Pocket

引用:What Do Analysts Expect From Tesla Stock In 2022?

By: EVANNEX
This article comes to us courtesy of EVANNEX, which makes and sells aftermarket Tesla accessories. The opinions expressed therein are not necessarily our own at InsideEVs, nor have we been paid by EVANNEX to publish these articles. We find the company’s perspective as an aftermarket supplier of Tesla accessories interesting and are happy to share its content free of charge. Enjoy!

Posted on EVANNEX on December 30, 2021, by Matt Pressman

Tesla’s stock price has displayed a significant degree of volatility throughout 2021. It’s no wonder — it feels like everything was volatile this year. An ever-changing political atmosphere, ongoing societal shifts, and a stubborn pandemic have been subject to winds of change. Meanwhile, the auto sector was at the mercy of a serious chip supply shortage.

That said, it appears Tesla has gotten most of its supply chain issues under control faster than most of its competition. Even though Tesla’s share price has bounced around a bit this year, according to Brian Sozzi at Yahoo Finance, “Tesla’s stock has a clear shot to more fertile grounds.”

Sozzi connected with Wedbush analyst Dan Ives to get his take on Tesla. According to Ives, “Demand for China is the linchpin. As capacity builds in Berlin and Austin [in 2022] that’s what I think sends Tesla’s stock to $1,400 as our base case. Our bull case is $1,800.”

Ives rates Tesla at Outperform and estimates 40% of Tesla’s deliveries in 2022 will be derived from the lucrative China market. In addition, Ives believes supply chain issues should abate in 2022. And, in the short term, Tesla could surprise the Street by delivering close to 1.5 million units by year-end.

According to Sozzi, “Tesla shares have come under pressure in December as CEO Elon Musk sells down his stake in the company to meet tax obligations. Musk has sold roughly 15.6 million shares for a shade over $16 billion, bringing him close to unloading 10% of his stake in the company as planned.” With Musk’s stock sale ending, Tesla shares could rise.

Another analyst, Deutsche Bank’s Emmanuel Rosner notes, “We continue to see large upside to 2022 consensus expectations… battery technology, capacity and especially cost will continue to accelerate the world’s shift to electric vehicles and extend Tesla’s lead considerably. It should also enable Tesla to keep expanding its operating margins, likely exceeding 20% over the next few years, representing very best-in-class performance.”

バイ EVANNEX
この記事は、テスラのアフターマーケットアクセサリーを製造・販売するEVANNEXの提供でお送りします。そこに書かれている意見は、必ずしもInsideEVsのものではありませんし、これらの記事を掲載するためにEVANNEXからお金をもらっているわけでもありません。テスラアクセサリーのアフターマーケットサプライヤーである同社の視点は興味深く、その内容を無償で共有させていただきます。お楽しみください。

投稿:EVANNEX 2021年12月30日 マット・プレスマン氏

テスラの株価は、2021年を通してかなりのボラティリティを示しました。それもそのはずで、今年は何もかもが不安定だったように感じます。刻々と変化する政治的雰囲気、進行中の社会の変化、そして頑固なパンデミックが変化の風にさらされた。一方、自動車部門は深刻なチップの供給不足に翻弄された。

とはいえ、テスラはほとんどの競合他社よりも早く、サプライチェーンの問題の大半をコントロール下に置いたようだ。Yahoo FinanceのBrian Sozziによれば、Teslaの株価は今年になって少し跳ね返されたとはいえ、”Teslaの株価はより肥沃な土地に向かうことが明らかである “という。

SozziはWedbushのアナリスト、Dan Ivesと連絡を取り、Teslaについての彼の見解を聞いた。アイブスによれば、「中国向け需要が要です。ベルリンとオースティンで(2022年に)生産能力が増強されれば、それがテスラの株価を我々のベースケースとして1400ドルに引き上げるものだと思う。我々のブルケースは1,800ドルです。”

アイブスはテスラをアウトパフォームと評価し、2022年のテスラの納入台数の40%は有利な中国市場に由来すると推定している。さらに、アイブスはサプライチェーンの問題は2022年に軽減されるはずだと考えています。また、短期的には、テスラは年末までに150万台近くを納車し、ストリートを驚かせる可能性があります。

ソッツィ氏によると、「テスラ株は12月、イーロン・マスクCEOが納税義務を果たすために持ち株を売り崩したことで圧力を受けている。Muskはおよそ1560万株を160億円強で売却し、計画通り保有株式の10%を手放すところまで来ています。” マスク氏の株式売却が終了したことで、テスラ株は上昇する可能性があります。

別のアナリスト、ドイツ銀行のエマニュエル・ロズナーは、「2022年のコンセンサス予想には引き続き大きな上振れがあると見ている…バッテリー技術、容量、特にコストによって、世界の電気自動車へのシフトが加速し、テスラのリードがかなり拡大するだろう」と指摘する。また、テスラは営業利益率を拡大し続けることができるはずで、今後数年間は20%を超える可能性が高く、クラス最高のパフォーマンスを示しています。”

 

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket