Pocket

引用:Token Economy

1 Unchaining the Token Economy Through CrossLedger Interoperability
Ali Sunyaev, Niclas Kannengießer
Transfers of ownership of assets (e.g., fiat money,
company shares, or usage rights) between agents (here,
individuals or organizations) is often mediated by trusted
third parties (TTPs) such as banks or notaries to increase
reliability of the transfer process. The involvement of TTPs
often introduces drawbacks, like increased costs, longer
processing time, and the presence of a single point of
failures. These drawbacks motivate the automation and
decentralization of several services offered by TTPs.
Technological advances have enabled the digital representation and management of asset ownerships using
tokens on decentralized digital platforms without the need
for TTPs. A token is a sequence of characters that serves as
an identifier for a specific asset (e.g., a personalized usage
rights) or asset type (e.g., a cryptocurrency). The abilities
to represent assets in form of digital tokens on a decentralized digital platform and to assign ownership of these
assets to agents in a fraud-resistant way can help to reduce
drawbacks related to TTPs (e.g., the presence of single
points of failures) and enable a new type of economy: the
token economy. In tackling drawbacks related to TTPs, the
token economy holds a large transformative value (Benlian
et al. 2018) that can strongly affect businesses (e.g., by
enabling novel business models and increasing transparency of business processes) and our daily life (e.g., by
being able to monetize our own personal data instead of
just giving it away).

This chapter discusses the key concept of decentralization, which the token economy is built on, from two fundamental perspectives (i.e., technical and political
decentralization) and provides propositions to discuss
decentralization. Moreover, this chapter explicates the need
for interdisciplinary research (e.g., information systems
research, computer science, management science, and
social science) to embrace both perspectives.
In the token economy, technical protocols take over
several tasks that traditional TTPs previously handled. For
example, technical protocols running decentralized digital
platforms can check individual agents’ legitimate ownership of assets and create a tamper-resistant record of the transfer of their ownership.

Moreover, the use of decentralized digital platforms can increase flexibility in using
tokens because agents can implement and use tokens as identifiers for various types of assets (e.g., usage rights,land ownership, or money).

By reducing the need for traditional TTPs and increasing flexibility, the token economy
holds the potential to support collaborations and cooperation between agents (e.g., in terms of trust; Conway and
Garimella 2020; Tian 2017). Moreover, the token economy
ultimately allows for novel business models (e.g., decentralized crowdsourcing) and improved business relations
(e.g., through increased transparency of business processes) by being able to transfer ownership of physical or
digital assets using tokens.

1 CrossLedgerの相互運用性によるトークン・エコノミーのアンチェーン化
アリ・スンヤエフ、ニクラス・カンネンギーサー
資産(不換紙幣など)の所有権を移転すること。
エージェント(ここでは、会社の株式、または使用権)間の
個人または組織)は、多くの場合、信頼されることによって仲介されます。
銀行や公証人などの第三者機関(TTP)を利用することにより
転送プロセスの信頼性 TTPの関与
多くの場合、コストの増加、時間の増加といった欠点があります。
処理時間、単一点の存在。
が発生します。このような欠点があるため、自動化と
TTPが提供するいくつかのサービスを分散化する。

技術の進歩により、TTPを必要としない分散型デジタルプラットフォーム上で、トークンを用いた資産の所有権のデジタル表現と管理が可能になりました。
トークンは、特定のアセットを識別するための文字列です。
特定のアセット(例:個人的な利用方法)の識別子。
権利)または資産の種類(例:暗号通貨)。能力

分散型デジタルプラットフォーム上でデジタルトークンの形で資産を表現し、その資産の所有権を不正に抵抗力のある方法でエージェントに割り当てることができれば、TTPに関する欠点を軽減することができます。新しいタイプの経済が可能になります。
トークン経済 TTPに関連する欠点に対処するために、次のようなことが考えられます。
トークン・エコノミーは、大きな変革価値を持つ(Benlian
ら2018)、ビジネスに強い影響を与えることができます(例えば、次のようなものです)。
新しいビジネスモデルを可能にし、ビジネスプロセスの透明性を高める)、そして私たちの日常生活(例.
自分のパーソナルデータを収益化することができる。
を与えるだけである)。

本章では、トークン・エコノミーの基盤となる「分散化」について、技術的な側面と政治的な側面の2つの基本概念から考察する。
分権化)を議論するための命題を提供する。
分権化である。さらに、本章では
学際的な研究(例えば、情報システ
研究、コンピュータサイエンス、経営科学、そして
社会科学)の両方の視点を取り入れることが必要である。
トークンエコノミーでは、技術的なプロトコルが次のことを引き継ぐ。
従来のTTPが担っていたいくつかのタスクがある。例えば
例えば、分散化されたデジタル・プロトコルを実行する技術プロトコルは
プラットフォームは、個々のエージェントの資産の正当な所有権を確認し、その所有権の移転の改ざん防止記録を作成することができます。

また、分散型デジタルプラットフォームを利用することで、より柔軟な利用が可能になります。なぜなら、エージェントはトークンをさまざまな種類の資産(使用権、土地所有権、金銭など)の識別子として実装し、使用することができるからです。

従来のTTPの必要性を減らし、柔軟性を高めることで、トークンエコノミーは
は、エージェント間のコラボレーションや協力を支援する可能性を秘めている(例えば、信頼の観点から;Conway and
Garimella 2020; Tian 2017)。さらに、トークンエコノミー
最終的には、新しいビジネスモデル(例:分散型クラウドソーシング)やビジネス関係の改善を可能にします。
(物理的な所有権やビジネスプロセスの透明性の向上など)。
トークンを用いたデジタル資産

Like traditional asset transfers, token transfers require
strong security guarantees that decentralized digital platforms must reliably provide.

In the token economy, for
example, a decentralized digital platform must guarantee
that users cannot simultaneously use the same tokens
multiple times (i.e., double-spending), while being highly
available and tamper-resistant. Many of the required
security guarantees for business ecosystems are addressed
by the security characteristics of distributed ledger technology (DLT), including fraud-resistance, high availability,
and tamper-resistance. DLT enables the operation of a
highly available, append-only distributed database (i.e., a
distributed ledger) with distributed storage and computing
devices (i.e., nodes) in an untrustworthy environment
(Kannengießer et al. 2020a; Sunyaev 2019) – an environment with arbitrary occurrences of (temporarily) unreachable nodes or fraudulent actions (e.g., double-spending).
From the microeconomic perspective, there can be
multiple instances of the token economy. To create an
instance of the token economy based on DLT, there are two
principal creational options: first, to use custom tokens of a
distributed ledger; second, to create tokens on an existing
distributed ledger (To¨nnissen et al. 2020). The first option
is typically pursued by consortia of agents that operate a
private distributed ledger (e.g., using a private Ethereum
blockchain), where only authorized agents can join, read
transactions from, and append new transactions to the
distributed ledger (see Table 1; Kannengießer et al., 2020a).

The second option requires an agent to decide for
an existing distributed ledger for the token economy
instantiation, where they create custom tokens using a
smart contract.
Each creational option has benefits and drawbacks. For
example, private distributed ledgers are often more flexible
in terms of establishing own rules among agents in the
consortium, whereas public ones are more complex to
regulate (e.g., because of their openness for arbitrary
nodes).

Nonetheless, using private distributed ledgers
limits the transparency benefits for external agents that are
provided by public ones and can hinder the use of tokens
across token economy instances. Thus, network effects are
reduced, which narrows the reach of the individual token
economy instances.

Besides creational options, agents must gauge operational options. Operational options comprise the assignment of responsibilities to agents in the token economy
instance (e.g., the operation of a node) and the selection
among different distributed ledgers, considering their
technical capabilities (e.g., transaction throughput). For
example, private distributed ledgers often offer a shorter
transaction confirmation latency compared to public-permissionless distributed ledgers, but have a smaller degree
of decentralization and, thus, are less fraud-resistant compared to public ones (Kannengießer et al., 2020a).

