Pocket

■ ONE OF THE TWO ASTRONAUTS
RETURNING TO EARTH IN CREW
DRAGON IS DOUG HURLEY THE
EXPANDER FOR THE DEMO Q MISSION.
HE THREW IN TWO MISSIONS.
HERE’S CLOSER LOOK AT NASA
ASTRONAUT DOUG HURLEY.
JOINING THE SPACEX DEMO TWO TEST
HE WAS SELECTED AS AN ASTRONAUT
IN 2000 AND PILOTED SPACE
SHUTTLE ENDEAVOR AND ATLANTIS
FOR STS1 THRAOEUFP THE FINAL
MISSION.
INTRODUCING NASA ASTRONAUT
DOUG HURLEY.
IT’S A LIFE CHANGING PROCESS IN
SO MANY WAYS TO FLY IN SPACE.
IT’S JUST OVERWHELMING IN SOME
RESPECTS.
WHEN THE ENGINE SHUT OFF AND YOU
GO IN THE CASE OF THE SHUTTLE
YOU GO FROM 3G TO ZERO G AND
THINGS START FLOATING AND I
REMEMBER DISTINCTLY THINK
WHAT JUST HAPPENED.
IT’S A PRETTY EMOTIONAL EVENT.
I REMEMBER THE FIRST TIME I SAW
SHUTTLE LAUNCH IT WAS AMAZING
IT’S QUITE THE EMOTIONAL
EXPERIENCE.
MY NAME IS DOUG YOU RECALLY AND
I’M CRAFT COMMANDER FOR THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
WE WERE DOING THE FIRST CREWED
FLIGHT FOR NASA AND SPACEX.
THIS WAS TO PROVE END TO END
FROM LAUNCH TO DOCKING TO ISS
OPERATIONS AND THEN ENTRY,
DESCENT AND LANDING.
WE’LL WAKE UP 6 HOURS PRIOR TO
LAUNCH AND YOU’LL EAT BREAKFAST
AND DO A MEDICAL CHECK ASK GET
YOUR COMFORT GARMENTS ON AND GET
A WEATHER BRIEF AND GO GET
SUITED UP AND IT’S THE SAME SUIT
UP ROOM THAT ASTRONAUTS HAVE
BEEN USING SINCE
APOLLO.
WE’LL GO THROUGH THE ON ORBIT
ACTIVITIES.
WE’LL DO SOME MANUAL FLYING IN
THE VEHICLE.
WE’LL OBVIOUSLY SLEEP ON THE
VEHICLE.
AND THEN WE’LL CONTINUE THROUGH
THE RENDEZVOUS PHASE THE NEXT
MORNING WE’LL LIKELY SPEND A FEW
MONTHS ON SPACE STATION AND DO
SOME ON BOARD TRAINING WITH
REGARD TO UNDOCKING ENTRY,
DESCENT AND LANDING.
ACTUALLY GET TO FLY THE MISSION
WITH BOB, IS WE’VE BEEN CLOSE
FRIENDS FOR ALMOST 20 YEARS, SO
THE WHOLE EXPERIENCE FOR ME IS
WHAT WE’RE LOOKING FOR.
FOR DOUG PERSONALLY IT MAKES ME
SO HAPPY THAT HE GETS TO BE THIS
MISSION AND SPACECRAFT COMMANDER
AND JUST GLAD TO SEE HIS HARD
WORK AND HIS DREAM COME TRUE FOR
THAT.WE’RE SO PROUD OF HIM.
IT’S BEEN A HUGE AMOUNT OF
SACRIFICE AND TIME AWAY FROM
HOME BUT FRUITS ARE COMING TO
FRUITION.
HE’S THE JOINT OPERATIONS
EXPANDER AND PREVIOUSLY FLEW ON
TWO SHUT ANDMISSIONS.
WHY DON’T WE LEARN A LITTLE BIT
MORE ABOUT HIM.
WHEN YOU GO THROUGH THE LAUNCH
DAY PREPARATIONS THERE’S A LOT
OF MOMENTS THAT KIND OF STAND
OUT TO YOU.
ONE IS THE CELEBRATORY PIECE OF
IT WHICH IS THAT YOU’RE WALKING
OUT OF THE SUIT-UP ROOM AND
GETTING IN THE VEHICLE THAT WILL
TAKE YOU TO THE LAUNCH PAD.
WHEN YOU CLOSE THE HATCH, THAT’S
REALLY WHEN DOUG AND I ARE IN
THE VEHICLE AND IT’S OUR VEHICLE
AND WE’RE REALLY IN CONTROL OF
THE MISSION AT THAT POINT.
THERE’S A BALANCE OF MANAGING
RISK AS YOU GO FORWARD TO
EXECUTE A TEST POINT AND
FIGURING OUT A WAY TO COLLECT
THE DATA OF.
YOU HEAR A SOUND AND IT’S THAT
SOUND, AN EXPECTED SOUND AND
THAT LIGHT IS AN EXPECTED LIGHT.
AND WHAT’S THE SOURCE OF IT.
TRYING TO DISSECT ALL OF THAT IN
YOUR HEAD IS A LOT OF THINGS
HAPPEN LIKE THAT ON LAUNCHING OF
A VEHICLE.
>> FROM MISSOURI HE’S AN
AIR FORCE COLONEL AND FLIGHT
TEST ENGINEER AND FLEW ON
ENDEAVOR TWICE.
DUDING NASA ASTRONAUT BOB
BEHNKEN.
>>
MY CAREER HAS SPANNED A COUPLE
OF DECADES AT THIS POINT.
I ARRIVED WITH THE CLASS OF 2000
AND WENT THROUGH THE TRAINING
PROGRAM PRIMARILY FOCUSSED ON
THE SPACE SHUTTLE AND
INTERNATIONAL SPACE STATION
LEARNING THOSE SYSTEMS.
HAVING LAUNCHED A COUPLEL TIMES
ON VEHICLES, THE SECOND TIME WAS
DEFINITELY DIFFERENT THAN THE
FIRST TIME.
YOU CAN FEEL A LITTLE BIT GUILTY
OF HEY SHOULD I STUDY ONE MORE
THING OR ONE MORE PIECE OF
INFORMATION I SHOULD GET AND
MANY AREALLY PREPARED OR NOT.
THAT’S DIFFERENT BETWEEN WHERE I
WAS ON MY FIRST FLIGHT AND WHERE
I’M AT RIGHT NOW.
>> I THINK FOR ME PERSONALLY AS
A SPOUSE WATCHING EVERYTHING
THAT BOB HAS PUT INTO THAT AND
THE DEDICATION THAT SHE’S SHOWN
AND PERSEVERANCE IS SPECIAL.
IT ENCOUNTER WOULD BE UNTIL THE
MISSION IS COMPLETE THAT YOU
HAVE REALLY A CHANCE TO SAVOR IT
AND CELEBRATE IT.
>> ON A DEEPLY PERSONAL LEVEL,
I’M REALLY EXCITED THAT MY SON
IS GETTING A CHANCE TO SEE ME
LAUNCH INTO SPACE.
BEING AN ASTRONAUT HAS BEEN AN
ABSTRACTION THING FOR HIM
BECAUSE HE’S SEEN ME DO IT IN
OLD VIDEOS BUT NOT FOR REAL.
I’M EXCITED FOR HIM TO SEE ME
LAUNCH INTO SPACE.
REALLY MY ROLE ON THE DEMO TWO
MISSION IS MAKE SURE WE GET THIS
VEHICLE TESTED AND EVALUATED SO
THAT WE CAN MOVE ON TO MORE
OPERATIONAL MISSIONS AT THE
INTERNATIONAL SPACE STATION.
>> 3, 2, 1, 0, IGNITION.
LIFTOFF.
GO NASA!
GO SPACEX.
GODSPEED, BOB AND DOUG.
>> WE’VE GOT A LOT OF
OBJECTIVES THAT HE WITH NEED TO
ACCOMPLISH TO MAKE SURE IT’S
GOOD TO GO.
WE’LL DO EVERYTHING FROM
ACTUALLY TALK FROM THE DRAGON
VEHICLE TO RUSSIAN SOYUZ.
WE’LL DIG OUT ALL KINDS OF
HARDWARE THAT ARE STOWED IN
NOOKS AND CRANNIES IN THE
VEHICLE SO WE HAVE AN ABOUT FEEL
FOR HOW THINGS ARE IN PLACE AND
WE PLAN TO DO THOSE THINGS AS
PART OF OUR TEST MISSION.
>> WELCOME TO BOSH AND DOUG.
I’LL TELL YOU THE WHOLE WORLD
SAW THIS MISSION AND WE ARE SO,
SO PROUD.
>> I’M LOOKING FORWARD TO THAT
MOMENT WHEN HE ENJOYS THE
ACCOMPLISHMENT AND REALIZES HE
DID THIS, WE DID A GREAT JOB, WE
ACCOMPLISHED WHAT WE SET OUT TO
DO.
WHENEVER HE LETS HIMSELF FEEL
THAT AND EXPERIENCE THAT SUCCESS
THAT’S WHAT I’M LOOKING FORWARD
TO.
FOR HIM.
FOR ME I’M LOOKING FORWARD WHEN
HE’S TOUCHING DOWN AND THE PLANE
THAT BRINGS HIM HOME AGAIN AT
THE END OF IT.
>> I THINK THAT THE THING I’M
MOST LOOKING FORWARD TO IS
ACTUALLY ENDING UP IN THE WATER
SAFELY AT THE END OF THE
MISSION.
I’M EXPECTING A LITTLE BIT OF
VOMITING MAYBE TO HAPPEN IN THE
END GAME.
WHEN WE GET TO THAT OPPORTUNITY
TO DO THAT I’M LOOKING FOR HA
CELEBRATORY EVENT OF BOTH OF US
IN THE WATER AT THE END OF THE
MISSION.
>> GREAT VIEW ON YOUR SCREEN.
THAT’S FROM A CAMERA BEHIND BOB
AND DOUG.
BOB SITTING IN THE RIGHT HAND.
THERE IS CON FIRM PLAYINGS OF A
COUPLE OF GREAT MILESTONES AND
FORWARD HATCH IS CLOSED AND WE
COMPLETED SAK CHECKS AND
EVERYTHING NOMINAL.
BOB AND DOUG JUST RAISING THEIR
VISORS AND GETTING A LITTLE MORE
COMFORTABLE.
>> WE DID HAVE APASS HATCH
CLOSER AS WELL AS BEGINNING OF
SUIT LEAK CHECKS ASK GOT A FEW
MILESTONES COME UP.
NEXT WE’RE LOOKING AT THE
VESTIBULE DEPRESSURIZATION.
>> LEFT HAND SIDE IS SPACECRAFT
COMMANDER IS DOUG HURLEY AND ON
THE RIGHT HAND SIDE IS PILOT BOB
BEHNKEN AND ALSO JOINT
OPERATIONS COMMANDER.
IN FRONT OF THEM ARE THE THREE
TOUCH SCREEN DISPLAYS IN THE
DRAGON SPACECRAFT.
AND WITH SUIT LEAK CHECKS
COMPLETE, IS THE NEXT MILESTONE
AS YOU MENTIONED, LEAH, IS
VESTIBULE DEPRESSURIZATION.
>> CHECKING OUT ALL THE
SCREENS, THE CREW WILL BE
MONITORING DURING THE DEPARTURE
PORTION OF THE FLIGHT.
ON THE WAY UP THEY HAD A COUPLE
OF OPPORTUNITIES TO PERFORM SOME
MANUAL FLIGHT TESTS BY PILOTING
THE VEHICLE AND CHECKING THOSE
OUT AND SEEING HOW IT WOULD FLY
IF YOU EVER HAD TO.
BUT FORTUNATELY IT’S AN
AUTONOMOUS VEHICLE SO THE GOAL
IS THE ASTRONAUTS ARE ALONG FOR
THE RIDE AND THEY’RE THERE TO
MONITOR IN CASE ANYTHING SHOULD
GO HOME.
WE’RE NOT STOPPING FOR ANY OF
THE FLIGHT TESTS ALONG THE WAY.
>> THAT’S
RIGHT.
>> JUST TRYING TO TAKE A LOOK
HERE TO SEE WHAT THE VESTIBULE
IS PRESSURIZED AT.
LOOKING AT THE DATA
■ 二つのアストロノートのうちの一つ
クルーの地球帰還
ドラゴンはDOUG HURLEY THE DOUG HURLEYです。
原型炉Qミッションのエキスパンダーだ
彼は2つのミッションを経験しました
ここではNASAを詳しく見てみましょう
アストロノート・ドゥーグ・ハーリー
スペーステックス・デモ・ツー・テストに参加します
天体観測士に選ばれた
2000年とピロテッドスペース
シャトルエンデューロとアトランティス
FOR STS1 THRAOEUFP THE FINAL
ミッション.
