Pocket

マーケティングではペルソナ分析がかなり重要になります。

PPCアフィリエイトを学んでいた時に先生からペルソナ分析がかなり重要だと繰り返し教えて頂きました。

(35万払った塾の先生がね)

 

 

アフィリエイト関連でいえば、ペルソナ分析をすることで思いがけないキーワードが見つかる可能性があります。

ライバルがいないキーワードのためブルーオーシャン。

やりたい放題というわけです。

 

 

他のライバルが気づいていないキーワードなので、

安い単価で入札ができて、なおかつ成約率がそこそこあるお宝キーワードの発見ができる

ペルソナ分析はマーケティングでは必須です。

 

 

 

 

集客に関してもペルソナ分析をしていると結果がかなり違ってきます。

例えばポータルサイトをうまく活用できるようになります。

 

web から問い合わせが発生し、

自分のお客さんに相応しいかどうかを確認する必要が有る人は確認をして、

サービスの入り口に立たせるということができます。

 

例えば、不動産関係。

ターゲットというのは誰かというと、素人で投資に真剣な人と。

そんな人はどんな人か。

 

 

部屋を借りたいと思っているひととはサイトへの訪れ方や

検索ワードが異なってくるのは明らかですよね。

 

そういう事を明確にするのがペルソナ分析です。

 

 

 

 

ペルソナ分析やり方

マーケテイングの本を読むとペルソナ分析を説明しているものが

数多くありますが、最終的にはターゲットの事をより詳しく理解するためのものです。

 

ターゲットのことを詳しくしれればどんな方法でもいいのでここでの、

分析項目は参考として増減させていってください。

ターゲットの設定

ターゲットをこれぐらい明確にする

 

・年齢
・性別
・血液型
・職業
・年収
・最終学歴
・学生時代の活動
・趣味
・恋人の有無・未婚・既婚
・インターネット利用頻度
・勤務時間
・通勤時間
・就寝時間
・食生活(外食派か自炊派か)
・好きな本
・好きな映画
・好きな番組
・好きな音楽
・好きな芸能人
・好きな雑誌
・インドアorアウトドア
・週末の過ごし方

ターゲットを観察する

・amazonレビューを見てみる(関連商品も含めて)

・雑誌を見てみる

・業界の人を話をしてみる

・ペルソナになりきる

→行き詰った時は、雑誌を読み漁る。女性雑誌読みまくる

 

 

上記設定を考えて、文章を書ける位までやる 例

ペルソナ分析の例

債務整理

引越し

ファリネ

不動産

 

 

どれだけターゲットを具体化できているかがとても大切ですね!!

【ターゲットは狭過ぎないか】

【具体化されているか】

【その人にリーチできるか】

 

 

<<前へ   PPCアフィリエイト入門 TOP   >>次へ

スポンサーリンク

Pocket