Pocket

Hey, and welcome to Connect!
Today, we’re going to talk about the metaverse.
I want to share what we imagine is possible,
the experiences you’ll have, the creative economy we’ll all build,
and the technology that needs to be invented,
as well as how we’re going to all do this together.
The basic story of technology in our lifetimes
is that it’s given us the power to express ourselves
and experience the world with ever greater richness.
Back when I started Facebook,
that mostly meant text that we typed on computers.
Then we got phones with cameras and the internet became much more visual.
And recently, as connections got faster,
video has become the main way that we experience content.
We’ve gone from desktop to web to phones.
From text to photos to video.
But this isn’t the end of the line.
The next platform and medium will be even more immersive,
an embodied internet where you’re in the experience,
not just looking at it.
And we call this the metaverse.
You’ll be able to do almost anything you can imagine,
get together with friends and family, work, learn, play, shop, create,
as well as entirely new categories
that don’t really fit how we think about computers or phones today.
Now, since we’re doing this remotely today,
I figured let’s make it special.
So we’ve put together something
that I think is really give you a feeling for what the future could be like.
We believe the metaverse
will be the successor to the mobile internet.
We’ll be able to feel present,
like we’re right there with people, no matter how far apart we actually are.
We’ll be able to express ourselves in new, joyful, completely immersive ways.
And that’s going to unlock a lot of amazing new experiences.
When I send my parents a video of my kids,
they’ll feel like they’re in the moment with us,
not peering in through a little window.
When you play a game with friends,
you’ll feel like you’re right there together in a different world,
not just on your computer by yourself.
And when you’re in a meeting in the metaverse,
it’ll feel like you’re right in the room together,
making eye contact, having a shared sense of space,
and not looking at a grid of faces on a screen.
That’s what we mean by an embodied internet.
Instead of looking at a screen,
you’re going to be in these experiences.
Everything we do online today,
connecting socially, entertainment, games, work,
is going to be more natural and vivid.
This isn’t about spending more time on screens.
It’s about making the time that we already spend better.
Screens just can’t convey the full range
of human expression and connection.
They can’t deliver that deep feeling of presence.
But the next version of the internet can.
That’s what we should be working towards,
technology that’s built around people,
and how we actually experience the world and interact with each other.
That’s what the metaverse is all about.
The best way to understand the metaverse is to experience it yourself.
But it’s tough, because it doesn’t fully exist yet.
Some of the basic building blocks are here though,
and others are emerging as we speak.
We’re starting to get a sense of how it could come together
and what it could feel like.
So, today we’re going to do something a little bit different.
Rather than just focusing on this year’s products,
like a normal keynote,
we’re going to talk about the future.
So let’s start by exploring
what different kinds of metaverse experiences could feel like,
starting with the most important of all,
connecting with people.
Imagine you put on your glasses or headset
and you’re instantly in your home space.
It has parts of your physical home recreated virtually.
It has things that are only possible virtually.
And it has an incredibly inspiring view
of whatever you find most beautiful.
Hey. Are you coming?
Yeah, just gotta find something to wear.
All right. Perfect.
Oh, boy! Hey, Mark.
Hey, what’s going on?
Hi. What’s up, Mark.
We’re floating in space?
Who made this place? It’s awesome.
Right? It’s from a creator I met in LA.
This place is amazing.
-Boz, is that you? -Of course, it’s me.
You know I had to do the robot, man.
I thought I was supposed to be the robot.
I knew you were bluffing.
Hey, wait. Where is Naomi?
-Let’s call her. -Yes. Naomi!
-Hey, should we deal you in? -Hey.
Sorry, I’m running late, but see what we’re checking out.
There’s this artist going around Soho
hiding AR pieces for people to find.
3D street art, that’s cool.
Send that link over so we can all look at it.
-This is stunning. -That is something.
-It’s awesome. -I love the movement.
Wait, it’s disappearing.
This is amazing.
Hold on, I’ll tip the artist and they’ll extend it.
-Wow, brilliant. -Did you guys like it here?
I have another one that you’re gonna love. Check out this forest room.
Come on, let’s see it.
Koi fish that fly? That’s new.
This is wild.
Hey, one sec, Boz. It’s Priscilla.
Hey, you have to see this. Beast is going crazy.
Oh, I love that guy.
We’ve got to show that to the kids.
Can you also send that to my dad?
I’ll message him.
All right, see you at home.
This place is great, Boz, but there’s something I got to get back to.
All right, so that’s a glimpse of a few ways
that we’re gonna be able to get together and socialize in the metaverse.
It’s a ways off, but you can start to see
some of the fundamental building blocks take shape.
First, the feeling of presence.
This is the defining quality of the metaverse.
You’re going to really feel like you’re there with other people.
You’ll see their facial expressions, their body language,
maybe figure out if they’re actually holding a winning hand,
all the subtle ways we communicate
that today’s technology today can’t quite deliver.
Next, there are avatars,
and that’s how we’re going to represent ourselves in the metaverse.
Avatars will be as common as profile pictures are today,
but instead of a static image,
they’re going to be living 3D representations of you,
your expressions, your gestures,
that are going to make interactions much richer
than anything that’s possible online today.
You’ll probably have a photo-realistic avatar for work,
a stylized one for hanging out,
and maybe even a fantasy one for gaming.
You’re gonna have a wardrobe of virtual clothes for different occasions,
designed by different creators and from different apps and experiences.
Importantly, you should be able to bring your avatar and digital items
across different apps and experiences in the metaverse.
Beyond avatars, there’s your home space.
You’ll be able to design it to look the way you want,
maybe put up your own pictures and videos, and store your digital goods.
You’ll be able to invite people over, play games, and hang out.
You’ll have a home office where you can work.
Your home is your personal space
from which you can teleport to anywhere you want.
Now, speaking of teleporting,
there are going to be all kinds of different spaces that people make,
rooms like we just saw,
but also games and whole worlds
that you can teleport in and out of whenever you want.
Teleporting around the metaverse
is going to be like clicking a link on the internet, it’s an open standard.
In order to unlock the potential of the metaverse,
there needs to be interoperability.
That goes beyond just taking your avatar
and digital items across different apps and experiences,
which we’re already building an API to support.
You want to know that when you buy something or create something,
that your items will be useful in a lot of contexts
and you’re not going to be locked into one world or platform.
You want to know that you own your items, not a platform.
This is going to require not just technical work,
like some of the important projects that are going on
around crypto and NFTs in the community now,
it’s also going to take ecosystem building,
norm setting, and new forms of governance,
and this is something that we’re really going to focus on.
Privacy and safety need to be built into the metaverse from day one.
You’ll get to decide when you want to be with other people,
block someone from appearing in your space,
or when you want to take a break
and teleport to a private bubble to be alone.
You’re going to be able to bring things
from the physical world into the metaverse,
almost any type of media that can be represented digitally,
photos, videos, art, music, movies, books, games, you name it.
Lots of things that are physical today, like screens,
will just be able to be holograms in the future.
You won’t need a physical TV,
it’ll just be a $1 hologram
from some high school kid halfway across the world.
And you’ll be able to take your items and project them into the physical world
as holograms in augmented reality too.
You’re going to be able to move across these different experiences
on all kinds of different devices,
sometimes using virtual reality so you’re fully immersed,
sometimes using augmented reality glasses
so you can be present in the physical world as well,
and sometimes on a computer or phone
so you can quickly jump into the metaverse from existing platforms.
There will be new ways of interacting with devices
that are much more natural.
Instead of typing or tapping, you’re gonna be able to gesture with your hands,
say a few words, or even make things happen just by thinking about them.
Your devices won’t be the focal point of your attention anymore.
Instead of getting in the way,
they’re gonna give you a sense of presence
in new experiences that you’re having and the people who you’re with.
These are some of the basic concepts for the metaverse.
And while this may sound like science fiction,
we’re starting to see a lot of these technologies coming together.
In the next 5-10 years, a lot of this is going to be mainstream,
and a lot of us will be creating and inhabiting worlds
that are as detailed and convincing as this one on a daily basis.
So even though it’s still a long way off,
we’re starting to work on some of these foundational concepts today.
Horizon is the social platform that we’re building
for people to create and interact in the metaverse.
One part of this is Horizon Home,
which is our early vision for a home space in the metaverse.
Horizon Home is the first thing that you’ll see
when you put on your Quest headset.
Today there are already a bunch of options to choose from,
and in the future, anyone will be able to create one.
We’ve just called it Home until now
because it’s been missing something very important, people.
Soon, we’re going to be introducing a social version of Home,
where you can invite your friends to join you as avatars.
You’ll be able to hang out, watch videos together,
and jump into apps together.
Then there is Horizon Worlds,
which is where you can build worlds and jump into them with people.
Horizon is designed to make it possible for everyone to create,
and we’re already seeing people build some interesting experiences,
from creating new games together to throwing surprise parties in VR
that family and friends around the world can join.
We started rolling out Horizon Worlds in beta last year,
and we’re adding more people and more worlds every day.
And we just launched Horizon Workrooms earlier this year for collaboration.
Beyond Horizon, we’re also making it easier
to communicate with your friends across different layers of reality.
This year, we’re bringing Messenger calls to virtual reality.
You’ll be able to invite your friends to a Messenger call
and soon you’ll be able to go explore somewhere together or join a game.
These are the kind o tools that need to get built
so that you can jump into the metaverse with your friends from anywhere.
And they’re going to unlock some unique experiences.
Now, let’s move on
from some of these basic concepts and people just connecting,
to a completely different set of experiences
around entertainment and gaming.
Imagine your best friend is at a concert somewhere across the world.
What if you could be there with her?
-Yo. -You’re here!
Oh, yeah.
METAVERSE AFTERPARTY FREE PASSES
Afterparty passes?
-Yes. -Yes.
Jumping in now.
What if there was an afterparty that anyone could go to
no matter where they were?
This is wild.
Hey, check this out.
Charity auction happening.
There’s swag!
And when you go to the afterparty, you could connect with other fans.
Hear new versions of your favorite songs.
And check out the merch that just dropped.
Ooh, I like that.
Well, now you’ve got to get it.
You can start to see how the metaverse is going to enable richer experiences,
by letting us add new layers to the world that we can interact with.
Creators and artists are going to able to connect to their audiences in new ways,
and really bring them into these shared experiences.
Now there’s a lot that needs to get built to create experiences like this,
but we’re working on some of these pieces right now with Spark AR.
First, we’re building tools that creators can use
to place digital objects into the physical world,
for people to interact with.
And, rather than just simple visual effects,
new creator capabilities will support 3D objects,
that can respond and react realistically.
Including a realistic sense of depth and occlusion.
In the next year, we’re also adding the ability for creators to connect
different physical locations into cohesive augmented reality storytelling experiences
like guided tours or scavenger hunts.
We’re also building a Horizon marketplace
where creators can sell and share 3D digital items.
And our hope is that this will enable a lot more commerce,
and help grow the overall metaverse economy.
Because at the end of the day, it is really the creators and developers,
who were going to build the metaverse and make this real.
And to make sure there’s an ecosystem,
that can sustain hundreds of thousands of people working on this,
which is what we’re going to need to bring this to life,
then it’s critical that creators and developers,
can make a good living, doing this work.
Now,
if you asked people today what they thought the metaverse was,
a lot of people would probably say it was a Spiderman movie
But the people who actually follow the space
would say it’s about gaming.
And that’s because gaming provides many of the most immersive experiences.
And it is the biggest entertainment industry by far.
Gaming in the metaverse is going to span
from immersive experiences in fantasy worlds,
to bring simple games into our everyday lives through holograms.
Maybe you’ll play old games in new ways.
So, Barcelona, huh?
Well, it’s not New York, but I like it…
New York misses you.
What’s that?
I said, Let me put my game face on so I can beat you.
Oh! Okay, check.
I got to try another game face next time.
Maybe you’ll go head to head with players from around the world.
Lucky shot!
Some call it skill.
Keep talking!
Or maybe you’ll do things that aren’t even possible in gaming today.
Hey, Mark. Down for a VR Foiling session?
Now, this is more my style.
Classic look. All right.
Nice. Oh, nice choice, Mark.
Ready to shred.
Okay, here we go.
Hang in there, Mark.
-That’s not good. -Hit this section. Boom!
All right, backflip.
-I’ve got an idea. -Where you’re going?
-Got a pump it to jump it. -What?
I didn’t know that was an option.
All right, you’re not gonna catch me now. Take that, unicorn.
-Tube City. -God, you’re out of control.
Don’t worry, I’ll let you win next time. All good.
Well, that was a close one.
-You want to go again? -Maybe later.
I’m gonna need a lot more sunscreen though.
Man!
Well,
gaming is how people are going to step into the metaverse
for the first time.
It already has some of the most fully built-out digital goods,
the most active creator and developer communities.
And major platforms like Epic are working to build up the metaverse,
starting with gaming.
For our part, we’re heavily investing in building a healthy VR and AR ecosystem,
so the game studios can keep building and gaming creators can keep creating.
Now, Deb, from our studios team is joining me.
Deb, take us through some exciting games in the pipeline for Quest?
Absolutely.
Over the years, we’ve had the opportunity to work with incredible developers
like Vertigo Games.
The studio behind fan-favorite, Arizona Sunshine.
I love Arizona Sunshine.
That game basically got me and my friends,
through the first months of the pandemic.
That’s awesome.
If you enjoyed that, Mark,
you’ll be excited that we’re partnering with Vertigo,
on five more great games from Deep Silver and others.
We’ll share more about this line up very soon.
Nice. What else is coming?
Well, the metaverse is constantly evolving.
So one of the most important aspects will be live-service games,
that launch updates and new downloadable content regularly,
like Echo VR, Beat Saber, Onward, Pistol Whip and more.
We’re focused on this a lot right now,
making sure games can build-out active communities.
-Beat Saber has a passionate community. -I love Beat Saber.
So do I and Beat Saber just passed a 100 million dollars
in lifetime revenue on Quest alone.
It’s a great example of a game that keeps releasing fresh content.
They’ve actually been working on evolving the way you interact
with the tracks and feel the music.
Also, the team has been working on something really cool.
Check this out.
I can’t wait to play this.
And they keep partnering with incredible artists
to release new music packs all the time.
Did you play the Billie Eilish music pack last month?
A little more than I should.
I probably should have been working on this metaverse presentation.
Well, they have a great lineup of artists for 2022.
And there’s one more epic surprise before the end of the year.
So stay tuned.
Okay? Have you played POPULATION: ONE?
-I mean, yeah, I love the game so much. -Well, for those who haven’t.
POPULATION: ONE is a thrilling battle royale that is only possible in VR.
Since its launch at Connect last year,
it has become one of the highest earning games on Quest,
and the biggest multiplayer FPS on the platform.
You can have up to 24 people in at once for a match.
We’re super excited to keep launching big updates,
like an all-new Autumn event later in November,
and a Winter Wonderland Update in December.
Okay, here’s something I know our community has been waiting for.
-Lay it on us. -All right.
This is a title from the WarpFrog team.
This is the team that set the standard for VR combat physics,
when it launched on Rift in 2019.
That’s right, Blade and Sorcery: NOMAD.
The built-for-VR medieval fantasy sandbox,
that pairs magic with melee, is launching on Quest later this year.
For more gaming updates, look out for the 2022 Oculus Gaming Showcase.