DeKannengießer et al., 2020aspite a vast variety of possibilities related to operational options, trade-offs between DLT characteristics (e.g., availability vs. consistency) hinder distributed ledgers from being capable of simultaneously fulfilling the requirements of all token economy instances (Kannengießer et al., 2020a; O’Donoghue et al.2019).
This incapability fuels the development of new and specialized distributed ledgers designed for similar or different purposes (e.g., Ethereum and Tezos have a strong focus on decentralized computations, while IOTA focuses on supporting the Internet of Things with a lightweight protocol).
The increasing diversity of offered distributed ledgers that can be used to instantiate a token economy accompanied by the consideration of creational and operational options pertaining to the creation of token economy instances causes heterogeneity within the token economy.
This heterogeneity can cause an isolation of token economy instances because distributed ledgers are still hardly capable of decentralized interoperability (e.g., for the interaction between agents and the dynamic emergence of relations between agents; Moore 2006; Peltoniemi 2005).

従来の資産移転と同様に、トークンの移転も、分散型デジタル・プラットフォームが確実に提供しなければならない強力なセキュリティ保証を必要とします。

トークンエコノミーでは、例えば
例えば、分散型デジタルプラットフォームは、以下のことを保証しなければなりません。
ユーザーが同じトークンを同時に使用できないこと
複数回の使用(二重消費)が可能であること。
を提供し、改ざんを防止します。要求される多くの
ビジネスエコシステムのセキュリティ保証は
分散型台帳技術(DLT)のセキュリティ特性である「不正防止」「高可用性」によるものです。
と耐タンパ性を備えています。DLTは
高可用性、追記型の分散型データベース(すなわち
分散ストレージと分散コンピューティングによる分散台帳
信頼できない環境下でのデバイス(すなわち、ノード)の
(Kannengießer et al. 2020a; Sunyaev 2019) – (一時的に)到達できないノードや不正行為(二重支出など)が任意に発生する環境である。

ミクロ経済学的な観点からは、以下のようなものがあり得る。
トークンエコノミーの複数のインスタンス。複数のインスタンスを作成するには
DLTに基づくトークンエコノミーのインスタンスには、以下の2つがあります。
主な作成方法は、1つ目は、カスタムトークンを使用することです。
分散型台帳にトークンを作成する方法と、既存の
分散型台帳(To¨nnissen et al.2020)。最初の選択肢
を運営するエージェントのコンソーシアムによって追求されるのが一般的です。
プライベート分散台帳(例:プライベートEthereumを利用した
ブロックチェーン)に参加することができ、承認されたエージェントのみが
のトランザクションを取得し、新しいトランザクションを追加することができます。
分散型台帳(表1参照;Kannengießer et al.、2020a)。

第二の選択肢は、エージェントが
トークンエコノミーのための既存の分散型台帳
を使用してカスタムトークンを作成し、インスタンス化します。
スマートコントラクト
各創造オプションには利点と欠点がある。例えば

プライベートな分散台帳は、コンソーシアム内のエージェント間で独自のルールを設けるなど柔軟性が高い場合が多いのですが、パブリックなものは規制が複雑です(任意のノードに対してオープンなためなど)。

しかし、プライベート分散台帳の使用は
外部エージェントに対する透明性の利点が制限されます。
トークンの使用を妨げる可能性があります。
トークン・エコノミーのインスタンス間で そのため、ネットワーク効果
個々のトークンの到達範囲を狭めることになります。
エコノミー・インスタンス

創造的な選択肢に加えて、エージェントは運用上の選択肢を計らなければならない。運用オプションは、トークンエコノミーのエージェントへの責任の割り当てからなる
インスタンス(例えば、ノードの操作)の選択や
分散型台帳の種類は、それぞれの台帳を考慮して
技術的能力(例:取引スループット)。例えば
例えば、プライベート分散台帳は、しばしば、より短い
公開型パーミッションレス分散台帳と比較すると、取引確認の待ち時間は短くなりますが、その分、取引にかかる時間は短くなります。
は分散化されているため、公的なものに比べて不正に弱い(Kannengießer et al.、2020a)。

 

DeKannengießer et al., 2020運用オプションに関連する膨大な種類の可能性にもかかわらず、DLT特性間のトレードオフ(例えば、可用性と一貫性)が、分散型台帳がすべてのトークンエコノミーのインスタンスの要件を同時に満たすことを妨げています(Kannengießer et al., 2020a; O’Donoghue et al.2019)。
この無能力は、類似または異なる目的のために設計された新しい専門的な分散型台帳の開発を促進する(例えば、イーサリアムとTezosは分散型計算に強く焦点を当てており、IOTAは軽量プロトコルでモノのインターネットをサポートすることに重点を置いている)。
トークンエコノミーのインスタンス化に使用できる分散台帳が多様化し、トークンエコノミーのインスタンス化に関連する作成・運用オプションが検討されているため、トークン経済内に異種性が生じています。
この異質性により、トークンエコノミーのインスタンスが孤立してしまう可能性があります。分散型相互運用が可能であること(例.エージェント間の相互作用と動的な創発の ント間の関係; Moore 2006; Peltoniemi 2005)。

Cross-ledger interoperability (CLI) is needed to solve
the challenges related to heterogeneity and to realize the
full potential of the token economy (e.g., regarding business process innovations; Weking et al. 2020). CLI refers
to the communication between distributed ledgers, for
example, to carry out cross-ledger asset transfers or to
execute smart contracts across distributed ledgers (Kannengießer et al. 2020b). So far, progress on CLI has been
largely theoretical (e.g., Back et al. 2014; Herlihy 2018;
Zamyatin et al. 2019). Based on these theoretical contributions, researchers and practitioners have developed various CLI artifacts (e.g., Cosmos and Polkadot) from which
first architectural patterns for the design of CLI artifacts
have emerged, including notary schemes and sidechains
(e.g., Deng et al. 2018; Kannengießer et al. 2020b; Koens
and Poll 2018). These research contributions and practical
implementations represent major advances in CLI, but also
highlight new challenges, such as the atomicity of crossledger transactions and understanding of creational and
operational options beyond the boundaries of individual
distributed ledgers. We categorize these challenges into
two groups: technical decentralization and political
decentralization of CLI.
Technical Decentralization of CLI. Technical decentralization of CLI is the degree that increases (and
decreases) with the number of distributed, interconnected
nodes that operate independently without a central
authority (e.g., a static leader node in consensus finding).
Determining the appropriate degree of technical decentralization currently represents a core challenge within CLI
because it strongly affects the design of CLI artifacts
(e.g., regarding the information flow between distributed
ledgers) and its security characteristics (e.g., atomicity and
availability). One can understand the degree of technical
decentralization as a continuum that ranges from no to full
decentralization. No decentralization of CLI implies that a
single node (i.e., a connector) manages all communication
between distributed ledgers. This single connector represents a single point of failure, which makes no decentralization most comparable to asset transfers using traditional
TTPs (e.g., notaries). In contrast, full decentralization of
CLI requires all nodes of a distributed ledger to have the
capabilities to connect to any other node of any other
distributed ledger, which eliminates that single point of
failure, but can cause large communication overhead. For
example, when a consortium operates a private distributed
ledger and decides to interoperate with another one, each Cross-ledger interoperability (CLI) is needed to solve
the challenges related to heterogeneity and to realize the
full potential of the token economy (e.g., regarding business process innovations; Weking et al. 2020). CLI refers
to the communication between distributed ledgers, for
example, to carry out cross-ledger asset transfers or to
execute smart contracts across distributed ledgers (Kannengießer et al. 2020b). So far, progress on CLI has been
largely theoretical (e.g., Back et al. 2014; Herlihy 2018;
Zamyatin et al. 2019). Based on these theoretical contributions, researchers and practitioners have developed various CLI artifacts (e.g., Cosmos and Polkadot) from which
first architectural patterns for the design of CLI artifacts
have emerged, including notary schemes and sidechains
(e.g., Deng et al. 2018; Kannengießer et al. 2020b; Koens
and Poll 2018). These research contributions and practical
implementations represent major advances in CLI, but also
highlight new challenges, such as the atomicity of crossledger transactions and understanding of creational and
operational options beyond the boundaries of individual
distributed ledgers. We categorize these challenges into
two groups: technical decentralization and political
decentralization of CLI.
Technical Decentralization of CLI. Technical decentralization of CLI is the degree that increases (and
decreases) with the number of distributed, interconnected
nodes that operate independently without a central
authority (e.g., a static leader node in consensus finding).
Determining the appropriate degree of technical decentralization currently represents a core challenge within CLI
because it strongly affects the design of CLI artifacts
(e.g., regarding the information flow between distributed
ledgers) and its security characteristics (e.g., atomicity and
availability). One can understand the degree of technical
decentralization as a continuum that ranges from no to full
decentralization. No decentralization of CLI implies that a
single node (i.e., a connector) manages all communication
between distributed ledgers. This single connector represents a single point of failure, which makes no decentralization most comparable to asset transfers using traditional
TTPs (e.g., notaries). In contrast, full decentralization of
CLI requires all nodes of a distributed ledger to have the
capabilities to connect to any other node of any other
distributed ledger, which eliminates that single point of
failure, but can cause large communication overhead. For
example, when a consortium operates a private distributed
ledger and decides to interoperate with another one, each
consortium member may set up an own connector to enable
interoperability and avoid dependencies on other consortium members’ (potentially fraudulent) connectors. Then,
each consortium member is in charge of maintaining an
own connector which increases the overall maintainability
efforts for the distributed ledger compared to the use of
only one connector for the entire distributed ledger (no
decentralization). Because of the individual benefits and
drawbacks of the different degrees of decentralization,
agents must individually decide which degree of decentralization suits their purpose(s) when connecting a distributed ledger to another.
CLI can be achieved in a direct or indirect manner
(see Fig. 1). In direct CLI, neither a traditional TTP nor a
decentralized digital platform is required to enable interoperability between separated distributed ledgers. Nodes of
one distributed ledger can directly communicate with those
of the target distributed ledger. In contrast, indirect CLI
requires a (centralized or decentralized) TTP that mediates
the communication between distributed ledgers. Although
direct CLI is desirable (e.g., less single points of failure),
indirect CLI facilitates interoperability between multiple
distributed ledgers because individual distributed ledgers
must only comply with the specifications of the CLI artifact
instead of the specifications of all target distributed ledgers.
The limited interoperability between distributed ledgers
(e.g., caused by their large heterogeneity) resembles the
incompatibility of (early) electronic data processing
approaches before international standards were introduced
(e.g., SWIFT for financial transactions). To facilitate the
communication between heterogenous distributed ledgers,
interfaces and procedures are required (e.g., like in electronic data interchange during supplier onboarding or in
open banking). For example, standardized interfaces
broaden the compatibility of CLI artifacts with more distributed ledgers and ease the development of flexible
wallets supporting decentralized cross-ledger transactions.