NASAアストロノーツの紹介
ダグ・ハーリー
それは人生を変えるプロセスです
宇宙空間を飛ぶ方法はたくさんあります。
それは、いくつかの点では、ただのオーバーウェルミングです。
尊重します。
エンジンが停止したときに
シャトルのケースに入る
あなたは3GからゼロGに行くと
物事が浮かんできて、私は…
思い出す、思い出す、思い出す
何が起こったのか
とても感情的な出来事です
初めて見た時のことを思い出すわ
シャトル起動は素晴らしかったです。
IT’S QUITE THE EMOTIONAL
経験。
私の名前は、あなたが覚えているとDOUGです。
私はクラフト・コマンダーです
国際宇宙ステーション
最初の有人宇宙飛行士をやっていました
NASAと宇宙航空のための飛行
これは最後まで証明することになりました
打ち上げからドッキング、ISSまで
OPERATIONS AND THEN ENTRY.
降下して着陸します。
私たちは6時間前に起きます
打ち上げと朝ごはん
AND DO A MEDICAL CHECK ASK GET
あなたの快適な服を着て
天気予報と取得してください。
スーツを着て、それは同じスーツだ
アストロノーツが持っているアップルーム
使用されている
アポロ
我々は軌道上を通過する
アクティビティー
WE’LL DOOME MANUAL FLYING IN.
車の上で寝る
車の上で寝ることになります
車だ
そして、私たちはこの続きをします
錬金術師の段階 THE NEXT
朝は少しの時間を過ごします
宇宙ステーションに数ヶ月間滞在していて、何をしているのか
とのボード上でのトレーニング
アンダッキング・エントリーに関して
降下と着陸
実際にミッションを飛ばすことができます
WITH BOB, WE’VE BE BE BE BE CLOSE
20年来の友人だからね
私にとっての全体的な経験は
私たちが探しているもの
ドッグ個人的には、それが私を
彼がこうなることができてとても幸せです。
任務・宇宙艦隊司令官
そして、彼のハードな姿を見ることができて、とても嬉しいです。
仕事と彼の夢を実現するために
彼を誇りに思います
それは膨大な量の
聖職者の聖職と時間の逃避
HOME BUT FRUITSがやってくる
フルーツ
彼は共同作戦だ
エクスパンダーと以前は飛んでいたが、今は飛んでいない。
2つのシャットと任務
なぜ私たちは少し学びませんか?
彼についてもっと知りたい
立ち上げ時には
準備にはたくさんのことがあります。
立っている瞬間の数
君に乾杯
1つは記念碑的な作品です
それはあなたが歩いているそれは何ですか?
スーツの部屋から出て
目的の車に乗り込む
起動パッドに連れて行ってくれ
ハッチを閉じれば、それだけです。
本当にドゥーグと私がいる時は
車と私たちの車
そして、私たちは本当にコントロールされている
その時点での使命は
管理することと
前向きに行動する際のリスク
テストポイントの実行と
回収方法の検討
のデータ。
あなたは音を聞いて、それがそれです。
音と期待される音と
その光は期待される光です
その源は何なのか?
その全てを切り離そうとしています
あなたの頭にはたくさんのものがあります
起動時に同じようなことが起こる
車だ
>> ミズーリ出身の彼は
空軍大佐とフライト
テストエンジニアと飛んできた
エンデヴァー2回目
ダウジングNASAアストロナウト・ボブ
ベーンケン.
>>
私のキャリアは2つのカップルに分かれています。
何十年にもわたってこの地点にいた
私は2000年のクラスに到着しました
そして訓練を受けた
主に焦点を当てたプログラム
スペースシャトルと
国際宇宙ステーション
これらのシステムを学ぶ。
二人組を立ち上げた経験
車の場合、2回目は
これまでのものとは明らかに違う
初めてだ
少し罪悪感を感じることがあるだろう
もう一回勉強した方がいいかな?
モノまたはワンモア・ピース
取得すべき情報と
多くは準備しているかしていないかだ
それは、私がどこにいるかで違います
初めてのフライトでどこにいたのか
私は今ここにいる
>> 個人的に自分のことを考えると
すべてを見ている配偶者
ボブがそれに打ち込んだことと
彼女が見せてくれた献身
そして、永続性は特別なものです。
それは、それまでの間に、それはエンカウントされます。
使命はあなたが完了していることです。
節約するチャンスがある
そしてそれを祝う。
>> 深く個人的なレベルで。
私の息子が生まれたことに興奮しています
私に会う機会があるのか?
宇宙に飛び出す
宇宙飛行士であることは、これまでもそうでした。
彼のための抽象的なもの
彼は私がやっているのを見たからだ
古いビデオだけど、本物じゃない
私は彼が私を見るのを楽しみにしています
宇宙に飛び出す
原型炉2号機での私の役割
使命はこれを確実に手に入れることだ
テストされ、評価された車両
私たちはより多くのことに移動することができます。
世界各国でのオペレーションミッション
国際宇宙ステーション。
>> 3, 2, 1, 0, IGNITION.
“LIFTOFF
NASAへ!
行け!
ゴッドスピード ボブとダグ
>> 沢山あるぞ
彼が必要としている目標
ACCOMPLISH TO MAKE SURE IT’S
行っていいぞ
ここからは何でもやります
ドラゴンから実際に話をする
ロシアのソユーズへの車。
あらゆる種類の
収納されているハードウェア
のNOOKSとCRANNIES
VEHICLE SOHAVE WE HAVE ABOUT FEEL
物事がどのようにしてその場にあるのか、そして
私たちは、そのようなことをすることを計画しています。
私たちのテストの使命の一部です。
>> ボッシュとドゥーグへようこそ
世界のことを話しましょう
この使命を見て、私たちはそうです。
誇らしいわ
>> それを楽しみにしています。
楽しむ瞬間
楽しむ瞬間
達成と現実化
これをやったんだ、俺たちは素晴らしい仕事をした、俺たちは。
目標を達成しました。
やるんだ
自分自身が感じていることはいつでも
それとその成功を経験すること
前向きに考えています
TO.
彼のために
私のために いつになるか楽しみだわ
彼は下に触れているし、飛行機も
それがまた彼を家に連れてくる
終わりだ
>> 私が考えているのは、私がしていることは
最も楽しみにしているのは
実際に水の中に入ってしまった
最後の最後に安全に
使命だ
少しだけ期待しています
にVOMITINGが起こるかもしれません。
ゲーム終了
そのチャンスを手に入れたら
私が探していることをするためにハ
両国の祝賀行事
終点の水の中で
使命。
>> あなたの画面には素晴らしい景色が広がっています。
それはボブの後ろのカメラからだ
そしてドゥーグ
右手に座っているボブ。
のコン・ファーマーの演奏があります。
偉大なマイルストーンのカップルと
フォワードハッチを閉じて、我々は
完了したSAKチェックと
全てノミネート
ボブとドゥーグは、自分の子供を育てています。
バイザースともう少し詳しく
快適です。
>> 認証ハッチを持っていた
始まりと同じように閉じます。
スーツリークチェック アスク ゴットアニュー
マイルストーンが出てくる
次は
脊柱管狭窄症。
>> 左手側はスペースクラフト
司令官はダグ・ハーリーとオン
右側がピロットボブ
ビーヒンケンとアルソジョイント
作戦司令官
彼らの前には3人がいる
タッチスクリーン表示
ドラゴンスペースクラフト
スーツリークチェック付き
完結した、次のマイルストーンは
君が言っていたように リーアは
痙攣性ストレス症
>> 全てをチェックアウトして
スクリーンには、クルーがいます。
出発時のモニタリング
フライトの一部だ
途中でカップルがいました
ある種のパフォーマンスを発揮する機会があるかどうか
パイロットによる手動飛行試験
車と点検
外に出てどんな風に飛んでいくのかを見る
必要があればね
しかし、幸いなことに、それは
自動運転車の目的
天文学者は、天文学者のために、今も続いている。
乗り物に乗って、彼らはそこにいます。
何かあった場合のモニター
家に帰れ
私たちは何のためにも止まらないわ
途中でフライトテストをします。
>> それだけだ
右だ
>> 見ようとしただけなのに
ここでは、そのベスティブが何であるかを見ることができます。
圧力がかかっています。
データを見ると
Pocket