Pocket

翻訳
hello everyone and welcome in this video
we’re going to be answering the question
can the grid handle electric cars we’re
going to kind of take this question to
its extreme
let’s see if gas cars were to be banned
not whether or not that’s a good
decision but if that were to happen
could the power grid actually handle all
of these cars being
electric an immediate switch to electric
cars and so i really think there’s two
parts of this question
you need to look at big picture looking
at power production
and then smaller picture looking at
residential consumption where
you’re actually charging all of these
cars so let’s start off with a little
very
simple math so in the united states
there’s about 230 million
licensed drivers and those drivers drive
on average about thirteen thousand five
hundred miles per year
so you can multiply those two together
and get the total miles driven by people
in the us
each year just in their you know regular
old everyday cars
now the way we discuss efficiency for
electric cars is kind of silly in the
u.s
but we give it mile per gallon
equivalent mpge
and so the worst electric cars are
getting about 70 mile per gallon
equivalent
the best electric cars are getting about
mile per gallon
equivalent and so if you look at that
spread if you look at the median
it’s over 100 mile per gallon equivalent
so
in this video we’re going to use 100
as our you know just average point that
we’re looking at probably a bit
conservative and certainly a number
that could increase in the future but
let’s just say the average electric car
gets a hundred mile per gallon electric
now what does that mean
well one gallon of gasoline is
equivalent to 33.7 kilowatt hours so if
we go back to our initial proposition
we have our 230 million drivers they’re
driving 13
500 miles per year we divide that by
their fuel economy which is 100 mpge
and then we multiply that by the amount
of energy used and that gives us the
total amount of energy that would be
used in the us
if everyone was driving uh electric cars
for all of their mileage
now that number ends up being about 1
trillion
kilowatt hours so total amount of energy
that would be needed if
everyone was using electric cars about a
trillion kilowatt hours
now that doesn’t take into consideration
transmission losses through power lines
and it doesn’t take into consideration
uh charging losses when you’re charging
that battery at home
so we’re going to add another 25 on top
of that
so a total amount of energy required of
1.25
trillion kilowatt hours now how much
energy do we actually produce in the
united states well according to the eia
about 4.1 trillion kilowatt hours
so we would need in addition to that 4.1
trillion kilowatt hours
another 1.25 trillion kilowatt hours
so an increase of total energy
production in the united states
of about 30 percent uh would be required
which
is significant i don’t think it’s as
mind-blowing of a number as some people
might have thought
um you know switching over just a 30
increase in energy required now let’s
give some perspective
for that number so from 1960 to the year
2000 in 1960
the energy production in the us was
under a trillion kilowatt hours
per year in the year 2000 it was nearly
4 trillion kilowatt hours per year
so in 40 years we increased the amount
of energy we produced in the united
states
five times and so this is asking for a
thirty percent
increase uh you know not multiplying
that number by five just thirty percent
uh and it’s over what duration so if you
start looking at what are countries
saying
uh that are going all electric they’re
saying you know maybe 2050
some maybe 2040. um gm announced you
know they want to go all electric by
2035.
