Pocket

翻訳
hello everyone and welcome beside me is
the 2021
toyota rav4 prime and it’s simply a
fantastic vehicle
42 miles of electric range a 2.5 liter
engine for a total combined
driving range of nearly 600 miles
302 combined horsepower it’s genuinely
quick with a 0 to 60 in under 6 seconds
yes in a 4 300 pound suv super practical
2500 pound towing capacity plenty of
cargo space
8.3 inches of ground clearance and a
clever all-wheel drive system with
electric motors for both the front and
rear axle which are independently
controlled
which also allows for all-wheel drive in
ev only mode
and as if it couldn’t get any better yes
would you look at that
that is the rare the elusive spare tire
in the back something many modern cars
seem to think we no longer need
this rav4 basically takes two of my
favorite vehicles the tesla model 3
and the subaru crosstrek and combines
them into one literally do
everything package so much so i’m
genuinely tempted to trade in both of
those cars and find one of these
if you’ve heard about this thing you
probably haven’t heard many complaints
except that toyota hasn’t been making
very many thus they’re quite difficult
to get your hands on
so if you go on the internet there’s a
hundred different reviews telling you in
a hundred different ways that that is
the only car you’ll ever need
so if your question is hey what car do i
need well that question has already been
answered
so what the heck am i supposed to do
with this obviously i had to create my
own useless question that no one was
wondering
could a rav4 prime actually be better
for the environment than a tesla
because hear me out if something this
good exists something with so few
compromises
and it’s just as green as going electric
well that would be a pretty great thing
so let’s break down the life cycle
emissions
of a vehicle like this versus a tesla
model y
yes i’m aware that this is a three so
there are two main parts to the
emissions equation
first of course you have emissions
associated with actually creating the
vehicle
and it is well understood that electric
cars generally have higher emissions
associated with production
as a result of the batteries the second
part of the equation is of course the
emissions associated with actually
driving the vehicle this is where
electric cars have a big advantage
because they’re super efficient so they
tend to have low emissions per mile
driven
yes even when you take into
consideration where that electricity
comes from
for this video we’ll be using the
average u.s energy production mix
so about 20 percent coal 40 natural
gas 20 percent nuclear and 20 renewable
and so that gives us about 60 percent of
our energy production coming from fossil
fuels
so what are our missions for creating
the car what are our
missions for using the car then of
course eventually the car is going to
stop working
for this video we’re simply going to
ignore the end-of-life scrapping and
recycling for two reasons
first it’s a very small portion of the
overall emissions
and second you can actually decrease lag
time emissions through recycling
programs
that offset the needs for extracting and
refining of new materials
it’s not exactly cost effective to do so
yet but studies have shown it’s
advantageous from an emissions
standpoint
okay let’s not get distracted and start
off with production so
battery capacity is often measured in
kilowatt hours the toyota rav4 prime has
an 18.1 kilowatt hour battery pack
and the tesla model y has about a 75
kilowatt hour battery pack
so now the question is so that we can
compare these batteries directly
is what are the emissions per kilowatt
hour of a lithium ion battery
and that’s a very challenging question
to answer
i read study after study after study uh
there’s a wide range out there
and many of the studies were actually
pretty frank about it and they’re like
hey
this is pretty tough thing to figure out
so unless a manufacturer is actually
accurately measuring this and providing
that information
it’s very difficult to know studies
estimate it’s about 30 kilograms of co2
per kilowatt hour
to as high as 300 kilograms per kilowatt
hour
and since that’s a range that’s off by
about a factor of 10
that doesn’t exactly inspire confidence
but if you start to read through the
literature far
too much you kind of start to hone in on
a number of about 100 to 150
kilograms per kilowatt hour this is a
fair bit higher than what tesla claims
about their vehicles
but we’ll get into that situation later
so we’ve got two vehicles and we’ve got
two big lithium ion batteries
the tesla’s battery is about four times
the size as the toyotas so it’s fair to
assume that the production emissions for
the tesla
are greater than the toyota if we assume
150 kilograms of co2 per kilowatt hour
probably a high estimate we’ve got 11
metric tons of co2 for the tesla
and 2.7 tons for the toyota now of
course we have to think about the rest
of the vehicle as well the tesla has a large electric
motor up front
as well as a large electric motor in the
back the toyota has a 2.5 liter engine
up front
plus a large electric motor and then a
small electric motor in the back
the model y weighs a bit more 4475
pounds
versus 4300 pounds so we’re simply going
to say that
excluding the battery packs both of
these vehicles require a similar amount
of resources
and thus the same emissions for
production okay now we’re back into
guesstimate land where every paper gives
this a different number and that makes
sense right cars are made of different
materials
different amounts of those materials
different manufacturing techniques
and so on so coming up with a blanket
average is a bit silly
no great so we’ll say 10 metric tons of
co2 for production
a lot of literature seems to say around
5 to 10
tons though of course there are examples
that are higher but we’ll stick with 10
tons
if you’re getting nervous because this
is sounding very ambiguous
don’t worry as the video progresses we
will come to conclusions that are a bit
less dependent on
10 tons so we have our vehicle emission
production numbers so for the toyota
10 tons for the vehicle production plus
2.7 tons for the battery so 12.7 tons
overall for the vehicle
and then for the tesla 10 for production
11 for the battery
21 tons total emissions for the vehicle
production
step one is complete give yourself a pat
on the back
now we move on to emissions for driving
each of these vehicles and the good news
is the data are much more
clear there’s far less guesswork and
this makes up the bulk of our overall
emissions
so we can start to feel fairly confident
in the numbers
so for gasoline energy we’re talking
gallons of gasoline now what the heck is
a gallon well this is a gallon
it’s kind of like a liter except 3.8
times bigger
because this is america and that’s how
we like things here so
how much co2 is produced by burning a
gallon of gasoline well it’s a fairly
straightforward chemistry problem so
there’s a fairly straightforward answer
though of course we also have to include
the emissions required
to produce that gallon of gasoline
commonly referred to as well to wheel
according to the us department of energy
that number is about 10.7 kilograms of
co2 emitted
by burning one gallon of gasoline now
some of you are now distracted because
you know that in the united states
gasoline has about a 10 ethanol blend in
it at most gas stations
and so this will actually slightly
improve emissions it will also slightly
increase
fuel consumption for the purposes of
this video we’re going to ignore it to
keep things simple so when i say a
gallon of gas
i mean a gallon of gas okay so we know
the emissions for burning a gallon of
gasoline but what are the emissions for
electric energy
electric energy is often measured in
kilowatt hours a metric unit that even
us
americans can understand because it’s
how our electrical bills are calculated
so what we want to know is how many
kilograms of co2 emissions do we have
for using one kilowatt hour of energy
thankfully the u.s energy information
administration provides us with how much
electricity we produce
in the united states and what the
emissions are as a result of that
production
if you divide the total emissions from
energy production 1.72
trillion kilograms by the total energy
produced
4.13 trillion kilowatt hours you get
about
0.42 kilograms of co2 emissions per
kilowatt hour produced
now that energy hasn’t yet reached this
vehicle’s battery pack
so we have to take into consideration
transmission losses as well as
charging efficiency losses so once that
energy gets stored into this battery
per kilowatt hour it’s about 0.53
kilograms
of co2 emissions if you’re still
listening bless you
and i promise the conclusions will be
worth it so check this out
now that we have all of our variables
defined and calculated
we can finally start to answer our
question is the toyota rav4 prime
cleaner than a tesla model y based on
emissions
so we’re going to say each car travels
13
500 miles a year which is the national
average for the united states
and we’re going to say we’re going to
own the vehicle for 10 years
i’m not saying the vehicle is toast done
so at 10 years just saying that’s how
long we’re going to use it
and if you don’t believe me that these
things can last 10 years
take for example toyota’s battery
warranty which for this vehicle is 10
years
or 150 000 miles look
toyota doesn’t want to pay to replace
your battery pack at nine and a half
years
so in order to do so they have to make
sure that the vast majority of their
battery packs
