Pocket

Chinese EV Makers Taking Page From Tesla’s Playbook: Giga Press

Posted on EVANNEX on December 28, 2021, by Charles Morris

Tesla’s megacasting technique represents a huge innovation in auto manufacturing. Using giant casting machines to make car bodies out of massive cast parts greatly reduces the complexity of the body assembly process, saving costs and improving efficiency.

At Gigafactory Texas, Tesla is using an enormous Giga Press to cast a single rear body piece for Model Y, which replaced 70 different parts. The Giga Presses Tesla is using in Texas are made by an Italian company called IDRA. In 2019, Tesla commissioned what it called the world’s largest casting machine from a Chinese manufacturer, the LK Group, and it’s believed that this will soon go into service at Gigafactory Shanghai.

LK Group founder Liu Siong Song recently told the New York Times that his company worked with Tesla for over a year to make the massive new machine. LK will also supply similar giant casting presses to six Chinese companies by early 2022.

The adoption of Tesla’s megacasting process by other automakers is just one dramatic example of the mutually-beneficial relationship between Tesla and China’s rapidly emerging EV industry. The Chinese government has rolled out the red carpet for Tesla, granting it unprecedented access to the world’s largest auto market, and streamlining regulatory approvals to get Gigafactory Shanghai built in record time.

In turn, Tesla is helping Chinese companies become ever more competitive, working with local suppliers to make increasingly sophisticated components that enable them to challenge the automotive giants of the US, Europe and Japan.

Gigafactory Shanghai has been very good to Chinese component suppliers. Tesla says that, in the fourth quarter of 2020, some 86 percent of outsourced Model 3 and Model Y components used at the Shanghai Gig came from within China. (For cars made in Fremont, 73 percent of outsourced components came from China.)

The Times speculates that Tesla could do for Chinese EV-makers what Apple did for the country’s smartphone industry. As iPhone technology spread to local companies, they began making better and better phones, and some of them have gone on to become major players in global markets.

LK hopes to sell its megacasting machines to many more Chinese companies, but Mr. Liu told the Times that local automakers lack the talented car designers that Tesla has in plenty. “Many Chinese automakers are talking to us about building the machines, but the majority of them are still in the design process. We have a bottleneck in designers in China.”

Posted on EVANNEX on December 28, 2021, by Charles Morris

テスラのメガキャスティング技術は、自動車製造における大きなイノベーションを象徴しています。巨大な鋳造機を使って大量の鋳造部品から車体を作ることで、車体組立工程の複雑さを大幅に軽減し、コスト削減と効率化を実現します。

ギガファクトリー・テキサスでは、テスラが巨大なギガプレスを使用して、70種類の部品を置き換えたモデルYのリアボディ1つを鋳造しています。テスラがテキサスで使用しているGiga Pressは、IDRAというイタリアの会社が製造しています。2019年、テスラは中国のメーカーであるLKグループに世界最大の鋳造機と呼ばれるものを依頼し、これが間もなくギガファクトリー上海で稼働すると考えられている。

LKグループの創業者であるLiu Siong Song氏は最近、ニューヨーク・タイムズ紙に対し、同社がテスラと1年以上協力して、この巨大な新型マシンを製作したと語っています。LKはまた、2022年初頭までに中国企業6社に同様の巨大鋳造プレスを供給する予定です。

テスラのメガキャスティング工程が他の自動車メーカーに採用されたことは、テスラと中国の急成長するEV産業との相互利益関係の劇的な一例に過ぎないのです。中国政府はテスラにレッドカーペットを敷き、世界最大の自動車市場への前例のないアクセスを許可し、ギガファクトリー上海を記録的な速さで建設するために規制当局の承認を合理化しました。

テスラは、中国企業の競争力強化に貢献し、現地のサプライヤーと協力して、米国、欧州、日本の大手自動車メーカーに対抗できるよう、より高度なコンポーネントを製造しています。

ギガファクトリー上海は、中国の部品サプライヤーにとって非常に有益な存在となっています。テスラによると、2020年第4四半期には、上海ギガで使用する外注のモデル3およびモデルYの部品の約86%が中国国内から調達されたという。(フリーモントで製造された車の場合、外注部品の73パーセントが中国からのものだった)。

Times紙は、Appleが中国のスマートフォン産業にしたように、Teslaが中国のEVメーカーにすることができると推測している。iPhoneの技術が現地企業に広まるにつれ、現地企業はより良い携帯電話を作り始め、その中には世界市場でメジャーになる企業も出てきている。

LKは、より多くの中国企業にメガキャスト機を販売したいと考えています。しかし、Liu氏はTimes紙に対し、地元の自動車メーカーには、テスラが豊富に抱える優秀な自動車デザイナーがいないと語っています。「多くの中国自動車メーカーが、この機械の製造について私たちに相談していますが、その大半はまだ設計段階です。中国にはデザイナーのボトルネックがあるのです。”

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket