Pocket

カルロスゴーンがレバノンに逃げた後、日本の司法の手の届かないところにいますが、
特に前補佐官のグレッグケリーの運命には多くの疑問が残ります。

 

63歳のケリーは日本で保釈されたままで、ゴーンと同様の罪状で裁判を待っています。
日産は、アメリカ人のケリーが上司の不正行為に「深く関わっている」と非難しました。

これには、報酬を有価証券報告書に少なく記載した罪も含まれていましたが、
どちらの申し立てを否定しています。

 

1988年に日産に入社した弁護士のケリーは、自動車メーカーの人事部門を通じて着実に成長しました。
ゴーンは1999年に、ケリーの重要な同盟国である闘争中の会社を振り返る任務を持って到着しました。
ケリーは2012年6月に日産の取締役会に参加した最初のアメリカ人となりました

 

 

米国証券取引委員会は9月、ケリー がゴーンに 90百万ドル(68百万ポンド)
を超える給与を隠蔽するための実質的な支援をし退職手当を5000万ドル追加資金を提供したと述べました。

 

ケリーは、罪を認めたり否定したりすることなく、
SECの請求を解決するために100,000ドルの罰金を支払い、
5年間米国の会社の取締役を禁止されました。

 

ケリーは2018年のクリスマスの日に東京拘置所から解放されました。
ゴーンの脱出は今、彼の前の右利きの男の裁判にスポットライトを当てます。

 

日本の悪名高い過酷な司法制度の精査も明らかになります。
専門家は、日本の司法制度は全くふさわしくないといいます。

犯罪で告発された人々の99.8%の有罪判決率は、
裁判官が検察官にあまりにも多くの信用を与えているという批判につながりました。

 

人質司法制度では容疑者は長期間拘留され、
弁護士の立会いなしに尋問され、家族との面会を禁じられます。

 

非政府組織の事務局長であるケネス・ロスは、
「カルロス・ゴーンは日本の司法制度の条件の中で、妻とのコミュニケーションを禁止されました。
これは、正式な監護権以外でも自白を誘発する圧力の一部だった」と述べました。

 

ゴーン事件はまた、23日間の拘留制限の濫用の可能性を強調しており、
検察官は、尋問を続けるために、元の容疑のわずかな変動について取り調べるために
容疑者を定期的に再逮捕しているのです。

 

 

詳しくは・・・The Gardian
https://www.theguardian.com/business/2019/dec/31/carlos-ghosns-escape-puts-spotlight-on-the-former-aide-man-left-behind?CMP=Share_iOSApp_Other

Pocket