last longer than 10 years so they don’t
take a big financial hit
the same logic goes for the tesla it’s
not unreasonable to assume that these
cars are likely designed to last around
200 000 miles
so we’re going 13 500 miles per
year and we’re driving for 10 years for
the tesla it’s a really easy calculation
because all of the miles are electric
for the rav4 some of the miles are
electric and some of them are gas
powered
so let’s say we have a 30 mile work
commute we take each day
if the commute is longer the gas engine
kicks on 30 miles
5 days a week 50 weeks a year that’s 7
500 miles a year
or about 55 of the total yearly mileage
this will be all electric assuming you
charge up each night
the other six thousand miles or 45
percent
will assume is gas powered and if you’re
concerned that i’ve made up this 55
electric number know that based on sae
j2841
you can estimate a 33-mile plug-in
hybrid will have 55
of its miles driven on electricity so
what are the results
pretty crazy right tesla’s estimate is
about 40.4 metric tons of co2 emissions
while the toyota
is about 43.9 metric tons not a huge
difference
especially when you take into
consideration that the average 25 mile
per gallon combustion vehicle
would be sitting at about 67.7 metric
tons
so the good news is here compared to a
combustion vehicle
the toyota is definitely in a good spot
emissions wise
you can also compare what the emissions
of the toyota would be if we were to
operate only as electric
or only as a combustion vehicle the
interesting thing here is
if you don’t drive all that much the
toyota would actually be the greener
option than the tesla
because it starts with a much smaller
battery pack now in 2019 tesla released
a fairly detailed
impact report according to this document
if i’ve done my calculations correctly
tesla shows their total production
emissions for the model 3 battery
is about 5 000 kilograms or about 70
kilograms per kilowatt hour
less than half the initial estimate we
used in this video
so how do they get their number so low
well two main factors first of all tesla
is producing batteries at a massive
scale
the bigger the scale the less emissions
you have per battery created
second of all tesla’s actually putting
in a pretty big focus towards getting
renewable energy sources
to use for vehicle production and
battery production this
also lowers emissions so if we go back
to our chart and update it based on
tesla’s impact report
we have new numbers now the rav4 prime
has 8 metric tons
more lifetime emissions versus the model
y though compared to internal combustion
engines both
are quite good and in fact the tesla has
less than half the emissions
after just 10 years versus the average
combustion car
from a breakeven standpoint the tesla
will have lower overall emissions versus
the rav4 after 45
000 miles or about 3.3 years and will
have lower overall emissions versus the
average combustion
car after just 18 000 miles or 1.4 years
it’s also important to mention that all
of these calculations are assuming we’re
using today’s grid
and that as the electrical grid gets
cleaner and cleaner the emissions
of electric cars continue to improve
whereas combustion cars will not
so these numbers are likely to look even
better for electric cars
as time goes on still i think this
leaves us with a pretty fascinating
conclusion that
while the tesla likely does have better
life cycle emissions
the toyota actually comes pretty close
all while offering you the flexibility
of a 2.5 liter engine
tons of cargo space more ground
clearance the true ability to tow albeit
only 2 500 pounds
a spare tire yes i’m still excited about
that spare tire
all in a normal looking suv that’s not
wildly streamlined
look i think low drag coefficients are
rad but not everyone thinks the way that
i do
to me this seems like a really really
smart vehicle
that also happens to make a pretty big
impact on emissions
with very few real world sacrifices
thank you all so much for watching if
you have any questions or comments
feel free to leave them below
皆さん、こんにちは!そして、私の隣にいるのは
2021年の
TOYOTA RAV4 PRIMEで、これはまさに
素晴らしい車です
42マイルの航続距離と2.5リッターのエンジンで
2.5リッターのエンジンで
航続距離は約600マイル
総出力は302馬力で、0-60秒を6秒以下に抑えることができます。
0-60秒を6秒以内で達成する速さ
4,300ポンドのSUVでありながら、実用性が高く
2,500ポンドのけん引力と豊富な
カーゴスペース
8.3インチの最低地上高と
巧みな全輪駆動システムと
前後両軸に電気モーターを搭載し
前後の車軸に電気モーターを搭載し、それぞれ独立して制御される
制御する
EVのみのモードでも全輪駆動が可能です。
EVオンリーモード
そして、これ以上はないというほど、素晴らしいものです。
これを見てください
これが希少なスペアタイヤです。
現代の多くの車では、後部に
もはや必要ないと思われがちですが
このRav4は基本的に、私の好きな車の2つ
このRav4は、私のお気に入りの車であるTesla Model 3と
とsubaru crosstrekを組み合わせて
組み合わせることで
すべてを兼ね備えたパッケージですので、私は
2台とも下取りに出したいくらいです。
この車を見つけたいと思っています。
この車について聞いたことがある人は
苦情を聞いたことはないでしょう
トヨタがあまり作っていないことを除けば
この車を手に入れるのはとても難しいです。
手に入れるのは難しい
インターネットで調べてみると
100種類のレビューが
100の異なる方法で
唯一必要な車です
もしあなたの質問が、私にはどんな車が必要ですか?
