Pocket

マインドフルネスとは、「今この瞬間」の自分の体験に注意を向けることです。

 

スポーツ選手が絶好調の時に「ゾーンに入った」という言い方をすることがありますが、

その状態に近いと考えるとわかりやすいかもしれません。

 

 

現代社会は、スマホやパソコン、仕事のストレスやちょっとした雑務など、

「1つのことに集中するのが難しい環境」にあります。

 

そのせいで、目の前の仕事をしている間にも、ついつい”他のこと”が気になってしまい、

集中力が続かないというのは、あなたもうっすら感じているのではないでしょか?

 

 

 

他のことと(マルチタスク)は効率が良いどころか逆に、

生産性が40%も減少するということがわかったのです。

 

つまり、他の事が気になっている状況はかなり生産性が低いのです。

 

だからこそ、意識的に「今この瞬間だけに意識を向ける」

というマインドフルネスがなおさら大事になってきているのです。

 

マインドフルネスは、近年研究が盛んに行われている分野の一つです。

その中で、有益な効果が数多くあることが分かってきました。

 

今回はその中でも特に「読書」に関するマインドフルネスの効果を説明します。

 

 

 

 

集中力が高まる

マインドフルネスをやることで、意識を1点に集中させやすくなります。

目の前にある本に100%集中できるようになるので、より深く本の内容を理解することができるようになります。

 

 

記憶力も高まる

マインドフルネスは記憶力も高める効果があります。

あなたも「せっかく時間をかけて本を読んだのに、

内容をほとんど覚えていない」という経験がありませんか?

 

その悩み、読書前にマインドフルネスを実践することで、

解消することができるようになります。

 

 

 

 

「マインドフルネスのやり方」をご紹介します。

 

マインドフルネスは一つのものに意識を集中させます。

一般的には呼吸にたえず意識を集中させます。

 

雑念に意識が向いてもまた呼吸に意識を戻してということを

15分くらい実践すると、自信が落ち着き、集中した状態になっている事が実感できます。

 

そういった状態で本を読むといつもより集中力も記憶力も高まります。

マインドフルネスの状態はいつもより読書の質が高くなるので実践してみてください。。。

 

 

 

 

 

 

もっと簡単なおすすめの方法を紹介します。

 

 

それはノイズキャンセリングの耳栓をつけて本を読むです。

https://amzn.to/2NAayUU

 

 

聴覚を奪うだけで、読書に集中できるようになります。

音の情報がいかに意識を奪っていたか実感できると思います。

 

読書の質を高めるための

ノイズキャンセリングの耳栓への投資はかなりリターンがあります。

https://amzn.to/2NAayUU

 

しかも意外と安いです。

 

ノイズキャンセリングの仕組みはごく一般的なもので、

逆位相の音を鳴らすことでノイズを打ち消すというもの。

 

使い方はとても簡単でイヤホンを耳に入れて、

本体の電源をオンにするだけ。これだけで読書に集中できるようになります。

 

Pocket