Pocket

仮想通貨は様々な規制があります。
仮想通貨の規制に関しては、市場が大きくなっていくことで強化される傾向があります。

 

 

日本のみならず世界的にも仮想通貨の規制は行われています。
日本に関しては、金融庁が監督官庁として仮想通貨業者を管理しているという仕組みです。

 

 

仮想通貨業者は、法律の改正によって仮想通貨業者として登録する必要性があります。
任意ではなく、登録しておかなければ仮想通貨業者として営業することが出来ないようになっています。

 

 

仮想通貨は海外では犯罪に利用される可能性や中国などのように海外に資産を流出させるきっかけになっています。

アメリカなどでは規制を設けることによって、犯罪に利用されることを防止したり、
中国では富裕層の資産が海外に流出しないように取引額などに規制がかけられています。

 

 

国によっても、規制内容や規制する目的は変化していきます。

 

 

ただ、現状では規制も仮想通貨の広がりに追いついていないという部分があります。

 

きちんと規制をしていないことで、
仮想通貨が悪用されたりする事案も起きています。

 

特に、法律的な規制をかけても技術的な規制がかけられていないという問題が浮上しています。

 

仮想通貨の流出事件が世界中で起きているということからも、
技術的な規制が甘くなっているということがよく分かります。

 

日本国内においても、
登録している以外の事業者が取引をしてはいけないという規制があるだけで、
厳しい罰則などもないので、違法行為が行われる可能性も大きいです。

 

 

犯罪者にしてみれば、まだまだ規制が甘い仮想通貨はとても大きなチャンスがあります。
簡単にお金を稼ぐことが出来る仮想通貨という仕組みは、とても魅力があります。

 

 

仮想通貨を盗み出すことによって、巨額のマネーを盗み出すということが出来ることから、
今だに仮想通貨を盗み出そうと考えている犯罪者はとてもたくさんいます。

 

 

金融庁などが監督しているという部分もありますが、
監督官庁には金融の専門家以外にも仮想通貨やITの専門家も必要となっています。

 

 

様々な専門家がいることによって、仮想通貨に関する犯罪なども未然に防いだり、
取り締まりをしていくことが出来ます。

 

 

仮想通貨に関する犯罪や悪用は、これからも増えていくことが懸念されています。

 

 

当然ですが市場規模が大きくなっていけば、それだけリスクも大きなものになっていきます。
世界的な取り締まりなども必要となっていきます。

 

 

お隣りの韓国のように明確な規制が行われていない国もあるなど、
規制や対応などはバラバラという部分もあります。

 

ジンバブエなどは安全な通貨として自国の通貨よりも信頼されています。

 

 

こうした国があるということから世界的な取り決めがないという点なども、
仮想通貨の規制が世界的には進んでいない原因となっています。

 

 

世界中の国は仮想通貨という新しい通貨を育てようという考え方もあるため、

あまり規制を現在では行っていないという方針などもあります。

 

 

 

多くの国で強力な規制をすることによって、
仮想通貨という通貨そのものが消えてしまう恐れもあるからです。

 

 

新しい通貨が生まれているということは、世界経済においても大きなプラスとなっている部分があります。

規制をしないことで、新しいお金の流れが生まれているという現状などもあります。

 

 

仮想通貨に関しては、多くの専門家が様々な意見を出しています。

 

 

実際に事件や被害が出てからでなければ、規制を進めることが出来ないという点などもあります。

全く新しい通貨ということもあり、過去のデータなどを応用することが出来ないのも大きく影響しています。

 

 

 

仮想通貨の規制は国ごとに定められており今後の規制に関してもそれぞれの国がどのような方針を持つのかということで決まります。

Pocket