という質問があれば、その質問にはもうすでに
答えは出ています
では、いったい何をすればいいのでしょう?
この質問には、誰も答えないような
誰も疑問に思っていない無駄な質問を
疑問
テスラよりもRav4プライムの方が
環境のためにテスラよりも
なぜなら、もしこれほど良いものが存在するなら
こんなに良いものがあるなら
妥協点の少ない
電気自動車と同じように環境に優しいものがあるとしたら
それはとても素晴らしいことだと思います。
それでは、ライフサイクルにおける
排出量
このような車と、テスラの
モデルY
はい、これが3であることは承知しています。
排出量の方程式には2つの主要な部分があります。
排出量の計算式
まず第一に、実際に自動車を製造する際の排出量があります。
実際に車を作る際に発生する
自動車
電気自動車が一般的に排出量が多いことはよく知られていますが
電気自動車は一般的に生産に伴う排出量が多いことはよく知られています。
一般的に電気自動車は生産に伴う排出量が多いことはよく知られています。
電気自動車は一般的に生産に伴う排出量が多いことはよく知られていますが、これはバッテリーが原因です。
この方程式の2番目の部分は、当然ながら
実際に車を走らせたときに発生する
ここが
電気自動車には大きなアドバンテージがあります。
電気自動車は効率が良いので
走行距離あたりの排出量が少ない傾向にあります。
走行
考慮しても
電気がどこから来るかを考慮しても
考慮してもです。
このビデオでは、米国の平均的なエネルギー生産構成である
米国の平均的なエネルギー生産構成を使用しています。
約20%が石炭、約40%が天然ガス
ガス 20%、原子力 20%、再生可能エネルギー 20
つまり、エネルギー生産の約60%を化石燃料が占めています。
化石燃料によるエネルギー生産が
化石燃料
自動車を作るための私たちの使命は何でしょうか?
車を作るための使命は何でしょうか?
車を使うためのミッションは
もちろん、最終的には車は動かなくなります。
使えなくなる
このビデオでは、単に
このビデオでは、使用済み自動車のスクラップとリサイクルを
リサイクルを無視する理由は2つあります。
まず、全体の排出量に占める割合が非常に小さいこと。
全体の排出量
2つ目は、リサイクルによってラグタイムの排出量を
リサイクルプログラムによってラグタイムの排出量を
プログラムによって
新しい材料の抽出と精製の必要性を相殺する
新しい材料の抽出と精製の必要性を相殺する
そのための費用対効果はまだ明確ではありませんが
まだ費用対効果が高いとは言えませんが、研究によれば
排出量の観点からは有利であることがわかっています。
観点からは有利です。
さて、気を抜いてはいけません。
生産量から始めましょう。
バッテリーの容量は、多くの場合
キロワット時ですが、トヨタのRav4 Primeは
18.1キロワット時のバッテリーパックを搭載しています。
テスラの「モデルY」は約75キロワット時のバッテリーパックを搭載しています。
キロワット時のバッテリーパック
そこで問題なのは、これらのバッテリーを
これらのバッテリーを直接比較するために
これらの電池を直接比較するためには、リチウムイオン電池の1キロワット時あたりの排出量はどのくらいなのか?
リチウムイオン電池の1kWhあたりの排出量は?
