Pocket

world’s largest electric vehicle never has to be recharged

スイスのビエルにある採石場では、世界最大の電気自動車である110トンのダンプトラックを使って、
山の斜面からセメント工場に石灰や泥炭を運んでいる。何よりもエネルギーを消費しないのが特徴です。

どうしてそんなことが可能なのでしょうか?

45トンのダンプトラックは、13%の勾配を登り、65トンの鉱石を運びます。
下山時の重量が2倍以上になると、eDumperの回生ブレーキシステムが、eDumperが上ってきたときに使用していた充電量を補充するのに十分なエネルギーを回収します。

Elektro Dumper-eDumperは、Kuhn Schweitzによってショートメイドのために、コマツHB 605-7をベースにしています:長さ30フィート、幅14フィート、高さ14フィート。タイヤの高さは6フィートで、ダンプベッドは28フィート以上に達し、完全に引き上げられています。

Kuhn Schweitzは、重量が9,000ポンドのLithium Storageから、600キロワット時のバッテリーパック(6台の長距離Tesla Model Sesに十分な大きさ)を追加します。

CNNは最近、スイスのセメント会社Ciments Vigier SAが所有するこのマシンを、フォーミュラEドライバーのルーカス・ディグラッシを連れてテストドライブに連れて行った。彼の報告によると、80%でグレードの頂上に到達し、下りではバッテリーの充電が88%まで回復したという(筆者がロッキー山脈でシボレー・ボルトEVを運転したときの経験に似ている)。

クーン・シュヴァイツ氏によると、eDumperは1日に20回程度、毎日200キロワット時の余剰エネルギーを生産しています。一般的なダンプトラックは年間11,000~22,000ガロンのディーゼル燃料を使用しています。これは、地球温暖化の原因となる二酸化炭素ガスを年間196トンも節約することになります。

訂正。ルーカス・ディグラッシはフォーミュラEのドライバーであり、当初表示されていたフォーミュラ1のドライバーではありません。

 

このトラックは、山の上にある採掘場から、石灰岩と泥灰岩を掘り出して、麓(ふもと)のセメント工場まで運んでいるそうです。
トラック自身の重さは45トン、1度に運べる岩の重量は65トン(つまり総重量110トン)だそうです。

山を降りる時には、回生ブレーキで発電して蓄電池に充電し、上りはその電力を使います。通常はロスが発生するため、そんなことは出来ませんが、このトラックの場合、下りの方が65トンも重いため、下りで貯める蓄電量の方が、上りで使う消費量よりも多いため、こんなことが可能になるそうです(つまり、運ぶ岩の位置エネルギーを利用しているのです)。

Pocket