the whole point being if you look at
what the us
was capable of from the years 1960 to
the year 2000
they were increasing energy production
by about four percent per year
so in order to get this 30 percent
improvement if we were to use a similar
scale looking at 1960-2000
it would only take us six and a half
years in order to meet that demand to
make the amount of energy additional
energy required
if everyone every single person were to
start driving an av
we’d have six and a half years uh based
on previous rates but you know i don’t
think
we’re going to adopt anywhere near you
know we’re not going to be anywhere near
100
evs in the united states uh in six and a
half years it’s going to take much
longer than that especially considering
we’re only adopting at like a two
percent rate currently
that meaning two out of every hundred
cars sold in the us
are electric so the adoption rates very
slow the you know
switch over to full electric is going to
take a very long amount of time it’s not
going to be this instantaneous thing
and so for a 30 increase in energy
production that to me doesn’t seem like
a challenge
does it mean companies have to make more
power yes absolutely
but are companies willing to make more
money yes they are
if you are a customer and you want more
energy that is a product they are
selling
they will sell you what you want so you
want more energy they’ll sell it to you
i don’t think that is an issue
now i will say that 30 percent increase
does not take into consideration
population growth
or other reasons why you might need more
energy at home
so a production you know a power
production company
it might not be 30 that they need to
increase by it could be more
considering you know what the population
growth is going to be if it’s explosive
population growth or if you have other
demands for electricity
that are not accounted for currently
okay so now let’s look at it from more
of a local perspective so of course you
have that power plant that’s generating
the electricity
and then it sends that to a transformer
which steps up the voltage
and sends it across transmission lines
so you can send that electricity very
far distances
efficiently so then you get to a local
transformer you step down
that voltage and you distribute it
across local power lines
and then before it comes to your house
at that final poll
you have one more transformer to step
down the electricity before it gets to
your house
so now we’re at your house and so the
question is how much
energy are we going to be adding to our
household consumption
by adding this electric car and so if
you look at the average house in the
united states
according to the eia electricity
consumption is about 900 kilowatt hours
per month now if we go back to our
example of driving 13
500 miles per year well then we can get
an
average monthly consumption of
electricity
purely from that electric car and so
that gives us about 15.6
kilowatt hours per day or about 475
kilowatt hours per month
so that means an increase in total
consumption on a monthly standpoint
of about 50 and that is a sizable
increase
so you know this is going to you know
cause a strain
on a local grid and so think about it
like this
if you think about it from an average
standpoint
all that’s saying is you know you’re
using 1400
kilowatt hours per month that’s the
equivalent
of using one outlet one 120 volt
outlet constantly so can the electricity
grid
on average handle one outlet from every
household constantly
absolutely yes it can handle that you
know it’s just like running a vacuum
cleaner constantly but that’s the only
thing you’re doing
all month long so of course the grid can
handle that the challenge is
that’s not what happens so if everyone’s
driving an ev
and they all get home at 5 30 and they
all have fast chargers at home
and they all plug in uh you know their
car
at 5 30 and everyone’s got an 8 kilowatt
charger
and suddenly all of these houses in a
neighborhood are all charging at that
really high rate
well then you’re putting a huge demand
on that local electrical infrastructure
and so from a power standpoint it’s not
that big of a deal you know it’s only
two hours on average that you need to
charge each day
in order to accommodate the average
driving distance per day for the average
person
if you think about it like from an ac
standpoint
it’s like running an air conditioner for
four and a half hours per day like
that’s
definitely something that happens right
there are plenty of houses that are
going to run an air conditioning system
for four and a half hours per day
that’s the amount of energy you’re
asking for um the challenge is you’re
asking for it all at once
now speaking of air conditioning of
course there was a time where air
conditioning
wasn’t common in most households and
then there was a time where air
conditioning
was common in most households and we
didn’t simply say
you know what the grid can’t handle it
uh let’s all just sweat in our homes
like
we rose to a certain challenge that
challenge being hey we need more energy
if everyone wants to use ac in their
homes
uh so you know it has been done and
there are solutions
infrastructure solutions to these
challenges
and it’s not like we just have to give
up and say ah we can’t do it it’s like
we’ve done it before
uh with you know bringing air
conditioning into our homes
so what is the solution well there’s
multiple parts to this so
first of all yes you could just simply
update the infrastructure
to allow for that higher demand peak
surge and power consumption
now sure that’s possible but it’d be a
very expensive thing to do
and it means that your electricity rates
are all going to go up really high
because the power company
has to make all those expensive updates
so there are smarter ways of solving
this
problem and the real key is just
changing when
everyone is charging so for example a
lot of peak demand occurs
when everyone’s running their ac systems
right but during the night when
temperatures cool down
not everyone’s running their ac systems
at full blast
like they were during the day and so
energy consumption at night goes down
so utility companies can say hey if you
charge your car at night we’ll offer you
a cheaper rate
a lot of people will take advantage of
that cheaper rate and thus
more people will charge on off peak
hours
and as a result the peak demand doesn’t
change all that much
and therefore your infrastructure demand
doesn’t change all that much
another example let’s say you live in a
location that has a lot of solar power
and so of course solar power is only
effective
during the day unless you have some way
of storing that energy
so a solar company could say hey we’re
going to give you a better rate
if you can charge during the day when we
have crazy power production
and at night when they don’t have that
production then you know you’re charged
a different rate because something else
is kicking on
in order to compensate for that now does
that mean
everyone has to do it everyone has to
charge during the day no
you just need a certain percentage to
take advantage of it so you can reduce
your peak demand
so it’s all about just making sure that
that peak demand
remains as low as possible and you can
do that by spreading out when people
charge you could also have smart grids
where you have certain areas of the grid
where you allow for charging
and then you move to another section of
the grid and you allow for charging
and it can work as long as you spread it
out so that everyone can get that full
charge
now maybe you know people don’t want to
be in that system so you make it opt
in and offer a lower rate so you say
hello hey you can control
you know my peak power limits and as a
result you’ll get
you know a cheaper monthly electricity
bill so you can have ways of getting
a portion of the population it doesn’t
have to be everyone
a portion of the population to opt in
and by having that portion you know
incentivized
opt-in you reduce your peak and by
reducing your peak
you don’t have to change the local
infrastructure nearly as much
because it can handle it it can handle
those constant loads it’s where you get
those spikes
uh like what you see in california where
they have factories that aren’t
producing power factories that are down
and then really high outdoor
temperatures everyone’s using their ac
in that scenario you know there’s gonna
be brownouts and blackouts because they
can’t produce all of that power
and send all of that power out
immediately the peak demand is so high
and so yes you know you do have to
update that infrastructure
or these flaws will be shown um but it
is something that is predictable it’s
something
that you can see okay here’s the eevee
adoption rate here’s how many cars are
coming in
it’s a problem that doesn’t seem like
hey this is the
the reason why we can’t switch over to
evs that’s not going to be the grid the
grid can handle it it’s a predictable
problem
with a predictable solution and there
are clever ways
of minimizing how much infrastructure
you have to update
now a really interesting example of this
is
norway and so norway has a very high ev
adoption rate in fact in 2020 over 50
percent of new cars bought
were electric so an insanely high
adoption rate so you might wonder well
what’s going on with the grid
and before you think okay in norway you
know completely different circumstance
yes sure it’s a lower population five
million uh population of norway
versus you know 300 million in the
united states but the problem is just
scaled differently right like they still
have to produce
a certain amount of power for those five
million residents and if they all start
going ev
they have to produce more for those
residents and distribute it more for
those residents so it’s just a different
scale of a problem
it’s the exact same problem though and
so with norway if you look at their
energy consumption numbers
from 1990 they’ve only increased by 30
percent
that’s pretty wild to see so that’s not
that dramatic of an increase
in electricity consumption yet you know
they’re they have this massive push
towards evs
and really the bulk of that increase in
consumption
comes from an increase in population
because if you look at it on a per
capita basis
per person you can see that the energy
consumption really hasn’t changed
throughout the years
so they found other ways to be efficient
um
while adding on these other you know
additional power draws so
you know if you make your home ac unit
more efficient but you’re charging with
an electric car
then you know you may have offset that
charging by the more efficient uh
cooling system or heating system so
norway is an example where you can look
at today
and say look they’ve adopted at an
insanely fast rate like this is not the
rate that the us
is ever going to come close to adopting
at uh and yet norway is doing it much
faster
and they are able to you know meet these
challenges from an energy
production and distribution standpoint
it’s also worth noting you know that
electric cars can improve in efficiency
in the future so
you know we’re not at their best i’m
using an average of 100 mpg where we
have examples today
of 140 mpgs so electric cars can improve
in their energy efficiency and of course
you have that charging
efficiency which you know is in the mid
80
so there are ways that we can improve
you know that power consumption
and those peak demands now there is one
thing though i do want to make very
clear about this video i’m not saying
that i think
you know it makes sense to tell everyone
today
as in right now hey you have to switch
to an ev
there’s obvious challenges electric cars
are expensive the cost to purchase them
new is very high
so you can’t simply expect everyone to
be able to do that and then secondly
the charging infrastructure isn’t there
for everyone so if someone lives in an
apartment
and that apartment doesn’t offer any way
for them to charge their car
it seems silly where one of the biggest
advantages
of an electric car is the fact that you
can charge up at home and then you tell
someone who can’t do that
hey you have to drive this thing so
there are very real challenges with
electric cars
uh the purpose of this video i really
want to dive into that you know power
grid question
and i think that’s a bit of a silly
excuse to use uh
to not adopt evs uh saying that the grid
can’t handle it because it is
predictable
and there are predictable solutions in
order to make that happen
are there challenges with evs yes
absolutely
so if you’d like to watch other videos
that i have surrounding electric cars
i’ll include some relevant ones in the
video description
thank you all so much for watching and
if you have any questions or comments
of course feel free to leave those below

皆さんこんにちは、このビデオで歓迎します
疑問にお答えします
グリッドは電気自動車を扱うことができます
この質問を
その極み
ガス自動車が禁止になったら見てみよう
それが良いかどうかは別として
判断だが、いざとなれば
停電に耐えられるかどうか
これらの車の
でんきにかえる
車には2つあると思います。
本問の一部分
視野を広げて見なければならない
発電時
を見ている小さな写真
住民消費
あなたは実際にこれらのすべてに課金しているのですか?
車のことなので、まずは少しだけ
甚だしく
アメリカでは簡単な数学
約2億3千万
免許を持っている運転手と、その運転手が運転する
平均して約1万3千5千
百里
掛け合わせることができる
人々が運転した総走行距離を取得する
アメリカでは
毎年恒例の
旧車
のための効率性を議論する方法
電気自動車はちょっと馬鹿げています。
US
でも1ガロンあたりのマイル
等価mpge
ということで、最悪の電気自動車は
一ガロン70マイル
等価
最高の電気自動車は約得ている
ガロンあたりマイル
に相当するので、それを見てみると
中央値を見るとスプレッド
1ガロン換算で100マイル以上
然れば
このビデオでは、100
私たちのあなたが知っているようにちょうど平均的なポイントとして
おそらく少し見ている
保守的で確かに数が多い
今後も増えるかもしれないが
平均的な電気自動車と言えば
電気は1ガロンあたり100マイルを取得します
どういうことかというと
ガソリン1ガロンは
33.7キロワット時に相当するので
最初の命題に戻ると
2億3千万人のドライバーがいる
ドライブ13
年間500マイル……それを割って
燃費は100mpgeです。
そして、それに金額を掛けて
使用されたエネルギーの
総エネルギー量
アメリカで使われている
もしみんなが電気自動車に乗っていたら
走行距離のすべてのために
これでその数は約1になりました

キロワット時
とすれば
電気自動車を使うようになったのは
兆キロワット時
それを差し引いても
送電損失
考慮されていない
あー充電してる時の充電ロス
そのバッテリーを自宅で
だから上に25を追加します
そのうち
の必要なエネルギーの総量は
1.25
兆キロワット時は今どのくらい
の中で実際に生産されているエネルギーは
聯合
四兆一千億キロワット時
4.1兆キロワット時に加えて、4.1兆キロワット時が必要になります。
兆キロワット時
一兆二千五百五十億キロワット時
総エネルギーの増加
アメリカ生産
約30%の……
何れ
それが重要だとは思わないが
人並み外れた数字
と思うかもしれない
えーと、あなたはちょうど30に切り替えを知っています
必要なエネルギーが増えてきました。
見通しをつける
その数のために、1960年からその年まで
1960年に2000年
アメリカでのエネルギー生産は
兆キロワット時未満
2000年には年間でほぼ
年間4兆キロワット時
だから40年で量を増やした
連合国で生産したエネルギーの
諸国
5回だから、これは
三割
増やして……掛け算ではなくて、その……
五分三分
どのくらいの期間なのかな?
