Pocket

引用:Austin’s business year in review: Tesla, Samsung and a rebounding job market

If it seems like 2021 was a chaotic and history-making year for the Austin area’s economy, well, it’s because that’s exactly what it was.

Tesla and Samsung delivered huge economic development wins. The housing sector, despite cooling a bit, kept up its seemingly endless hot streak. The job market largely recovered from the gut punch delivered by the coronavirus pandemic. Oh, and Elon Musk seemingly became a part of everyday life for those of us who live in Central Texas.

Clearly, it wasn’t a typical year, even by Austin’s often unusual standards.

Here’s a deeper look at the biggest economic storylines from the past year in Central Texas:

A Tesla takeover
It’s fair to say that for many of us, 2021 will be rememebered as the year when Tesla became Austin’s most-talked-about company.

In the past year, the electric automaker and Musk, its enigmatic billionaire leader, announced that the company’s corporate headquarters has officially moved to Austin, making it the region’s most valuable locally-based company. That news, of course, came as Tesla continues work on a $1.1 billion manufacturing facility in southeast Travis County.

In July 2020, Musk announced Tesla would be building a $1.1 billion manufacturing facility in Central Texas. The company is expected to produce its Cybertruck, Semi, Model 3 compact sedan, model Y and batteries on the site. Delivery of any of those vehicles is likely to start in 2022, according to Tesla. The facility could eventually hire up to 10,000 workers.

Amid the pandemic, Central Texas has increasingly become a center of activity for Musk and his various companies.

2021年はオースティン地域の経済にとって、混沌とした歴史を刻む年だったように思えるなら、それはまさにその通りだからだ。

テスラとサムスンは、経済発展のための大きな勝利を収めました。住宅産業は、やや冷え込んだものの、果てしなく続く好調を維持した。雇用市場は、コロナウイルスの大流行による打撃からほぼ回復しました。そして、イーロン・マスクが、テキサス州中央部に住む私たちの日常生活の一部になったようです。

このように、オースティンはいつもと違う年だったのです。

ここでは、テキサス州中部でこの1年間に起こった最大の経済的出来事を詳しく見ていきます。

テスラの買収
2021年は、多くの人にとって、テスラがオースティンで最も話題になった年として記憶されることになると言ってよいでしょう。

昨年、電気自動車メーカーであるテスラと、その謎めいた億万長者であるマスクは、本社を正式にオースティンに移転し、地元に拠点を置く企業として最も価値のある存在になったと発表したのである。このニュースはもちろん、テスラがトラヴィス郡南東部に11億ドルの製造施設を建設する作業を続けているときに飛び込んできたものです。

2020年7月、マスクはテスラが11億ドルの製造施設をセントラル・テキサスに建設することを発表した。同社はこの施設でサイバートラック、セミ、コンパクトセダン「モデル3」、モデルY、バッテリーを生産する予定だ。テスラによると、これらの車両のいずれかの納入は、2022年に開始されるようだ。この施設では、最終的に最大1万人の労働者を雇用する可能性がある。

パンデミックの中、テキサス州中部はますますマスクと彼の様々な会社の活動の中心となっている。

His tunneling and infrastructure company, the Boring Co., has had a presence in the area since last year and purchased land in Bastrop County. His neurotechnology company, Neuralink, has had job postings in Austin in recent months. His private foundation, the Musk Foundation, moved to Austin in the summer of 2020, and his aerospace firm SpaceX may also be expanding into Austin.

Meanwhile, the question of whether Musk lives in Austin has continued to be a topic of debate and speculation. Musk has never publicly confirmed that he has an Austin residence; he has said that his primary residence is a $50,000 modular house in Boca Chica, near SpaceX’s launch facility in South Texas.

Just before Christmas, the Wall Street Journal — citing unnamed sources — reported that the billionaire has been living for much of the past year in a mansion on Lake Austin owned by a longtime friend and also has been shopping for one of his own in the Austin area. The newspaper reported that Musk has been staying in the waterfront estate of fellow billionaire Ken Howery.

But both Musk and Howery called the Wall Street Journal report inaccurate. “The WSJ article is false. I don’t live there and am not looking to buy a house anywhere,” Musk said in a statement to Insider.

Howery said in a text message to the Wall Street Journal after publication of its story that Musk “does not live at my house, he lives in South Texas.”

The newspaper also reported that Musk may be looking for his own property in the region and has had several real estate agents show him Austin-area houses for sale. The report said he has shown interest in several houses, including a custom mansion owned by Austin-based jewelry designer Kendra Scott, although Scott declined to comment to the Journal.

Musk announced publicly last year that he was selling almost all of his physical possessions to simplify his life and would own no property or houses, and he’s been selling properties since.

He is registered to vote in Cameron County, near Boca Chica beach, at a home built in 1971 that occupies one-fifth of an acre, the Journal reported. The house is owned by SpaceX, according to the newspaper.

Last December, Musk confirmed he had moved to Texas from California — without disclosing where — saying he wanted to be closer to the new Tesla factory on the outskirts of Austin and to SpaceX’s South Texas facilities.

As Austin continues to become ground zero for all things Musk, that leaves Austinites figuring out how to navigate the new landscape — good, bad and odd.

“Musk is a modern-day Albert Einstein in the eyes of many, and the richest person in the world by a wide margin. He’s going to bring a lot more limelight and focus on Austin,” Dan Ives, an analyst with Wedbush Securities, recently told the American-Statesman.

Musk and Austin are likely to become inextricably linked in the coming years, Ives said.

“When the average person in the world thinks Austin, Texas, they’re not going to the music festival or Dell or for the great city it is,” he said. “Tesla and Elon Musk are going to become synonymous with Austin.”

Samsung’s big decision
While Tesla was consistently in the headlines the entire year, 2021 saw another technology company delivering one of the biggest economic development wns in Central Texas history.

South Korea-based tech giant Samsung Electronics confirmed in November that it has picked a site in Williamson County, near Taylor, to be the home for a $17 billion, next-generation semiconductor factory.

The facility is the largest direct foreign investment in Texas history — and among the largest in U.S. history — and is expected to employ more than 2,000 people. In total, Samsung is expected to invest $6 billion in buildings and property improvements, and $11 billion in machinery and equipment for the facility.

Construction is expected to start in the first half of 2022, with plans called for the facility to be operational by the first half of 2024.

The Taylor site was chosen over a competing site in Austin — where Samsung has its lone U.S. manufacturing plant — and locations in New York and Arizona.

Samsung’s search ultimately landed on Taylor in Williamson County, which has plentiful land for the project and where city, county and school district officials aggressively pursued it with incentives deals.

In fact, the combined incentive package for the Samsung plant will amount to nearly $1 billion, which would make it the largest in Texas history.

Samsung is set to receive property tax breaks from the city of Taylor, the Taylor school district and Williamson County totaling $954 million over the life of the agreements, according to an American-Statesman analysis.

Combined with a $27 million grant from a state incentive fund, the package adds up to $981 million and easily ranks No. 1 in a database compiled by public-interest group Good Jobs First of the biggest such corporate incentive deals in Texas history.

彼のトンネル・インフラ会社であるボーリング社は、昨年からこの地域に進出しており、バストロプ郡に土地を購入しています。彼の神経技術会社であるニューラリンクは、ここ数カ月、オースティンに求人情報を出している。彼の私設財団であるマスク財団は2020年夏にオースティンに移転し、彼の航空宇宙企業であるスペースXもオースティンに進出する可能性がある。

一方で、マスクがオースティンに住んでいるかどうかは、議論と憶測の的になり続けている。マスク氏はオースティンに住居があることを公に確認したことはなく、主な住居は南テキサスのSpaceX社の発射施設に近いボカチカにある5万ドルのモジュラーハウスであると述べている。

クリスマス直前、ウォールストリート・ジャーナルは──無名の情報源を引用して──、この億万長者はこの1年の大半を長年の友人が所有するオースティン湖畔の邸宅に住んでおり、さらにオースティン地区で自分の邸宅を物色中である、と報じた。 同紙によると、マスク氏は同じ億万長者のケン・ハワリー氏の水上邸宅に滞在しているとのこと。

しかし、マスクとハワリーの両氏は、ウォールストリート・ジャーナルの報道を不正確だとした。”WSJ “の記事は虚偽だ。私はそこに住んでいないし、どこにも家を買おうとは思っていない」と、マスク氏はInsiderに声明を出した。

ハワリーはウォール・ストリート・ジャーナルの記事掲載後、テキストメッセージで、マスクは “私の家に住んでおらず、テキサス州南部に住んでいる “と述べた。

同紙はまた、マスクが同地域で自身の物件を探している可能性があり、複数の不動産業者にオースティン地域の売り家を紹介させたと報じている。同報道では、オースティンを拠点とするジュエリーデザイナー、ケンドラ・スコットが所有する特注の邸宅など、いくつかの家に興味を示しているというが、スコットは同誌へのコメントを拒否している。

マスク氏は昨年、生活をシンプルにするために物理的な所有物をほぼすべて売却し、不動産や住宅を所有しないことを公に発表し、その後も物件の売却を続けている。

彼はボカ・チカ・ビーチに近いキャメロン郡で、1エーカーの5分の1を占める1971年に建てられた家で選挙権登録をしているとジャーナルは報じている。同紙によると、この家はSpaceX社が所有している。

昨年12月、マスク氏はカリフォルニア州からテキサス州に引っ越したことを確認し、場所は明らかにしなかったが、オースティン郊外にあるテスラの新工場とスペースXの南テキサス施設に近い場所にいたかったと述べた。

オースティンがマスク氏のグラウンドゼロになりつつある今、オースティンの人々は、良いことも悪いことも奇妙なことも含めて、新しい風景をどのようにナビゲートしたらよいかを考えているところです。

「マスク氏は、多くの人の目に映る現代のアルバート・アインシュタインであり、大差で世界一の富豪となりました。彼はオースティンにもっと脚光を浴びせ、注目させるだろう」と、ウェドブッシュ証券のアナリスト、ダン・アイブスは最近、アメリカン・ステーツマン紙に語っている。

マスクとオースティンは今後、切っても切れない関係になる可能性が高いと、アイブズ氏は述べた。

“世界の一般人がテキサス州オースティンといえば、音楽祭やDell、あるいはその素晴らしい街のために行くのではないだろう “と彼は言う。”テスラやイーロン・マスクは、オースチンの代名詞になるだろう。”

サムスンの大きな決断
テスラは年間を通じて常に話題の中心でしたが、2021年には別のテクノロジー企業がテキサス州中部史上最大規模の経済開発を実現しました。

韓国に本社を置くハイテク企業のサムスン電子は11月、テイラー近郊のウィリアムソン郡に170億ドルの次世代半導体工場の建設地を選んだことを確認した。

この工場は、テキサス州史上最大の海外直接投資であり、米国史上でも最大級で、2,000人以上の従業員を雇用する見込みです。サムスンはこの施設のために、建物と不動産の改良に60億ドル、機械設備に110億ドルを投資する予定です。

建設は2022年前半に開始され、2024年前半には稼働を開始する予定です。

テイラーは、サムスンが米国で唯一の製造工場を持つオースティンの競合地や、ニューヨーク、アリゾナなどの立地を抑えて選ばれました。

サムスンが最終的に選んだのはウィリアムソン郡のテイラーで、この土地はプロジェクトに十分な広さがあり、市、郡、学区の職員がインセンティブ取引で積極的に推進した場所です。

実際、サムスンの工場に対する優遇措置は合わせて10億ドル近くに上り、テキサス州史上最大となる。

American-Statesman誌の分析によると、サムスンはテイラー市、テイラー学区、ウィリアムソン郡から、契約期間中に総額9億5400万ドルの固定資産税減税を受けることになっている。

州の奨励金2700万ドルと合わせると9億8100万ドルとなり、公益団体Good Jobs Firstがまとめたテキサス州史上最大の企業優遇措置のデータベースで簡単に1位を獲得した。

The project is expected to be transformational for Taylor, which is about 25 miles northeast of Austin, and for the largely rural area surrounding it. In addition to the estimated 2,000 direct jobs that Samsung has said it will create, the plant will spur a torrent of demand for new housing and services — creating even more jobs — and trigger investment in roads and other infrastructure, according to economists.

Ed Latson, executive director of the Austin Regional Manufacturers Association, said the selection of Taylor is a win for the entire region.

“A facility of this magnitude is a generational investment that will make a dramatic economic impact in the community and change lives by creating high-paying jobs for Texans at all education levels,” Latson said when Samsung announced Taylor as the pick for its new plant. “And the technology being produced will keep us at the leading edge of innovation in electronics.”

