Pocket

翻訳
■hello everyone and welcome in this video
we are talking about the
engine of the most powerful production
cadillac ever the ct5v
blackwing and it’s also very exciting
because it is coming with a manual
transmission
now there’s a pretty hilarious timeline
to this so let me catch you up on some
news on january 28
2021 gm announced their aspiration for
an all-electric future
by 2035. the press release states
they want to establish quote a safer
greener and better world and quote they
also said quote
the company will also continue to
increase fuel efficiency of its
traditional internal combustion vehicles
end quote
now on february 1st just four
days later gm announces uh their most
powerful
cadillac ever the ct5v with a
supercharged 6.2 liter v8 engine
producing 668
horsepower how beautiful is that gm here
to save the world with v8s and manual
transmissions
now this story gets a bit confusing
because yes
this is a ct5v blackwing v8 engine
however gm developed a 4.2 liter twin
turbocharged
v8 blackwing engine specifically for the
ct6v
which is no longer in production but the
blackwing name has returned so i thought
it’d be fun to compare these two v8
engines
okay so let’s start off with
specifications starting with
the ct5 the blackwing so this has
a 6.2 liter supercharged v8 which is
based on the lt4
engine which came out in the 2014
corvette z06
now the ct6v with the 4.2 liter black
wing
this came out in 2019 five years later
however it is no longer in production so
now we’re looking at a new variant
of the lt4 engine which came out quite a
while ago
so this is a 6.2 liter supercharged v8
with a 1.7 liter twin screw supercharger
about 10 psi if it’s anything like the
lt4
in the z06 and the engine for the ct6
was a 4.2 liter
twin turbo v8 with twin scroll
turbochargers
and about 20 psi of boost so the 6.2
liter making 668 horsepower at 6 500 rpm
659 pound-feet at 3 600 rpm uh
versus that 4.2 liter 550 horsepower at
5
000 and 640 pound-feet of torque at 3
400 rpm
both of them having similar compression
ratios uh 10 to 1 and 9.8 to 1 thanks to
direct injection and its cooling effect
helping to increase that compression
ratio
uh the ct6 engine 131 horsepower per
liter
versus 108 horsepower per liter with the
new engine
the new engine variable valve timing but
just a single camshaft
this is an overhead valve engine uh
versus that
4.2 liter blackwing engine the latest
and greatest technologically advanced
dual overhead cams four valves per
cylinder
and variable valve timing on both the
intake and the exhaust so
interesting looking at the bore and
stroke of each engine
uh the 6.2 liter here with 103.25
bore by 92 millimeter stroke so a little
bit you know kind of stretched out
cylinders
versus a longer stroke versus its bore
in the newer engine so these tend to be
kind of a more efficient design
and these tend to have higher revving
better airflow because you can use
bigger valves
except the thing is they’re only using
two valves so not really
though interestingly even though this is
a pushrod engine
revs higher 6600 rpm was the lt4 and the
z06
it revs higher than 6000 rpm for that
latest and greatest 4.2 liter
with the dual overhead cams and 4 valves
per cylinder so interesting that it was
a fairly low revving engine
that they put that new 4.2 liter black
wing
all right so let’s start diving into
airflow so for the 6.2 liter air coming
in through the intake up
front traveling through the throttle
body then through that eaton 1.7 liter
supercharger from there it travels
through air-to-water intercoolers before
passing into the cylinders
and then out the exhaust and looking at
this engine i mean it’s a super compact
