Pocket

引用:The price of batteries has declined by 97% in the last three decades

Already carbon neutral today for corporate emissions worldwide, the company plans to bring its entire carbon footprint to net zero 20 years sooner than IPCC targets

 

Cupertino, California — Apple today unveiled its plan to become carbon neutral across its entire business, manufacturing supply chain, and product life cycle by 2030. The company is already carbon neutral today for its global corporate operations, and this new commitment means that by 2030, every Apple device sold will have net zero climate impact.
“Businesses have a profound opportunity to help build a more sustainable future, one born of our common concern for the planet we share,” said Tim Cook, Apple’s CEO. “The innovations powering our environmental journey are not only good for the planet — they’ve helped us make our products more energy efficient and bring new sources of clean energy online around the world. Climate action can be the foundation for a new era of innovative potential, job creation, and durable economic growth. With our commitment to carbon neutrality, we hope to be a ripple in the pond that creates a much larger change.”
Apple is providing detail on its approach to carbon neutrality with a roadmap for other companies, as industries look to reduce their impact on climate change. In its 2020 Environmental Progress Report — released today — Apple details its plans to reduce emissions by 75 percent by 2030 while developing innovative carbon removal solutions for the remaining 25 percent of its comprehensive footprint.

 

To support these efforts and beyond, Apple is establishing an Impact Accelerator that will focus on investing in minority-owned businesses that drive positive outcomes in its supply chain and in communities that are disproportionately affected by environmental hazards. This accelerator is part of Apple’s recently announced $100 million Racial Equity and Justice Initiative, focused on efforts that address education, economic equality, and criminal justice reform.
“We’re proud of our environmental journey and the ambitious roadmap we have set for the future,” said Lisa Jackson, Apple’s vice president of Environment, Policy and Social Initiatives. “Systemic racism and climate change are not separate issues, and they will not abide separate solutions. We have a generational opportunity to help build a greener and more just economy, one where we develop whole new industries in the pursuit of giving the next generation a planet worth calling home.”
Apple’s Climate Roadmap
Apple’s 10-year roadmap will lower emissions with a series of innovative actions, including:
Low carbon product design: Apple will continue to increase the use of low carbon and recycled materials in its products, innovate in product recycling, and design products to be as energy efficient as possible.
Apple’s latest recycling innovation — a robot the company is calling “Dave” — disassembles the Taptic Engine from iPhone to better recover key materials such as rare earth magnets and tungsten while also enabling recovery of steel, the next step following its line of “Daisy” iPhone disassembly robots.
The company’s Material Recovery Lab in Austin, Texas, which is focused on innovative electronics recycling technology, is now partnering with Carnegie Mellon University to further develop engineering solutions.
All iPhone, iPad, Mac, and Apple Watch devices released in the past year are made with recycled content, including 100 percent recycled rare earth elements in the iPhone Taptic Engine — a first for Apple and for any smartphone.
Apple decreased its carbon footprint by 4.3 million metric tons in 2019 through design and recycled content innovations in its products. Over the past 11 years, Apple has reduced the average energy needed for product use by 73 percent.

Expanding energy efficiency: Apple will identify new ways to lower energy use at its corporate facilities and help its supply chain make the same transition.
Through a new partnership with Apple, the US-China Green Fund will invest $100 million in accelerated energy efficiency projects for Apple’s suppliers.
The number of facilities participating in Apple’s Supplier Energy Efficiency Program grew to 92 in 2019; these facilities avoided over 779,000 annualized metric tons of supply chain carbon emissions.
Last year, Apple invested in energy efficiency upgrades to over 6.4 million square feet of new and existing buildings, lowering electricity needs by nearly one-fifth and saving the company $27 million.
Renewable energy: Apple will remain at 100 percent renewable energy for its operations — focusing on creating new projects and moving its entire supply chain to clean power.
Apple now has commitments from over 70 suppliers to use 100 percent renewable energy for Apple production — equivalent to nearly 8 gigawatts in commitments to power the manufacturing of its products. Once completed, these commitments will avoid over 14.3 million metric tons of CO2e annually — the equivalent of taking more than 3 million cars off the road each year.
New and completed projects in Arizona, Oregon, and Illinois bring Apple’s renewable capacity for its corporate operations to over 1 GW — equivalent to powering over 150,000 homes a year. Over 80 percent of the renewable energy that Apple sources for its facilities are now from Apple-created projects, benefitting communities and other businesses.
Globally, Apple is launching one of the largest new solar arrays in Scandinavia, as well as two new projects providing power to underserved communities in the Philippines and Thailand.
Process and material innovations: Apple will tackle emissions through technological improvements to processes and materials needed for its products.
Apple is supporting the development of the first-ever direct carbon-free aluminum smelting process through investments and collaboration with two of its aluminum suppliers.
Today the company is announcing that the first batch of this low carbon aluminum is currently being used in production intended for use with the 16-inch MacBook Pro.
Through partnerships with its suppliers, Apple reduced emissions from fluorinated gases by more than 242,000 metric tons in 2019. Fluorinated gases are used in the manufacturing of some consumer electronics components and can contribute to global warming.
Carbon removal: Apple is investing in forests and other nature-based solutions around the world to remove carbon from the atmosphere.
Apple is announcing today a first-of-its-kind carbon solutions fund to invest in the restoration and protection of forests and natural ecosystems globally.
In partnership with Conservation International, the company will invest in new projects, building on learnings from existing work like restoring degraded savannas in Kenya and a vital mangrove ecosystem in Colombia. Mangroves not only protect the coasts and help support the livelihood of those communities where they grow, but they also can store up to 10 times more carbon than forests on land.
Through its work with The Conservation Fund, the World Wildlife Fund, and Conservation International, the company has protected and improved the management of over 1 million acres of forests and natural climate solutions in China, the US, Colombia, and Kenya.
Apple engages with governments, businesses, NGOs, and consumers around the world to support policies that strengthen environmental protections and the transition to clean energy, which the company sees as a vital component of global climate action. The company’s complete plan and how it measures its carbon footprint can be found in its 2020 Environmental Progress Report. Progress on its supplier commitments can be found at apple.com/environment.