Austin initially was considered a frontrunner for the new plant because Samsung has room for expansion next to its existing manufacturing plant. The city has been home to Samsung’s largest operation outside of its South Korea headquarters and its only U.S. manufacturing facility since 1997. Samsung’s existing facility employs about 10,000 people, including 3,000 Samsung employees, and it also has an Austin-based research and development facility.

Job market roaring again
Like most of the United States, the Austin area’s economy began 2021 still trying to bounce back from the pandemic-spawned downturn.

As the year progressed, the region’s economic outlook steadily improved, helped along by the wide diversity in Austin’s economy, which is buoyed by a booming technology sector, its tourism and entertainment industries, and by being the seat of state government.

Businesses in the Austin area added 11,800 non-farm jobs to payrolls in November, lifting the total number of people employed in the region to nearly 1.19 million — a record number that is the latest indication that, at least on a macro level, the local economy is fully recovered from the pandemic-induced downturn.

The unemployment rate in the Austin metro area fell to a pandemic-era low of 3.2% in November, thanks to local businesses continuing their scramble to hire workers. The jobless rate remains above the 2.5% level it was at in November 2019, before the pandemic. But it has improved significantly after shooting up to 11.8% in April 2020, when the shock of the coronavirus first slammed the economy.

The Austin metro area, which encompasses Travis, Williamson, Hays, Bastrop and Caldwell counties, has added more than 20,000 hospitality-related jobs over the past year, although local employment in the sector still remains about 7,000 short of the estimated 134,000 workers it had just before the pandemic.

Employment is well above pre-pandemic levels in a number of other sectors of the local economy. Jobs in professional and business services, which includes the high-tech industry, are up by nearly 30,000, for a total of 232,300 in the region, while retail trade — which generally tracks with population gains — has added nearly 8,000 jobs, for a total of 117,000.

“Right now, I would say the biggest problem (for companies) is hiring enough people — not the prospect of omicron slowing their business,” said Jason Schenker, president of Austin-based Prestige Economics. “The job market in Austin is very, very tight right now.”

It’s unclear whether concerns about the omicron variant of the coronavirus will disrupt the trend.

“Restaurants, tourism, travel (and) some service businesses — if (the omicron variant) becomes a big problem, it could hurt them” because people might become more hesitant again to mingle in crowds and public places, Schenker said. “But those are not the core parts of the economy in Austin.”

このプロジェクトは、オースティンの北東約25マイルに位置するテイラーと、その周辺の広大な農村地域にとって、大きな変革になると期待されています。サムスンが発表した推定2,000人の直接雇用に加え、この工場は新しい住宅やサービスの需要に拍車をかけ、さらに多くの雇用を創出し、道路やその他のインフラへの投資を誘発すると、エコノミストは述べています。

Austin Regional Manufacturers AssociationのエグゼクティブディレクターであるEd Latson氏は、テイラー社の選定は地域全体にとって勝利であると述べています。

「このような大規模な施設は、地域社会に劇的な経済効果をもたらし、あらゆる教育レベルのテキサス州民に高賃金の雇用を創出することで生活を変える、世代を超えた投資です」と、サムスンがテイラーを新工場に選んだと発表したときにラトソンは述べています。「そして、生産されるテクノロジーは、私たちをエレクトロニクスの革新の最先端にとどめさせるでしょう。

オースチンは当初、サムスンが既存の製造工場の隣に拡張の余地があることから、新工場の最有力候補と考えられていた。オースチンは1997年以来、サムスンにとって韓国本社以外では最大の事業所であり、唯一の米国内製造施設の所在地となっています。サムスンの既存施設では、サムスン従業員3,000人を含む約1万人が働いており、オースティンを拠点とする研究開発施設もあります。

再び湧き上がる雇用市場
オースティン地域の経済は、米国のほとんどの地域と同様、2021年初頭、パンデミックに端を発した景気後退からまだ立ち直ろうとしているところであった。

年が明けると、オースティン地域の景気は着実に回復し、テクノロジー産業、観光産業、娯楽産業、州政府の所在地であることなど、オースティン経済の多様性に支えられ、景気見通しが改善されました。

