Pocket

令和2年度技術士第一次試験問題[適正科目]2-13

「働き方改革」の一つの手段として、また、昨今は新型コロナウイルス感染症に関連する話題でも特に頻繁に耳にするようになった「テレワーク」に関する問題ですね。

今回は、テレワークにおける労働基準法の適用に関する問題です。詳しくは、厚生労働省の発出した「テレワークにおける適切な労務管理のためのガイドライン」(https://www.mhlw.go.jp/content/11911500/000683359.pdf)を一読されることをおすすめします。

 

(ア)正しい項目となります。詳しくは、資料の6ページに記載があります。

(イ)誤りです。通常の労働時間制度に基づきテレワークを行う場合でも、使用者はその労働者の労働時間を適正に把握する責務を有します。詳しくは、資料の7ページに記載があります。

(ウ)正しいです。(イ)の労働時間の把握、とも関係してきますが、詳しくは、資料の8ページに記載があります。

(エ)正しいです。詳しくは、資料の9ページに記載があります。

以上より、正しく正誤を組み合わせて、正解選択肢は4.となります。

[解答:④]

もっと知るには・・・

おすすめ参考書

amazon 楽天

■資格取得に関してのおすすめ記事

資格取得のその先… まず第一に「資格」自体取得したところであまり意味をなしません。資格取得はゴールではなく稼ぐための手段なのです
学歴・資金・資格なしでも人生を一発逆転できる方法とは
仕事で成果を上げるために必要な2つの「仕事の構造化」と「仕事のシステム化」について

Pocket