Pocket

FBAに送れない商品を仕入れしてしまい、自己配送で出品していました。
売れたので郵便局に持って行ったのですが、

局員に「取扱いしていいのかわからない」といわれかなり戸惑いました。

 

それが危険物4類です。

引火性液体:引火しやすい液体。ガソリンや灯油などの液体燃料がこの類になる。

その中で、危険な順に以下の順序で分類される。たとえば、第2石油類よりも第1石油類の方が危険なので、保管できる指定数量は小さくなり、容器に求められる安全性も高くなってくる。 引火性液体は、液体自身に火が点くのではなく、液体から発生する蒸気(揮発し気体化したもの)に火が点く(蒸発燃焼)。危険物の中で唯一、一部を取り扱う事のできる丙種資格が存在する。

第3石油類・第4石油類・動植物油類は引火点が高く、加熱しない限り引火する危険性はない。しかしいったん火災になった場合は液温が非常に高くなるため、消火が困難な状況となる場合もある。

また、一部例外もあるが、引火性液体の主な特徴として「液比重が1よりも小さい(水よりも軽い)、発生する蒸気は空気よりも重い、水に溶けない、電気の不良導体である」という性質を持つ。

今回持ち込んだのは第3石油類のエンジンオイル
第1石油類:1気圧で、引火点が 21°C未満のもの。
第2石油類:1気圧で、引火点が 21°C以上 70°C未満のもの。

第3石油類:1気圧で、温度 20°Cで液体であって、引火点が 70°C以上 200°C未満のもの。
第4石油類:1気圧で、温度 20°Cで液体であって、引火点が 200°C以上 250°C未満のもの。

 

 

まぁ結局送れたのでよかったですが、第1石油類だったら送れなかったのかな。引火点しか書いてないから大丈夫なのか?

 

とか、ほんの少しだけ気になりますが、

「送れないものが店頭にならんでないだろう」という気楽な気持ちで今後も仕入れしていきます。

航空便が使えないので遠方の場合、配達に要する期間が1日~4日程度遅れることとなるみたいです。

*香水とかも危険物扱いになるものが多いので注意が必要です。

 

ps:近い+深夜でも受け付けしてくれるので、いままで箱ブーンを利用していましたが、今回郵便局の送料が400円で箱ブーンより安かった。

たまたま、郵便局に行く用事があった事と、発送できるかの確認をしてもらう必要があった事が重なり利用させてもらいましたが小物なら郵便局もありだな思いました。

 

以上!!

スポンサーリンク

Pocket