Pocket

we present neural radiance fields or
nerf a new method for representing
complex scenes that achieves
state-of-the-art results review
synthesis given a set of input images of
a scene which in this visualization is a
Lego bulldozer we optimize a volumetric
representation of the scene as a
vector-valued function which is defined
for any continuous 5d coordinate
consisting of a location and view
direction we parameterize this scene
representation as a fully connected deep
network that takes each single 5d
coordinate and outputs the corresponding
volume density and view dependent
emitted RGB radiance at that location we
can then use techniques from volume
rendering to composite these values
along a camera array to render any pixel
this rendering is fully differentiable
so we are able to optimize the scene
representation by minimizing the error
of rendering all camera rates from a
collection of standard RGB images we
first show comparisons to top performing
methods on synthetically rendered data
scene representation networks implicitly
represent a scene using a fully
connected neural network as some runs
have issues of multi-view consistency
and are unable to represent high
frequency details local light field
fusion uses a pre trained network to
promote each input view to a high
resolution 3d volume inconsistencies
between adjacent volumes causes
flickering artifacts neural volumes in
coda seen as 128 cubed voxel grid and
use a work field to better allocate
these limited samples however they’re
still unable to represent high
resolution content such as the fine
details in the ship’s texture and
rigging we see the same trend in all of
our synthetic test scenes our method
both qualitatively and quantitatively
outperforms the other methods
here we show the results of our method
on the six other objects in a
realistically rendered dataset with
complex geometry and non Lambert
materials next we will show comparisons
on real scenes captured with a
forward-facing phone camera SSRN uses a
recurrent network to rain march through
encoded scenes resulting in inconsistent
appearance between rendered views lff
blends between multiple renderings with
different limited fields of view
resulting in flickering artifacts along
image borders here only our method can
represent fine details with complex
occlusion effects such as the ribs in
this fossilized t-rex skeleton now let’s
take a look at some additional real
results we can visualize the view
dependent effects captured by our
representation such as the
semi-transparent appearance the olive
oil bottle and speckle areas on the
stove reflections on this room’s
television and specularity x’ on the
conference table and sharp reflections
and specularity x’ on this red car’s
body and windshield our representation
captures high quality scene geometry
such as the details on this red flower
and complex occlusions in the Christmas
tree leaves and ornaments
this geometry is precise enough to be
used for additional graphics
applications such as virtual object
insertion with convincing occlusion
effects
here we visualize additional results
across a wide variety of real-world
scenes each captured with only 20 to 50
input images our neural radiance field
representations are able to render photo
realistic novel views of entire scenes
with fine geometry details and realistic
view dependent reflectance effects we’re
able to capture all of this visual
complexity in just the weights of a
simple fully connected Network
we also show preliminary results for 360
degree capture of real scenes

ニューラル・ラディアンス・フィールド(神経放射場)を発表します。
を表現するための新しい手法です。
複雑なシーンを実現する
最先端の成果レビュー
の入力画像群が与えられると、合成を行う。
このビジュアライゼーションでは、1つのシーンが
レゴのブルドーザーを最適化する。
シーンの表現を
と定義されるベクトル値関数です。
任意の連続した5次元座標
位置と視界から構成される
方向 このシーンをパラメータ化すると
を完全連結したディープ表現として
ネットワークは、各単一の5d
座標を出力し、対応する
体積密度とビューに依存する
その位置で放射されるRGB輝度
の技術を使用することができます。
レンダリングでこれらの値を合成する
カメラアレイに沿って任意のピクセルをレンダリング
このレンダリングは完全に微分可能です。
シーンに最適化することができます。
の誤差を最小にすることで表現しています。
すべてのカメラレートをレンダリングする場合
標準的なRGB画像の集まりです。
まず、トップクラスの性能との比較を示します。
合成されたレンダリングデータのメソッド
シーン表現ネットワークは、暗黙のうちに
を使用してシーンを表現します。
接続されたニューラルネットワークを使用し、いくつかのラン
マルチビューの整合性に問題がある
を表現することができない。
周波数詳細局所光場
フュージョンでは、事前に学習させたネットワークを使って
各入力ビューを高解像度化
3次元ボリューム 不整合
隣接するボリューム間の
フリッカーアーチファクト 神経ボリューム
コーダは128立方メートルのボクセルグリッドで表示され
ワークフィールドを使用することで、より効果的に
限られたサンプルではありますが
を表現することはできません。
細かいコンテンツ
船のテクスチャーやディテール
このような傾向は、すべての製品で見られます。
合成テストシーン
質的にも量的にも
他の手法より優れている
ここでは、私たちのメソッドの結果を示します。
他の6つのオブジェクトの
リアルにレンダリングされたデータセットで
複雑な形状や非ランバート
を比較します。
で撮影した実際のシーンで
携帯電話の前方カメラ SSRNが使用するのは
リカレントネットワークは、雨の中を行進する
エンコードされたシーンでは、一貫性のない
レンダリングビュー間の外観 lff
複数のレンダリングが混在している
異なる限定された視野
に沿ってちらつくアーチファクトが発生します。
ここで、我々の方法だけが、画像の境界線
複雑なディテールを表現する
の肋骨のようなオクルージョン効果。
このT-REXの骨格標本は、化石になったものです。
さらに実物を見てみましょう。
を可視化することができます。
によって捕捉される依存効果
のような表現があります。
半透明に見えるオリーブ
オイルボトルやスペックル(斑点)部分
この部屋のストーブの映り込みは
テレビとスペキュラリティx’
会議テーブルとシャープな映り込み
この赤い車の鏡面性X’と
ボディとフロントガラスを表現しています。
高品質なシーンジオメトリをキャプチャ
赤い花のディテールのような
と複雑なオクルージョンを持つクリスマス
ツリーの葉とオーナメント
このジオメトリは十分な精度があり
追加のグラフィックスに使用
バーチャルオブジェクトのような
説得力のあるオクルージョンの挿入
効果
ここでは、さらなる成果を可視化します。
実世界のさまざまな
20~50シーンで撮影
入力画像は、ニューラル・ラディアンス・フィールド
をレンダリングすることができます。
シーン全体のリアルな新規ビュー
細かいジオメトリのディテールとリアルな
ビュー依存の反射率効果
このような視覚的な要素をすべて取り込むことができる
の重みだけで複雑な
単純な完全連結ネットワーク
また、360°回転の予備的な結果も示しています。
実景の全方位キャプチャ

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket