Pocket

インフラのモニタリング技術の現状と課題および計測データからの健全度評価技術の例

高度成長期に建設した構造物が完成後 50 年を迎え,徐々に劣化が顕在化し始めている.その中で構造物のモニタリングを行うことは,構造物の定量的な耐荷力や耐久性を知り,損傷の症状から,補修をしないことも含めた適切な対処方法を講じること,さらには地域の構造物の中で更新をすべき構造物の優先度をつけ,その結果,地域としての更新費の平準化を図ることができる方法であると思われる.

道路管理者や土木技術者に対する収集されたデータを用いた明確でわかりやすい健全度評価方法の提案である.
インフラ情報のデータ化と地理空間情報との融合,インフラへの各種センサの設置によるビックデータを活用した点検・補修計画の運営,交通データとの試験運用,センサやロボットによる新たな点検・補修技術の開発などが列挙され,2030年度にはモニタリング事業として 20 兆円規模の産業になることが期待されている.

 

人間と AI の融合序論ー未来社会・経済の枠組みへの試論ー

CureApp 社や Apple 社の狙いは、将来伸びると予想されるデジタルヘルスケアの市場を取りに行くことと考えられる。

PwC 系の strategy&のアンケート調査(世界のトップ企業幹部 120 人余)に基づくレポートによれば、2030 年には世界全体の医療費予算が 10%増加して$11 兆 6,000 億に、ワシントン大学の保険指標評価研究所(IHME)は同期間に 42%増加して 15 兆ドルに上ると予想している。

社会全体の welfare の指標が GDP から非物的生産物を含む価値に移る根拠になる。つまり、人間の感動、ひらめき、幸福感が究極の生産物として位置付けられるということになり、それを生み出す創造性が価値として評価されるということになる。

パブリック・ブロックチェーン維持のため費やされる電力は大きく、88.82 TWh/年(=88 兆 8,200 億 Wh)、世界全体年間の発電量に対するビットコイン維持のための消費シェアだけでも 0.40%を占め、フィンランドやベルギー1 国の電力消費量より大きいという

 

メルカリは、分散型マーケットプレイスに向け、mercariX の研究開発を進めている。これは、「ブロックチェーン技術を活用し、サービスを提供する特定の会社が存在しなくても機能
する、非中央集権型の仕組み」57を目指しており

スーパーシティ法では、構想を実現する上で主要なプレイヤーに反対がないことを確認する、住民合意を証する書面を添付いただくことを前提に、提案全体をいったん特区担当大臣としての総理に提出いただくことを定めました。
提案を受け取った総理は、その内容を公表した上で、この案全体でどうかということを、関連する規制を所管する複数の省庁に同時に検討を要請します。各省庁における検討プロセスでは、特区諮問会議の意見を必ず聞いていただくこととし、必要があれば、諮問会議が規制所管省庁に対し、勧告をすることができることとなっています。
こういった仕組みを導入することで、複数分野の革新的サービスが、同時に実現しやすくなる特別な規制改革の手続きを、スーパーシティのプロジェクトについては、認めることとしました。

 

「ポスト地方創生期」の地域におけるシェアリングガバナンスの展開可能性に関する研究

2014年より人口減少の克服と地域活性化を目指す「地方創生」と「成長戦略」の推進が政府主導で進められ、年間数千億円規模の財源や国の総合戦略の支援策を活用し、各地方の地方版総合戦略が策定されている。

 

新たな地域ガバナンスの構成要件

第一は連帯(Solidarity)である。

SC の取組みは、高度なテクノロジーや市場を万能とみなす世論に対して、アリストテレスの時代のより善く生きる人々が築く都市国家の理念に基づいた「挑戦的営為」だとしている。そ
の第一義的な機能は、共有財のために共に働くことを可能とし、すべての人々を社会に統合する、「連帯性」にあるとしている。

第 二 は、 分 散 構 造(Distributedarchitecture)である。

SC は、官僚機構によって、個々に分離された領域に機能を集中化させる現代的な都市経営から、オープンネットワークを通じたリアルタイムの処理を実現するために、都市中に課題解決機能を張り巡らす分散したネットワーク化構造へと転化するとしている。それは、多目的なゾーニング、モジュール構造、事業基準の多機能的な資産活用、web サイト上におけるエネルギー、水、廃棄物などの処理等によって特徴づけられる。そして、そのためには一層、民主的なマネジメントが重要となる。

第 三 に、 個 人 の 満 足 は 市 民 の 豊 か さ(Private sufficiency, civic abundance)と同値である。SC は、規模を縮小した消費を強要する「剥奪」や「退屈」ではなく、「豊かさ」
や「幸せ」への近道である。個々に楽しく利得が得られる取組みは、市民全体にとってその社会的厚生を高めることにつながる。

第四に、共通のニーズと共にデザインさ れ た 解 決 策(Common need, co-designed solutions)である。SC は、共通する市民のニーズや、トップダウン型の万能な解決方法に対して、実践的でコミュニティベースの解決策に焦点を当てている。そのためにはコミュニティの市民が、自主的に課題解決へ取り組む行動を起こすことが重要となる。

第五に、相対取引に対する変化した対応(Transformation over transaction)である。
SC は住民が互いのために働くといった能力の錬成に役立つような解決策に重きを置いている。協働する能力の錬成につながるサービスの創出は、変化に対応しつつも社会的な財を生み出しそれが新しい協働につながり、長期的な発展の軌道へとつながっていく。

第六に、ローカルな統制とグローバルな協働の均衡(Local control, global cooperation)である。
SC は、グローバルに協働する、民主的な数多くのローカルに存在する力の中心を創造することとなる。地方政府は互いに結び付いたオープンソースともいうべき各都市の共有財に関連する技術を発展させる。
Airbnb や Uber は、各地でローカルに民間によって保有されているが、グローバルなプラットフォームでもつながっており、かつ民主的に統制されているサービスの事例だといえる。

第七に、拡大の規模だけはなく、複製することによる効果(Impact through replication,not just scale)である。SCは、システマティックに解決策を文書化し、それをプロトタイプとして、他の地域に当てはめて複製することを可能とする。それには最小限の技術と政策投資が必要だが、規模によっては一から作り上げることには大変な労力がいるため、複製したものを横展開する方が円滑に実現できる。即ち規模と複製を上手く使い分ける戦略が必須となる。

第八に、分野横断的なコラボレーションと複合的な解決策(Cross-sector collaboration hybrid solutions)である。
地方と異なり都市部では、政府や市場と利害関係をめぐって多元的に交渉するほかに解決の選択肢はない。
「代表性」に配慮した政治的な駆け引きに、いかに合理性を持たせるかが重要となる。

第九に、システム思考と共感(Systemsthinking, empathy)である。
住民、都市プランナー、地方政治家等のステークホルダーは、互いに共感し合い、小さな争点が集積したポイントや管轄する地区に矮小化するのではなく、全体に最適化した解決策を共にデザインすることが求められる。まさに誰もが理解し得る客観的合理性が必須となる。

第十に、構築と戦いの連続性(Build and fight)である。
多くのプロジェクトには基金も行政による許可も必要ないが、SC は共有財の発展のために、直接的に役立つ機会を確保しなくては ならない。そこで、政治的変化が必要である
ならば、依存や受け身の姿勢は決して賢明ではない。共有財は政治的にも戦い勝ち取られたものであり、長期的なビジョンとコミットメントが必要となる。

そして第十一に、生活の質、安全、独自 性 に よ る 競 争 の 優 位 性(Competitive advantage through quality of life, security, and distinctiveness)である

Pocket