Pocket

商品の品質が良い事は売れていくためには必要な事だ。
しかしそれは、あくまでも必要最低条件であって十分条件ではない。

 

例えば話題になる有名人をイメージして欲しい。
いい人よりは、危なっかしい人のほうが話題になったりする。

 

商品も同じだ。
いい商品というだけでは買われない。

 

物が売れる仕組みの一つに口コミがある。
口コミの効果は絶大だ。

 

福岡に一蘭というラーメン屋がある。

一蘭は味が美味しいのは当たり前だが、
それだけではあんなに流行ったりしない。

 

 

他の店と何が違うかと言えば、
そもそも店が違う。

 

入口に立ったお客様はまず戸惑う。
着席すると、周りに敷居があり隣が見えない。

 

食べるときに不要な情報を排除して
ラーメンに集中できる環境が作られているのだ。

 

他にも、お店のうんちくが書かれていたり。

ラーメンだけでなく、体験部分や空間に仕掛けがあるのである。

 

こういった口コミを呼び仕掛けがたくさんある。

 

ただ品質がよいだけではない。

 

一般のお客は品質の違いを正確に判断できない。

 

家電量販店に行ってたくさんのノートパソコンを
目の前にして「安ければどれでもいいや」。

みたいに品質の差なんて、詳しくわからない事が多い。

 

品質よりももっと違いの分かる部分を認識し、
そこで判断することになる。

 

こういった違いを生むのは体験だけではない。

 

会社の熱意や情報発信も違いを生む。

 

会社からの情報発信がなければ、お客に情報が届かないから、判断もできない。

 

 

 

 

社員一人一人が喜んで情報を発信する方法がある。

それはお客様の声を聞く事だ。

 

 

 

 

〇×のアンケート と
「ご意見・ご批判があればご自由に記入ください」

 

これは、致命的な間違いだ。

 

 

お客は

「この会社は批判を聞きたいのだな。だったら批判を書こう」

と親切に重箱の隅をつついてくれるわけである。

 

これでは社員はクレームばかりがインプットされ自信を持てなくなる。
(ホントはとてもいい商品なのにも関わらずに)

 

 

それよりは、

 

お客様の声をお聞かせください!

あなた様の喜びの声を聞くことほど、私たちの仕事に情熱とやりがいを与えてくれるものはありません。

いいこと・悪いこと、どんなことでも結構です。是非あなた様の声をお聞かせください。

 

 

このような熱っぽい依頼をした方が、

かえって的確なアドバイスを頂けたり、

熱っぽい反応が返ってきたりする。

 

お客とのこのスムーズのコミュニケーションの循環が、
社員の中で話題になり、情報発信につながったり
お客自身で考えがまとまり、新しい顧客を生んだり
と良い流れが生まれるのだ。

 

 

 

Pocket