Pocket

【電検3種(R2年度)】電力科目:問7

[解答:⑤]

<解説・参考>

〇解説

(1)正しい
真空遮断器は,高真空状態のバルブの中で接点を開閉し,真空の優れた絶縁耐力を利用して消弧するものです。

(2)正しい
真空遮断器の開閉サージが高いことが懸念される場合,避雷器等を用いて,真空遮断器に接続される機器を保護することがあります。開閉サージは遮断器の開閉に伴い発生する過電圧の一つです。

(3)正しい
真空遮断器は,小形軽量で電極の寿命が長く,保守も容易であるため,現在の主流となっています。

(4)正しい
真空遮断器は,消弧媒体として SF6 ガスや油を使わない機器であり,多頻度動作にも適しています。 SF6 ガスを使用するのはガス遮断器であり, SF6 ガスの高い消弧能力から超高圧系統の遮断器に採用されています。

(5)誤り
真空遮断器は密閉構造であるため,動作時の騒音は小さく,空気遮断器は動作時の騒音が非常に大きいです。

〇参考

【おすすめテキスト】

Pocket