国とは何かを見始める
言い分
“あの….” “オール電化で…..” “それは….
そういえば2050年かな
2040年になるかもしれない
オール電化を希望していることを知っている
2035.
要するに
何のための
ができるようになったのは1960年から
20000年
エネルギー生産を増やしていた
年率約4%増
この30%を得るためには
とすると改善されます。
縮尺
六つ半で済む
その需要を満たすために
エネルギー量を増やす
所要エネルギー
もし誰もが一人残らず
走らせる
6年半もあれば…
以前のレートでは…
思う
あなたの近くで養子縁組をすることになりました
近づけない
100
アメリカでは……6.5年後には
半年はかかる
それ以上
養子縁組をしているだけなのに
げんざいりつ
百人に二人
アメリカ車
は電気なので、採用率は非常に高いです。
遅かれ早かれ
フルエレクトリックへの切り替えは
時間がかかる
一瞬にして
そのため、エネルギーが30増加すると
とは思えない演出
挑戦
を増やさなければならないということでしょうか?
威力絶対
が、企業はより多くのことをしたいと思っているのでしょうか?
金はある

もしあなたが顧客であり、あなたがより多くを望むならば
商品であるエネルギー
売り出し
欲しいものを売ってくれる
欲しければ売ってくれる
然程問題ではない
これで三割増し
考慮しない
人口増加
またはその他の理由でもっと必要になるかもしれません。
家庭でのエネルギー
だから、あなたが力を知っている生産
制作会社
30ではなくてもいいかもしれない
増えてもおかしくない
人口を考えれば
成長は爆発的になれば
人口の増加や、他にも
電力需要
現在計上されていない
では、もっと詳しく見てみましょう。
地元の視点から見た場合、当然のことながら
発電所がある
でんき
そしてそれを変圧器に送ります
電圧を上げる
を送信し、伝送路を介して送信します。
電気を送ることができます
えんきょ
効率的なので、ローカルの
降りる変態
その電圧を分配して
ローカル電力線を越えて
そして、それがあなたの家に来る前に
最終投票で
もう一台の変圧器を持っている
辿り着く前に電気を止める
貴家
だから今はあなたの家にいるから
問題は
エネルギーは、私たちの
家計消費
この電気自動車を追加することで
の平均的な家を見てみると
合衆国
電気通信によると
消費量は約900キロワット時
今は月に一度のペースで
運転例13
年間500マイル……

月平均消費量
でんき
純粋にその電気自動車から
1日あたり約15.6
1日あたり約15.6キロワット時、または約475
キロワット時
が増えるということは
月別消費量
約50で、それはかなりの大きさです。
増す
だから、これはあなたが知っているように
負担をかける
ローカルグリッドで考えてみてください。
此の様に
凡庸に考えれば
立場
というだけで、自分が
1400を使用して
キロワット時間/月それはそれは
等価
1つのコンセント1つの120ボルトを使用することの
コンセントは常にそう電気をすることができます
格子
平均的には、1つのアウトレットから1つのアウトレットを処理します。
かてい
勿論それはあなたがそれを扱うことができます
掃除機をかけているようなもの
いつもきれいにしているが、それだけでは
しごと
もちろんグリッドは
課題があることに対処する
そうではないので、みんなが
追い込み
みんな5時半に帰宅して
家に急速充電器がある
そして、彼らはすべてのプラグを……あなたは彼らを知っている

5時半には誰もが8キロワットの
充電器
で、突然、これらの家のすべてが
近所の人はみんなその時に課金している
高率
そうか、そうか、需要があるんだな
その地域の電気インフラに
だから、力の面から見ても
大したことないと思っていても
平均して2時間
日課
平均的な
平均的な一日あたりの走行距離

考えてみれば
立場
クーラーを回しているようなもの
しはんじかん
それは
偶には偶には
家はいくらでもある
空調運転
一日四時間半
その分だけ
求めるのは……あなたの挑戦は……..