 

現在、世界中の企業の排出量はすでにカーボンニュートラルですが、IPCCの目標よりも20年早く、カーボンフットプリント全体をネットゼロにする計画です。

 

カリフォルニア州クパチーノ発 – Appleは本日、2030年までに事業全体、製造サプライチェーン、製品ライフサイクルにおいてカーボンニュートラルを実現する計画を発表しました。アップルは現在、グローバルな企業活動においてカーボンニュートラルを実現していますが、今回の新たな取り組みにより、2030年までに販売するすべてのアップル製品の気候変動への影響を正味ゼロにすることができます。
“アップルのCEOであるティム・クックは、「企業は、私たちが共有する地球への共通の関心から生まれる、より持続可能な未来の構築を支援する大きな機会を持っています」と述べています。”Appleの環境への取り組みを支えているイノベーションは、地球に優しいだけでなく、製品のエネルギー効率を高め、世界中で新しいクリーンエネルギーの供給を可能にしています。気候変動対策は、革新的な可能性、雇用創出、永続的な経済成長の新時代の基盤となり得ます。カーボンニュートラルへの取り組みにより、私たちはより大きな変化を生み出す池の中のさざ波になりたいと考えています」と述べています。
Apple社は、気候変動への影響を低減しようとしている業界の中で、他の企業のためのロードマップとして、カーボンニュートラルへのアプローチの詳細を提供しています。本日発表された「2020 Environmental Progress Report」の中で、Appleは、2030年までに排出量を75%削減し、包括的なフットプリントの残り25%については革新的な炭素除去ソリューションを開発するという計画を詳述しています。

 

このような取り組みを支援するために、Appleはインパクト・アクセラレータを設立し、サプライチェーンや環境破壊の影響を受けているコミュニティでポジティブな結果をもたらすマイノリティ所有のビジネスへの投資に注力していきます。このアクセラレータは、Appleが最近発表した1億ドル規模の「Racial Equity and Justice Initiative」の一環であり、教育、経済的平等、刑事司法改革に取り組む取り組みに重点を置いています。
“Appleの環境・政策・社会的イニシアチブ担当副社長のリサ・ジャクソンは、「私たちの環境への取り組みと、将来に向けて設定した野心的なロードマップを誇りに思います。”制度的な人種差別と気候変動は別々の問題ではなく、別々の解決策を免れることもありません。私たちには、次世代の子供たちに故郷と呼ぶにふさわしい地球を与えるために全く新しい産業を開発する、より環境に優しく、より公正な経済の構築を支援する世代的な機会があります」と述べています。
Appleの気候ロードマップ
Appleの10年間のロードマップでは、以下のような一連の革新的な行動によって排出量を削減します。
低炭素な製品設計。Appleは今後も、製品への低炭素素材やリサイクル素材の使用を増やし、製品のリサイクルに革新をもたらし、可能な限りエネルギー効率の高い製品を設計していきます。
Appleの最新のリサイクル技術は、同社が「Dave」と呼ぶロボットで、iPhoneのTaptic Engineを分解することで、レアアース磁石やタングステンなどの重要な素材をよりよく回収するとともに、スチールの回収も可能にしています。これは、同社のiPhone分解ロボット「Daisy」シリーズに続くステップです。
革新的な電子機器リサイクル技術に注力しているテキサス州オースティンにある同社のマテリアル・リカバリー・ラボは、現在、カーネギーメロン大学と提携し、エンジニアリングソリューションのさらなる開発を進めています。
過去1年間に発売されたiPhone、iPad、Mac、Apple Watchのすべてのデバイスにリサイクル素材が使用されています。その中には、Appleにとってもあらゆるスマートフォンにとっても初めてとなる、iPhoneのタプティックエンジンに使用されている100パーセントリサイクルされた希土類元素も含まれています。
Appleは、製品のデザインとリサイクル素材の革新によって、2019年に430万トンの二酸化炭素排出量を削減しました。過去11年間で、Appleは製品の使用に必要なエネルギーを平均で73%削減しました。

エネルギー効率の拡大。アップルは、自社施設でのエネルギー使用量を削減するための新たな方法を特定し、サプライチェーンも同様に移行できるよう支援します。
Appleとの新しいパートナーシップを通じて、米中グリーンファンドはAppleのサプライヤーのエネルギー効率化プロジェクトを加速するために1億ドルを投資します。
AppleのSupplier Energy Efficiency Programに参加している施設は2019年に92カ所に増え、これらの施設では年換算で779,000トン以上のサプライチェーンの炭素排出が回避されています。
昨年、Appleは640万平方フィートを超える新規および既存の建物のエネルギー効率向上に投資し、電力需要を約5分の1に下げ、2,700万ドルを節約しました。
再生可能エネルギー。Appleは、事業活動に使用する再生可能エネルギーの100パーセントを維持し、新しいプロジェクトの立ち上げとサプライチェーン全体のクリーン電力への移行に注力します。
Appleは現在、70社以上のサプライヤーからAppleの生産に100%再生可能エネルギーを使用することを約束してもらっており、これは製品の製造に必要な電力に換算すると約8ギガワットに相当します。これらのコミットメントが完了すると、年間1,430万トン以上のCO2を回避することができます。これは、毎年300万台以上の自動車を道路から排除するのに相当します。
アリゾナ州、オレゴン州、イリノイ州での新規および完了したプロジェクトにより、Appleの企業活動における再生可能エネルギーの容量は1GWを超え、これは年間15万軒以上の家庭の電力に相当します。Appleが自社施設のために調達している再生可能エネルギーの80パーセント以上は、Appleが生み出したプロジェクトによるもので、地域社会や他の企業に恩恵をもたらしています。
世界的に見ると、Appleはスカンジナビアで最大級の新しい太陽光発電所を立ち上げ、フィリピンとタイでは十分なサービスを受けられないコミュニティに電力を供給する2つの新しいプロジェクトを開始しています。
プロセスと材料の革新。Appleは、製品に必要なプロセスと材料を技術的に改善することで、排出量の削減に取り組んでいきます。
Appleは、アルミニウムサプライヤー2社への投資と協力を通じて、史上初の炭素を含まないアルミニウムの直接製錬プロセスの開発を支援しています。
そして本日、この低炭素アルミニウムの最初のバッチが、16インチMacBook Pro向けの生産に使用されていることを発表しました。
Appleはサプライヤーとのパートナーシップを通じて、2019年にフッ素系ガスの排出量を242,000トン以上削減しました。フッ素系ガスは、一部の民生用電子機器部品の製造に使用されており、地球温暖化の原因となる可能性があります。
炭素の除去 Appleは、大気中の炭素を除去するために、世界各地の森林やその他の自然を利用したソリューションに投資しています。
Appleは本日、世界各地の森林や自然の生態系の回復と保護に投資する、世界初のカーボンソリューションファンドを発表します。
コンサベーション・インターナショナルとのパートナーシップにより、ケニアの荒廃したサバンナやコロンビアの重要なマングローブ生態系の復元などの既存の活動から得られた教訓をもとに、新しいプロジェクトに投資していきます。マングローブは、海岸を守り、地域社会の生活を支えるだけでなく、陸地の森林の10倍もの炭素を蓄えることができます。
コンサベーション・ファンド、世界自然保護基金、コンサベーション・インターナショナルとの協働により、同社は中国、米国、コロンビア、ケニアにおいて、100万エーカー以上の森林の保護と管理を改善し、自然の気候変動対策に貢献しています。
Appleは、世界中の政府、企業、NGO、消費者と協力して、環境保護を強化する政策やクリーンエネルギーへの移行を支援しており、これは世界的な気候変動対策の重要な要素であると考えています。同社の完全な計画とカーボンフットプリントの測定方法は、「2020 Environmental Progress Report」に記載されています。サプライヤーのコミットメントの進捗状況は、apple.com/environmentでご覧いただけます。

副業関連

【株式投資でマネーマシンを作る】株初心者向けのテンプレ
初めての方へ。ネットビジネス初心者におすすめするまず最初に読んでほしい10記事を紹介!
(ブログで月数万円の収入があります)

起業

副業を始める前に起業センス(副業センス)を測定しよう。起業センス値が高いほど成功する確率が高い。まずは無料測定から
次世代起業家育成セミナーが1ヶ月間無料!2300名が在籍するビジネスや起業が学べるオンラインスクール
リスク0で時短で会社を起業したいならこの人に学べ!!
初めての方へ。ネットビジネス初心者におすすめするまず最初に読んでほしい10記事を紹介!
先達に学ぶ起業で独立を成功させるためのアイデア 起業で独立を成功させた先達の成功に学ぶ

Pocket