design
which is what’s really so great about
these you know large displacement but
very compact
also you’ve got with that air-to-water
intercooler you’ve got a very short path
for your air intake to flow so you’re
keeping
everything compact and keeping that
airflow short which is great for
responsiveness
of course superchargers helping with
response as well
and then an interesting thing to look as
a comparison standpoint
of where you have the intake in the
exhaust on the 6.2 liter
versus where you have the intake and the
exhaust on
the 4.2 liter but first let’s chat real
quickly just about this for lobe eaton
supercharger so just for quick
demonstration here we have the
internals of the four lobe eaton
supercharger
this is just a smaller version of what’s
being used in this engine
you can see the four lobes there on the
end and so
these rotors these lobes rotate like so
pulling in air along the bottom here
and then having that air compress and
exit out the back there so it’s creating
higher pressure on this side
versus this side thus giving you boost
in your
engine now looking at an exploded view
of the engine the air will enter up
front through the throttle
body getting compressed through the
inverted twin screw supercharger
where it is then directed up and over to
then travel
down through the air to water
intercoolers which are mounted in the
cavities you see here in the manifold
before entering the intake runners and
as you can see this 1.7 liter
supercharger means a significant bump in
power
but keeps the overall size of the engine
fairly similar to the naturally
aspirated version
it’s super compact packaging great for
flexible engine placement
but also the short routing for airflow
means good response
now this exploded view is of the lt4
engine from the z06
but i was able to get some new images of
the actual engine which is going to be
going in the ct5v blackwing so this is
the new 6.2 liter
now moving on to the 4.2 liter you can
see the air comes in through the intakes
passes through the intake portion of the
turbocharger through an air-to-water
intercooler then through the throttle
body
where it is then routed to the intake
manifold and into the cylinders
and as i mentioned previously you can
see that the exhaust
is now on the inside of the v and the
intake is on the outside versus
previously where that was reversed and
so the reason why they’re doing that
with this twin turbo engine is to have
that hot center v where you have
these turbo chargers so you have a
really quick really close routing for
those turbo chargers
and they’re stuck within the center of
the engine where you have all that heat
and so it’s got a short path
and it maintains all that energy if you
cool that exhaust down
that’s energy loss that you can’t use to
spool up that turbo charger so you keep
it really hot
you route it a very short distance and
that enables you
to have a more efficient turbo chargers
and better response
you’re also keeping your intake
manifolds away from that center of the v
where you have those really hot
temperatures now this actually has
dual air to water intercoolers which is
pretty neat they’ve got you know of
course that short path
because that intake air doesn’t have to
travel all the way to the front of the
car instead it just goes right across
over to the intercooler
and then into the cylinders they said
they’re able to drop
the temperature through that intercooler
by 130 degrees fahrenheit
with only a one psi pressure drop so
really cool engine here
and the way that they’ve laid that out
neat strategy that you’ve also seen from
the german manufacturers
now i want to talk about a v8 with twin
twin scroll turbochargers because the
way this works out is actually a very
beautiful thing so
starting off with our basic engine we
just have a
four cylinder engine with a single turbo
single scroll turbo
and so of course if you’re running a
four-stroke engine
you have one power stroke uh for every
four strokes
thus your crankshaft rotates two times
720 degrees
for every one cylinder firing so if you
have four cylinders
well you split those up evenly and so
you have 720 degrees of crankshaft
rotation two rotations
you divide that by your four cylinders
and you have a cylinder firing every 180
degrees of rotation
so what’s happening in your exhaust
however is that your exhaust
valves may be open for significantly
longer than 180 degrees
so you know it could be 220 degrees it
could be 280 or greater
and so what happens is if your firing
order for this cylinder this engine
right here
is one three four two which is common
for four-cylinder engines
then cylinder one fires your exhaust
goes into the turbocharger
then cylinder 3 fires and when cylinder
3 fires
the exhaust valve for 1 because its
duration is longer than 180 degrees
that exhaust valve is still open so this
exhaust has come out of cylinder 3 the
exhaust valve
opens and it’s just trying to find low
pressure areas
and low pressure areas include that
cylinder number one because it’s
released all of its exhaust gases or
most of them
and so this exhaust might then travel
back into that cylinder
messing up its intake charge and you
know decreasing your power decreasing
your efficiency
and so what you want to do is make sure
you don’t have any overlap
where you’ve got these two exhaust
valves open at the same time
one with high pressure one with low
pressure and so that’s why twin scroll
turbo chargers are so advantageous
and so what they do is they split up the
cylinders into two separate scrolls
of that turbocharger but both of those
same scrolls feed the same turbine which
spins up the same compressor
and so as you can see here one and three
are on
separate scrolls so they’re now
separating their exhaust pulses
and two and four are on separate scrolls
so they’re separating
their exhaust pulses so instead of 180
degrees
uh between firings within each exhaust
manifold there’s 360 degrees
between firing so if your exhaust valve
duration is 280 degrees
well you’ve got 360 degrees of total
timing to wait
so it’s no trouble it’s not going to
interfere with the other so as a result
by not having that overlap between the
exhaust valves you get more power you
get better efficiency
and you get better response you get your
turbo charger to spool up quicker
and at lower rpm everything about it’s
better it’s great so how does this work
out with a v8 well consider if you had a
v8 with a single turbocharger
so for all eight cylinders to fire
you’ve got 720 degrees of crankshaft
rotation two rotations
of that crankshaft so 720 divided by
your eight cylinders that means you have
a cylinder firing every 90 degrees of
crankshaft rotation
but if your exhaust valve duration is in
the 200s well then you’re gonna have
multiple cylinders overlapping
with their exhausts you don’t want that
to happen so what do you do
well if you separate it into twin
turbochargers now you can divide that by
two
and then twin twin scrolls superchargers
now you can divide that by four so 720
divided by eight divided by four and
that gives you
a 360 degree window for each cylinder
just like we had with our four cylinder
with a twin scroll
turbocharger so very cool the strategy
here
and it’s beautiful how the exhaust
pulsation works out
now this is just an example this isn’t
the cadillac
but the cadillac they did provide their
firing order if you were interested
so i think it’s fair to ask the question
you know was that latest and greatest
engine with all the new technology that
went into it the 4.2 liter black wing
was that better than their lt4 and so
part of that comes down to
you know preference um and for me
personally i’d prefer supercharged
engine over a twin turbocharged engine
you just get better response i feel like
they’re more fun
but there were just 1400 of these 4.2
liter black wings
made which you know it’s it’s a bit
disappointing they put so much money and
research and time into this
um it was new it was different they
tried something a unique
engine for cadillac which i thought was
very cool and then they they end up
dropping it now was it actually any
better i mean it made
less power i don’t think powers you know
everything here and they could probably
crank up
the boost if they wanted to but from an
efficiency standpoint it
certainly was better if you look at fuel
economy numbers i mean the
all-wheel drive 5500 pound cadillac
ct6v is getting 14 mile per gallon city
25 mile per gallon highway
versus the rear wheel drive 3500 pound
uh 2016 z06 with the lt4 engine
is getting 13.23 so the fact that it’s
doing just
slightly better uh you know not that
impressive but the fact that it’s doing
just slightly better
with so much more weight and all-wheel
drive
so definitely a more efficient engine i
guess i should read that quote again
from the beginning of the video the
company will also continue to increase
fuel efficiency
of its traditional internal combustion
vehicles or not whatever
now very exciting to me both the ct4v
blackwing and the ct5v blackwing are
coming standard
with six-speed manual transmissions how
cool is that rear wheel drive
tons of power manual transmission i love
it they’re coming with rev matching
flat foot shifting which they say for
the ct-4 v which has a twin turbo
charged engine
helps it maintain boost through that
shift and because i just love trolling
far
too much here’s a quote from an
executive chief engineer at gm
who during the reveal of the ct5v
blackwing stated quote
to be drivers cars first and foremost
you need to
row your own gears so standard six-speed
transmission in both vehicles
both referring to the ct4 and ct5e
blackwing so
there you have it i i was wondering if
the c8 corvette
was a driver’s car uh but i i guess it’s
not and i guess in 2035
i guess they won’t have any driver’s
cars which is kind of
disappointing okay enough trolling thank
you all so much for watching if you have
any questions or comments feel free to
leave them below
■皆さんこんにちは、このビデオで歓迎します
の話をしているのです。
最強生産のエンジン
キャデラックは、これまでct5v
ブラックウィングとそれはまた非常に興奮しています
マニュアルが付いているから
伝達
笑える年表が出てきた
この件では、いくつかの情報をキャッチアップさせてください。
1月28日のニュース
2021年、GMは、その抱負を発表しました。
オール電化の未来
プレスリリースでは、以下のように述べられています。
彼らはより安全な引用を確立したい
緑豊かでより良い世界と彼らを引用する
またの名言
も継続していきます。
燃費を向上させる
従来型内燃機関車
終了引用符
只今2月1日に4つの
何日か後に gm は……………………
力強い
キャデラックは、これまで ct5v と
スーパーチャージャー付き6.2リッターV8エンジン
668
馬力はどのように美しいです その gm ここでは
V8とマニュアルで世界を救うために
トランスミッション
話がややこしくなってきた
然し乍ら
これはCT5VブラックウイングV8エンジン
しかし、GMは4.2Lツインを開発した。
ターボチャージャー
専用のV8ブラックウィングエンジンを搭載しています。
CT6V
が生産されなくなったのではなく
黒翼の名前が戻ってきたので
この2つのV8を比較してみるのも面白いかもしれませんね
エンジン
では、まずは
で始まる仕様
CT5 ブラックウイングは
6.2リッターのスーパーチャージドV8を搭載しています。
ルト4をベースにした
2014年に登場したエンジン
コルベットZ06
今 ct6v 4.2 リットル黒と

これは5年後の2019年に出てきた
しかし、それはもはや生産されていないので
これで新種が登場する
ルト4のエンジンがかなり出てきました。
さきほど
これは6.2リッタースーパーチャージドV8ですね
1.7リッターツインスクリュースーパーチャージャー付き
10psi程度であれば
lt4
z06 と ct6 のエンジンでは
は4.2リッター
ツインターボV8
ターボチャージャー
約20psiのブーストで6.2リッターが6,500rpmで668馬力を発揮します。
リッターは 6,500 rpm で 668 馬力を発揮します
600回転で659ポンドフィート…