これは非常に難しい問題です。
答えを出すのは非常に難しい問題です。
私は研究に研究を重ねました。
そこには様々な種類があります。
多くの研究は、実際にはかなり率直で
多くの研究では、率直に次のように述べられています。
ねえ
これを解明するのはかなり難しいことです
メーカーが実際に正確に測定して提供しない限り
メーカーが正確に測定して情報を提供しない限り
その情報を
研究を知ることは非常に困難です。
キロワット時あたりのCO2排出量は約30キログラムと推定されています。
キロワット時あたり
最大で300キログラム/キロワット時と推定されています。
時間
この範囲では、約10分の1の誤差があります。
約10分の1の誤差があるため
これでは自信が持てません。
しかし、文献を読み始めると
文献を
しかし、文献を読み漁っていると、ある種、100から150の数字に絞られてきます。
キロワット時あたり約100~150
キログラム/キロワット時という数字が見えてきます。
これは、Tesla社が自社の自動車について
これはTesla社が自社の自動車について主張している数値よりもかなり高いです。
これはTesla社が自社の自動車について主張している数値よりもかなり高いのですが、この状況については後ほど説明します。
2台の自動車と
2つの大きなリチウムイオン電池
テスラのバッテリーはトヨタの約4倍です。
テスラのバッテリーはトヨタのバッテリーの約4倍の大きさがあります。
テスラのバッテリーはトヨタの約4倍の大きさです。
テスラ
はトヨタよりも大きいと考えるのが妥当でしょう。
1キロワット時あたりのCO2排出量は150キログラム
高く見積もっても、テスラーのCO2排出量は11
テスラのCO2排出量は11トン、トヨタは2.7トンです。
テスラが11トン、トヨタが2.7トンとなります。
もちろん、車の他の部分についても考えなければなりません。
車両のテスラでは、フロントに大型の電気モーターを搭載しています。
モーターを搭載しています。
後ろにも大きな電気モーターを搭載しています。
トヨタは2.5リッターエンジンを搭載しています。
前方に
大きな電気モーター、そして
後部には小型の電気モーターを搭載しています。
model yの重量は4475ポンドと少し多めです。
ポンド
4300ポンドに対して、4475ポンドなので、単純に考えて
ということになります。
バッテリーパックを除くと、両車とも
バッテリーパックを除くと、どちらの車も同程度の資源を
資源
生産に必要な資源の量は同じで、排出量も同じです。
排出量も同じである。
推測の域に戻ってしまいましたが、どの論文でも
これは理にかなっている。
車にはさまざまな素材が使われています。
材料
材料の量も違えば
製造技術の違い
などがありますから、一律の平均値を出すのは
だから一律の平均値を出すのはちょっと馬鹿げています。
大したことではありませんので、ここでは10メートルトンの
生産時のCO2
多くの文献では、およそ
5~10トン
トン程度としていますが、もちろんそれ以上の例もありますが
もっと多い例もありますが、ここでは10トンとします。
トンとします。
曖昧な表現で不安を感じている方は
非常に曖昧に聞こえますので
心配しないでください、ビデオが進むにつれて
ビデオが進むにつれて、我々はもう少し
に依存しない結論を出します。
10トンの車の排出量があります
車の生産台数があるので、トヨタの場合は
車の生産量が10トンで
バッテリーが2.7トンなので12.7トン
車両全体で12.7トン
テスラは生産量が10トン
バッテリーに11トン
車両の総排出量21トン
生産
ステップ1が完了し、自分を褒める
おめでとうございます
次は、車を運転したときの排出量です。
次は、それぞれの車を運転したときの排出量です。
良いニュースは、データがより明確になり
良いニュースは、データがはっきりしていて、推測の域を出ないことです。
これが全体の排出量の大部分を占めています。
排出量
排出量の大部分を占めているので、数字にかなりの自信を持てるようになりました。
数字に自信を持つことができます。
ガソリンのエネルギーについては
ガソリンのガロンとは一体何でしょうか?
これが1ガロンです。
リットルのようなものですが、3.8倍の大きさです。
倍です。
ここはアメリカですから、そのように
ここはアメリカですから
1ガロンのガソリンを燃やすとどのくらいのCO2が発生するか?
ガロンのガソリンを燃やすとどのくらいのCO2が発生するのか、これはかなり簡単な化学の問題です。
かなり単純な化学の問題なので
簡単な答えが得られます
しかし、もちろん、私たちは
ガロンのガソリンを生産するのに必要な排出量
ガソリン1ガロンを生産するのに必要な
一般的に “Well to Wheel “と呼ばれています
アメリカのエネルギー省によると
約10.7kgのCO2が排出されています。
CO2排出量
1ガロンのガソリンを燃やすと
気を取られている方もいらっしゃると思いますが
アメリカでは
ガソリンには約10%のエタノールが混合されています。
ほとんどのガソリンスタンドでは
そのため、実際には排出量が若干改善され
排出量をわずかに改善しますが、同時にわずかに
燃費が
このビデオの目的は、燃料消費量を少し増やすことです。
このビデオでは、シンプルにするためにそれを無視するつもりです。
シンプルにするために無視します。
1ガロンのガソリン
1ガロンのガソリンという意味です。
1ガロンのガソリンを燃やしたときの排出量は
ガソリンを燃やしたときの排出量はわかりましたが、電気エネルギーの排出量はどうでしょうか?
