Pocket

iDとは

「iD」とは、お持ちのカードや決済サービスを
スマートフォンやカードで
端末にかざすだけで利用が
できる電子マネーです。
「iD」でいつもの毎日を
もっとスマートに軽やかに。

 

電子マネー「iD」のサービス
電子マネー「iD」は、対応のカードやQR決済などを設定したスマートフォンや、
カードをかざすだけでお支払いができる電子マネーです。
クレジットカードやデビットカード、QR決済など豊富なサービスに対応しています。
iPhoneとApple WatchはApple Pay、Androidスマートフォンは
Google Payやおサイフケータイを通じて使うことができます。

スマートフォン、スマートウォッチは簡単な設定をすることですぐに利用をすることができます!
「iD」が搭載されたカードであれば、カードをかざすだけで利用が可能です。

Walletとは

Walletアプリとは、クレジットカード・デビットカード・ショップカード・搭乗券・映画のチケット・クーポン・ポイントカードなどをまとめて管理できるアプリで、iOS6からiOS8までは「Passbook」という名称で使われていました。

 

例えば、ネット上で映画館のチケットを購入すると、アプリにQRコードがダウンロードされ、映画館の発券機でそのコードをスキャンするだけで簡単にチケットを印刷できる、というように使い慣れると非常に便利な機能です。

また、そのような使い方以外にも、海外で先行している決済サービス「Apple Pay」や、モバイルデバイス向けカードリーダー「Square」との連携で、今後は電子マネー決済としても利用できるようになり、使用頻度が増えてくると予想されています。

まずこの「Wallet」への追加方法は全部で7種類があります。

・Wallet 対応 App を使う

・メールまたはメッセージを使う

・Webブラウザを通じて

・バーコードをスキャンする

・AirDropで共有する

・Macから

・Apple Pay決済を対応のマーチャントで済ませた後に受け取る

・Wallet の通知をタップする

 

Apple Payとは違うの?と思うかもしれませんが、Apple PayはAppleデバイスで使えるキャッシュレスサービスの総称で、Apple PayのクレジットカードやSuicaは、Walletアプリに登録されている、といった位置づけです。
実店舗で使用するときは、そのまま読み取り機にかざしたり、Walletから登録したクレジットカードなどを呼び出し、店舗の読み取り機にかざしたりして使用します。Androidでは、おサイフケータイがありますが、おサイフケータイに匹敵するサービスがiOSではWallet、と理解していいでしょう。ここでは、Walletの基本と活用術をご紹介します。

 

参考

Pocket