対して、その4.2リッター550馬力で
5
000、640ポンドフィートのトルク(3時)を発揮します。
四百回転
両者共に同程度の圧縮
比率は……10対1と9.8対1のおかげで
直噴とその冷却効果
圧迫を高めるのに役立っています
割合
ええと ct6 エンジン 131 馬力あたり
リテラル
1リッターあたり108馬力に対して
ニューエンジン
新しいエンジン可変バルブタイミングが
単発カムシャフト
これはオーバーヘッドバルブエンジンだ
其れに対して
最新の4.2リッターブラックウィングエンジン
最大の技術的に進んだ
デュアルオーバーヘッドカム各4バルブ

と可変バルブタイミングの両方で
吸気口と排気口があるので
ボアを見て面白い
各エンジンのストローク
この6.2リッターは103.25口径で
ボア92ミリのストロークで
伸びしろがある
円柱
対長いストローク対その口径
新しいエンジンでは、これらの傾向があります。
効率的な設計
そしてこれらはより高い回転を持っている傾向があります
を使用することができるので、より良い空気の流れ
大弁
ただし、彼らが使っているのは
2つのバルブがあるので、実際にはありません
とはいえ、面白いことに、これが
プッシュロッドエンジン
revsは6600rpmが高いのはlt4と
z06
それはそのために6000rpmよりも高く回転します
最新かつ最高の4.2リッター
デュアルオーバーヘッドカムと4バルブで
筒あたりが面白いほど
低回転エンジン
彼らは新しい4.2リッターの黒を置くことを

では、飛び込みで
6.2リッターの空気が来るように空気の流れ
吸い込み口を通って
前進
ボディは、その後、その eaton 1.7 リットルを介して
そこからのスーパーチャージャーは、それが移動します
前に空気対水インタークーラーを介して
筒入り
そして、排気口から出て
このエンジンは超コンパクトなんですよ
デザイン
それが
これらはあなたが大規模な変位を知っているが
こぢんまりとした
空と水の間にも
インタークーラーには短距離走路がある
吸気口に空気が流れるようにするためには
留置
すべてのものをコンパクトにして、それを維持する
のために大きい気流の短い
対応力
もちろんスーパーチャージャーも手伝って
併せて
として見て面白いものを
ひかくかんかく
の吸気口がどこにあるかの
6.2リッターエキゾースト
対して、吸気口と
載せる
4.2リッターですが、最初に本当のチャットをしてみましょう。
咄嗟にこれを
スーパーチャージャーなのでクイックに
ここでのデモでは
四葉イートンの内部
スーパーチャージャー
これはそれを縮小したものに過ぎません。
本機使用
そこに4つの葉があるのがわかります。
已むに已まれず
これらのローターは、これらのローブは、このように回転します。
ここの底に沿って空気を引っ張って
そして、その空気を圧縮して
後ろの出口から出てきて
こちら側の圧力が高い
このようにして、あなたのブーストを与えています。
あなたの中で
分解図を見るエンジン
エンジンの空気が上に入ってきます。
スロットルを介してフロント
突き抜けて体が圧迫される
倒立ツインスクリュー過給機
に指示されています。
而して
舞い降りて水になる
に搭載されているインタークーラー
マニホールドの中にある空洞
吸気ランナーに入る前に
この1.7リットルを見ることができるように
スーパーチャージャーはかなりのバンプを意味します。

しかし、エンジンの全体的なサイズは維持されています。
自然に近い
吸引版
それはのための大きい極度のコンパクトな包装です
柔軟なエンジン配置
のためのショートルーティングを実現しました。
お返事が良いということ
これがLT4の分解図です。
Z06エンジン
の新しいイメージを手に入れることができました。
実際のエンジンは
CT5Vのブラックウイングで行くので、これは
新型6.2リッター
今は4.2リッターに移動することができます
空気が入ってくるのを見る
の吸気部を通過する。
空水式ターボチャージャー
インタークーラーからスロットルまで
胴体
吸気口へと導かれます。
マニホールドとシリンダーへ
そして、以前に述べたように、あなたは
ききとおす
がVの内側になったことで
吸い込み口が外側にあるのに対して
以前はそれが逆転して
ということで、その理由は
このツインターボエンジンを搭載した
あなたが持っているそのホットセンターV
これらのターボチャージャーは、あなたが持っているように
のために、本当に迅速に、本当に近くにルーティング
あのターボチャージャー
の中心にはまり込んでいます。
熱を持っているエンジン
だから短い道のりになっている
そして、それはすべてのエネルギーを維持しています
騷ぐ
それはそれでエネルギーロスになってしまう
ターボチャージャーを回して
暑い
あなたはそれを非常に短い距離をルーティングして
それを可能にする
より効率的なターボチャージャーを持つために
とより良いレスポンス
摂取量を維持している
のその中心から離れたところにある多様体
暑い日が続いています
温度は今、これは実際に持っています
水のインタークーラーへの二重空気はどちらであるか
知っているようで知らないようで知らないようで知らないようで知らないようで知らないようで知らないようで知らないようで知らない
近道
なぜなら、その吸気は
の前まで移動します。
車を横切って
インタークーラーへ
と言ってシリンダーの中に
落とせる
そのインタークーラーを介して温度
華氏130度までに
圧力降下が1psiしかないので
かっこいいエンジン
そして、それを並べてみたところ
からも見たことがあるような端正な戦略
ドイツメーカー
今度はツインのV8の話をしたいと思います。
ツインスクロールターボは
この方法は、実際には非常に
綺麗なものだから
基本的なエンジンから始めて
持つ
シングルターボ付き4気筒エンジン
シングルスクロールターボ
を実行している場合はもちろん
フォーストロークエンジン
あなたは1つのパワーストロークで……1つのパワーストロークで
四つ打ち
このようにして、あなたのクランクシャフトは2回回転します
七二〇度
1つのシリンダーごとに発射されるので、もし
四つの気筒がある
割り勘にしても
あなたはクランクシャフトの720度を持っています
二回転
それを四つのシリンダーで割ると
180度ごとにシリンダーを発射して
かいてんど
それで排気中に何が起こっているのか
しかし、それはあなたの排気
バルブはかなりの時間開いている可能性があります。
180度以上
零下220度にもなるかもしれない
280以上になる可能性がある
それで何が起こるかというと
このシリンダーのためにこのエンジンのための順序
此処
が一般的な一三四二
四気筒用
シリンダー1が排気を出す
ターボチャージャーに入る
その後、シリンダー3が始動し、シリンダー
3つの火事
1の排気バルブは、そのため
持続時間が180度以上
排気バルブが開いたままなので
排気はシリンダー3から出ています
排気弁
開くと、それはちょうど低コストを見つけようとしています。
圧力領域
と低気圧の領域が含まれています。
1番シリンダーは
排気ガスを全て放出したり
大方
だから、この排気は、その後、移動する可能性があります
そのシリンダーに戻す
その吸気チャージを台無しにして
己の力が衰えることを知る 己の力が衰えることを知る
こうりょく
だから、あなたがしたいのは
重なりがない
この2つの排気口があるところ
同時開弁
圧力が高いもの、低いもの
圧力をかけているからこそ、ツインスクロール
ターボチャージャーが有利
だから何をするかというと、彼らは分割して
筒分け
そのターボチャージャーのですが、両方とも
同じ巻物が同じタービンを回して
同じコンプレッサーを回転させる
ここにあるように1と3を見てください
乗っている
別巻にして
排気パルスを分離
にしんしんはべつの巻物
と言うことで
排気パルスを180度ではなく

噴射の合間に
三百六十度のマニホールド
発射の合間に排気バルブを交換することで
持続時間は280度
そうか、三百六十度はあるんだな
待ち時間
困ることはないから、そうはいかない
干渉し合う
の間にその重なりを持たないことで
エキゾーストバルブを使用すると、より多くのパワーを得ることができます……
効率が良くなる
を取得し、より良いレスポンスを得ることができます。
ターボチャージャーのスプールアップが早い
低回転域では、それについてのすべてが
それは素晴らしいことですが、これはどのように動作しますか?
