Pocket

今回は、長野県飯田市にあるオーギヤ飯田店で
「スロット テラフォーマーズ」の実践を行ないました。

 

 

当日は、平日の夕方からの実践で、店内の稼働率は60%程でした。

そんな店内を歩いていると、テラフォーマーズの0スルーで537ゲームハマりの台を発見し、

ゲーム数天井狙いで打ってみることに…。

 

スポンサーリンク

 

するとレア役すらまともに引けずに、あっさりと777ゲームの天井に到達しました。

がこれからが大変で、テラフォーマーズは、天井を経由しても、ART直撃はありません。

そのため、ボーナスに当選しない限りはARTにも当選することがないということなのです。

 

 

このシステムが生む最悪の結末というのが、

777ゲームを越えても、打ち続けないといけない上に、

青天井にハマる、という事態になってしまうことです。

 

観測員

 

私はまさにこの状態に陥ってしまい、800…900…と、遂には1000ゲームを越えてしまい、

そしてようやく長い長い旅は終焉を迎え、1200ゲーム手前で、ボーナスに当選しました。

 

 

それはつまりARTの当選も意味します。
ようやくありつけたARTで、まずはチャンス目から、ストックをゲット。

続いて、チャンスリプレイからのボーナスをゲットしました。

 

 

ここから、悪い流れが一変します。

まずはこのボーナスから、

極限人為変態バトルに突入し、

どんどん継続を重ねていきます。

 

そして10連目の継続をかけたバトルで、

勝つことができず、最終決戦へ移行します。

 

 

少し物足りなさを感じながらレバーを叩きました。

すると画面上には激アツの文字…役はチャンス目でしたが、

見事な引きで燈極限を当てることができました。

 

 

この燈極限は、最終決戦のゲーム数をストックする特化ゾーンなのですが、

今回はこれが上手くハマり、12個の獲得に成功しました。

 

 

その後のバトルも18連まで伸ばし、合計29個での最終決戦となりました。

最終決戦は約1/3でマーズラッシュをストックしていくのですが、

今回はこちらもかなり上出来で、約1/2で15個のストックに成功しました。

 

 

マーズラッシュに戻り、セットを消化している最中にも、

ストックやボーナスを絡め、最終的には38連の3276枚まで伸ばすことができました。

その後は、時間の関係もあって即ヤメで実践終了としました。

 

 

結果ですが、投資が900枚の回収3276枚で、差枚がプラス2376となりました。

今回は、天井を超えてまで打ったかいがありましたが、ARTが単発だったらと思うと、ヒヤッとします…。

 

天井は、ボーナス回数、チャンスリプ回数、ゲーム数の3種類ありますが、どれもすぐに当たる確証はないので、

あまり天井に重点を置くのは危険かと思います。

スポンサーリンク

Pocket