Pocket

  • 情報伝達の会議は基本的に不要
    情報はみんなに共有すべきかを精査した上で、必要性のない情報伝達の会議は減らす。
  • ワン・オン・ワンを増やす
    コミュニケーションの密度を高めることができる。頻度は2週間に1回程度で、基本的に上司と部下の会議
  • 資料は文章形式で、誰でも、いつでも、正しくわかる内容にまとめる
  • 提案はプレスリリース形式で書く
  • 提案内容はシンキング・バックワーズ(ゴールから手段を導く)で考える
    ・解決したい問題はに何か。・それによってお客様(社外、社内、取引先)はどのような痛みを感じているか。・その痛みを解決するために現在の商品やプロセスは十分か?それはなぜか。・もし足りない場合はそれはどのようにすれば解決するか?・それは自社の技術力や組織力で解決可能か?可能な場合はそれを商品化できるか?・解決不可能な場合それを提供できなるパートナーは市場に存在するか?・新商品の評価と利点は?・それらを使って問題をどのように解決するか?・どれくらい簡単に問題を解決できるのか?・それを利用したお客様はどのように喜んでいるか?
  • アイデア出しはブレストを使う

 

<動画での解説>

Amazonのすごい会議

Pocket