V8で外に出て、あなたが持っていたかどうかをよく考えてみてください。
V8
そうすれば八つの気筒を燃やすことができる
クランクシャフトの720度を持っている
二回転
クランクシャフトの720で割ったので
八つの気筒を持っているということは
九十路発
クランクシャフト回転
が、排気バルブの持続時間が
200台……それならば……..
重なり合った円柱
彼らの排気ガスでは、あなたはそれを望んでいません。
起こってしまったらどうしよう
双子に分ければ
ターボチャージャーは、それを割ることができるようになりました。
ふたつ
そして、ツインツインスクロールのスーパーチャージャー
4で割ると720になります
8で割って4で割って
然れば
各シリンダーの360度窓
4気筒の時と同じように
双巻で
ターボチャージャーは非常にクールな戦略
此処
そして、それはそれは排気の方法が美しいです
脈動が効く
これは一例に過ぎないが、これは違う
キャディラック
しかし、彼らが提供したキャデラックは
興味があれば発射順
と言うわけで
あなたが知っているのは、その最新かつ最大の
すべての新技術を搭載したエンジンを搭載しています。
4.2リッターのブラックウイングに入った
それは彼らのLT4よりも優れていたので
にもよる
好みを知っていて私には
個人的にはスーパーチャージドがいい
ツインターボエンジンよりも
反応が良くなったような気がする
楽しければいい
しかし、この4.2リットルの黒い翼は、わずか1400枚だった。
リッターの黒い翼が
それはあなたがそれがビットであることを知っている作られています。
惜しむらくは、彼らはお金をかけて
探究心と時間をかけて
それは新しい……それは違う……
一風変わったことをしてみる
と思っていたキャデラック用エンジン
とてもかっこよくて、最後には
今、それを落としているのは、実際にはどんなことでも
ほどよい
少ない力……あなたが知っている力はないと思います
ここにある全てのものを
巻き上げる
ブーストを上げたいと思っても
効率性の観点から
燃料を見れば確かに良かった
経済の数字を意味します。
全輪駆動5500ポンドキャデラック
ct6vは14マイル/ガロンの都市を取得しています。
1ガロンあたり25マイルの高速道路
対後輪駆動3500ポンド
Lt4エンジンを搭載した2016年Z06
が13.23を取得しているということは
ぎりぎり
少しマシになった……そうでもない
印象的だが、それをやっているという事実は
ほんの少しだけ
これだけの重量と全輪で
駆り立てる
より効率的なエンジンであることは間違いありません。
読み直してみよう
の動画の冒頭から
も増加していきます。
燃費
従来の内燃機関の
乗っても乗っても
今の私には非常にエキサイティングな両方のct4v
ブラックウイングとct5vブラックウイングは
らいきほんい
6速マニュアルトランスミッションでどのように
後輪駆動がかっこいい
トンのパワーマニュアルトランスミッションが大好きです。
それは彼らが来ていることをレヴマッチング
扁平な足のシフティングをすることで
ツインターボのCT-4 V
チャージドエンジン
それによってブーストを維持するのに役立ちます。
シフトと荒らしが好きだから
はるかに
あまりにも……ここで引用したのは
ジーエム
ct5vを明らかにしている間に誰が
黒翼の名言
ドライバーズカーであることを第一に
なければならない
自分のギアを漕ぐので、標準的な6速
両車変速機
両方の ct4 と ct5e を参照しています。
黒翼
そうですか、そうですか
C8コルベット
運転手用の車だったが……
然らず、2035年には
運転手がいないんだろうな
然るべき
勿体無いほどの荒らし
ご覧いただきありがとうございます
ご質問やご意見がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
下に置いていく
Pocket