オースチン地域の企業は11月に11,800人の非農業部門雇用を増やし、地域の雇用者数は約119万人に達した。これは、少なくともマクロレベルでは、地域経済がパンデミックによる景気後退から完全に回復したことを示す最新の数字である。

オースティン都市圏の失業率は、地元企業が雇用に奔走し続けた結果、11月にはパンデミック時の最低値である3.2%まで低下しました。失業率は、パンデミック前の2019年11月の水準である2.5%を依然として上回っています。しかし、コロナウイルスの衝撃が最初に経済を襲った2020年4月に11.8%まで急上昇した後、大きく改善した。

トラヴィス、ウィリアムソン、ヘイズ、バストロプ、コールドウェル各郡を含むオースティン都市圏では、過去1年間に2万人以上のホスピタリティ関連の雇用が増加したが、この分野の地元雇用はパンデミック直前の推定13万4000人にまだ約7000人足りない状態である。

地域経済の他の多くのセクターでも、雇用はパンデミック前の水準をはるかに上回っている。ハイテク産業を含む専門・ビジネスサービス業の雇用は3万人近く増加し、地域全体で23万2,300人、一般に人口の増加に伴って増加する小売業は8,000人近く増加し、合計11万7,000人の雇用を維持している。

オースティンに本社を置くプレステージ・エコノミクス社のジェイソン・シェンカー社長は、「今、(企業にとって)最大の問題は十分な人材を雇用することであり、オミクロンの影響でビジネスが停滞することではない」と述べた。「オースチンの雇用市場は今、非常に厳しい」。

コロナウイルスのオミクロン型への懸念が、この傾向を乱すかどうかは不明だ。

「レストランや観光、旅行、一部のサービス業は、(オムロン型が)大きな問題になれば、打撃を受けるかもしれない」とシェンカー氏は言う。「しかし、それらはオースティンの経済の中核をなすものではない」。

Housing frenzy calms a bit
While population growth and an influx of new employers has kept the Central Texas housing market among the hottest in the nation, the last few months of 2021 have shown some signs of calming.

The region’s latest housing data shows that in November, the trend from the previous three months continued, as fewer homes changed hands — but the prices of the homes that did sell continued to go higher.

The median home sale price for the five-county Austin-Round Rock metro in November was $470,000, according to the latest figures from the Austin Board of Realtors. That’s a November record for the region and a 29.7% increase from the same month last year. Within Austin’s city limits the numbers were even higher, with the median sale price hitting $540,000.

Meanwhile, the number of home sales has slowed. Sales declined 4.9% across the region, and were down 4.3% within Austin’s city limits, according to the board’s data.

Wesley Steck, a broker associate with JB Goodwin Realtors, said the market might have found “a new floor,” and that the growth in home sales prices might return to a more typical level.

“There’s a sense the (pricing) wave has crested a bit for the first time all year,” Steck told the American-Statesman. “We might get back to healthy appreciation, compared to what we saw this past year, which was bonkers.”

住宅熱狂は少し落ち着く
人口増加と新規雇用者の流入により、テキサス州中央部の住宅市場は全米で最もホットな状態にありますが、2021年のここ数ヶ月は沈静化の兆しが見られます。

同地域の最新の住宅データによると、11月は過去3カ月間の傾向が続き、売買された住宅の数は減りましたが、売れた住宅の価格は上昇を続けました。

Austin Board of Realtorsが発表した最新のデータによると、オースティン・ラウンドロック都市圏の11月の住宅販売価格の中央値は47万ドルだった。これは同地域の11月の記録であり、前年同月比29.7%増となった。オースチン市内ではさらに高い数字となり、販売価格の中央値は54万ドルを記録した。

一方、住宅販売数は鈍化している。同委員会のデータによると、販売件数は地域全体で4.9%減少し、オースティン市内では4.3%減少した。

JBグッドウィン・リアルターズのブローカー・アソシエイト、ウェスリー・ステック氏は、市場は「新しい底値」を見つけたかもしれないと述べ、住宅販売価格の伸びがより典型的な水準に戻るかもしれないと語った。

ステック氏はアメリカン・ステーツマン紙に、「今年初めて(価格の)波が少し頂点に達した感がある」と語った。「この一年、異常だったことに比べれば、健全な上昇に戻るかもしれない」。

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket