Pocket

この話は2016年の頃の「だいぽん」さんのメルマガの話を引用したものです。

~~~~~~~~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

地元の知り合いが唐揚げ屋を始めたらしく、色々と相談を受けました。
改造した車で移動販売をしているそうです。

メニューはSサイズ7個入りが300円、
でっかいLサイズ(100g)が1個100円。

まだ開業して1ヶ月ほどですが、
パチンコ屋やスーパーやツタヤなどを転々として、
1日2~3万くらいは売り上げるようです。

利益率は50%程度と悪くない感じです。

肝心の味もかなりいいらしく、遠方からわざわざ食べにくる人もいます。

僕はこのビジネスにはかなり可能性を感じましたね。
固定経費がほとんどかからない上に、拡大がめちゃくちゃ容易です。

例えば車一台で1日3万売れれば、純粋に車を増やして地域を広げれば、
それだけ売上も比例して伸びますからね。

車10台で1日30万。
毎日営業すれば月900万。
つまり年商1億突破です。
(超単純計算ですが)

シンプルなビジネスなのでマニュアル化・システム化も簡単でしょう。

レシピは抑えているわけだから、将来的にはフランチャイズ化して、
味付けした肉を卸すことで利益を出すこともできます。

似たような成功事例も多いし、地元にはライバルもいないので、勝算はある気がします。

ただ、知り合いは完全にビジネス素人なので、いくつか致命的な欠点もありました…。

特にヤバいのは、リピーター対策を何もしていないということ。

せっかくやみつきになるほどうまい唐揚げなのに、
いざお客さんが食べたくなっても、
どこでその唐揚げ屋が営業しているのか、調べるすべがないのです。

ホームページはもっていますが、
全然更新していないようなので、意味がありません。
もったいないことこの上ないですね。

基本的にビジネスで売上をのばしていくには、
以下の方法しかありません。

1)新規にお客を獲得する
2)お客の購入頻度をあげる
3)お客の購入単価をあげる
4)流出するお客を減らす

つまりビジネスで売上をのばしたかったら、
これらのどこかに改善の余地がないかを検討すればいいのです。
(アフィリエイトでもまったく一緒)

知り合いの唐揚げ屋は、
新規顧客獲得に関してはアドバンテージがあります。
人がたくさん居る場所に自分から出向いていけばいいわけですからね。

さらに売上を増やしたかったら、今まったく意識されていない、
残りの2.3.4を優先的に改善していけばいいのです。

とりあえず僕が提案したのはメルマガや[email protected]の導入です。
これは2、4の改善に直結します。
その場で登録してくれた人には唐揚げ1個無料サービスです。

唐揚げを食べてくれた人のリストがとれれば、
いつでもすぐに営業場所や営業予定日を伝えることができます。
つまりリピート機会を逃さずに済みます。

新商品やキャンペーンの告知も一瞬で可能です。
期間限定クーポンなどを送るのも良いです。

また売れ行きが鈍くて在庫が残りそうなときは、
「今から1時間タイムセールです!」
とでもメールを送れば、近場に居る人が買いにきてくれるでしょう。

定期的にメールを届けることで、
お客に唐揚げ屋の存在を忘れ去られる心配もなくなります。

何もしない場合と比べて間違いなく来店頻度は上がり、
リピーター増加に繋がるでしょう。

ちなみにバイト・社員の求人もメルマガでできちゃいますね。
リアルビジネスにおいても、メルマガ、LINEって凄い媒体なのです。

それからドリンクやポテトなどの商品も扱うことを勧めました。

天下のマクドナルドがハンバーガーではなく、
ドリンクやポテトで利益をとっているのは有名な話ですね。

ドリンクもポテトも日持ちしますし、原価は非常に安いです。
そしてもっともついで買いされやすい商品でもあります。
(脂っこいものを食べるときは飲み物欲しくなりますしね)

こういうついで買いを狙っていくことで、
メインの商品の価格を上げなくても、
簡単にお客の平均購入単価を跳ね上げることができます。

何も考えずに唐揚げだけ売って1日2~3万売れるなら、
きちんとこういう対策をするだけで、
すぐに売上は倍くらいにふくれあがるはずです。
(まあ車の積載量やフライヤーの処理能力などの問題がありますが^^;)

その上で身軽さを武器にした規模の戦略をとっていけば、
相当なハイスピードで拡大が狙えるんじゃないかなと思っています。

リピーターが増えれば、固定店舗などを構えたときも
安定してお客がやってくるようになるでしょう。

twitterなどのソーシャルメディアの導入や、
車へのスピーカーの搭載(宣伝用)なども勧めました。
ブランディングのために歌やキャラクターを作ってみても良いですね。

なかなか夢が広がります^^

~~~~~~~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今の時代だからこそ移動販売車での販売はアリのような気がしている。

今の時代ならスマホアプリで移動中の状況を伝えることもでき予約とかもできるし、
近くに来た際に買いに行けるというのは意外とニーズがあるのではないかと考えている。

コロナ騒動で自宅にいるという環境が一般的になっている人たちもいるだろう。

今は「Zenly」という位置共有サービスがある。
これを使えば、リアルタイムで移動販売の状況かわかるし、メッセージも出せるのでなんならリクエストも出せるのである。

Zenlyは「#FR2DOKO?」とのコラボレーションにより、移動している様子や今どこで販売しているのかについて、
リアルタイムにZenly内のマップに表示する「#FR2DOKO?」レンズを提供します。

Zenlyは、ソーシャル且つパーソナルな、状況を映しだす地図を目指しています。

Zenlyでは、単なる地図情報を超えて、「今なにをしているか」を知ることのできる、より豊かにコミュニケーションを深めるアプリとして進化すべく、
今後もさまざまなブランドとのコラボレーションを行う予定です。

 

【起業に関するおすすめ記事一覧】

副業を始める前に起業センス(副業センス)を測定しよう。起業センス値が高いほど成功する確率が高い。まずは無料測定から
次世代起業家育成セミナーが1ヶ月間無料!2300名が在籍するビジネスや起業が学べるオンラインスクール
リスク0で時短で会社を起業したいならこの人に学べ!!
初めての方へ。ネットビジネス初心者におすすめするまず最初に読んでほしい10記事を紹介!
先達に学ぶ起業で独立を成功させるためのアイデア 起業で独立を成功させた先達の成功に学ぶ

Pocket