It’s going to be loaded with news you won’t want to miss.
But Mark, I believe you have some news for us as well.
Yeah, you know, I have to say.
It’s really impressive to see this line-up come together over the last few years,
but there’s one project that I’m really looking forward to.
Yeah, this is one of the all-time greats,
and we’ve been working for years to bring it to Quest.
I’m excited to announce that the Rockstar Games’ classic,
Grand Theft Auto: San Andreas is in development for Quest 2.
This new version of what I think is one of the greatest games ever made
will offer players an entirely new way to experience this iconic open world
in Virtual Reality.
That’s it, Mark.
I’m moving to the metaverse.
Right, thanks, Deb. It’s gonna be amazing.
Now, a lot of the most interesting games out there
take advantage of how you can move around physically.
Being able to look anywhere, move freely.
It’s just a fundamentally different experience from staring at a screen.
This quality of being physically embodied,
and able to interact with the world and move around inside it.
Now, that opens up some completely new experiences
that didn’t really make sense before on 2D phones or computers.
And one example that we’re seeing take off is fitness.
And speaking of that, I think it’s time for my workout
A lot of you are already using Quest to stay fit
It lets you work out in some completely new ways.
It’s kind of like Peloton, but instead of a bike,
you just have your VR headset and with it you can do anything,
from boxing lessons to sword fighting to even dancing.
You’ll be able to work out in new worlds.
Even against an AI.
Maybe you’ll get some friends together for some three-on-three.
Maybe play pickup with people on the other side of the world
Or imagine your Facebook cycling group does an AR charity ride.
-Let’s go! -Complete with a leaderboard.
Maybe you’ll even train with the best, like you’re right there.
Like Lee Kiefer, Olympic gold medalist!
On guard. Fence.
-Don’t be scared to stab. -All right.
You seem like a natural.
Woah!
All right, that’s a little too realistic.
-See you later, Lee. That was fun. -Good job, Mark.
And that’s what fitness will be like in the metaverse.
Now, I think we’re going to see a lot more unique experiences
emerging around fitness that take advantage
of the full immersion and interactive training.
Speaking of which, Supernatural just added boxing to its lineup
FitXR has new fitness studios coming next year
And Player 22 by Rezzil, which is currently used by pro athletes,
is adding guided and hand-tracked bodyweight exercises soon.
We’re making a fitness accessories pack that makes Quest 2 more comfortable,
with controller grips for when things get a bit intense,
and a facial interface that you can wipe the sweat off,
making your sessions more comfortable.
And that’s all coming next year.
But enough with the fun and games.
It’s time for everyone’s favorite – Work.
Over the last year and a half, a lot of us who work in offices have gone remote.
And while I miss seeing the people I work with,
I think remote work is here to stay for a lot of people.
So we’re going to need better tools to work together.
Let’s take a look at what working in the metaverse will be like.
Imagine if you could be at the office without the commute.
You would still have that sense of presence.
Shared physical space.
Those chance interactions that make your day.
All accessible from anywhere.
Now, imagine that you have your perfect work setup,
and you could do more than you could in your regular work setup.
And on top of all that, you can keep wearing your favorite sweat pants.
Looking good.
Let’s get together real quick for a debrief.
I’m free now. Let’s jump in.
-Hi! -Hey!
So what do we think?
I think it’s ready.
Great.
I’ll prep it for the presentation.
All right. Good luck.
Imagine a space where you can tune out distractions,
and focus on the task at hand.
And when you’re ready to share what you’re working on,
you can present it as if you’re right there with the team.
Wait, where’s Mark?
I think he’s in the middle of something.
You can already see some of these elements in Horizon Workrooms,
which we launched a couple of months ago.
Later this year, we plan to introduce room customization.
so you can put your own logos and posters in your workrooms.
We’re also introducing a new office space in Horizon Home
for when you want your perfect workspace
to do some focused work
or just cross a few things off your to-do list.
We’re also announcing 2D Progressive Web Apps
for the Quest Store,
and as a new developer framework so they’re easier to build.
So you can drop in and check on a work project
while you’re in VR using services like Dropbox and Slack,
or stay connected with Facebook and Instagram.
This starts bringing more of your 2D internet services into the metaverse.
And as we’ve focused more on work,
and frankly as we’ve heard your feedback more broadly,
we’re working on making it
so you can log into Quest
with an account other than your personal Facebook account.
We’re starting to test support for Work Accounts soon.
And we’re working on making a broader shift here within the next year.
I know this is a big deal for a lot of people.
Not everyone wants their social media profile
linked to all these other experiences.
I get that,
especially as the metaverse expands.
I’ll share more about that later.
I’m genuinely optimistic
about work in the metaverse.
We know from the last couple of years
that a lot of people can effectively work from anywhere.
But hybrid is gonna be a lot more complex,
when some people are together and others are still remote.
Giving everyone the tools to be present
no matter where they are,
whether as a hologram sitting next to you in a physical meeting,
or in a discussion taking place in the metaverse,
that’s gonna be a game changer.
I think this could be very positive for our society and economy.
Giving people access to jobs in more places,
no matter where they live,
will be a big deal for spreading opportunity to more people.
Dropping our daily commutes
will mean less time stuck in traffic,
more time doing things that matter,
and it’ll be good for the environment.
Actually, if you travel for work
and working in the metaverse means that you just take
one less flight each year,
that’s better than almost anything else that you can do for the environment.
I think working in the metaverse
is going to feel like a huge step forward.
And these dynamics,
like the ability to teleport places with people,
and interact around shared projects in virtual space,
they’re going to be valuable
in a lot of other categories of experiences too.
So now, Marne, our Chief Business Officer,
is going to take us through some of them.
Thanks, Mark. We’ll see you in a minute!
What if you could learn about anything in the world
just by bringing it closer to you?
So we’re going to have an astrophysicist in the family.
Actually, I have to write this paper.
Will you help me?
Let’s take a closer look.
What part of the solar system are we talking about?
Saturn.
If you were taking astrophysics, you could study in the metaverse.
Did you know
the rings are made up of billions of icy particles?
-Really? -Look at this.
You ready to do that paper now, right?
Yeah.
In the metaverse,
you’ll be able to teleport not just to any place,
but any time as well.
Ancient Rome.
Imagine standing on the streets,
hearing the sounds, visiting the markets,
to get a sense of the rhythm of life over 2,000 years ago.
Imagine learning how the Forum was built
by actually seeing the Forum get built,
right in front of you.
Hi everyone! I’m Marne Levine.
In the metaverse,
learning won’t feel anything like the way we’ve learned before.
With a headset or glasses,
you’ll be able to pull up schematics for your studying,
or maybe even the service manual for a vehicle you’re learning to repair.
Let’s say you’re a med student or a doctor.
With apps like Osso VR,
you can learn new techniques in surgery firsthand,
practicing until you get it right.
Or if you’re studying earth science,
you could swim through the Great Barrier Reef.
Get up close to Earth’s mightiest insects
with your instructor, David Attenborough,
whose VR documentary is playing now on Oculus TV.
This is a world of intrigue,
a world of wonder,
a secret world hidden to the human eye.
Explore the extraordinary world of Micro Monsters 3D
with me, David Attenborough.
This is just one of the ways we’re going to learn in the future.
But in order to get there,
we’re going to need to help build the skillsets
of the people who build these experiences.
So we’re setting aside $150 million
to train the next generation of creators
to build immersive learning content
and increase access to devices.
And to help more creators make a living
building AR effects using Spark AR,
we’re going to establish a professional curriculum
and certification process,
make it easier to monetize,
and put our Spark AR curriculum on Coursera and EdX.
Thanks, Marne.
So that’s a glimpse of the kinds of experiences
that you might have in the metaverse.
From connecting with friends,
to gaming and entertainment,
to work and education, and creation, and commerce.
Now let’s talk about how creators and developers
are going to build all of this,
and about the economy that we all need to create.
The last few years
have been humbling for me and our company in a lot of ways.
One of the main lessons that I’ve learned
is that building products isn’t enough.
We also need to help build ecosystems
so that millions of people can have a stake in the future,
can be rewarded for their work,
and benefit as the tide rises,
not just as consumers
but as creators and developers.
But this period has also been humbling
because as big of a company as we are,
we’ve also learned what it is like
to build for other platforms.
And living under their rules
has profoundly shaped my views on the tech industry.
Most of all,
I’ve come to believe
that the lack of choice and high fees are stifling innovation,
stopping people from building new things,
and holding back the entire internet economy.
We’ve tried to take a different approach.
We want to serve as many people as possible,
which means working to make our services cost less, not more.
Our mobile apps are free.
Our ads business model is an auction,
which guarantees every business the most competitive price possible.
We offer our creator and commerce tools
either at cost or with modest fees
to enable as much creation and commerce as possible.
And it’s worked.
Billions of people love our products,
we have hundreds of millions of businesses on our platform,
and we have a rapidly growing ecosystem and a thriving business.
That’s the approach that we want to take to help build the metaverse, too.
We plan to continue to either
subsidize our devices or sell them at cost
to make them available to more people.
We’ll continue supporting sideloading and linking to PCs
so consumers and developers have choice,
rather than forcing them to use the Quest Store
to find apps or reach customers.
We’ll aim to offer developer and creator services
with low fees in as many cases as possible
so we can maximize the overall creator economy
while recognizing that to keep investing in this future,
we’ll need to keep some fees higher
for some period
to make sure we don’t lose too much money on this program, overall.
After all, while a growing number of developers are already profitable,
we expect to invest many billions of dollars for years to come
before the metaverse reaches scale.
Our hope, though,
is that if we all work at it,
that within the next decade the metaverse will reach a billion people,
host hundreds of billions of dollars of digital commerce,
and support jobs
for millions of creators and developers.
We’ll try to lay out
how some of this commerce model will work,
but I also want to be upfront about the fact that
there’s a ton that we just don’t know yet.
What I can tell you, though,
is that we’re fully committed to this.
It is the next chapter of our work
and we believe for the internet overall.
And our strategy and track record show
that we will do everything we believe is sustainable
to grow the community,
the creator economy, and the developer ecosystem.
And to tell us more about all of that,
here’s Vishal, our Head of metaverse products.
Thanks, Mark.
As you said, our approach is to serve as many people,
creators, and businesses as we can
by keeping fees as low as possible and offering choice.
As a company, we have been investing
in Commerce and Creators for many years,
but let me take a moment and explain how this will come to life in the metaverse.
For people, the metaverse will offer more choice than we’ve ever seen before.
And most importantly,
there’ll be a real sense of continuity
where the things you buy are always available to you.
Today, much of what you buy on the Internet
is inside a single app, website, or game.
You might buy a custom skin for your gaming avatar,
but you can’t take it with you when you move to a new space.
In the physical world,
that would be the equivalent of buying your favorite sports team’s jersey
and never being able to wear it outside of the stadium.
In the future, you’ll be able to buy digital clothes for your avatar
and then wear them into the metaverse more broadly.
For creators, our goal is to provide a way
for as many creators as possible to build a business in the metaverse.
One thing we’ve learned from today’s digital platforms
is that we can’t artificially limit innovation.
We need to enable as many different types of creators as possible
to unlock the best ideas.
There will be many kinds of creators in the metaverse.
Creators who make digital objects,
creators who offer services and experiences,
and those who build entire worlds like game creators do today.
We also want creators to have the biggest possible audiences.
If a creator designs a signature effect to surround avatars,
their fans should be able to buy it
and then visit different spaces to show it off to their friends.
Frankly, if a creator builds any experience,
all of their fans should be able to enjoy it.
Businesses will be creators too,
building out digital spaces or even digital worlds.
They’ll sell both physical and digital goods,
as well as experiences and services.
And they’ll be able to use ads
to ensure the right customers find what they have created.
Speaking of buying things,
we’re also exploring new types of ownership models and entitlements,
to ensure people feel confident that they actually own something.
This will make it easier for people to sell
limited-edition digital objects like NFTs,
display them in their digital spaces,
and even resell them to the next person securely.
In short, the metaverse will remove
many of the physical constraints we see on commerce today
and make entirely new businesses possible.
While this is very exciting,
the metaverse is all about co-creating.
We’re building this together with creators,
developers, and entrepreneurs.
So today I’ve asked Jackie Aina to join me
to start a conversation about what might be possible.
Jackie is a beauty creator
who launched her own lifestyle brand on Instagram called @forvrmood,
where she sells candles with scents like ‘cuffing season’
and partners with major brands on makeup drops.
So let’s meet Jackie in her space.
Here we are in this digital space,
totally inspired by you and all the things that you love.
Jackie, I’ve been such a big fan of yours for such a long time.
Tell me a bit about how you got started in social media.
So rewind back to 2009.
As it pertains to beauty,
I would go to a makeup counter or go make up shopping,
and I always felt rejected, always felt othered.
So I got so frustrated that eventually I was like,
you know what? Not only am I gonna not listen to them,
but I’m gonna show other people how I’m making it work with my skin tone, too.
How did you go from creating content, creating videos,
to a product?
You have a brand called Forvr Mood,
it’s huge on Instagram, Instagram Shopping.
So Forvr Mood was
not only a bit of a love letter to me and my relationship with my mom.
That’s how we bond,
it was through fragrance ever since childhood.
It’s been doing amazing and we’ve been getting a lot of support.
Jackie, this space is pretty magical.
And I know it kind of reflects the stuff you love.
Tell me a bit about what you love and why this represents you.
Okay. So first thing, color is everything.
I love pastels.
You can see it in the brand,
you can see it a lot of times in what I wear.
With the metaverse,
when we’re curating collections or brainstorming,
this would be a great way to gather us all together
and create atmospheres and environments and moods
to enhance creativity.
And then if I can invite people, it would be like inviting them in my home.
It’d be like bringing them into a piece of me.
So I would want them to feel
some of the things I feel when I step into my house
or when I light my candles.
Interacting with people in comments
and having a conversation is a way to
get your fan excited about interacting with you,
but also you feel like you get…
I get excited too. Yeah.
So this idea of reaching into the comments section
and pulling a fan in and having a conversation,
-is pretty powerful. -I love that.
And it humanizes
that person on the other end of that of that comment.
There’s an interesting opportunity
to think about how we build community
and how we engage with our fans in a really deep way,
as opposed to just through a comment box.
Imagine, for your biggest fans, you could have an exclusive launch party
where anyone could visit no matter where they were in the world.
I love that
because, when we first launched the brand, everything was shut down.
Obviously, quarantine. Couldn’t go anywhere,
and I have this idea of doing, like, pop-ups for Forvr Mood
where we would have a room inspired by each scent.
And now, anyone from anywhere in the world
come and feel what you just described, and have that feeling,
have that sense, really get into that mood.
Also, you have your greatest fans, people that care a lot about you.
You will need to reach new customers,
use advertising to keep growing your business.
You could also drop an exclusive product in the metaverse
where, only available to your your most ardent fans
who paid a special access to get that product.
That’s dope.
Commerce is going to be a big part of metaverse.
You’ll be able to sell both digital and physical products.
The Butterfly Effect transports us to someplace magical.
So beautiful.
So, Jackie, as we walk through this amazing world,
what does the metaverse mean to you?
I just feel like this is like endless possibilities of my imagination.
I can’t even begin to imagine how meaningful the metaverse will be,
thanks to creators like you.
There’s a lot here to be excited about.
Just like the internet today, more people are going to have the freedom
to find a business model that works for them,
whether that’s custom work, tipping, subscriptions, ads,
or other monetization tools that may only make sense in the metaverse.
Now, think about how many people make a living on the internet today.
How many of those jobs just didn’t even exist a few years ago?
I expect that the metaverse is going to open up
lots of opportunities for people in the exact same way.
Now, we have confidence in this general direction,
and we’re investing significantly in building for this future.
But the reality is that no one knows
exactly which models are going to work and make this sustainable.
So we’re going to approach this with humility and openness,
and we’re going to work with anyone whose efforts
will help bring the metaverse to life.
Now, Boz is going to join us to talk about
what people are already building for the metaverse
and what kinds of tools we can create to help out.
Hey, Boz. Still kind of jealous of your robot avatar.
You got to have the robot when you’re working your dance moves, right?
I mean, of course.
Look, Mark, we’ve been working on Facebook Reality Labs for a long time,
but we always kept the same vision, which is, we wanna build tools
that help people feel connected, anytime, anywhere.
And that vision’s what drives us today.
To help people get together in virtual spaces.
We’ve come a long way since the early days of VR,
thanks to the developers and the creators
who see the potential to entertain and educate.
But we still have a lot farther to go.
So, to keep the pace of innovation moving faster and empower more use cases,
we do have a few exciting announcements.
Today, we’re introducing the Presence Platform,
which is a broad range of machine perception
and AI capabilities that empower developers
to build mixed-reality experiences. on Quest 2.
Tell us more about the Presence Platform.
We’ve said before that realistic presence
is the key to feeling connected in the metaverse.
And the Presence Platform’s capabilities
are what’s gonna deliver on that promise.
Things like environmental understanding, content placement and persistence,
voice interaction, standardized hand interactions.
In fact, let’s start with hands.
I mean, the human hand is an engineering marvel.
And bringing hands into VR was no easy feat.
It required a lot of collaboration against product, design, research.
And we continue to improve that product,
finding new ways to navigate with gestures and interact with VR.
So, today, we’re introducing the Interaction SDK.
A library of modular components that’ll make it easy to add
hand interactions to your apps.
That’s pretty exciting.
Yeah, we really think this is gonna help people accelerate the build time
for new and existing titles that allow people to use their hands
more naturally in more virtual experiences.
Now, in addition to hands, there’s another exciting interaction space for VR.
That’s your voice.
The Voice SDK lets developers integrate voice input
into their games and apps so they can create new gameplay and navigation.
So, soon, you’ll be able to jump into a FitXR workout,
and shake up your routine just by saying, “Surprise me.”
Yeah, I’ve tried this one before.
-This one’s really tough. -Me, too. It is.
Since we launched the Passthrough API,
we’ve already seen breakthrough experiments from developers
that blend the virtual and the real world.
Soon, with our next SDK release, developers will be able
to ship their mixed reality apps on the Oculus Store and in App Lab.
Now, of course, access to Passthrough by itself is not enough.
To achieve that rich mixed reality experience,
apps also need to be aware of things in the room
and, you know, blend the virtual objects
with the physical environment around them so they coexist in the same space.
So, developers wanna be able to place
persistent world-locked content like animated holograms
or your Instagram feed in your real space.
And tools like spatial anchors, see-and-understand capabilities
will help make these mixed reality experiences feel seamless.
Now, I’d gladly nerd out with you
-on the technical details of this. -I know.
But I think it’s better to show you.
Load The World Beyond.
This is Oppy.
Oppy, come, come on, Oppy.
Who’s a good, persistent-state virtual object
laid on an interactive pass-through environment?
Oh, you are. Yes, you are.
Oppy, sit.
Pets in the metaverse.
Just as stubborn as they are in the physical world.
You know, Boz, I always really wanted a forest in my living room.
-Did you? -Not really.
I’m looking forward to how developers are gonna be able to build
a new generation of mixed reality experiences on Quest 2.
And it also gives us a glimpse of the kind of worlds
that people are gonna be able to build.
Let’s talk about augmented reality.
With Spark, we really focused on those use cases
that allow people to stay engaged with the world around them,
but also stay connected to the people not around.
Creators are really leading the way here.
We’re doing everything we can to support them
with our know-how, with resources, and, of course, with tools.
And for more on that,
I’d like to say hi to Sue, the product director
at Facebook Reality Labs and the head of Spark AR.
Thanks, guys.
Spark AR is focused on building AR experiences
that empower people to be more connected,
and at the same time, more present with the world around them.
Creators are helping us build these experiences of today,
while exploring the possibilities of tomorrow.
Fundamentally, we’re democratizing AR creation
and enabling a global community with the tools and knowledge necessary.
to develop the AR content and experiences that people love to use…
programs like AR Curriculum,
and world-over 22,000 creators in less than a year,
and we’re adding additional programming to support more advanced creators.
The depth and breadth of content would not be possible without these creators.
In one week alone, you’ll see effects that bring moments like landing on Mars
or the launch of a new album to life,
all by tapping into everyone’s imaginations.
We’re also powering experiences across Facebook.
So, imagine playing that AR battleship game from your phone
with a friend in the metaverse on augmented call.
How cool, right?
Right now, we have over 600,000 creators in our community
with diverse needs and motivations for using AR,
to engage with their fans and audiences.
We know people, more than 700 million monthly,
across the Facebook family of apps, are already using AR a ton.
We see over 80 billion effects applied per month,
and we want to make it even easier for anyone to find their spark.
So, we created a tool, code named Polar that makes AR creation possible
for novice creators who have no prior experience
in art, 2D or 3D design, or programming.
Think, paint by numbers.
So, creators whose first love might be photography, video, or dance
can enhance their content for their own special effects.
And that’s an important piece of this vision and this community.
It’s open to anyone and everyone who’s curious.
And the metaverse is well positioned to be a strong digital economy
for creators from all walks of life.
This is primitive to a functioning metaverse.
And we want to make sure creators are ready to share their creativity
and capitalize on this emerging opportunity from day-one.
Thanks, Sue.
So, that’s some of the software platform
that needs to get built to deliver the metaverse.
But there are other important considerations here, too.
Hey, Nick.
Hey, Mark, I hope I’m not interrupting.
You got a sec? Have you got Oppy with you?
I think Oppy’s still in the virtual forest,
but I always have time for you. What’s going on?
I just love the presentation so far. It’s such visionary stuff.
But as you mentioned early on, with all big technological advances,
there are inevitably gonna be all sorts of challenges and uncertainties,
and I know you’ve talked about this a bit already,
but people want to know how we’re gonna do all this in a responsible way,
and especially that we play our part
in helping to keep people safe and protect their privacy online.
Yeah, that’s right. This is incredibly important.
The way I look at it is that, in the past, the speed that new technologies emerged
sometimes left policymakers and regulators playing catch up.
So, on the one hand,
companies get accused of charging ahead too quickly.
And on the other, tech people feel that progress can’t afford to wait
for the slower pace of regulation.
And I really think that it doesn’t have to be the case this time round
because we have years until the metaverse we envision is fully realized.
So, this is the start of the journey, not the end.
Like I said earlier, interoperability, open standards, privacy, and safety
need to be built into the metaverse from day-one.
And with all the novel technologies that are being developed,
everyone who’s building for the metaverse
should be focused on building responsibly from the beginning.
This is one of the lessons that I’ve internalized from the last five years.
It’s that you really want to emphasize these principles from the start.
So, at Connect last year, Boz outlined our Responsible Innovation Principles,
and the first one was, “Never surprise people.”
Right, and that means being transparent about how things work,
what data is collected, and how that data is used over time.
It also means giving people easy-to-use safety controls
as well as age guidance and parental controls
for when youngsters are using these products.
And we’re spending a lot of time talking with experts
and getting perspectives from outside the company
on what we’re building even before we build it.
And this is about designing for safety, and privacy, and inclusion
before the products even exist.
And one example is what we’re doing with Project Aria,
our research device that helps inform the AR glasses that were building.
We’re also funding external research on this.
You know, last year, we announced grants for research on the impact
of AR, VR, and smart devices on people who aren’t currently using them,
especially communities whose perspectives have often been overlooked,
as well as best practices for creating inclusive environments in virtual spaces.
And, this year, we’re opening up support for even more research
because we need those independent perspectives
to make sure that we’re living up
to another one of our principles, “Consider everyone.”
And that point is so important
because this is a collaborative exercise,
and in particular, we need to make sure
the human rights and civil rights communities are involved.
So, these technologies are built in a way that’s inclusive and empowering.
One of the advantages of starting right now
is that we can collaborate with people at the very early stages of development,
like what we’re doing through the new fund you announced a few weeks ago.
Yeah, the XR Programs and Research Fund.
It’s a two-year, $50 million investment in programs
and external research with organizations all over the world
like Howard University, Women in Immersive Tech, Africa No Filter,
and universities in Seoul, Hong Kong, and Singapore.
And this is crucial because, as we’ve said,
the metaverse isn’t something we’re building
so much as it’s something we’re building for.
Across the industry, we need to bring that same imagination
and commitment to building for interoperability,
openness, safety and privacy
as we do for all the other product aspects of the metaverse.
These have to be fundamental building blocks, just like the other
software and experiences that we’ve been talking about.
-Right. -All right. Thanks, Nick.
So, one thing that we haven’t talked about much yet
is the future of hardware that will help bring the metaverse to life.
We’re working on multiple new products to advance the state of the art,
unlock richer social interactions, and make it a lot easier to be productive.
That must be Angela, our head of VR devices.
-Hey, Angela. -Hey, Mark.
-Is that what I think it is? -I sure hope it is.
All right. Come on in.
So, what do you think is the most exciting thing
we’re working on right now?
That’s hard to say, you know, with such an exciting pipeline.
But next year, we are releasing a new product
that’ll push the boundaries of VR even further.
We’ve codenamed it Project Cambria.
So this isn’t the next Quest. It’s gonna be compatible with Quest.
But Cambria will be a completely new advanced and high-end product
and it’ll be at the higher end of the price spectrum too.
Our plan is to keep building out this product line
to release our most advanced technology.
before we can hit the price points that we target with Quest.
All right. So, let’s talk about some of the new advances here.
Yeah, sure. There’s a ton of new tech going into Cambria.
For example, your avatar will be able to make natural eye contact
and reflect your facial expressions in real time.
This way, people you’re interacting with
will have a real sense of how you’re actually feeling.
It does mean building more sensors into a form factor
that’s comfortable to wear for a while.
And because we want VR to be for everyone, we also have to make sure
avatars represent a diverse set of human facial features and skin tones,
as well as paying attention to things like glasses and beards
that may get in the way of some sensors.
So, that’s going to be a big step forward for social presence.
And I’m really glad we’re focused on making it inclusive from the start.
Now, what about unlocking more mixed reality experiences?
I mean, imagine working at your virtual desk with multiple screens
while seeing your real desk so clearly
that you can pick up a pen and write notes without taking your headset off.
Or you’re doing a workout with a virtual instructor in your living room.
It’s going to be so cool.
We’re already seeing the potential for these kinds of experiences today
as people are building for our Passthrough API.
But with Cambria, we’ll be taking this to the next level
with high-resolution, colored mixed-reality passthrough.
We essentially combine an array of sensors with reconstruction algorithms
to represent your physical world in the headset
with a sense of depth and perspective.
Now, we’re still a ways away from exactly matching
what our eyes see in the physical world,
but we’re pretty encouraged by how far
we’ve been able to advance the passthrough experience.
Definitely, but we also need to push the visuals to the next level.
So, let’s talk about the progress that we’re making on optics.
Yeah, we’re pushing the limits of display technology
and form factor with something called pancake optics.
They essentially work by folding light several times over
to achieve a slimmer profile than current lenses.
Now with several optical layers,
we’ll need to precisely control every aspect of design
and fabrication to achieve that high-quality, artifact-free display
and really deliver the best optics ever in one of our headsets.
That’s pretty awesome. But let’s make sure that we leave
some of the good stuff for next year’s release too.
All right. Now, I’m excited to keep building out this new product line
over future generations, so we can keep getting our most advanced technology
into people’s hands even before we can get it
into our Quest product line.
That’s our goal. We’re starting to work with developers
to build experiences for Cambria as we speak
and we’re really looking forward to sharing so much more with y’all next year.
Sounds good.
Now, beyond virtual reality, we’re also focused on the hardware
to make true augmented reality possible.
In a lot of ways, augmented reality is even harder,
not just because we need to invent a completely new optical stack
that’s not based on screens,
but because we basically need to fit a supercomputer
into a pair of normal-looking glasses.
So we’re approaching this problem from two directions.
First, how much technology can we pack
into a pair of normal, great-looking glasses today?
And second, how do we take the long-term tech stack to do everything
and keep miniaturizing and improving it
until it fits into a pair of normal, good-looking glasses?
On the first path, last month, we launched Ray-Ban Stories,
our first smart glasses in partnership with EssilorLuxottica.
They’re not full AR glasses yet,
but they let you take pictures and videos, listen to music, and take phone calls
while you’re out looking at the world instead of down at your phone.
We built leading privacy features into the glasses,
like the LED light whenever you’re recording,
which phones don’t even have.
And we delivered this in the iconic Ray-Ban style for just $299.
These are all steps along the path to an embodied internet.
But the ultimate goal here is true augmented reality glasses.
We’ve been working on that too, and today, I want to show you
an experience that we’ve been working on for Project Nazaré,
which is the codename for our first full augmented reality glasses.
Here, you’ll see you’re chatting with friends on WhatsApp
and planning a game night.
You can select a game and then, as you walk over to your kitchen,
you can easily just put your game onto the table and you’re off.
That’s the kind of experience that augmented reality will unlock.
There’s a lot of technical work to get this form factor and experience right.
We have to fit hologram displays, projectors, batteries, radios,
custom silicon chips, cameras, speakers, sensors to map the world around you
and more into glasses that are about 5 millimeters thick.
We still have a ways to go with Nazaré, but we’re making good progress.
I’m excited about our future roadmap.
But even that’s still early in a journey that’s going to go on for decades.
Immersive all-day experiences will require a lot of novel technologies.
And for the last seven years,
our research team has been working on a broad array of technologies
that are necessary for these next-generation platforms.
Michael Abrash leads this team, and he’s going to join me
to talk about some of the future technology that we’re developing.
Hey, Michael. Do you want to take everyone through our roadmap?
Sure! That covers a lot of ground though.
It’s going to take about a dozen major technological breakthroughs
to get to the next generation metaverse,
and we’re working on all of them, displays, audio, input, haptics,
hand tracking, eye tracking, mixed reality, sensors, graphics,
computer vision, avatars, perceptual science, AI, and more.
You’re right. That’s a lot.
We probably only have time for a couple right now. You want to pick a few?
Well, I think the metaverse is really going to be
first and foremost about connecting people.
So, I’d say, let’s start with avatars.
Yeah, I agree.
The goal here is to have both realistic and stylized avatars
that create a deep feeling that we’re present with people.
Exactly. And we’ve shown Codec Avatars before.
Well, what can your face do? Can you show us?
Well, I’ve always hoped you would ask me that question.
And it’s a remarkable experience to see Codec Avatars in VR
and photorealistic avatars will be a huge breakthrough.
But they’re only part of the picture.
Yeah, because you’re not always going to want to exactly like yourself.
That’s why people shave their beards, dress up,
style their hair, put on makeup, or get tattoos and of course
you’ll be able to do all of that and more in metaverse.
So this next video shows how we’re making progress on part of that
with hair and skin rendering and relighting for 3D avatars.
She’s going from, first medical field– I think she was interested into…
Now, I want to point out this technology is still very definitely research,
but it shows the really high level of fidelity
that avatars are ultimately going to need to reach.
Notice that you can see the individual pores on his skin.
Now, clothing is another important way to express yourself
and whether you want to simulate your actual garments,
say, you make a call to your grand mom.
Or maybe you just want to be wearing a stylish blue Oxford shirt like me,
You’re going to need the ability to simulate clothing.
So, here’s an early look at hand-cloth interaction.
And you can see how the movement of the cloth,
when the hand touches and stretches it, is really remarkably accurate.
Now, to use your avatar
to teleport to a meeting or sit down for a chat in the metaverse,
you’ll also need realistic virtual spaces to be with people in.
So, let’s look at that.
Contrary to how this looks,
this is actually not a video of the physical world.
It’s a 3D reconstruction of a mock apartment,
which, I guess, just became clear when that bowl took off by itself.
Exactly.
So, what you can see here is that a researcher is moving around
various objects on the right,
and then on the left, you can see the high fidelity real time rendering
of the space and the moving objects on the left without the researcher.
So, what’s critical here is that this is all happening in real time.
That’s what’s novel here.
And that’s what differentiates it from CGI.
So, what we’ve seen so far is pretty awesome.
But we all know what we want.
We want the whole package. Full body avatar in a virtual environment.
So you’re just there.
Last year, we showed our very first full body Codec avatar at Connect.
Here to tell you more about our progress since then, is Yaser Sheikh.
Hi, there! My name is Yaser
and I direct the Facebook Reality Research lab in Pittsburgh.
Well, that’s not completely true.
What you’re seeing is actually a rendering of my pre-recorded codec avatar.
Over the past couple of years,
we’ve made quite a bit of progress with Codec Avatars.
My avatar can now look left, look right,
look up, look down. Make facial expressions…
Here You can see Elaine is in VR on the right,
You can see her view of Yasser’s avatar
and the reconstructed real world space that it’s in, on the left,
as she moves around the Avatar.
What you see on the left is an entirely virtual reconstruction.
This gives you a sense of a future in which you’ll be able to interact
with another person’s realistic avatar in virtual reality in real time.
Now, preventing others from using your avatar will be critical.
That’s why, even though this is early stage research,
we’re already thinking about how we could secure your avatar.
Whether by tying it to an authenticated account
or by verifying identity in some other way.
All right, so we’ve talked about what we’re gonna about to see.
But, of course, we also want to be able to actually do things in the metaverse.
And while seeing hands in VR and manipulating virtual objects
is a big step forward towards that,
We’re going to need an even easier and more intuitive way
to interact with virtual content when you’re on the go wearing AR glasses.
And we believe that neural interfaces are going to be an important part
of how we interact with AR glasses.
And more specifically, EMG input from the muscles on your wrist
combined with contextualized AI.
It turns out that we all have unused neuro motor pathways
and with simple and perhaps even imperceptible gestures,
sensors will one day be able to translate those neuro-motor signals
into digital commands that enable you to control your devices.
It’s pretty wild.
So, let’s take a look at what EMG input is going to be able to do
and where we are with it today.
This video shows some of the ways that we think that wrist-based neural interfaces
can provide important input tool for AR glasses.
So, at first, that input is going to just be around, enabling basic gestures.
Click, scroll, select.
But as the technology evolves, EGM put could potentially
unlock full speed typing, and it could give you
subtle, personalized controls that you can use in any situation.
This is genuinely unprecedented technology,
so let’s look at an early prototype that shows how it could be used in A R.
This experimental UI shows for the first time
how EMG input could one day allow you to send a message in AR with your hand
resting comfortably at your side without ever having to look at a screen.
Notice how the researcher used in overt
and highly visible click gesture to send the first message.
We’ve made a lot of progress over the last year,
and we’re now able to do the same thing
with the smallest of movements of the hand.
EMG enables this by picking up
subtle neural motor commands with remarkable precision.
Basically what you’re saying is that you’re going to build
to send a text message just by thinking about moving your fingers.
That’s going to be pretty amazing.
But I guess it’s just one part of the equation
because the other is AI that understands your context
and can give you a simple set of choices based on that context.
So let’s take a look at an AI interaction model
that we’ve built using project Aria, our initiative to accelerate research
into AR glasses and live maps that we talked about last year.
Remember the mock apartment we saw earlier?
Well, we’ve indexed every single object in it,
including not only location, but also the texture,
geometry and function of each one.
We fed all that information into the Project Aria glasses
Mingfei is wearing in this next demo,
and the reason is to simulate how AR glasses
will ultimately be able to access data
from a 3D map that will help them identify
the real world objects in the space around you
and better understand your context so they can help you.
What’s happening here is that the glasses are
calculating where Mingfei is in the room,
locating and identifying all the nearby objects
based on the index mentioned earlier, and figuring out which of those
objects Mingfei is interested in by observing her eye movements.
That contextual information and turn enables the system
to offer proactive assistance to Mingfei in a variety of ways.
Here, the system knows that she may want to turn on the TV,
so when she clicks while looking at it, the system turns it on.
Ultimately, her AR glasses will tell her what her available
actions are at any time.
Hey, assistance.
Where is my favorite mug?
We’re also working on a voice interface that will let you locate any object.
Here, the system is displaying the current location of the mug,
in the future it might tell her where it is using speech or text.
Or it might highlight the location in her glasses.
Really, it’s an early look at the sort of intuitive low friction interface
that AI plus EMG input will enable in the future.
This is how we’ll all be interacting one day.
Thanks, Michael. That was awesome.
All right, so I hope that that gives you a sense
of some of the technical challenges that we’re working on
to deliver deep and immersive experiences in the metaverse.
A lot of what we’ve shown today
isn’t going to be available in the next year or two.
Some of this is still a long way off,
but this is some of the most exciting stuff
that I’ve ever gotten to work on.
And I’m just incredibly energized to be on this journey with all of you.
And there’s one more thing that I want to tell you about today.
I believe the metaverse is the next chapter for the internet.
And it’s the next chapter for our company too.
I’ve been thinking a lot about what this means for our company
and who we are as we embark on this journey.
We’re a company that focuses on connecting people.
While most other tech companies focus on how people interact with technology,
we focus on building technology so people can interact with each other.
One of the reasons I started Facebook was that at the time
you could use the internet to find almost anything.
Information, news, movies, music, shopping.
Except for the thing that matters most of all: people.
Today we are seen as a social media company.
But in our DNA, we are a company that builds technology to connect people.
And the metaverse is the next frontier.
Just like social networking was when we got started.
Facebook was born in a specific time and place.
A college campus. The web.
It was what we could build at the time to put people back
into our experience of technology.
But connecting was always much bigger.
From way earlier on, I remember sitting in middle school classes
sketching in my notebooks, ideas that I wanted to code when I got home.
And even though I didn’t have the skill or technology to build it yet,
it was always clear that the dream was to
feel present with the people we care about.
Isn’t that the ultimate promise of technology.
To be together with anyone, to be able to
teleport anywhere, and to create and experience anything?
Yet here we are in 2021
and our devices are still designed around apps, not people.
The experiences we’re allowed to build and use
are more tightly controlled than ever.
And high taxes on creative new ideas are stifling.
This is not the way that we are meant to use technology.
The metaverse gives us an opportunity to change that if we build it well.
But it’s going to take all of us, creators, developers, companies of all sizes.
Together, we can finally put people at the center of our technology —
and deliver an experience where we are present with each other.
Together we can create a more open platform —
with more ways to discover experiences
and more interoperability between them.
And together, we can unlock a massively bigger creative economy.
I know the internet story isn’t straightforward.
Every chapter means new voices and new ideas.
And yes, there will be challenges and risks
and disruption of established interests.
But there will also be opportunities and benefits
that we can’t even imagine yet.
For connection, for creation, for learning, and joy.
We’ll all need to work together from the beginning to bring the best
possible version of this future to life.
A future where with just a pair of glasses,
you will be able to step beyond the
physical world and into the kinds of experiences
that we have talked about today.
I’ve been thinking a lot about our identity as we begin this next chapter.
Facebook is one of the most used products in the history of the world.
It is an iconic social media brand.
But increasingly, it just doesn’t encompass everything that we do.
Instagram, WhatsApp, Messenger, Quest. Now Horizon, Nazaré, and more.
Building our social media apps will always be an important focus for us.
But right now, our brand is so tightly linked to
one product that it can’t possibly represent everything
that we’re doing today, let alone in the future.
Over time I hope that we are seen as a metaverse company.
And I want to anchor our work and our identity on what we are building towards.
We just announced that we are making a fundamental change to our company.
We’re now looking at and reporting on our business as two different segments.
One for our family of apps and one for our work on future platforms.
And as part of this, it is time for us to adopt a
new company brand to encompass everything that we do.
To reflect who we are and what we hope to build,
I am proud to announce that starting today,
our company is now …
Meta.
Our mission remains the same — it’s still about bringing people together.
Our apps and their brands, they’re not changing either.
And we are still the company that designs technology around people.
But now we have a new north star to help bring the metaverse to life.
And we have a new name that reflects the full breadth of what we do.
And the future that we want to help build.
From now on, we’re going to be metaverse-first, not Facebook-first.
That means that over time you won’t need to use Facebook to use our other services.
And as our new brand starts showing up in our products,
I hope that people come to know the Meta brand
and the future that we stand for.
I used to love studying Classics.
And the word “meta” comes from the Greek word meaning “beyond”.
For me, it symbolizes that there is always more to build.
There’s always a next chapter to the story.
And for us, it’s a story that started in the dorm room
and grew beyond anything we could imagine.
Into a family of apps that people use to find one another,
to find their voice, to start businesses and communities
and movements that have changed the world.
I’m proud of what we’ve built so far and excited about what comes next –
as we move beyond what’s possible today, beyond the constraints of screens,
beyond the limits of distance and physics,
and towards a future where everyone can be present with each other,
create new opportunities, and experience new things.
It’s a future that is beyond any one company that will be made by all of us.
We have built things that have brought people together in new ways.
We have learned a lot from struggling with
social issues and living under closed platforms.
And now, it is time to take everything that we’ve learned
and help build the next chapter.
I am dedicating our energy to this
more than any other company in the world.
And if this is the future that you want to see,
then I hope that you will join us.
Because the future is going to be beyond anything we can imagine.

皆さん Connect へようこそ
今日は メタバースについて お話ししたいと思います
私達が創像できる すべてのことは 実現できます
これからする経験 これから作り上げる 創造的な経済
発明の必要がある技術 そして そのすべてを
ともに実現する方法です
いま私達が生きる時代に テクノロジーが
与えてくれた物は これまでにない豊かさで
自分自身を 表現する力と 他者を知り 経験できる力です
私が Facebook を始めた頃
ほとんどが コンピューターで タイプした テキスト情報でした
カメラ付携帯で インターネットは ビジュアルの世界になりました
ネットワークが速くなった最近では
コンテンツを見る主な方法は 動画になりました
デスクトップから ウェブやスマホに
テキストが 写真や動画へ
これで終わりではありません
次のプラットフォームと媒体は 没入感をさらに高め
インターネットを具現化し 見ているだけでなく
実際に体験できる場所となります
これが メタバースです
想像できることの ほとんどが可能になります
友人 家族との集まり 仕事 学習 遊び 買い物 創造 だけでなく
コンピューターや携帯では
思いもつかなかった 新しいことが 実現できるようになるのです
そこで せっかく今日は リモートで配信しているので
特別な内容にしたいと思います
どんな未来が待っているのか
イメージが つかめるようなものを まとめてみました
私達は メタバースが
インターネットの 新時代を築くと 信じています
私達はお互いに どれだけ離れていても
同じ場所にいるように 感じられるようになるのです
より楽しく より没入感のある 新しい表現方法が 可能になります
息をのむような 新しい体験が 実現するでしょう
両親に 子どもの写真を 送るとき
写真の瞬間をその場で 共有しているような
体験を届けられます
友達とゲームをするとき
自分の部屋ではなく 友達と一緒に 異世界を
冒険しているような 体験ができます
メタバースでの ミーティングは 画面越しに
同僚の小さな映像に 話しかけるのではなく
同僚と 同じ部屋に 集まって アイコンタクトを取りながら
空間を 共有しているように 感じられます
それこそが 私達の提唱する 具現化された インターネットです
画面を見ているのではなく
全身で体験するのです
いま私達がネットでやっていること
人とのつながり ゲーム 仕事 エンタメなど すべてのことが
もっと自然で 鮮やかになります
これは ネットで過ごす時間が 長くなるのではありません
私達の過ごす時間が より豊かになるのです
画面だけでは 人間の表現や体験を
完全に 伝えることは できません
画面はその場にいるという感覚を 伝えきれない
しかし次世代のインターネットなら それができるのです
私達はその実現に取り組んでいます
人々の体験やつながり
人間を中核に据えて構築される テクノロジー
それがメタバースです
メタバースを理解する最良の方法は 自分で体験することです
でもそれは難しいですよね まだ完全に存在していないから
いくつかの基本的な概念は もうできています
アイデアは いま 生まれています
私達は どうアイデアをまとめて どんな使い心地になるのかを
理解し始めたばかりです
ですから 今日は少し違うことを しようと思います
通常の基調講演のように 今年の製品に
焦点を当てるだけではなく
未来について話していきます
最初に 様々なメタバースの体験が
どんな感じなのか そして 最も重要な
人とのつながりについて
探求していきましょう
メガネやヘッドセットを 装着して
一瞬で自宅の空間にいると 想像してください
現実にある家の一部を VRで再現しています
そこにはVRでしか 実現できないものがあります
そこには信じられないほど インスピレーションを与える
あなたが最も美しいと 感じる風景があるのです
ねぇ あなたも来る?
行くよ 着る物を探さなきゃ
これにしよう
ワオ!やあマーク
やあ 調子はどう?
こんにちは マーク
無重力の宇宙?
こんな場所を作ったんだ すごい
LAのクリエイターが作ったんだ
ここは本当にすごい
-君はボズか? -そうだよ
ロボットになりたかったんだよ
僕もロボットになればよかった
はったりだと分かってた
ちょっと待った ナオミはどこだ?
-呼び出してみよう -そうしましょう
-やあ 君も参加するかい?
遅れてごめんなさい でも見てほしいものがあるの
ソーホーの アーティストの作品
ARのエフェクトが隠されてる
3Dストリートアートか!
リンクを送ってくれる? 皆で見たい
-これはすごい -たいしたもんだ
-クール -アニメーションが気に入ったわ
待て 消えていくぞ
ほんとにすごい
アーティストにチップを払って 延長する
-最高だ -この場所は気に入ったかな?
もうひとつ見せたい場所があるんだ 森の部屋を見てくれ
もちろん見たい
鯉が空中を泳いでる
これはワイルドだ
プリシラから連絡が入った
ぜひこれを見て ビーストが駆け回ってる
なんてかわいいんだ
子どもたちにも見せよう
僕のパパにも 送ってくれるかい?
そうするわ
OK また後で
ボズ この場所は最高だよ でも僕はそろそろ行かないと
OK これはまだまだ一部だけど メタバースでの交流が
どんな感じなのか 体験してもらえたと思います
まだ完璧ではないけど 不可欠な要素が
形になりはじめているのが 分かってもらえたでしょう
まずは その場にいるという感覚
メタバースの根幹となる要素です
他の人達と本当に同じ場所に いるように感じられる
相手の表情 ボディランゲージ
ポーカーで相手がはったりを かけているのかどうか
現在の技術では 伝えきれない
繊細なコミュニケーションを 可能にします
次に大切な要素が アバター
メタバースではアバターを通じて 自分を表現します
アバターは現在のプロフィール 写真のように一般的になり
静止した写真の代わりに
生き生きとした3Dの映像で 自分を表現できます
自分の表情やジェスチャーを使って
今の技術で可能な交流とは 比べものにならないくらい
情感豊かな交流が 実現されます
アバターはTPOに合わせて 使い分けられます
仕事 プライベート ゲームで
それぞれ違うアバターが使えます
さまざまなクリエイターや アプリから提供される
アバター用のワードローブも 楽しめます
さらにメタバース内では アバターなどのデジタルアイテムを
様々なアプリ間で 使い回せるようにもなります
アバターの次にホームスペース について話しましょう
好きなようにデザインでき 自分の写真やビデオを飾ったり
デジタルアイテムを 保管したりすることができます
人を招待したりゲームをしたり 一緒に遊ぶことができます
仕事ができる ホームオフィスがあります
あなたの家は どこにでもテレポートできる
あなたのパーソナルスペースです
さてテレポートといえば
いろいろな空間が これから作られるでしょう
今話したような部屋や
好きな時にテレポートできる
ゲームや世界などです
メタバースでのテレポートは
リンクのクリックのようにできる オープンスタンダードです
メタバースの潜在能力を 解放するためには
相互運用性が必要です
アバターやデジタルアイテムを
様々なアプリや体験を通して 使うだけではありません
それをサポートするために 既にAPIを構築中です
何かを買ったり 作ったり するときに
いろいろな意味で 役に立つものを 選びたいと思うものです
一つの世界やプラットフォームに 閉じ込められたくないと考えます
プラットフォームではなく 自分が 物を所有していると実感したい
この解決に必要なのは 技術だけではありません
クリプト仮想通貨やNFTのように 重要なプロジェクトとして
コミュニティで解決する 必要があります
その他にも エコシステムの構築 標準化や
新たなガバナンスが 必要であり
私達はこれらに 注力する必要があります
プライバシーと安全はメタバースの 基礎に組み込まれる必要があります
誰かと一緒にいたいときや 自分のスペースから
誰かを ブロックしたいときを 自分で 決めることが できます
休憩が必要なときには
プライベートバブルにテレポートし ひとりになれるのです
現実世界からいろいろなものを
メタバースに 持ち込むことができます
ほとんどのデジタルメディア 写真 動画 アート
音楽 映画 本 ゲームなどです
今の物理的な 画面のようなものは
将来ホログラムに なるでしょう
物理的なテレビは 必要なくなるでしょう
遠く離れた高校生から
送られてくる 1ドルの ホログラムになるでしょう
そしてあなたのアイテムを 拡張現実のホログラムとして
現実世界で映写することができます
あらゆる種類のデバイスで さまざまな体験を
行き来できるようになるでしょう
VRを使えば 完全な没入感を得られます
AR対応メガネを使えば
現実世界にいながら ARを体験できます
コンピューターや携帯で
既存のプラットフォームから メタバースに飛び込めます
デバイスの操作方法も 新しくなり より自然な方法で
使えるようになります
タイプやタップではなく 手でのジェスチャーや言葉
そして考えるだけで 何かができるようになります
デバイスに意識がいくことは なくなるでしょう
デバイスは体験の
妨害ではなく あなたや あなたと一緒にいる人が
経験する新たな体験に 存在感を与えるものとなります
メタバースの基本的な概念には このようなものがあります
SFのように聞こえるかも しれませんが
これらの多くの技術が 使われ始めています
これから5~10年で この多くが主流になり
多くの人が 新しく世界を創り 生活することになるでしょう
詳細で納得いくような毎日を この世界と変わらないレベルでです
まだ長い道のりですが
基礎的な概念について 私たちは取り組みを始めています
Horizonは メタバースで 人々が 創造し 交流するための
現在開発中の ソーシャルプラットフォームです
その中に Horizon Homeがあり
メタバースのホームスペースの 初期のビジョンです
Quest ヘッドセットを 装着して 最初に目にするのが
Horizon Homeです
現在も 選択できるオプションが 多く用意されていますが
将来は 誰でもオプションを 創れるようになります
今まではホームと 呼んできました
でも非常に重要なもの 「人」が欠けているのです
近日中に 友達をアバターとして招待できる
ホームのソーシャル版を リリースする予定です
そこでは友達とおしゃべりしたり 一緒に動画を観たり
アプリで遊んだりできます
また 自分で世界を構築して
そこに友達と飛び込める Horizon Worldsも準備中です
Horizonでは 誰もがクリエイターになれます
テストに参加した人達は 共同で新しいゲームを作ったり
サプライズの パーティを企画するなど
家族や世界中の友達と 楽しい時間を共有しています
昨年 Horizon Worldsの ベータテストを開始しましたが
新しい人々や世界を 毎日のように追加しています
そして協業用の Horizon Workrooms を今年初めにローンチしました
私達はHorizon以外にも 現実世界と仮想現実の両方で
円滑なコミュニケーションを 後押しする努力を続けています
VR向けの Messenger通話を 今年中にリリース予定です
友達を Messenger通話に招待し VR世界の探索に出かけたり
一緒にゲームをプレイしたり できるようになります
これらの機能は 友達と一緒に
メタバースに飛び込み 唯一無二の体験を楽しむための
不可欠なツールとして 開発されています
では
つながりの構築といった 基本概念の先に待っている
エンターテイメントや ゲームなど 一段上の体験について
紹介します
海外の親友と一緒に コンサートに行けたとしたら
どんな体験が待っているでしょうか
-ハイ -待ってたわ!
イエィ
メタバース アフターパーティ 無料チケット
アフターパーティのチケット?
-もちろん -もちろん
今行くよ
物理的な場所に関係なく 誰でも参加できる
アフターパーティ
これ最高
ねえ見て
チャリティ オークションだ
オリジナルグッズがある!
アフターパーティでは 他のファンと交流し
好きな曲の新バージョンを聴いて
レアな商品をゲットしましょう
おー それいいね
これ買ったほうがいいよ
メタバースでは 世界に新しいレイヤーを追加し
より豊かな体験を 実現できます
クリエイターやアーティストは 新しい方法でファンとつながり
共有型の体験に 引き込むことができます
こうした体験を実現するには 多くの新しい技術が必要です
私達はSpark ARで これらの技術を開発中です
まず デジタルオブジェクトを 現実世界に配置して
様々な機能を提供できるようにする クリエイター用のツールを
開発しています
またクリエイター用のツールは 単純な視覚効果に止まらず
リアルな反応を再現できる 3Dオブジェクトをサポートします
これにより視界の
リアルな深度と オクルージョンも再現できます
来年には 複数の現実世界の場所を 組み合わせて ARでツアーをしたり
宝探しを開催したりできる クリエイター用の機能も
追加する予定です
Horizonのマーケットプレイスも 開発中です クリエイターは
3Dデジタルアイテムを そこで販売 シェアできます
私たちの願いは これにより 多くの商業活動が可能になり
全体的なメタバース経済を 成長させることです
最終的に メタバースを構築し リアルなものにするのは
クリエイターと開発者です
この実現に必要なのは 何十万人の
この活動を支えることができる エコシステムの確保です
このためには クリエイターと開発者が
この活動をしながら 良い生活をおくられるように
することが必要になります
さて
現時点で メタバースという言葉は ほとんどの人達に
スパイダーマンの映画を 連想させるかもしれません
でも この業界をフォローしている 人達が即座に連想するのは
ゲームではないでしょうか
なぜならゲームは没入感の高い 体験の代名詞だからです
また 最大のエンターテイメント 市場でもあります
メタバースではファンタジー世界に 没入できるようなゲームから
ホログラムで再現された 日常のシンプルなゲーム
さらには クラシックなゲームを まったく新しい形で
楽しめるようになるかもしれません
バルセロナだって?
俺はここを気に入ってるよ
ニューヨークに来いよ
そりゃなんだ?
お前に勝てるように ゲーム用の顔を着けよう
そうかい チェックメイト
次は別の顔を試そう
世界中のプレイヤーとの対戦も 可能になるでしょう
ラッキーショットだ!
実力だよ
言ってればいいさ!
現代のゲームでできないことさえ できるようになるかもしれません
やぁ マーク 撃墜ゲームのVRセッションは?
私には これが ぴったりです
クラシックでいいね
いいチョイスだ マーク
準備OK
では行こう
こらえろ マーク
– 危なかった – ここを押して
ここでバク転
– 良い考えがある – どこに行くの?
– 勢い付けてジャンプ – なに?
そんなオプションあったんだ!
つかまえられないだろう このユニコーンを取ってみろ
– チューブシティだ – かなわないな
次は勝たせてやるよ 問題ない
でも 惜しかったけどな
– もう一度やる? – 今はちょっと
またするなら 日焼け止めが もっと必要かな
まったく
とりあえず
初めてメタバースに 足を踏み込むきっかけとなるのが
ゲームです
ゲームには 完成度の高い デジタルグッズが すでにあり
クリエイターと開発者が集まる 活発なコミュニティがあります
Epicなどの主要プラットフォームは メタバースの構築を
ゲームから開始しています
スタジオが構築を クリエイターが 制作を続けられるよう
VRとARの健全なエコシステムに 私たちは大きく投資しています
さて スタジオチームのデブが 来てくれました
Questのパイプラインにある 面白いゲームを教えてくれるかな
喜んで!
ここ数年 すばらしい開発会社と 協力する機会に恵まれました
そのひとつがVertigo Games
あのArizona Sunshineを 開発した会社です
僕の大好きなゲームだ
僕と友達が パンデミックの最初の何か月かを
乗り切れたのは このゲームのおかげだった
それはすごい
嬉しいニュースがあります
Vertigoとパートナーシップを結び Deep Silverをはじめとする
人気ゲーム5本を リリースすることになりました
詳しいラインアップは 近日中に発表します
すばらしい 他にニュースはある?
メタバースは 常に進化しています
なのでアップデートや ダウンロードコンテンツの
定期的な配信は最重要項目の ひとつです
たとえば”Echo VR” “Beat Saber” “Onward” “Pistol Whip”などです
ゲームには活発なコミュニティが 不可欠です
我々はコミュニティ構築の後押しに 注力しています
-Beat Saberはその好例です -Beat Saberは大好きだ
私もです Beat Saberは通算収益が Quest単体で
1億ドルを超えました
常に新しいコンテンツを配信する ゲームの成功例です
実際 Beat Saberはトラックや曲を 体感するスタイルの進化に
継続的に取り組んでいます
彼らはとてもクールなものも 開発中です
これを見てください
本当に楽しみです
さらに彼らは有名なアーティストと コラボして新しいミュージック
パックをリリースし続けています
先月のビリー・アイリッシュの パックはプレイしました?
仕事に差し支えるくらい楽しんだよ
このメタバースのプレゼン準備で 忙しかったのにね
2022年も有名アーティストの ラインナップが控えています
そして今年の末にはさらなる サプライズが待っているので
お見逃しなく
ねえ ポピュレーション: ワンを プレイしたことがありますか?
-もちろん このゲームが大好きだ -知らない人のために説明します
ポピュレーション: ワンは VRならではのスリリングな
バトルロイヤルゲームです 昨年 Connectでローンチされて以来
Questで最も高収益なゲームの ひとつで プラットフォーム最大の
マルチプレイヤーFPS となっています
一度に24人までマッチに 参加できます
私達は11月の秋の新しいイベントや 12月のウィンターワンダーランド
アップデートのような大きな アップデートを開始する
ことにとても興奮しています
さて コミュニティが 心待ちにしていたことがあります
– 早く知りたいなぁ – わかりました
WarpFrogチームが出すタイトルです
2019年にこのチームが Riftでローンチしたときに
VR戦闘ゲームにおける物理特性の スタンダードを確立しました
Blade and Sorcery: NOMAD です
魔法と剣術を組み合わせ VR用に 開発された中世ファンタジーの
サンドボックスで 今年後半Questで発売されます
その他のアップデートは 2022 Oculus Gaming Showcaseで
見逃せないニュースが満載です
でもマーク あなたも 何かニュースがあるのでは?
そうなんだ
ここ数年 ラインナップの拡充を 見るのはとてもクールだけど
とても楽しみにしている プロジェクトがある
そうです 最大級のプロジェクトで
Questに持ち込むために 何年も準備してきました
では発表しよう 昔からの大人気ゲーム
Grand Theft Auto: San Andreasが Quest 2に向けて開発中だ
新バージョンは これまでの 偉大なゲームに並ぶ面白さで
プレイヤーは本作の売りである オープンワールドを VRを通じて
全く新しい形で体験できる
以上です
ではメタバースに行ってきます
了解!ありがとうデブ きっと素晴らしいよ
さて たくさんの とても面白いゲームは
身体の動かし方を 利用しています
どこでも見れるし自由に動ける
画面を見つめるのとは 基本的に違う体験です
現実に存在しながら 世界とやりとりでき
その世界の中で 動き回れるという特徴
2D携帯やコンピューターでは 不可能だったことが
まったくに新しい体験として 楽しめるようになります
とても好評を得ているものに フィットネスがあります
ああ そう言えば ワークアウトの時間です
たくさんの人が Quest を使って 健康を維持しています
まったく新しい方法で 運動をすることができます
ペロトンみたいだけど 自転車の代わりに
VRヘッドセットだけで なんでもできます
ボクシングレッスン 剣術 ダンスなど
新しい世界で運動できます
AI との対戦も
友達を集めてする スリーオンスリー
世界の裏側の人との ピックアップも
Facebookサイクリング グループの ARチャリティ ライド
-がんばれ -上位を狙いましょう
ベストなコーチと その場で練習できるかも
五輪 金メダリストの リー・キーファーと一緒に
警戒して!フェンス!
-突くのを怖がらないで -わかったよ
上手よ
うわー!
わかった これはちょっと リアルすぎる
-またね リー 楽しかったよ -よくやったわ マーク
これがメタバースの未来の フィットネスになるでしょう
さて 迫力の没入感と インタラクティブな
トレーニングを利用した フィットネスの
素晴らしい体験が 増えてくると思います
Supernaturalでは ラインナップに ボクシングが 加わったばかりです
FitXRには 来年 新しい フィットネススタジオが登場します
そして Player 22 by Rezzil これは プロも 使用していますが
ガイド付 ハンドトラッキングの 自重エクササイズを追加します
Quest 2を より快適にする フィットネス用コントローラー
ストラップ付きアクセサリーパック を製作しています
接顔部は 汗をかいても 拭き取り可能です
セッションが より快適になります
以上が来年の予定です
充分ゲームで楽しんだところで
次は仕事の話をしましょう
この1年半で 多くの人がオフィスを 離れ リモートワークになりました
一緒に働く仲間たちに 会えないのは 寂しいですが
リモートワークを 続ける人は多いでしょう
そこで 共同で作業するための より良いツールが必要になります
メタバースでの仕事風景は どんなものになるのでしょうか
通勤しなくても オフィスに 行けることを想像してください
そこにいる感覚を 持つことができます
物理的な空間の共有
あなたの一日を楽しくする 偶然のやりとり
どこからでもアクセスできます
ここで 完璧な仕事環境を 整えたとしましょう
通常の仕事環境よりも 業務効率が上がるとします
しかも スウェットパンツを 履いたままで
いい感じだね
さくっと集まって報告しよう
今 始めましょう
– やあ – こんにちは
これ どう思う?
良いんじゃないかな
良かった
プレゼンを準備するよ
よろしく
ほどよく気晴らしできるよう 空間を調整し
仕事に集中します
プレゼンの準備が整ったら
チームがそこにいるかのような 空間でプレゼンできます
マークがいない?
何か用事があるみたいだよ
Horizon Workroomsの中で すでに見ることができます
数ヶ月前にリリースしました
今年末には ルームの カスタマイズをリリース予定です
Workroom にロゴや ポスターを貼ることができます
Horizon Homeに新しい オフィススペースも導入します
集中したいときや 単にタスクリストを
消し込みたいときの
最適なワークスペースとして 使えます
さらに Questストア向けの 2DのProgressive Web Appの
リリースも予定しています
開発者にとって構築しやすい フレームワークとなるでしょう
VRにいながら Dropboxや Slackなどに 作業中の
プロジェクトを 入れたり チェックしたりできます
Facebookや Instagramと つながることもできます
そして2Dのインターネットサービス をメタバースに移すことができます
作業に集中し
広く意見を得たことで Facebookの
個人アカウント以外でも
Questにログインできるよう
現在準備中です
仕事用アカウントのサポートも まもなくテストを開始します
来年中に 大きな転換を 行うための準備をしています
これは多くの人に 大きく関わることです
ソーシャルメディアの プロフィールを他の全てと
リンクしたいと 誰もが思うわけではありません
理解しています
メタバースが拡大すると 特に
後ほど また お話しします
私はメタバースでの仕事について
楽観的に考えています
この数年で どこからでも
効果的に 働くことができることが わかりました
リモートワークとオフィスの人が
混在することで 状況は 複雑になるでしょう
どこにいても 存在感を感じられる
ツールが全ての人に必要です
現実の会議に ホログラムで 参加できたり
メタバースで議論ができるような ツールがあれば
大きく変わるでしょう
これは 社会や経済にとって プラスに働くと思います
どんな場所に住んでいても 仕事ができる
これには
多くの人に 機会を与えられる 大きな意義があります
毎日の通勤がなくなり
渋滞にうんざりする時間が減り
大切なことをする時間が増え
環境にも優しいでしょう
メタバースで働き
出張をする場合 年間のフライト回数が
1回減ることになります
環境に優しくすることで できることはこれ以上にありません
メタバースで働くことは
大きな一歩のように感じます
この大きな動きは
場所から場所に 人がテレポートしたり
バーチャル空間で 共同プロジェクトに
取り組んだり
多くの分野の体験において 価値あるものとなるのです
それでは CBO (最高業務責任者)の マーニーから
お話ししたいと思います
ありがとう マーク
世界にあるもの 何でも それに近づくだけで
理解できるとしたら?
家族に 天体物理学者が 生まれるでしょう
これについて 論文を書かないと
手伝ってくれる?
もっとよく見てみようか
太陽系のどこを見たいの?
土星
天体物理学を 専攻しているなら メタバースで 勉強できるかも
土星の輪が
何十億もの氷の粒子で できてるって知ってた?
-本当? -これを見て
これで論文が書けるわね
うん
メタバースでは
どんな場所にも テレポートできます
いつでもです
古代ローマに行き
路上で 雑踏に 耳を傾け
市場に 足を踏み入れ
2000年以上前の 生活の息吹を 感じましょう
現代の遺跡が 目の前で
実際に 建築されるのを見て
学ぶことができます
こんにちは マーニー・レヴィンです
メタバースでは
学習が これまでとは 全く異なったものになります
ヘッドセットや メガネを使い
研究用の 模型を 展開したり 習っている 自動車修理の
サービスマニュアルを 見たりできます
医学生や医師であれば 手術の新しいテクニックを
Osso VRのようなアプリで
勉強し 上手になるまで
練習できます
地球科学を 学んでいるなら
グレートバリアリーフで 泳ぐのも良いでしょう
デビッド・アッテンボローとともに
地球最強の 昆虫に 接近できます
これは Oculus TVの VRドキュメンタリーで体験できます
この世界は 魅力で満ちています
不思議にあふれた
隠された 秘密の世界が 広がります
小さなモンスターの世界を デビッド・アッテンボローと
3Dで探求しましょう
未来の学習方法は これだけに とどまりません
未来の学習方法の実現には
その体験を構築する人の スキル習得を
支援する必要があります
そこで 私達は 1億5,000万ドルを投じ
没入型学習コンテンツを構築する
次世代クリエイターの育成を支援し
デバイスへのアクセスを増やします
より多くのクリエイターが
Spark ARを使った ARエフェクトを
構築して 生活できるようにする 専門的なカリキュラムと
認定プロセスを設立し
収益化を容易にし
CourseraやedXに 私達の Spark ARカリキュラムを掲出します
ありがとう マーニー
メタバースでできる 体験の一部を
ご覧いただきました
友達とのつながり
ゲームやエンターテイメント
仕事 教育 創造 商業活動など
これらを クリエイターと開発者が どう構築するのか
私たちが必要とする
新しい経済の形について 話したいと思います
この数年は
私と そして Facebookにとって 様々な意味で困難の時期でした
私が学んだ 主な教訓の ひとつは
製品開発だけでは 充分ではないということです
エコシステム構築の支援も必要です
将来 何百万人がその利益を享受し 仕事の報酬を
得られるようになるからです
生活者だけでなく
クリエイターや開発者も
利益を得られるようになります
私達のような規模の企業には
今も 困難の時です
他のプラットフォームのために 構築することが
どういうことかも学びました
他者のルールが敷かれたことで
テック業界に対する私の見解は より明確になりました
ほとんどの場合
選択肢の欠如と 高価な使用料は
イノベーションを抑制すると 私は考えます
新しいものを作り出す人の手を止め
インターネット経済全体を 抑圧することになります
私達は 様々なアプローチを 試みました
できるだけ多くの人のために 取り組みたいと考えています
つまり サービスコストを減らす ということです
私達の モバイルアプリは 無料です
広告ビジネスでは オークションで
可能な限り 最も優位な価格を 全てのビジネスに保証しています
多くの創造やコマースを
可能にするため クリエイターや
コマースツールを 原価または 低料金で提供しています
これで うまくいっています
何十億人もの人が 私達の製品を愛し
何億ものビジネスが 私達の プラットフォームで活動しています
エコシステムは急成長し ビジネスは盛況です
メタバースの構築にも 同じアプローチを考えています
より多くの人が利用できるように
デバイスへの助成金 または
原価での販売を続ける予定です
アプリを見つけたり 顧客にリーチしたりするために
Questストアを 使わせるのではなく
サイドロードや PCとの接続の サポートを継続して
生活者や開発者の選択肢を守ります
開発者とクリエイターには できるだけ低料金でサービスを
提供することを目指します
クリエイターエコノミー全体を 最大化するためです
しかし 投資を続ける一方で
このプログラムでの
過多な損失を防ぐため
一定の期間は 手数料を 高くする 必要があります
開発者を増やすことが 利益につながる一方で
メタバースの成長が 一定の規模に達するまで
数十億ドルの投資が見込まれます
私達の希望は
皆さんと取り組むことで
今後10年以内に メタバース人口が10億に達し
そのデジタルコマースが 数千億ドル規模となり
数百万人のクリエイターや
開発者の雇用を支えることです
このコマースモデルが
どう機能するかを 明らかにしたいと思いますが
まだわかっていないことが 数多くあるという事実を
正直に伝えたいと思います
ここで 私が言えることは
当社が完全にコミットしている ということです
インターネット全体にとっての
新しいチャプターが始まるのです
私達は コミュニティ
クリエイターエコノミー 開発者エコシステムの
成長のために
持続可能だと信じる 全てのことを 行ってきました
その全容について
メタバース製品責任者の ビシャルがお話しします
ありがとう マーク
私達は できるだけ多くの人 クリエイター ビジネスのための
アプローチをとっています
できるだけ料金を低くし 選択肢を提供しています
長年 企業として コマースと
クリエイターに投資してきました
これがメタバースで どう生かされるか説明します
メタバースによって 人々は 多くの選択肢を得ることになります
最も重要なのは
買ったものは いつでも
使える状態にあるという 継続性の感覚が得られることです
現在 インターネットで購入される 多くのものは アプリ ウェブサイト
ゲームの中で購入されます
ゲームのアバター用に カスタムスキンを買っても
新しいスペースに移れば 使うことができなくなります
現実世界で言えば
好きなスポーツチームの ジャージを買ったのに
スタジアムの外では絶対に 着られないようなものです
将来は アバター用に 洋服を 購入すれば メタバースの
広い場所で 洋服を 着せることが できるようになります
私達の目標は できるだけ多くの クリエイターに
メタバースでの ビジネスの 構築手段を 提供することです
現在のデジタルプラットフォームで 学んだことは 人為的に
イノベーションを 制限することは できないということです
様々なクリエイターが持つ 最高のアイデアを
解放する必要があります
様々なクリエイターが メタバースに集まるでしょう
デジタルオブジェクトを作ったり
サービスや体験を提供したり 現在のゲームクリエイターのように
新しい世界を作り上げる クリエイターです
私達も 最大のオーディエンスを クリエイターに 届けたいです
クリエイターが アバターの エフェクトをデザインすれば
ファンがそれを購入し
別のスペースで そのエフェクトを 友達に自慢します
クリエイターが 何かを作れば
ファンのみんなが それを楽しめるはずです
ビジネスも クリエイターとして
デジタル空間や デジタル世界を構築できます
ビジネスは 現実とデジタルの 両方で 商品 体験 サービスを
販売できます
自分達が作ったものを
顧客に見つけてもらえるように 広告で宣伝できます
物を買うといえば
何かを所有していることを 実感できるように
所有モデルや権利の 新しい形を 私達は 模索しています
NFTのような 限定の デジタルオブジェクトの販売や
デジタル空間での陳列
次の人への 再販を
安全に行えるようにするためです
メタバースでは 私達が
現在のコマースで経験している 物理的制約が 取り除かれ
新しいビジネスが 可能になります
楽しみですね
メタバースは 共同創造の場です
クリエイターや 開発者 起業家とともに 私達は
メタバースを構築しています
今日は ジャッキー・アイナに 来てもらいました
可能性について 話してもらおうと思います
ジャッキーは
@forvrmood として Instagram で 活動する 美容クリエイターです
自身のブランドを 立ち上げ キャンドルなどを 販売しています
化粧品発売時の 有名ブランドと 提携することもあります
ジャッキーのスペースに 行きましょう
このデジタル空間は
ジャッキーのインスピレーションと 愛するものにあふれています
私は ジャッキーの 大ファンです かなり前から
ソーシャルメディアを どう始めたかを教えてください
始まりは 2009年でした
美容といえば
メイクカウンターに行くか 化粧品売り場に行くか
いつも拒絶される気がして よそ者の気分だった
最終的に とてもイライラしたの
私は 他の人の言うことを 聞くのではなくて
私の肌のトーンに 何が合うかを 他の人に見せることにしたの
コンテンツや動画の作成を 商品とどう
結びつけたんですか?
あなたのブランド Forvr Mood は
Instagramショッピングで 成功していますね
私のブランドは
私自身へのラブレターと 私と母の関係
私と母の結びつきは
香りだったの 幼い頃からずっと
ブランドは うまくいっていて 大きな支持を受けているわ
ここは魔法の空間ですね
あなたの愛するもので あふれています
ここにあるものについて 話してもらえますか
まず 色がすべてね
パステルが大好き
ブランドもパステルが多いわ
私も パステルをよく着ているし
メタバースだと
コレクションのキュレートや ブレインストーミングのときに
全員を集めて 想像を高めるために
雰囲気や環境 ムードを作れるから
素晴らしいと思うわ
人を招待できるとしたら 私の家に 招待したみたいな感覚になるわね
その人達を 私の一部に 連れてくるみたいな
私が感じることを
その人達に感じてほしい 家に足を踏み入れる時や
キャンドルに火をつける時を
人とのコメントでのやりとりや
会話をすることで
あなたとの交流を ファンが喜ぶと思いますが
あなたも 嬉しいと感じますか?
私も嬉しいわ もちろん
ということは コメント欄を見て
ファンと会話するという このアイデアは
-効果が高い -大好きね
コメントの向こうにいる
相手の人間味が 増しますよね
どのようにコミュニティを築くか
考える良い機会ですね
どうファンと深く関わることが できるのか
コメントボックスを介しただけの 関わりではなくて
ブランドを愛するファンだけの ローンチパーティを開いて
世界のどこにいても参加できる というのはどうですか?
素敵なアイデアね
ブランドを立ち上げたとき すべてが閉鎖されたから
まさに隔離で どこにも行けなかったわ
Forvr Moodのポップアップを 作るアイデアがあるの
それぞれの香りに インスパイア された部屋みたいにね
世界のどこからでも 誰でも
今あなたが話したことを感じ
その感覚を共有し そのムードに浸ることができます
そして あなたを気遣う 最高のファンがいます
新しい顧客にリーチし
広告で宣伝して ビジネスを成長させます
メタバース限定で 商品を発売することもできます
商品を手に入れるために 特別なアクセスを入手した
ブランドに夢中になっている ファンだけを対象に
素敵だわ
コマースは メタバースの 大きな部分を占め
デジタル商品と物理商品の 両方を販売できるようになります
バタフライエフェクトは 魔法の場所に誘う香りです
きれいだわ
この素晴らしい世界を 歩きながら 話しましょう
メタバースは あなたにとって どんな意味を持ちますか?
想像力を無限に かきたてられる感覚ね
メタバースが どれほどの意味を 持つのか 私は想像もできません
これもクリエイターのおかげです
考えるだけで 興奮しますね
現在のインターネットと同様に 自分に合う ビジネスモデルを
もっと自由に見つけることが できるようになります
それは カスタムワーク チッピング サブスクリプション 広告
または メタバースでだけ機能する 収益化ツールかもしれません
インターネットで生計を立てる 人はどれくらいいるでしょうか
数年前には存在しなかった仕事が どれくらいあるでしょうか
メタバースは 全く同じ方法で 多くのチャンスを
人々に もたらすと 期待しています
私達は この全体的な方向性に 自信を持っています
そして この未来の構築に 大きな投資を行っています
しかし 誰にもわからないのです
どのモデルが有効で メタバースを 持続可能なものにするのかを
だから 謙虚さと開示性をもって これにアプローチします
メタバースを実現するために 努力してくれる人達と 一緒に
私達は取り組んでいきます
では ここからはボズを迎えて 人々が今 メタバースで
どんな創作を行っていて 私達はどんなツールを開発して
その人々の創作を支援できるのか 話してもらいます
やあボズ そのロボットの アバターが未だにうらやましいよ
ダンスの動きを検証するには ロボットが必要だろう?
あー もちろん
私達は Facebook Reality Labs で 長年 作業を続けてるけど
ビジョンは常に変わらない つまり 人々がいつでも どこでも
つながりを感じられるようにする ツールを開発することだ
私達は今も そのビジョンに向けて 努力を続けている
人々を仮想空間で つながれるようにすること
初期の VR から現在までの 長い道のりを歩んでこれたのは
エンターテイメントと教育の
潜在性に賭けた クリエイターと開発者のおかげだ
でも まだまだ長い道のりが 待っている
そこで今日は 技術革新をさらに 加速し 多彩な状況への対応を
可能にする 素晴らしい成果を いくつか披露したい
まず最初に紹介するのは Presence Platform
これは高度な機械知覚と AI の力によって
開発者が Quest 2 上に 複合現実を構築できるように
するためのツールだ
Presence Platform について 詳しく話してくれるかな
メタバースで 人々がつながりを 感じられるかどうかは
存在感をどれだけリアルに 再現できるかにかかっている
Presence Platform は
その目標を実現するための 機能を提供してくれる
たとえば 周辺環境の認識 コンテンツの配置と保持
声や手を使った操作の標準化 といった機能だ
まずは 手の話から始めよう
人間の手は 工学上の奇跡だ だから 手での操作を
VR に組み込むのは 簡単じゃなかった
製品 デザイン 研究において 膨大な共同作業が必要だった
今後も VR 環境を操作する
新しいジェスチャーを模索するなど 製品の改善を続けていく予定だ
そこで紹介したいのが Interaction SDK
自分のアプリに 手での操作を 簡単に追加できる
モジュール化された コンポーネントのライブラリだ
それはすごい
新旧タイトルの仮想空間で 手による自然な操作を
実現したい時 この SDK を使えば 間違いなく
開発時間を大幅に 短縮できるはずだ
そして VR には 忘れてはならない 操作手段がもう一つある
声だ
Voice SDK を使えば 開発者は ゲームやアプリに 音声入力を
実装して 新たなプレイスタイルや ナビゲーション方法を実現できる
間もなく FitXR のワークアウトに 飛び込んで “サプライズ” と
命じるだけで 運動のメニューを 切り替えられるようになるだろう
これは前に試したことがある
-けっこうキツイやつだ -僕も試したよ
先日 Passthrough API を リリースしてから
開発者達は 現実世界と仮想現実を融合する
革新的な試みに 意欲的に取り組んでいる
次の SDK がリリースされたら 開発者達は Oculus ストアと
App Lab で 複合現実のアプリを リリースできるようになるだろう
もちろん Passthrough だけでは 充分でないことは 分かっている
本当に豊かな複合現実を 実現するためには
アプリが部屋の中にある物を 理解したうえで
物理的な環境に 仮想オブジェクトを融合させ
その両方を同じ空間に 同時に存在させる必要がある
たとえば開発者が ホログラムのアニメーションや
Instagram のフィードなどを 固定コンテンツとして
現実世界に配置できるようにする 必要がある
シームレスな感覚をもたらす 複合現実を構築するには
空間アンカーなどの 直感的なツールも不可欠だ
さて このまま技術的な話を
-続けてもいいんだけど -ああ
そろそろ 実物を見せたほうが いいだろう
“The World Beyond” を起動!
この子は オピ
こっちにおいで オピ
インタラクティブな パススルー環境で
一番賢い persistentステート のオブジェクトは誰かな?
そうだ 君だよ
オピ お座り
メタバースのペット
現実世界のペットと同じくらいの 頑固者だ
僕は前から 自宅のリビングに 森が欲しいと思ってたんだ
– 本気で? – そうでもない
開発者達が Quest 2 で構築する 次世代の複合現実が
どんな姿になるのか 楽しみにしてるよ
そして人々が これらの技術を用いて
どんな世界を構築しうるのか 垣間見ることができる
拡張現実について話そう
Sparkでは ユースケースに フォーカスしてきたんだ
人々が 自分の周囲の世界と 関われるようにするだけでなく
そばにいない人とも つながっていられる ケースをね
ここまで 来れたのは クリエイターのおかげだよ
僕達も できる限り 彼らのサポートをしている
持っているノウハウや リソース ツールを使ってね
その点については
スーに 任せるよ Facebook Reality Labsの
プロダクトディレクターで Spark ARの責任者だ
ありがとう
Spark ARで注力しているのは AR体験の構築です
強化したいのは 人が持つ つながりの感覚
同時に 周りの世界に対する 存在感です
クリエイターは 今日の 体験構築で 私達を助けてくれ
明日できることの 可能性を 常に探求しています
基本的に 私達は ARでの 創作を 広めようとしています
必要なツールと知識を持つ グローバルコミュニティを作り
人々に愛される ARコンテンツや 体験を 開発しています
ARカリキュラムなどの プログラムも用意しています
クリエイターは世界で22,000人以上 1 年もしないうちに
上級クリエイター支援のための 追加プログラミングも用意します
深みと幅のある コンテンツは クリエイターなしでは 作れません
1週間で見られる エフェクトです 火星への着陸の瞬間や
ニューアルバムの発売など
見る人の想像力を 刺激するものばかりです
私達は Facebook 全体の 体験を 強化しています
携帯電話で プレイする ARの戦艦ゲームを
メタバースで 友達と プレイするとしたら
クールでしょ?
現在 私達の コミュニティの クリエイターは 60万人以上です
AR利用の ニーズや動機は 様々で ファンや オーディエンスと
交流しています
Facebook 社のアプリ全体で 毎月 7億人以上が
ARを使っていることが わかっています
毎月 800億以上の エフェクトが 適用されています
だから もっと簡単に 誰でも Spark を使えるようにしたい
そこで コードネーム Polar のもと アートや 2D 3Dデザイン
プログラミングの 経験がない クリエイターのために
AR作成ツールを 開発しました
塗り絵みたいなものです
写真や動画 ダンスの経験がある クリエイターが
独自のエフェクトを 自分のコンテンツに適用すれば
私達のビジョンとコミュニティの 重要な作品になるのです
興味がある人は もちろん 誰にでも 開かれているのです
メタバースは あらゆるクリエイターにとって
活発な デジタル経済の 場となるでしょう
動き始めた メタバースにとって これは 最初の活動です
クリエイターが 創造性を共有し このチャンスを 活かして
最初から 資本化できるように 準備を整えたいと 考えています
ありがとう スー
メタバースを実現するために
開発する必要がある ソフトウェア プラットフォームについてでした
しかし 他にも 考えるべき 重要なことがあります
やあ ニック
やあ マーク 邪魔したかな?
ちょっと いいかな? そこに オピは いるのかい?
オピは まだ仮想の森かな
いつでも 話しに来てくれていいよ どうしたの?
このプレゼン 良くできてるよ ビジョンがすばらしい でも
さっきも 君が言っていたように 技術の 大きな進歩には
いろんな 課題や 不確実性が つきものだね
さっき 少し話していたけど みんなが知りたいのは
責任ある方法で これをどう 実現するかなんだよ
特に 我々の 役割をね
人々の安全と オンラインでの プライバシーを どう守るのか
うん その通りだ とても重要なことだね
昔は 新しいテクノロジーが 発達する スピードに
政策当局や 規制団体が 追いつけないことがあった
だから 一方で
時代を 先取りしすぎる 企業は 非難されることになる
もう一方で 技術者達は 進歩に 待つ余裕はないと 感じる
のんびりした 規制当局をね
ただ 今回は そうはならない と思うんだよ
我々が 思い描く メタバースの 実現には 何年もかかるからね
いま 我々は スタート地点にいる 終わっては いないんだよ
さっき言ったとおり メタバースの 基礎には 相互運用性 オープン
スタンダード プライバシー 安全性を 組み込む 必要があるね
現在 開発されている 新技術を使って
メタバースに向けて 開発している 全ての人は
責任をもった開発に 最初から 集中すべきだ
これが この5年間で 僕が 得た教訓の ひとつだね
これらの原則は 最初から 徹底するべきです
昨年の Connect で ボズが概説した 責任あるイノベーションの原則の
1つ目に “人を驚かせない” がある
それは 透明性のことだね 物が どう動作しているのか
どのデータが収集され どのように 使われることになるのか
そして 安全管理を 行いやすくする ことも含まれるね
子ども達が 製品を使用する際の
年齢制限や 保護者による 管理ツールも 含まれるね
それに 僕達は 開発するものについて
専門家に話を聞いたり 社外の意見を求めたりすることに
多くの時間を費やしているよ 開発前でさえもね
これは 安全 プライバシー インクルージョンを前提に
製品を設計するためなんだ
その例が Project Aria で 僕達が していることだ
開発している ARメガネに 情報を伝達する研究機器なんだ
これには 外部研究として 資金提供をしているよ
ARやVR スマートデバイスが与える 影響の 研究に 助成することを
昨年 発表したんだ 使用しない人への影響
看過されがちなコミュニティ 仮想空間でのインクルーシブな
環境づくりのベストプラクティス への影響の研究だ
今年は さらに多くの 研究への支援を 開始するんだ
僕達の もうひとつの原則 を実現するためには
独自の視点が 必要だからだよ
“あらゆる人を考慮する” という原則のね
これは 非常に 重要だね というのも
これは コラボレーション のことだからね
特に 人権団体や 市民団体といった
コミュニティの参加が 必要だと考えているよ
包括的で 力を与えるような方法で 技術を 開発するためにね
いま 始めることの 利点の ひとつは
開発の初期段階で 人々と協力できることだ
数週間前に 発表された 新しい基金で 行っているようにね
ああ XRプログラムと 研究基金 のことだね
これは 2年間で 5,000万ドルを 世界中の団体や組織による
プログラムや 外部研究に 提供するものだ
ハワード大学 “Women in Immersive Tech”
“Africa No Filter” や ソウル 香港 シンガポールの 大学などにね
もう一度 言うが これは非常に 重要なんだ
我々が メタバースを 開発しているのではなく
メタバースのために 我々は 開発しているのだから
業界全体で 相互運用性 オープン性 安全性
プライバシーに対する 想像力と コミットメントが
必要なんだ
僕達が メタバースの製品面で 行っているのと 同じような
これらは基本的な 構成要素でないといけない
これまで話した ソフトウェアや エクスペリエンスと同様にね
-わかったよ -ありがとう ニック
さて これまで あまり 話していなかったのが
メタバース実現のための ハードウェアの 将来像です
私達は 新製品に 取り組んでいます 最先端 技術の発展
より豊かな 社会的交流の 実現 生産性の 大幅な 向上のためです
アンジェラが来ました VR機器の責任者です
-やあ アンジェラ -こんにちは マーク
-それが あれかい? -どうかしらね?
どうぞ 入って
ところで いま 取り組んでる 製品で 最も注目なのは
何かな?
たくさんあるから 選ぶのは 難しいわね
でも 来年 新製品を発表するの
VRの可能性を さらに 広げるような商品よ
コードネームは “Project Cambria ”
次の Quest ではないけど Quest との 互換性はあるんだよね
Cambria は まったく新しくて 先進的で ハイエンドな 製品
価格帯も 高くなるだろう
計画では Quest で 目標 価格帯に 到達するまで
この製品ラインの 構築を続け
僕達の 最先端の技術を リリースするつもりだ
次は 新しい 技術について 話してくれるかい?
多くの 新技術が Cambriaには 詰まっているわ
例えば アバターは 自然な アイコンタクトをとり
顔の表情を リアルタイムに 再現できるわ
だから あなたが 実際に感じていることを
相手が リアルに 感じ取れるようになるの
センサーが 多くなるから 長時間でも 快適に装着できる
形状にするのが大事だわ
全ての人が VRを 楽しめるよう アバターは
人間の 様々な 顔の特徴や 肌の色を 再現できるようにするわ
メガネやヒゲなど センサーの邪魔になるものにも
注意が必要ね
これは 社会的な存在として 大きな前進だね
最初から インクルージョンに フォーカスして 本当に良かったよ
複合現実のさらなる応用について もっと聞きたい
たとえば 現実世界のデスクは クリアに見えたまま
仮想デスクで複数の ウィンドウを開き
ヘッドセットを着けたままで 手元でメモを取れたり
自宅のリビングで バーチャル インストラクターと運動できたら
とてもクールよね
開発者達が Passthrough API で 開発を続けていて
そうした体験は すでに 形になり始めてる
そして私達は Cambria で 複合現実を一気に進化させるわ
さらに高解像度で カラーの パススルー 複合現実を実現する
一連のセンサーを 再構築アルゴリズムと組み合わせ
リアルな遠近感を備えた 現実世界を ヘッドセット内に
再現するの
肉眼で見た光景を 完全に再現するまでには
克服しなければならない ハードルがあるけど
これまで パススルー体験の開発は 大きな成果を上げてきたから
今後も着実な進化を遂げると 確信しているわ
同感だ でもビジュアル機能の 大幅な改善も必要だよね
そう 光学分野の進展についても 話すわね
私達はディスプレイ技術の限界に 挑戦していて
パンケーキレンズというフォーム ファクターに取り組んでる
このレンズは 光を繰り返し 屈折させることで
従来のレンズよりも 薄型化できるの
複数の光学レイヤーを活かして
歪みのない 極めて高品質のディスプレイを
ヘッドセット内で 実現するには
設計と製造のあらゆる段階で 高い精度が求められる
それはすごい でも 詳しい話はその辺にして
残りは 来年リリースするときの お楽しみにしておこう
僕は この新しい製品ラインの 開発を 将来にわたり続けて
いきたいと考えている そうすれば 最先端技術を
Quest で採用可能になる前に 人々の手に届けることが
できるからだ
それこそが私達の目標 開発者達との Cambria を使った
体験の構築は すでに始まっていて 来年 さらに多くのことを
皆さんにお伝えできることを 楽しみにしてるわ
楽しみだね
さて 私達は VR に止まらず ハードウェアにも注力し
真の AR の実現を目指しています
AR の開発では 様々な技術的課題を 克服する必要があります
なぜなら 画面に頼らない 全く新しい
光学スタックを開発するだけでなく
基本的に スーパーコンピューターを
普通のメガネに組み込む必要が あるからです
そこで 私達は 2 つの方向から この問題に取り組んでいます
まず ファッション性が高く
普段使いができるメガネに どれだけの機能を詰め込めるか
次に AR を実現するための機能を どうやってメガネに
搭載できる程度まで小型化し
どのように長期的に 改良していくか
第一歩として EssilorLuxottica とパートナーシップを結び
先月 当社初のスマートグラス Ray-Ban Stories を発表しました
この製品では 完全な AR は実現していませんが
スマホを取り出す必要なしに 風景を楽しみながら
写真や動画を撮影し 音楽を聴き 電話をかけることができます
さらに この製品には 撮影時に LED が点灯するなど
スマホですら搭載されていない
最先端のプライバシー機能が 備わっています
当社は この高機能な Ray-Ban を わずか299ドルでお届けしています
体感するインターネットの実現には お話したもの全てが必要です
ここでの究極の目標は 真の AR グラスの実現です
私達は その目標の実現に向けて 努力を続けており
今日は当社初の本格的な AR グラス コードネーム “Project Nazaré” が
実現しようとしている体験を 皆さんに紹介したいと思います
あなたは WhatsApp で友達と どのゲームをプレイするのか
チャットしています
ゲームを選んで キッチンに移動し
テーブルにゲームを設置して プレイ準備完了です
AR は このような体験を 可能にします
こうした体験の実現には 膨大な技術開発が必要です
ホログラムディスプレイ プロジェクター バッテリー
通信装置 集積回路 カメラ スピーカー 環境認識センサー
それらを 厚さわずか 5 ミリの メガネに搭載する必要があります
Nazaré の開発は まだ道半ばですが 着実に前進しています
今後のロードマップ実現が とても楽しみです
でも 今後数十年の道のりを思うと 旅はまだ始まったばかりです
常時体感できる AR の実現には 数々の画期的な技術が必要です
当社の研究チームは
過去 7 年にわたり 次世代 プラットフォームに必要な
多種多様な技術の開発に 取り組んできました
ここからは 研究チームを率いる マイケル・エイブラッシュに
当社が開発している技術について 話してもらいます
やあマイケル 私達のロードマップ を紹介してもらえるかな
喜んで!話したいことは たくさんある
次世代のメタバースを実現するには
1 ダースを超える技術的 ブレイクスルーが必要だが
私達は その全てに取り組んでいる ディスプレイ 音響 入力 触覚
ハンドトラッキング 複合現実 アイトラッキング センサー AI
グラフィック アバター 知覚科学 コンピュータービジョンなど
大量にあるね
今日は そのうちのいくつかだけ 紹介しよう 選んでくれるかい?
そうだな メタバースでは 何よりも
人と人をつなげることが 大切だ
なので アバターから始めよう
いいよ
ここでの目標は 人々の内面までを 体現するような
リアルであると同時に スタイリッシュなアバターの実現だ
そのとおり 以前 コーデック アバターを 紹介したね
さて 君の顔で何ができる? 見せてくれる?
ずっと その質問を 待ってたわ
VR で コーデックアバターを 見るのは 驚異的な体験で
写実的にリアルなアバターは とてつもないブレイクスルーだ
でも これは全体像のごく一部だ
ああ 人は常に ありのままの 自分を見せたいとは限らない
だから人はヒゲを剃り 服を着て ヘアスタイルを整え 化粧をし
タトゥーを入れる メタバースでは
こうした装飾はもちろん それ以上の装飾も可能になる
次の動画は 3D アバターの 髪と皮膚のレンダリングと
ライティング変更の デモンストレーションだ
彼女は医療分野でキャリアを始め– 彼女が興味を持っているのは…
断っておくが この技術はまだ 研究段階だ
しかし アバターが最終的に 達成すべき 極めてハイレベルな
リアリティを分かってもらえると 思う
皮膚の毛穴まで 再現されている
次に 衣服も大切な 自己表現の手段だ
たとえば 祖母に電話をかける時 自分が着ている服を
シミュレートしたり 私のように
青いオックスフォードシャツで オシャレを楽しみたい時など
衣服をシミュレートする機能は 不可欠だ
これは 手と布の相互作用を 再現する 試験段階の映像だ
手で布を触った時の動きや 布が伸び縮みする様子の
驚異的なリアリティが 分かると思う
さて 自分のアバターで
ミーティングにテレポートしたり メタバースで交流したりするとき
人々が集まるための リアルな 仮想空間が必要だ
これを見てください
信じられないかもしれませんが
これは現実世界の 映像ではありません
架空のアパートメントを 3D で再現したものです
ボウルが空中に浮かんだので 仮想空間だと分かったでしょう
そうだね
この動画では 画面の右側で 研究者が
色々なオブジェクトを動かし
画面の左側では 研究者なしで 空間やオブジェクトの動きが
とてもリアルに レンダリングされている
ここで重要なのは すべてが リアルタイムで起きていることだ
そこが極めて重要な点で
単なる CG とは 一線を画している
さて ここまで紹介した技術は どれも驚異的だ
でも私達は 人々が 何を求めているか分かっている
完全なパッケージだ 仮想空間を体感するための
全身を再現したアバターだ
昨年の Connect では 全身の コーデックアバターを初披露したね
その後の 私達の 進歩については ヤセル・シークに まかせるよ
こんにちは ヤセルです ピッツバーグの
Facebook Reality Research の ラボ責任者です
しかし 正確には 違います
これは 事前 記録した コーデック アバターの レンダリングです
この 2 ~ 3 年の間に
コーデックアバターは かなり進歩しました
私のアバターは 左や右を見たり
上や下を 見たりできるように 顔の表情も作れます
さて 右側のエレインは VR の中で ヤセルのアバターを見ているね
エレインに ヤセルのアバターが どう見えているかが わかるね
左側は アバターがいる 再構築された 現実世界の 空間だ
エレインは アバターの周りを 移動してる
左側に見えるのは 再構築された 完全なバーチャル
誰かのリアルなアバターと リアルタイムで対話できる
そんな未来が 来る予感がするね
そして 自分のアバターを 他人に 使わせないことが 重要になる
研究は まだ初期段階だけど 自分のアバターを
守る方法をすでに 考え始めているよ
認証されたアカウントと 結びつけるとか
他の方法で 本人確認するとか
どのように 見えるようになるかは わかったよ
もちろん メタバースで 実際に 何かできるように なりたいよね
VRで 手が見えたり バーチャル オブジェクトを 動かせることは
大きな一歩だよ
今後は より簡単に より直感的な 方法が必要になると思うんだ
外で ARメガネをかけて バーチャル コンテンツを操作できるくらいね
ニューラル インターフェイスが ARメガネとの付き合い方で
重要になると考えているよ
具体的には 手首の筋肉からの EMG入力と コンテキストを
理解するAIの組み合わせがね
私達の体には 使っていない 神経運動経路があるわけだし
気づかないような 簡単な ジェスチャーをするだけで
センサーが その神経運動信号を デジタルコマンドに変換し
デバイスをコントロール できるようになるだろう
ぶっとんでいるね
次は EMG入力で 今 何ができて これから 何ができるのか
教えてください
この動画では 手首ベースの ニューラル インターフェイスが
ARメガネの入力ツールになると 考える理由を紹介している
まず できるのは 基本的な ジェスチャーだけだ
クリック スクロール 選択
しかし 技術が進化すれば EMG入力で 全速力のタイピングが
できるかもしれないし どんな状況でも使用できる
繊細でパーソナライズされた 操作ができるかもしれない
これは まさに 前例のない 技術なので
ARで どう使えるかを 初期の プロトタイプで 見てみよう
この実験的UIでは 初めて
スクリーンを見ることなく 手を横に置いたままで
EMG入力とARで メッセージを 送信できる可能性を示している
最初のメッセージを送信するのに 研究者が 大げさで わかりやすい
クリックの ジェスチャーを しているのが わかるね
この1年で 私たちは 大きな進歩を遂げ
今では 同じことを わずかな手の動きで
できるようになったんだ
EMGは 神経の微かな運動命令を
極めて正確に拾うことで これを可能にしているんだ
基本的に 指を動かすことを 考えるだけで メッセージを
送信できるように 開発するということだね
すごいなぁ
でも これは方程式の 一部分に過ぎない
コンテキストを理解して それに基づいて
簡単な選択肢を用意するのは AI だからね
では AIとの インタラクション モデルを 見てみよう
Ariaの製品を使って構築したんだ 研究を加速して ARメガネや
ライブマップに活かそうと 昨年 これについて 話したね
先ほどの 模擬アパートを 覚えてるかい?
このアパートにある すべての物に インデックスを付けたんだ
場所だけでなく それぞれの 物の質感や形状
機能も含めてね
この情報を、次のデモで ミンフェイがかけている
Project Ariaのグラスに 送り込んだんだ
ARメガネの シミュレーションを するために
最終的に 3Dマップからの
データにアクセスする マップは 周囲の現実世界にある
オブジェクトの識別に 役立つ こうすることで
周囲の状況をよく理解して 役立てられるようになるんだ
ここで何が起きているかというと 前述したインデックスを基に
部屋の中におけるミンフェイの 位置を AR グラスが計算し
周囲の全オブジェクトを識別する そして 彼女の目の動きを検出し
彼女が どのオブジェクトに 興味を持っているのかを
判断する
そのコンテキスト情報により システムはミンフェイを
様々な形で プロアクティブに 支援できる
システムは ミンフェイが TV を 観たいのではないかと予測する
彼女が TV に注目しながらクリック すると TV がオンになる
最終目標は AR グラスが彼女に 利用可能な選択肢を
常に提示できるようにすることだ
アシスタンス
私のお気に入りのマグはどこ?
音声インターフェイスで オブジェクトを探す機能も開発中だ
ここでは システムがマグの 現在位置を表示しているが
将来的には音声か文章で 回答できるようにする予定だ
また AR グラス上で 位置を ハイライトする機能も検討している
これが AI と EMG 入力が 将来的に可能にする 直感的で
スムーズに利用できる インターフェイスの初期デモだ
将来 私達はこうして世界に 働きかけるようになるだろう
ありがとうマイケル すごいものを見せてもらった
さて メタバースで没入感のある 体験を届けようと
私達が取り組んでいる 技術課題を
理解していただけたと 思います
今日私達が話した多くのことは
来年や2年後にすぐ できることではありません
長い道のりが必要なものもあります
でもこれは今まで 取り組んできた中で最も
エキサイティングなものです
この旅に皆さんと一緒に出ることが とてもうれしいです
そして今日伝えたいことが もうひとつあります
私はメタバースがインターネットの 新しい幕開けになると信じています
それは当社にとっての 新しい幕開けでもあります
これが当社にとって何を意味し 新たな一歩を踏み出そうとしている
私達は何者なのか 長い時間をかけて考えました
当社のミッションは 人と人をつなげることです
大半のテック企業は人々と 技術の関わり合いに注力しますが
当社は人と人をつなげるための 技術に焦点を当てています
私がFacebookを立ち上げた理由の 一つは インターネットを使えば
ニュース 映画 音楽 商品など 欲しい情報のほぼ全てを
見つけられた一方で “人”という 私達にとって最も
大切なものを 見つけられなかったからです
現在 当社はソーシャルメディアの 会社として知られています
しかし人々をつなぐ技術の開発こそ 当社のDNAです
そして私達はソーシャルメディアから
新しいフロンティアに踏み出します それがメタバースです
Facebookは特定の時代 特定の土壌で 誕生しました
大学のキャンパスとウェブです
人々に技術の恩恵をもたらそうと 最善を尽くした結果 生まれたのが
Facebookでした
でも その背景には常に 人々を つなげたいという思いがありました
今でも中学校時代を思い出します 教室で机に向かって
色々なアイデアをノートにメモし 帰宅してからコードを書きました
当時はまだ夢を実現するスキルや 技術はありませんでしたが
私の夢はいつも明確でした 大切な人々と
あたかも同じ場所にいるように 感じられる技術の実現です
技術発展が目指すべき究極のゴールは
誰とでもつながり どこにでもテレポートし
あらゆるものを創造し あらゆることを体験できるようにする
でも2021年現在
デバイスは未だに アプリ中心に開発され
私達が構築して提供できる体験は 大きく制限され
新しいアイデアを実現するための
ハードルは上がり続けています
これは技術のあるべき姿では ありません
メタバースは そんな現状を変える 可能性を秘めています
その実現には あらゆる人々の力を 結集する必要があります
私達は力を合わせ 人々を中心に 据えた技術を実現するのです
そして人々が同じ場所で同じ体験を 共有できる場所を実現しましょう
様々な体験を提供する手段を
垣根なく構築できる オープンな
プラットフォームを開発しましょう
創造力に駆動される巨大な経済を 一緒に解き放ちましょう
インターネットという物語に 近道がないのは分かっています
新たな幕が開けば 新しい意見や 新しい視点が生まれます
様々な課題やリスクが 私達を待ち受けているでしょう
既得権益との 利害の衝突も起きるでしょう
しかし まだ想像もつかない機会や
恩恵も私達を待っているはずです
人々とつながり 創造し 学び 喜びを得る
最善の未来を実現するためには 私達全員が最初から力を合わせ
共に努力していく必要があります
メガネをかけただけで
現実世界を飛び出し
今日お見せしたような 体験ができる
そんな未来を実現しましょう
新たな幕開けに際し 私は当社の アイデンティティについて考えました
Facebookは人類史上 最も広く 利用されている製品の一つであり
ソーシャルメディアを代表する ブランドですが
当社の多彩な事業内容を包括できる 名称ではなくなってきました
“Instagram” “WhatsApp” “Messenger” “Quest” “Horizon” “Nazaré”
ソーシャルメディアアプリの開発は 当社の中核であり続けます
しかし今 私達のブランドは 単一の製品に縛られ
当社が現在手がけていること 未来に手がけようとしていること
全てを包括するのが 難しくなってきました
私は今後 メタバース企業としての イメージを確立したいと思っています
事業内容を反映したアイデンティティ を与えたいのです
今日は当社を抜本的に変革するという お話をしました
今後 当社の事業は大きく分けて 2本の柱で構成されることになります
一連のアプリと 未来を見据えた プラットフォームの2本柱です
この変革の一環として 当社の新しい事業内容を包括し
私達が何者で 何を目指しているのか 的確に反映する新たな企業ブランドを
採用すべき時が来ました
誇りを持って発表します
当社の名称は本日をもって
“Meta”に変わります
私達のミッションは変わりません 人々をつなげることです
私達のアプリやそのブランドも 変わりません
そして当社は人を中心に据えた 技術を開発する企業であり続けます
でも私達はメタバース実現に向けた 新しい道標を手に入れました
そして私達は 手がけている事業と 実現したい未来の全てを包括する
新しい名称も手に入れました
今後 当社はFacebook主導ではなく メタバース主導で前進していきます
つまり当社サービスの利用に Facebookは必須ではなくなります
今後 当社の各製品に新ブランドが 表示されるに伴い
私達が築こうとしている未来と “Meta”というブランドが
広く認知されていくことを期待します
私は古典を学ぶのが好きです
“Meta”という名称は “超越”という 意味のギリシャ語から着想しました
この名称は 新たな開発への 絶え間ない挑戦と
物語の新たな幕開けを 象徴すると考えています
大学寮の小さい部屋で始まった私達の 物語は 当時は想像もしなかったほど
大きな物語に成長しました
その物語から生まれたアプリを使い 人々は他の人々を見つけて声を聞き
ビジネスを立ち上げ コミュニティを構築し
世界を変えるムーブメントを 巻き起こしています
私は当社の成果を誇りに思うと同時に 次の新たな挑戦を楽しみにしています
現在の技術的な限界に挑戦し 画面という制約を超え
距離や物理法則の壁を越え 誰もが同じ場所に集まり
新たな機会を創造し 新しいことを体験できる
そんな未来の実現に向けた 挑戦が待っています
その未来は いち企業が単独で 実現できるものではありません
当社は人々がつながる新たな手段を 提供してきました
当社はこれまで 社会問題や クローズドプラットフォーム環境から
数多くのことを学びました
そして今こそ 学んだ全てを活かし
新たな幕開けに踏み出す時です
当社は世界のどんな企業よりも
この目標にエネルギーを注いでいます
あなたもこの未来を見たいと思うなら
私達と一緒に進みましょう
なぜなら この先には想像を超えた 未来が待っているからです

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

“Play-to-earn”ゲームはポンジスキームだ!!!

Pocket