Pocket

Biden says he will replace the entire federal fleet with electric vehicles」という記事によると、2019年に連邦政府が使っていた自動車は64万5千台。そのうち、22万5千台が郵便の配達車、17万台が軍隊の自動車だそうです。

ゴミの収集車や救急車などは、連邦政府ではなく地方自治体が民間にアウトソースしているものですが、地方自治体でも同じような政策を取ることが予想出来ます。

トランプ政権からバイデン政権に変わって、いくつかの政策が大きく変更されましたが、この地球温暖化対策は、経済的なインパクトという意味ではもっとも大きな影響を持つもので、今後、電気自動車、再生可能エネルギー、蓄電池などの市場が、これまで以上の活況を持つことは明らかです。

引用 週刊 Life is Beautiful 2021年2月2日号

Pocket