帰に向けて最後の2週間
フライト
今日は「スペースキャスト」の船内で
ウィークリー」–宇宙ステーションは
EXPEDITION 63 クルー
>> 全ての乗組員が到着している間に
忙しそうにしている地上チーム
何度も実行しています
準備のためのチェック項目
出発
彼らは、ずっと
最後の数日間と234の事実
先週
彼らは検査を含んでいました
ヒートシールド、チェックアウトの
スーツ、コムのチェックアウト
システムと活動数
ライフサポートの手続き
システムと車
なぜギャリーを確認しないの?
ジョンソン宇宙センターと
どうなるかは、彼らが教えてくれます。
ステーションクルーが準備をしています。
ここで何が待っているのか ギャリー?
>> ありがとう
国際センターへようこそ
宇宙ステーションの飛行制御
部屋
宇宙空間に来てから
ステーション、ボブとダグがジャンプしました。
右にフルフレッドされたように入れます。
エクスペディションのメンバー 63.
過去2ヶ月間に以下のようなことがありました。
2ダース以上を処刑した
科学的研究
生物学・生物学の研究を含む
バイオテクノロジーと地球
宇宙科学と人間
研究と物理科学
そして、技術のデム・ストレイング。
彼らはまた、たっぷりと持っていました
非科学関連の仕事
生命の維持管理を行う
サポートおよび車のハードウェアおよび
複数のモジュールと
貨物の入出庫の移動
宇宙ステーションクラフトとボブ
ビーヒンケン EXECUTED 4 SPACEWALKS
WITH STATION COMMAND CHRIS
キャシディがワン・ザ・ワンをラップアップしている。
ドゥーグのアシストで最終段階へ
すべてのスーツとロボットで
操業を開始しました。
ボブとダグが完成してから
過去2週間を過ごした
家に帰る準備をしています
彼らは追加の情報を受け取りました
リフレッシュのための軌道上でのトレーニング
出発と再入国について
およびSPLASHDOWNの手順と
忙しい荷造りをしていると、それはそれは
彼らが今やっていることは
だいたいの目安としては
150キログラムまたは330ポンドの
ドラゴンに戻ってきた貨物
その大部分は200です
科学のパウンドが大きくなった
サンプルを見てみると
生物学的範囲
ステーションでの実験
私たちの向上に専念しています。
人体の仕組みの理解
適応するか、または方法を探している
スペースを使って生活を向上させる
地球上のここで
今から、その一部を見てみましょう。
今後の主要なマイルストーン
TODAY’S DEPARTURE COMING UP SOON
午後2時35分頃
パシフィック
私たちは、ボブとドゥーグを待っています。
駅に到着するか乗車します。
今から30分以内に
ドラゴンズを閉鎖します
ハッチアラウンド 2:45 P.M. PACIFIC
時間だ
車の中で一度だけ ボブと
すべてのダイナミックなフェーズでのDOUGの活動
フライトの
すべては乗組員の前に起こります
ウェイウェイとストラッピングを行います。
ハッチの外にいるし
10分後にクローズ
2:55 PACIFIC CREATING A SPACE
“ベスティブル “と呼ばれています
彼らは、フォワードハッチを持っていると
すべてのハッチが閉じた後
約15分後に地上に出る
司令部は、オープンするために派遣されます。
ドラゴンサイドのバルブと
で脱ストレスを開始します。
3:10:00 PM 太平洋と換気
それを持ってくることの空気の中に
バキュームと0に近い下のスペース
5分ほどの間、5で一時停止する。
内部温度の許容
安定させるためのベストバイブルです。
良好なリーグチェックを実施してください。
その後、再冷凍を続けてください。
すべてがうまくいけば、衝撃を和らげることができます。
SEQUENCE BEGINS THE MUCH
アンダッキングコマンドが送信されます。
その後、ちょっとした時間を過ごします。
THE AM BIG CAL.
12HOOKSはリトラクトしてから
二発のドラゴンズスラスターズ
ウィル・イニシエートとアンダッキング・ウィル・ウィル・ウィル
完結と分離
午後4時34分に予定されているのは、太平洋岸です。
時間だ
“出発のバーンは4つ
その2つの後にすぐに
バーンズ、彼らはそれを持っています。
における物理的分離
ディパーチャー・バーンは彼らを連れて行く
ゼニス側をぐるりと一周
国際宇宙ステーション
出発時の燃焼は
ここには4人のうちの1人と
彼らは、場所を取っています。
フライトの最初の数時間
必然的にドラゴンを捕らえる
より遠く離れた場所で
国際宇宙ステーション
今、夜になると、クルーは
睡眠時間を確保することができる
実際にこの軌道上では
トラジェクトリーは彼らに豊富な量を与える
クルーのための時間
グッドセルで眠りにつく
指摘された飲用リズムとパフォーマンス
すべてのタスクを前にして
SPLASHDOWN。
含む — 彼らがいる間は
眠っている間にパフォーマンスをしています
フェーズバーン
今、彼らは「OR」の段階にいる。
国際大会のボールプレーン
宇宙ステーション
今、見て、ここは…
ペンサコーラオフを探してGO 0
フロリダ州ペンサコーラの海岸で
一連のパフォーマンスを行います
目覚めた時にチェックします。
そのフェーズバーンが発生したとき
彼らが眠っている間に、それらは
自分でつけるチェック
スーツを着て、準備をする
“デオービット・シーケンス
そこにはいくつかのステップがあります
まず最初に
分離の準備だ
あれがドラゴン・トランクです
ヘビーリリースを行います
ドラゴン・トランクの
干渉しないようにするためのサイド
走行中の車両と一緒に
デオルビットとアラインドラゴンのバックアップ
軌道上のプレーンと上に。
これは、最も長いものの一つになるでしょう。
バーンとそれはデオルビットバーン
11分以上の長さの質問
それは十分に彼らを遅らせることができます。
そして、再入国のために
アトモスフィアとその前に
鼻の穴を閉じなければならない
鼻の穴を閉じた後に
彼らはパラシュートを撃つだろうと
その後は、スプラッシュダウン。
それは明日の予定です
日曜のアフタヌーン。
中部標準時 午後1時48分頃
午前11時48分 太平洋時間
その後の復旧作業
BEGIN AFTER THAT BOB AND DOUG
戻ってきます
クリス・カシディが見ています
アンダッキングとディパーチャーバーン
クポーラから
しかし、主要なモニタリングは、
ボブとダグにフォール。
フライトコントロールとミッション
コントロール・ホーストンが支援することになりました。
起こせ
何度も起きているように、
SWRAOU ON BOARDは能力を持っています。
統制をとるために
必要に応じて出発する
駅側では
いい感じだ
太陽電池アレイはロックされている
場所
全てのシステムが健康に見えます
それはその時まで続くだろう。
アンダッキング
追跡中 問題なし
これからホースローンに戻る
>> あなたの画面には
任務管理
地上制御装置はどこにあるのか
全て作動しています。
そして、実際になぜ私たちは耳を傾けないのですか?
ちょっと待って
チャットが発生しています
そこだ
>>俺たちが行くと思って始めよう
>> お前はゴーだ
>>今、ゴーの声を聞いたんだけど
コールはした
しかし、私たちはまだ
酸化窒素のプロセスは、ニトロウスを尋ねてください。
または OXYGENが保留中だったのか
キャビン内の圧力と与える
暮らしやすい環境をつくる
安全に家に帰るのに十分な長さ
外部の緊急時には
スーツは同様に難燃性です。
それは保護を提供します。
船内で火事があった
彼らは非常にクールだ
彼らは、エステティックに減少しています。
そして、スペーステックスの家でデザインされています。
>> 彼らはスリークであり、クルーは
忙しさについてはない
出発の準備をしていた
今朝起きてみたら…
実際に夕方になると
国際宇宙ステーション
今すぐに
そして、彼らは立ち上がって始めました
始動中。
すべての天文学者は 働かなければならない
毎日2時間は外に出て
彼らが彼らを維持することを確認してください。
歩くことができるその方法の強さ
家に帰ったら
彼らは立ち上がって
それとボブをする機会があります。
ビーエヌケン転送緊急事態
ドラゴンから地球への装備
宇宙ステーションと彼らはそれを保持します。
もしもの時のために
IT TO GET A GET SPEEDY TAKE AWAY
または、ケースに応じて安全な場所を確保する。
何かが起こることになっていた
国際宇宙ステーション
>> >> あなたは安全性について言及しました
HAVEN。
ビジティング・スリービーグズの一杯。
車 両者ともにソ・アイ・ヤンキー
スタディアムとドラゴンビークル
装着されているときは
従業員に居場所を提供する
もし存在するならば、ホールドアップしてください
駅での緊急時、または以下のような場合
漏れがあったか火事があったか
脱ストレスイベント
そのうちのいくつかは
クイックアクセスのための車。
そして、実際に訓練を受けた乗務員たち。
その上でプリティ・リゴロウスリー
エマージェンシー・シーンの侵入
あらゆる種類の環境下で迅速に
視界と風景と
クルーメイツがいるかどうかをチェックする
無事に乗船しています
私たちにはチャンスがありました
ホースローンでのトレーニング
今月の初めに
簡単な出来事をまとめてみました
次へ
ボブとドゥーグは、
穀物の供給を開始します。
2:35頃、太平洋時間がハッチします。
閉じろ
そこが我々が閉ざす場所だ
ドラゴンのハッチの前に
スペースクラフトに続いて
それは、クローズアップされることになります。
ハッチ
>> 宇宙ステーションがあるからな
クルーはそれとそれに取り組んでいます。
WE’LL GO FOR VESTIBULE
脱ストレス症とそれは
彼らが経験したことは
到着して出発する
それは、私たちが見たいと思っている時です。
DRAGON DO SOME SMALL UNDOCKING
それを分離するための火傷
あなたの画面にある宇宙ステーション
宇宙空間の中からの眺めです。
下を向いている駅
加圧された会議のアダプター。
私はクリス・カシディだと思う
ビューと私はそれらがあると思います。
船上の他の人たちとボブとドゥーグ
カプセルの中に入っています。
>> アナトリーとアイバン・ウェガー
逆さにしても、そう感じても
宇宙で私たちのために逆さにダウンします。
両方のハッチは開いたままだ
私たちは、そのハッチを待っています。
クローザー
>> 見えるだろう?
多分、あなたがすれば認証ハッチがあるはずです。
すべてのISSの場所を通過するだけで見てください
クルーは
私はそれを信じています
ホワイトサークルとクリス・カシディ
貼付けるための何らかの作業が必要になります。
その時にターゲットをドッキングさせる
ハッチを閉じる準備ができました
我々は以前にボブと言及した
ドッグは今日も忙しかった
彼らも同様に忙しかった
船上での貨物の輸送
車だ
ただ聞いているだけですが、そのように見えます。
彼らは人生を経験している
活動をサポートします。
私は、カーボンのコールアウトを聞きました。
二酸化硫黄濃度が低下しています。
つまり活動的なんだ
キャビンから空気を取り込む
彼らは、上で鼻を鳴らすことができます。
取締役会
>> ただいくつかの統計
前にも言ったよな
クルードラゴンが登場
63日目に突入しました
まるで昨日のようだ
その間、ボブとダグは
旅をしてきた
一周ミリオンスタチューマイル
地球
>> >> 頻繁にフライヤーはあるか?
ドラゴンへのパス?
周りを飛び回っていると思います
地上のトラックで考えよう
約17,500
キロメートルの時には
またはイタリア語のALTITUDE。
これでいいのかな?
1回の走行で17,500マイルだと思います。
HOUR.
>> EXCUSE ME.
すみません
>> まだ超高速なんだけど
だからハッチの上を見てみろ
ISS 20の旗が見えますか?
それは20番目を表している
国際大会開催100周年記念
私たちがいる宇宙ステーション
今年の後半にお祝いをしています。
20年前から好きなのは
人に説明してくれ
20歳未満のあなたは
人間のいない日はなかった
宇宙で
過去20年の間、私たちは
船上での継続的な人間の存在感
国際宇宙ステーション。
それは本当に国際的で、私たちの
二人の逆サイドの友人が見えてきた
彼らは、より良い外観を取得しています。
回転させて中に入る
彼らはからあるの方向
ロシア宇宙機関
奪い取っているように見える
THE MODULATION VENTILATION.
>> ドラゴンがいる間は
宇宙ステーションに取り付けられています。
ほとんどの業務が終了しています。
“クィーセント・モード “と呼ばれているもので
ある程度の基準を見ています
万が一、メグに遭遇した時のために
オンボード自動化をトリガーします。
車が目を覚ますように。
オンボードライトサポートは
扉を閉めるときにのみ使用します。
孵化器と簡単な説明のために
設定を行っているとき
最初に到着した時の車と
私たちは、私たちのように出発しているときの心境
今すぐに
それで、そのダクタイルを引っ張り出す。
インターモジュールのベンチレーションは
クリーンさを提供するダクト
通気性ケアと循環器
カプセルの空気と
からその空気を提供する
国際宇宙ステーション
>> ハッチ・クローザーがあるように見える
まもなく進行中です
追い出す作業をしています
ドラゴンの中の装置とプット
宇宙ステーションに戻って
これらの活動の一部として
活性化されたダクトの移動
リチウムハイドロキサイドのコース
スクラバーズ オン ドローン アンド アイシンク
私たちはただ待っているだけです
ハッチの確認
クローザー
私たちはちょうどそれを確認しました。
CAPSULE ENDEAVORが閉鎖しました。
フォードハッチ
私たちは、実際に私たちの上で見ることができます。
アクションをスクリーンに映して閉じる
アパスハッチもだ
>> クルー・ドラゴン・クローザーと同様に
彼らは北上していた
アトランティックオーシャン
ハッチクローザーの一部として
視察したオペレーション
内部表面のシール
ザ・ハッチ・オン・ドラゴンと私たちは
フォードハッチの話と
サイドハッチ
フォードハッチは、その一部です。
前面に取り付けられています。
のフロント部分
国際宇宙ステーション
ロケットを想像しているなら
起動パッドにあったように、それはそれは
少し脇道に入ったところにある
そして、天井のサービスがあります
そのマッチ ボブとドゥーグ
検査をしたはずなのに
念のために
可能な外国物体デブリス
漏れの可能性があります
>> 私たちは可能性があるように見えます
サテライトへのステップ
ハンドーバー
のデータを追跡しています
サテライトシステムとコンスタントに
一つから次へと移動します。
彼はテレメトリリンクを提供しています。
そして、私は彼らがいると信じています。
ジオベルト
それが正しければいいが
しかし、彼らは通信を提供しています
アップリンクとダウン リンクとダウン
私たちがコマンドを実行するためのリンク
必要なだけの車
地上に出てみましょう。
私たちには使命があります
ホースローンでの制御。
そこに我々の使命があります
コントローラーは
戒律を発令しています
3列目に座っています
使命感を持っているのは、ミッション・ディレクターだけではありません。
ASと内観
ドラゴンと慰安具
何を着ているのか
彼の下には
スーツ
それは、ただの小さなボリュームです。
通常は露出させてバキュームを行います。
私たちが持っていないときの空間の
訪問
VEHICLE.
まるでスポーツ用品のようだ
また、快適な状態を維持するのに役立ちます。
スーツの中にいる前に
ワンピースのような大きさのワンピース
ヘルメットがあるようにデザインそれとブーツに統合されている
それに統合されている
本当に解凍するんだ
スーツとのいくつかのインターフェース
それに乗り込んで、すべてのものをZIPします。
アタッチメントポイントアップと年次
スーツの脚の上に10億cal
だから、それは接続することです。
ガス・電気の提供
スーツとの接続
彼らはインテグラティブを 使うことができます
ヘルメットとマイクロフォン
通気性のあるガスを提供する
スーツの漏れチェックのために
これは、いわゆる「インター」と呼ばれるものです。
車いすの中のスーツ
“乗り物
私たちがキリストとして見たもの
キャシディはそこにいた
試合とその間
スペースでドッキングを直していた
ターゲット
Xのように言うのが好きです
スポットをマークするのはそれが理由だ
BZが目指すもの
に到着したら
国際宇宙ステーション
ボブの帰還に一歩近づいた
そして、ドグの家。
私たちは2.5時間前に持っていた
気象情報の把握と
物事はまだ良い方向に向かっている
“今日は定時出発です
聞けて本当に嬉しい
帰りの方に移動しました
アトランタ
私たちはあなたを見ているsaeurplビューを見ています。
見ている
あなたがハッチを見たように
DRAGON SIDE CLOSE、これはこれであります。
重要な手続きのセット
キャシディは今働いています
あなたはすでに言及しました
ドッキングターゲット
これがXマークのロッドだ
リーアが言及したように、スポット。
これは修正すべき重要な項目です。
アパスハッチに
カメラを設置したのが見えます
そこの外に出ればいいんだよ
写真を撮ることになりました。
具体的な方法を知るためのグラウンドチーム
設定されていた浅瀬
閉店前に
白いパディングがあるのを見ました
安全のために外に出よう
測定
クルーはもうちょっとだ
そのタイムラインの前に
いくつかのアイテムが
閉じ方が見えてきましたね
ハッチは宿舎側にある
ここにスペースがあります
ドラゴンハッチとの間
国際宇宙ステーション
ハッチ
その空間は
ベスティブル
15分後には
閉じてしまえば、彼らはきっと、「GO」を出してくれるだろう
脱ストレス状態になってしまった。
すべてが制御されているVESTIBULE
ドラゴンサイドから
ここから目を離すな
ミッション・コントロール・ホーストンから
今、その機能の低下は
VESTIBULE DOES A QUIT OF OF
時間にして1時間はかかる。
バクュームのところに行って
しかし、チェックが必要だ。
1平方あたり約5ポンド
インチ。
1平方あたり5ポンドの小切手
インチは時間がかかります。
5に到達するのに時間はかかりません
PSI
しかし、実際にそこに到達した時には
ベスティブルを下に降ろす
バキュームはほんの少しのことをします。
気温の揺れは、それが意志である。
マルクに行ってから
このまま下に向かって
バキュームへの脱ストレス。
ハ、もうすぐだよ
“ゴー・ノー・ゴー” “ゴー・ノー・ゴー” “ゴー・ノー・ゴー
ほんの少しだけ、1回以上の頻度で発生します。
脱ストレス状態の1時間後
午後4時20分頃 PACIFIC AND IF
すべてがうまくいく I don’tth
これまでの計画によると
ドリューは、彼らを衝撃から解放して、
4:34:58を見ていると
全てが素晴らしい方向に向かっている
国際宇宙ステーション
“サイド
今すぐ君のところに戻る
HOUTSDZソーン
ドラゴンハッチは閉鎖された
そしてBOBとTKOUBGはドンをしました。
彼らのスーツを探します
アマス
アンドロジェンヌの略です
アタッチメントシステムとIT’S
統合された部分
私たちはクリス・カシディが働いているのを見ました
微細なTPAOUPBの任意のアラインメントのための
宇宙船に接近中。
のために必要な何かではない
UNDOCKING.
聞こえたのはコムだと思う
クルーをチェックアップ。
それは非常に良い兆候だ
それは、作業が順調に進んでいることを意味します。
スーツを着て
手続きだ
彼は写真を撮っているし、彼はするだろう。
それを下に送り返す
GROUND TEAMができるように
ハッチの閉まり方をチェックしてみましょう
手続きが終われば、彼はできるようになる。
詳細な写真を提供する
将来の使用のために。
>> 番号を取得中の車両。
この時点での再設定手順
上のコースのクルーとのポイント
取締役会
私たちの生活を守らなければならない
サポートシステムと熱
すべてのシステムが動作しています
間での指名と巻数
圧迫されたベスティブル
14.7 PSIの範囲は、我々はします。
ドラゴンに向かって通気する

Pocket