Pocket

車の運転は、認知、判断、操作の繰り返し。自動運転の実現にはこれらをコンピュータが判断して行います。
周囲の状況はカメラやレーダー、ソナーを利用したりしますが、全てが理想的な状態ではありません。

 

 

例えば、道路沿いには道路標識とは異なる看板や建物、樹木などがあったり
工事が行われていたり、白線が消えかかったりします。

 

 

多くの不測の事態に対応するためには環境認識の技術向上がとても重要な課題になります。
そのような分野はディープラーニングのような新しいAIが得意です。

 

 

AI技術にも様々な手法があり、 ディープラーニングのように、判断の過程が人には理解できないが、非常に高精度に処理するもの。
処理内容を人が設定し、理解、制御できるが、処理精度が、低いもの。 自動運転では両方を、組見合わせた処理が必要になるのです。

 

まずは環境の変化を少なくするために
一部の地域限定の自動運転から始めていくのがよさそうだ

 

Pocket