一斉請求
空調といえば
勿論空の時代もありました
条件付け
はほとんどの家庭では一般的ではなかったし
往時
条件付け
はほとんどの世帯で共通していたので
とは言わない
ばんぐみには手がつけられない
家の中で汗を流そう
好む
私たちはある課題に立ち向かった
挑戦するにはもっとエネルギーが必要だ
誰もが自分の中でACを使いたいと思っているなら
家々
それを知っていて
解決策はない
これらを解決するためのインフラソリューション
挑戦
と言っても、ただ与えればいいというわけではなく
挙句の果てには「もう無理だ」と言ってしまった
前にもやったことがある
空気を持ってきて
コンディショニングを家の中に
解決策は何か……それは……..
幾重にも
まず第一に、そうですね……
インフラを更新する
その高い需要のピークを考慮して
サージと消費電力
可能性はあるが
金のかかること
そして、それはあなたの電気料金が
盛り上がっている
なぜなら電力会社が
にしなければならない
だから、よりスマートな解決方法があります。
此れ
問題があり、本当の鍵は
頃合いを見計らって
誰もが充電しているので、例えば
ピーク時の需要が多い
皆がACを回している時に
正しいが、夜の間に
寒冷化
みんながみんなACをやっているわけではない
一気に
日中のように
夜間の消費電力が減る
光熱費会社に言われるように
夜間にあなたの車を充電する 私たちはあなたを提供します

安上がり
多くの人がそれに便乗して
その割安な料金で
閑散期に課金する人が増える
じかん
その結果、ピーク時の需要は
かわりつくす
したがって、あなたのインフラ需要
然程変わらない
別の例を挙げると、あなたは
たいようち
ということで、もちろん太陽光発電は
実効性のある
日中は何か方法がない限り
そのエネルギーを蓄えるために
そうすれば太陽光発電の会社は
割り増し
日中に充電できるなら
狂う
そして夜になると、それがないときは
課金されていることを知っている場合は、生産
別料金
蹴散らしている
それを補うために今は
いみじょう
しなければならない 誰もがしなければならない
日中の充電はありません
ある程度の割合で
それを利用して、あなたはそれを減らすことができます。
貴殿の最盛期の需要
ということを確認しておけばいいだけのことです。
そのピーク需要
可能な限り低いままで、あなたは
撒き散らす
スマートグリッドを持つこともできます。
グリッドの特定の領域を持っているところ
課金先
の別のセクションに移動して
グリッドとあなたは充電を許可します。
普及していれば大丈夫
誰もがそれを完全に得ることができるように
罩める
みんなが嫌がっているのを 知っているかもしれないが
そのシステムに入っているので、それをオプトにします。
で、あなたが言うように低いレートを提供しています。
こんにちわ
私のピークパワーの限界を知っていて
得られる結果
月々の電気代が安いのを知っていますか?
