Pocket

ところが2014年
ソチのオリンピック直後ロシアがクリミアに侵攻し
2015年にはアメリカが南シナ海への拡大を続ける中国に対して高校の中作戦という
ことで中国が領海を主張する地域を自由航行を始めたこれは中国の側から見れば
領海侵犯でありアメリカとしては政党なった高いで
つまり冷戦が2014年15年
かつての冷戦東側のいう中国ロシア
この2台国との間でアメリカ日本という日側の価値観を持つ国との間で再びぶつかりが
生じた
冷戦状態に入ったわけです
冷戦状態に入った過程においてこの連合分列
民進党の分裂も同時に起きている
裏と表で起きていると考えると非常にわかりやすいのではないでしょうか
そしてこれが起きてこの次に何が起きるか
現在世界は冷戦構造を深めております
中国はいわゆる去年起きた中国共産党大会によって
習近平体制
偉大なる社会主義の復権と言っているわけです
つまりこれまでアメリカ側に寄り添う銃社会がはに書いてくるかと思われた中国が再び
自ら派遣を取ろうとし同時にその覇権は中国共産党が支配する社会主義下において行う
と宣言した
つまりこれでもうアメリカと中国が合致する世界が一つになるのではなく
分裂していくということが確定したわけでその中において
民進党が1件と希望に分かれ
この後どうなるかわかりませんが最終的には2つの組織に言われる
可能性が高くなったことは間違いがないと言えるわけですね
そしてこの流れは決して日本だけに留まったものではありません
ヨーロッパにおいては両ロッパではイギリスがブレブじっとということで eu から
の離脱を宣言し2019年にもそれが成立します
そしてスペインにおいてはカタルーニャ独立運動を行い
独立の国民投票によって独立が認められることを認められていうか宣言をした
これによって
一つになるグローバリズムによって一つのルールでまとまるかと思われていた欧州も
分断され始めている
バラバラになり始めている
そして今起きているのが世界の枠組み競争
中国が一体一路の名のもとによって海のシルク漏斗を海の刷毛
そしてユーラシア大陸を横断するリックの発見コレが知る苦労と陸の主力のとこの2つ
を自らの支配の下で作ろうとしているこれが今の中国の戦略なわけですね一体一路と
いうのはユーラシアからヨーロッパなでを注力中国の影響下に置くと言う
ものがある意味一体一路なわけです
これに対してイギリスは大陸におりませんから当然それとは連携しません
イギリスにおいてもブレエグジットが成立した
それによってキャメロンオズボーンという親中派政権中国寄りの政権が壊れ
名主将を中心とした2たりアメリカやイギリスの独立を強く歌う政権が強くなった
同時に範疇にイギリスは切り替わったわけです
主婦としてこの流れの中でイギリスが独立しユーラシアを一つにまとめようという中国
の戦略がしかしそれは実際には各国の利害が強く対立しこの利代を抑えるには
力で無理やりにでも動かしていくしかない
しかし中国にとってそれは中国がそれを行うことはロシアにとって偉大なる的に再びに
なるということなんです
中ソというのは決して仲が良くなかったッ
同じことが今度は中国とロシアの中でを帰宅
そこにある意味手を入れようとしているのがアメリカなわけです
ロシアとアメリカが再び手を結ぼうとしている蔵トランプがやろうとしていること
となってくると中国とロシア
との関係が一気に再び悪化するっ
これによって中国の藤くんのできるというのが一つのシナリオストーリーにあるのだと
そして一対一らの最大のポイント
一対一のは何かというと日本の
自由と繁栄の弧のように下をつなぐ線をつなぐものではございません
あくまでも道なんです
道ということは拠点となるところを断ち切ればその道は有効性を失い
一切効果がなくなるわけです
高速道路を考えてみてください
今高速道路というのはええまぁ今週をずっと縦断し四国を回り
祝中国まで行ってこれがつながっているから打つるーよ
北海道もありますねセカンドなるあるこれはつながっているから物流
路として効果があるしかしこれが何カ所もな
6カ所もブチ切れ
どうなるか間に関所を作られたらどうなるか
拠点というところを遮られた時にこの1対10という計画は完全未
無に帰すわけです
これをアメリカは分かっている
で今アメリカ側はその一帯イチローの拠点となる地域拠点となる開発物件
ここにふさ日を差し込み始めそうなってくるとアメリカ側の綺麗な条件と中国の侵略方
の一対一らの計画
これをどちらを取るか相手国は侵略
形でないものを取る可能性が高い実際そうなってきている
なので行ったイチローが畑に破綻しそうになっていて
中国当局は焦りの表情を見せている
そして海のシルクロードに関しては
中国が咀嚼したパキした
ここに力を最も力を持つ敵国である
インドが開くとイーストということでこれまで中東やインド洋実
インド洋から中東にかけて目を向けていた
インド海軍が再び今回太平洋側にシフトしてくることになった
そしてオーストラリア軍との間で日本は
分純文師同盟を結んだ
去年の9月名首相が来日した時にイギリスと日本と事実上の軍事同盟と言える
に日会安全保障生命というものを出した
つまりこの太平を守る
そして中国が展開しようとする海の戦略にふさ日
打とうとする日米8そしてそれ以外の苦味という2つの対立軸の中でアジアの国々も
揺れ始めている
どちらを取るか文を踏ませようとしている
というのが今の頂点
それで最も撮影だった問題になるのがいわゆる
韓国ということになるわけです
非常にわかりやすい村とコウモリのようにアメリカがについてみたり中国側についてみ
たり
どちらに何方付かずの制作を行っており本人たちはコウモリ代行と呼んでいるが実際は
これは浦井お互いにとって裏切り者であり
不幸なコウモリのシナリオそのままになりつつ
される
というのは今のアジア乗船
それに対して独立独法あゆむ
北朝鮮
北朝鮮は中国との関係も悪化しそしてロシアつの関係も悪化している
しかし日本との関係アメリカとの関係を改善するには
核ミサイルの開発を中止したり
ロケットの開発を中止したりという
北朝鮮が最も得意とする分野これを捨てなくちゃいけ
ロケット開発核開発をしてた時北朝鮮には何も残らない
結果的にアメリカへ日本側と交渉するカードもない
ロシア中国に対して対抗する手段も失う
だから北朝鮮もにっちもさっちもいかない状態になっている
これが今アジアにおける状況
そして日本は日本は独立どっ
日本として再び戦後終わらせようと安倍総理は頑張っているということになるのだと

Pocket