電気エネルギー
電気エネルギーは、多くの場合
キロワット時という単位で測定されます。
アメリカ人でも
アメリカ人でも理解できる単位です。
アメリカ人でも理解できる単位です。
さて、私たちが知りたいのは、何キログラムのCO
1キロワット時のエネルギーを使うと、何キログラムのCO2が排出されるのか
1キロワット時のエネルギーを使うと、何キログラムのCO2が排出されるのか
ありがたいことに、米国のエネルギー情報局は
米国エネルギー情報局は、私たちがどれだけの
米国の電力生産量と
アメリカのエネルギー情報局は、アメリカで生産される電力量と
排出量を教えてくれます。
生産量
エネルギー生産による総排出量を割ると
エネルギー生産による総排出量を1.72
兆キログラムをエネルギー生産量で割ると
生産された
4兆1,300億キロワット時とすると

キロワット時あたりのCO2排出量は0.42キログラム
キロワット時あたりのCO2排出量は
そのエネルギーはまだこの車のバッテリーパックには届いていませんが
この車のバッテリーパックには
そのため、送電ロスや
伝達ロスと
充電効率の損失も考慮しなければなりません。
エネルギーがこのバッテリーに蓄えられると
1キロワット時あたり、約0.53
キログラム
CO2排出量は約0.53kgとなります もしまだお聞きになっていたら
聞いていてくれたら幸いです
この結論には価値があると約束します。
これを見てください
これですべての変数が揃いました
定義され計算された
ようやく答えを出し始めることができました
質問に答えることができます
テスラのモデルYよりもクリーンか?
排出量
ここでは、それぞれの車が走行する距離を
13
500マイル走行するとします。
これは米国の平均値です。
そして、この車を10年間所有するとします。
その車を10年間所有するとします。
私はこの車が完全に終わったとは言っていません。
10年と言っているのではありません。
使うことになります。
もしあなたが私の言うことを信じないのであれば
10年も使えるなんて信じられないという方は
例えば、トヨタ自動車のバッテリー
この車のバッテリー保証は10年です。

または15万マイルです。
トヨタは9年半でバッテリーパックを交換するために
9年半でバッテリーパックを

そのためには、大部分の製品が
そのためには、大部分の
バッテリーパックの
そのためには、バッテリーパックの大半が10年以上持つようにしなければなりません。
経済的に大きな打撃を受けないように
テスラでも同じことが言えます。
テスラも同様で、これらの
これらの車は、おそらく20万キロ程度の走行を想定して設計されていると考えるのが妥当でしょう。
20万マイル
年間13,500マイルを走行して
年間で13,500マイルを走行し、テスラでは10年間走行することになります。
テスラの場合、計算はとても簡単です。
すべての走行距離が電気自動車だからです
Rav4の場合は、電気での走行距離とガソリンでの走行距離が
電気自動車とガス自動車があります。
動力
例えば、1日の通勤距離が30マイルだったとします。
毎日の通勤距離が30マイルだとすると
通勤時間が長くなると、ガスエンジンは
30マイルを走る
週5日、1年50週で7キロ
1年で500マイル
年間総走行距離の約55%に相当します。
毎晩充電することを前提とすれば、これはすべて電気自動車になります。
毎晩充電すれば
残りの6,000マイル(約45%)は
パーセント
残りの6,000マイル(45%)はガスで走行します。
私が電気自動車の数を55にしたことを
電気自動車の数は、SEA
j2841
33マイルのプラグインハイブリッド車は
ハイブリッドの走行距離のうち、55
走行距離のうち55%を電気で走行すると推定できます。
その結果は?