法案を入手する方法があります
しない人口もいる
揃っていなければならない
一部の人が選ぶ
その分を持つことで
煽動的
オプトインすることで、ピークを減らして
ピークカット
を変更する必要はありません。
インフラ
扱えるから扱える
その一定の負荷は、あなたが得るところです。
その棘
カリフォルニアのように
ではない工場を持っています。
ダウンしている発電所
そして、本当に高い屋外
皆の温度
そのシナリオでは
ブラウンアウトやブラックアウトになるのは
その力を出し切れない
そして、そのパワーのすべてを送り出す
ピーク時の需要はすぐに高くなる
そう、そう、あなたがしなければならないことを知っています。
そのインフラを更新する
またはこれらの欠陥が表示されます……しかし、それは
が予測可能なものであることは、それが
何か
見えるだろう…これがイービーだ
採用率はこちらの車の台数
入り
とは思えない問題です
やあ、これが
に切り替えられない理由
グリッドにはならないだろうが
グリッドはそれを処理することができますそれは予測可能な
問題
予測可能な解決策があり、そこに
巧妙な手口
どのくらいのインフラが必要かを最小限に抑えることの
更新しなければならない
今、本当に面白い例
でござる
ノルウェイは非常に高い進化を遂げています。
2020年に実際に50以上の採用率
新車購入率
は電気的なものだったので、非常に高い
養子縁組率が高いので不思議に思うかもしれませんが
グリッドはどうなっているのか
ノルウェーでは大丈夫だと思う前に
事情を知る
確かにそれは低人口5
ノルウェイの人口は百万人
対して、3億ドルの
アメリカでも問題は
縮尺が違うのが正しいように
出ずにはいられない
その五つのためのある種の力
100万人の住民が、もし全員がスタートしたら
ゴーイング・エヴ
そのためにはもっと生産しなければなりません。
住民のためにもっと配布して
その住人たちのことを考えれば、それはそれで違う
問題規模
それは全く同じ問題であり
ノルウェイを見てみると
エネルギー消費量
1990年から30%しか増えていない
パーセンテージ
それはそれはそれは
それほどまでに
電力消費量では
彼らはこの大プッシュを持っています
に向けて
の増加の大部分を占めています。
消費
人口増加によるもの
なぜなら、あなたがそれを当たり前のように見ているなら
一人当たり
一人当たりのエネルギーが
消費は変わらない
年中
だから他の方法を見つけて効率的になった
うーん
これらの他のあなたが知っているこれらの他の追加しながら
余分な電力を消費するので
あなたの家のACユニットを作るかどうかを知っています
より効率的ですが、あなたが充電しているのは
電気自動車
それが相殺されているかもしれないということは
より効率的な充電
冷房式
ノルウェイは、あなたが見ることができる例です。
こんにち
で採用したと言って、見よう見まねで
このような非常に速いレートは
割合
迎えに来ることはない
ノルウェイはそれをやっています
はやい

そして、彼らはあなたが知っているこれらを満たすことができます。
エネルギー面での課題
生産流通面
知っておいて損はない
電気自動車は効率が良くなる
この先
俺たちが最高の状態ではないことを知っているだろう
100mpgの平均を使って
きょうに例がある
電気自動車が改善できるように 140 mpgs
エネルギー効率はもちろんのこと
その気になれば
中途半端な効率
80
だからこそ、改善する方法があります。
消費電力は知っての通り
そして、それらのピーク時の需要は今、1つあります。
でも、私が作りたいのは
このビデオをはっきりさせてくれ
と思うほど
みんなに言うのは筋が通っている
今日
切り替えが必要なんだよ
にとって
電気自動車には明らかな課題がある
は、それらを購入するためのコストが高いです。
新品は高い
とは言えないので、誰もが
できるようになり、次に
充電インフラがない
みんなのために、もし誰かが住んでいたら
アパート
そのアパートには何もない
車を充電するために
愚かなことだと思われます
利害関係
電気自動車の事実は
家で充電してから言うことができます。
それができない人
お前が運転しないといけないんだ
難しいところがある
電気自動車
このビデオの目的は……
あなたが力を知っていることに飛び込みたい
格子問題
と思っていると
使う口実
進化を採用しないためには……グリッドが必要だと言って
なので手に負えません。
予測可能
で予測可能な解決策があります。
そうするために
進化に課題はありますか?
ぜったいに
なので、他の動画を見たい方は
電気自動車を取り巻く環境
に関連するものをいくつか入れておきます。
ビデオ記述
ご覧いただきましてありがとうございます
ご質問やご意見がございましたら
もちろん、以下のものはご自由にどうぞ

Pocket