Pocket

国立研究開発法人 産業技術総合研究所と東北大学大学院工学研究科応用化学専攻および金沢工業大学応用化学科の研究グループでは、このたびラジオクロミック材料(放射線照射により発色する物質)を用いた3Dプリント線量計の作製に初めて成功しました。3Dプリンタで患者の臓器の形状を正確にコピーしたオーダーメイドの3次元線量計が可能となり、正確で安全な放射線治療に貢献できるものとして、今後の研究の進展が期待されています。

本研究の社会的意義

放射線治療では、がんを治療しながら、周辺の正常組織に影響を及ぼさないよう、放射線をどのように照射するか、綿密な計画が必要となります。そのため放射線の線量を測定する線量計は放射線治療において重要な役割を果たしますが、放射線治療には強度変調放射線療法や定位体放射線療法、高エネルギーハドロン療法など、さまざまな照射技術があり、線量分布を複雑にする原因となっていました。

当研究は、ラジオクロミック材料と3Dプリンタを使い、3次元線量計を作るという新しいアイデアを具現化したものです。照射後にラジオクロミック材料である透明ポリマーが着色するため、3次元線量分布が容易に可視化され定量化できます。これにより、患者さんの3次元X線CTデータをもとに臓器の形状を正確にコピーした線量計を3Dプリンタで製作することで、より正確で安全な放射線治療の立案に貢献できます。

 

もっと知るには・・・https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2020/0610_Tailor-made_3D_dosimeter.html

Pocket