Pocket

 

成熟期の市場では、頑張っても体力を使い果たすだけだ。

副業でも同じ考え方ができる。

 

魚釣りを想像してほしい。
いままでは、辛抱強く待てば釣れかたもしれない。

 

効率よく釣るために、エサや竿の動かし方を研究する。
そして釣るのがうまくなれば、空腹は満たされた。

 

現在はその釣り場に魚がいなくなってしまった。

 

ところが、魚がいなくなったことに気が付かず、
辛抱強く待ち続けている。

エサを変えれば、竿の動かし方を変えれば、
もっと釣れるようになると信じている。

 

努力すればするほど、体力を使い果たす。
かえって空腹になってしまう。

 

では、あなたはどんな選択をすればよいのか。

 

 

答えは簡単。

 

それは釣りを辞める事だ

 

では、単に副業を辞めればいいというわけではない。
何もないところでは、魚はつれない。

 

だったら他の場所に移動すればよいわけだ。
他の方法がいくつもあるのにそれが見えていないわけだ。

 

 

稼げないのは能力がないからではない。

 

いまでは通行止めの、過去の成功のルートを通ているからだ。
そして、今の時代に一番必要とされている、
変化対応力を見失っているのである。

 

別の釣り場に行けば、魚はいっぱいいるのだ。

 

 

せどりでも、アフィリエイトでも、先生をしてもいいし、
スロットでも、バイトでも、投資でも、稼ぐ方法はいくらでもある。

 

今やっている事をやめてもいいし、続けてもいい。

 

でも、自分のやりたい事をするのではなく、
お客に役に立つことをするのだ。

 

これが仕事の原点ではないだろうか。

 

あなたは筋トレを教えたいかもしれないが、
お客がマッサージを望んでいれば、マッサージをやってあげればいい。

 

お客から喜ばれればそれでいいのではないだろうか。

 

成熟した市場の攻め方

 

成熟した市場ではかせげないのか。
と、思うかもしれないがそうではない。

 

ライフサイクルによってとるべき戦略は変わってくる。

導入期ではPR活動。
成長期では広告宣伝。
成熟期ではニッチ戦略だ。

ニッチ戦略とは専門化だ。

 

 

例えばカジュアルウェアのユニクロの
ヒートテックを専門化した広告を見たことはないだろうか。

 

一着のヒートテックをどでかく掲載している。

 

成熟期では、多種多様な商品を紹介するより、
単品を掲載した方が反応率がよいからだ。

 

しかし販売する商品を絞る必要はない。

店舗に行けば、ヒートテックだけではなく
他の服も売っている。

 

効率良く来店してもらった後は何を売ってもよい。

 

ネットビジネスでも、専門化してリストを集めたあとは
お客が求めるものを売ればよいのだ!!

 

 

 

こういったビジネスのテクニックに興味がある人はメルマガ登録してください。

Pocket