Pocket

カルロスゴーン、日産の逃亡者の元議長は、彼は正義から逃れたのではなく、
「不正義と政治的迫害を逃れた」と言います

レバノンへの彼の性急な出発は、
日本の「人質正義」システムと言われているものに再びスポットライトを向けました。

 

日本の信じられないほど低い犯罪率は低いです。
その理由のひとつに多くの人々が逮捕されたことをただ恐れていると言うのもあります。

 

なぜ日本での逮捕が恐ろしいか、2014年の五十嵐めぐみが「わいせつ物」の配布で逮捕されたものを例に見てみましょう。

五十嵐は自分の性器のデジタルスキャンを行い、そのモデルを使用して、
キーフォブや大きな黄色のカヤックなどのアイテムを作成しました。

 

作製したカヤックはこれです。

 

ほとんどの人はそれを陽気だと思い、彼女は「膣アーティスト」と呼ばれました。
しかし、東京の検察官は彼女を隔離室に3週間保持しました。

 

英国では、テロ容疑者のみが14日間拘禁できますが、
日本では、万引きを23日間拘禁することができます。

 

「日本の刑事司法制度は尋問に焦点を合わせている。その目的は告白を得ることにある」と、
辞任する前に検察で23年間過ごした後原信夫は説明する。

 

 

「犯罪を認めた容疑者は投獄から解放されます」と後原氏は言います。
「しかし、人が犯罪の容認を拒否した場合、検察庁は容疑者が告白するまで釈放に強く反対するでしょう。」

 

日本の検察官は非常にねちっこいです。
彼らは逮捕する前に筋書を書きます。

 

その後、彼らは容疑者に筋書に従って告白するように強制します
彼らは事前に準備したものを私に見せてから、それに署名することを要求します。

日本の有罪判決の89%は自白に基づいています。

 

犯していない犯罪や、明らかに妥当でない自白のために重大な疑念が生じたために
刑務所で長年を過ごしている人々の例が数多くあります。

 

後原氏によると、問題の根源は検察官の巨大な力です。

 

日本の法律の下では、検察官は起訴する排他的な権利を持っています。
彼らは起訴する権利も持っています。これは、検察庁が日本の刑事司法制度において非常に強力であることを意味します。
裁判所は検察官の決定に従います。

 

日本の司法では告白しないと、あなたはより長く拘留され、より深刻な告発が行われるでしょう。
検察官が告訴を行った場合、有罪判決を受ける可能性は99%です。

 

最初の23日間の拘禁の後、試練はまだ続きます。
検察官は、裁判所の承認を得て、わずかに異なる告発で容疑者を再逮捕することが認められています。
その後、時計がリセットされ、さらに20日間の尋問が始まります。

 

これがCarlos Ghosnに2回起こりました。全体として、彼は53日間尋問され、正式に起訴されました。

 

多くの国では、正式な起訴で容疑者が保釈されます。
しかし、カルロス・ゴーンの身に起きたように、日本ではそうではありません。

 

ゴーン氏は最終的に家族と話すことを許可されました-1日15分間、ガラス窓を通して。

 

客観的にみて、ゴーンの申し立てられた不正行為は、
日本で日常的に見過ごされている企業の不正行為ほど深刻ではありませんでした。

 

たとえ彼が彼に対する罪で無実であると判断されたとしても、検察庁はその判決を覆すように単に高等法院に訴えるだけです。
それは、多くの日本の犯罪容疑者が告白するもう一つの理由であります。

 

引用:https://www.bbc.com/news/world-asia-47113189

 

もっと詳しく知るには・・・
BBC(英国):https://www.bbc.com/news/world-asia-47113189

Pocket