かなりクレイジーだと思いますが、テスラの試算では
約40.4トンのCO2排出量
一方、トヨタ自動車は
トヨタは約43.9トンです。
大きな違いではありません。
特に、平均的な25マイル走行を考えると
特に、平均的な1ガロンあたり25マイルの
ガロンあたりの平均的な内燃機関の車が
約67.7メートルトン
トン
良いニュースは、燃焼車に比べて
内燃機関の車に比べて
トヨタは間違いなく良い位置にいます
排出量の面で
排出量を比較することもできます。
電気のみで運転した場合のトヨタの
電気自動車としてのみ運転した場合と
電気自動車のみ、または燃焼自動車のみで運転した場合の排出量も比較できます。
ここで興味深いのは
もしあなたがあまり車に乗らないのであれば
実際にはTeslaよりもTOYOTAの方が環境に優しい
テスラよりも環境に優しい選択肢です。
なぜなら、より小さいバッテリーパックでスタートするからです。
2019年にテスラが発表した
かなり詳細な
インパクトレポートを発表していますが、これによると
私の計算が正しければ
テスラは、モデル3のバッテリーの生産量と
モデル3のバッテリーの総生産量は
は約5,000キログラム、1キロワット時あたり約70
キロワット時あたり約70キログラム
このビデオで使用した当初の見積もりの半分以下です。
このビデオで使用した当初の見積もりの半分以下です
では、なぜこのような低い数値になったのでしょうか?
主な要因は2つあります。まず、テスラは
は大規模に電池を生産しています。
大規模
大規模であればあるほど、排出量は少なくなります。
電池1個あたりの排出量が少なくなります。
第二に、Tesla社は実際に
テスラは、再生可能エネルギーの獲得にかなり力を入れています。
再生可能エネルギー
車の生産や電池の生産に再生可能エネルギーを利用することに
これは
排出量の削減にもつながります。
図に戻って、テスラのインパクトレポートをもとに
テスラのインパクトレポートに基づいて
新しい数字が出てきました rav4 primeは
は8メートルトン
モデルYと比較して、生涯排出量が8トン増加しています。
内燃機関と比較すると、今年は
内燃機関に比べればどちらも
内燃機関と比較すると、どちらも非常に優れており、実際、Teslaは
排出量は半分以下です。
平均的な内燃機関の車と比べて、わずか10年で
内燃機関の車に比べて
損益分岐点から見ると、テスラの方が
全体の排出量は、45年後のRav4よりも
45,000マイル(約3.3年)走行後の排出量は、Rav4と比べて
45,000マイル(約3.3年)走行後には、Rav4と比較して全体の排出量が減少します。
平均的な内燃機関の車と比べても、全体的な排出量は
平均的な内燃機関の
18,000マイル(1.4年)走行しただけで、平均的な内燃機関の車よりも排出量が少なくなります。
ここで重要なのは、これらの計算がすべて
これらの計算は、現在の送電網を使用していると仮定して
現在の送電網を使用した場合
電力網がどんどんきれいになっていくと
電力網がよりクリーンになればなるほど、電気自動車の排出量は
電気自動車の排出量は改善され続けます。
電気自動車の排出量は改善されますが、内燃機関の自動車の排出量は改善されません。
電気自動車の排出量は改善されます。
電気自動車にとってはさらに良い数字になるでしょう。
時間が経てば経つほど、私はこのことが
思うに、これは非常に魅力的な結論です。
結論としては
テスラの方が優れているとはいえ
ライフサイクルエミッションでは
トヨタはそれに近いものがあります
2.5リッターエンジンの柔軟性を提供しながら
2.5リッターエンジンの
何トンものカーゴスペース より高い地上高
わずか2,500ポンドとはいえ、真の牽引能力を
わずか2,500ポンドですが
スペアタイヤ……私はまだ興奮しています。
そのスペアタイヤ
すべては、荒々しい流線型ではない、普通の見た目のSUVの中にあります。
乱暴な流線型ではない普通のSUV
私は空気抵抗の少ない車がいいと思います。
でも、誰もが私のように考えるわけではありません。
私は
私には、この車はとてもとても
スマートなクルマ
この車は、とてもスマートで、排出ガスにも大きな影響を与える
排出量に大きな影響を与える
現実世界ではほとんど犠牲になることなく
ご覧いただきありがとうございました。
ご質問やコメントがございましたら
お気軽にお寄せください。

<英語学習におすすめ>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

Pocket