Pocket

YouTubers are making a living on videos about Microsoft software

Microsoftの製品の解説をするだけの Youtube チャンネルで、十分に生活出来るだけの収入を得ている人の紹介です。

元 Microsoft の Kevin Stratvert というエンジニアで、Microsoft にいたころ(2017年)に始めた Youtube チャンネルを、引退後(2020年の7月)に丁寧に育てた結果、今では 80 万人のサブスクライバーを持つ、立派なインフルエンサーになることが出来たそうです。

最近投稿した、How to use NEW Presenter View in Microsoft Teamsというビデオでは、Teams 上でパワポのプレゼンをするテクニックを紹介していますが、今や Microsoft 365 のオフィシャルチャンネルよりもサブスクライバーが多く、Microsoft が自社のサイトからリンクを貼るほどの影響力を持っているそうです。

この話には、インフルエンサーとして稼ぐためのヒントが数多く含まれていると思います。特に、Microsoft 自身が、自分たちで解説ビデオを作るよりも、インフルエンサーたちに任せた方が良いと考えている点はとても重要です。

「インフルエンサー・マーケティング」という言葉が作られてから数年が経ちますが、ようやく、そのあるべき姿が見えてきたように思います。

ちなみに、AmazonやFacebookと同じように「(力を持ちすぎた)Google は分割すべきだ」と主張する政治家がいますが、Youtube に関して言えば、独立した会社にした方がより多くの価値を生み出せるように私には思えます(Instagram も同じです)。

この「インフルエンサー・マーケティング」のトレンドは本物であり、テレビ広告に流れていたお金が、インターネット広告に流れたのと同じように、旧来型のインターネット広告に流れていたお金が、インフルエンサーに流れると見て間違いないと思います。

現時点では、Microsoft からStratvert氏への直接のお金はなく、Stratvert氏は(旧来型の)広告費で収入を得ていますが、Stratvert氏がMicrosoftのビジネスに対して提供している価値を考えれば、もっと直接的なお金の流れがあって然るべきです。

プラットフォームである、Youtube や Instagram は、そんなお金の流れを作るビジネスを立ち上げるには絶好の立ち位置にいることは明確です。Google や Facebook が提供する旧来型のビジネスモデルに縛られない独立した会社になった方が、イノベーションが起こしやすいと思います。

 

引用:週刊 Life is Beautiful 2021年7月20日号
(内容が濃いメルマガなので登録することをおすすめします)

 

<類似記事>

ブログ(インターネット)を使うと月収100万円も夢じゃない。稼ぐためのブログ制作の極意を教えます。

Pocket