CLI(Cross-ledger interoperability)は、その解決に必要なものです。
異機種混在に関連する課題を解決し、その実現に向け
トークンエコノミーの可能性を最大限に引き出す(例えば、ビジネスプロセスの革新に関して;Weking et al.2020)。CLIとは
分散台帳間の通信のことで、例えば
例えば、クロス・レッジャー・アセット・トランスファーを実行するため、あるいは
分散台帳をまたいでスマートコントラクトを実行する(Kannengießer et al.2020b)。これまでのところ、CLIに関する進展は
主に理論的なもの(例えば、Backら2014、Herlihy 2018;
Zamyatin et al.2019)。これらの理論的な貢献に基づいて、研究者や実務家は様々なCLIアーティファクト(CosmosやPolkadotなど)を開発し、その中から
CLIアーティファクトの設計のための最初のアーキテクチャ・パターン
公証人スキームやサイドチェーンなどの
(例: Deng et al. 2018; Kannengießer et al. 2020b; Koens
and Poll 2018)。これらの研究貢献と実用
の実装はCLIの大きな進歩ですが、同時に
クロスレッジャー・トランザクションの原子性、創造的かつ実用的なトランザクションの理解など、新たな課題が浮き彫りになっています。
の境界を越えた運用オプションがあります。
分散型台帳 これらの課題は以下のように分類される。
技術的な分散化と政治的な分散化の2つのグループ
CLIの分散化
CLIの技術的分散化。CLIの技術的な分散化は、その度合いが増加する(と同時に
分散し、相互接続された数に応じて減少します。
中央集権的な組織ではなく、独立した組織として運営されるノード
権威(例:合意形成における静的なリーダーノード)。
技術的な分散化の適切な程度を決定することは、現在、CLI
なぜなら、それはCLIアーティファクトの設計に強く影響するからです。
(分散環境における情報の流れなど)。
台帳)、セキュリティ特性(原子性、安全性など)があります。
可用性)。技術的な程度を理解することができる。
分散化は、全くない状態から完全な状態までの連続体である。
分散化。CLIが分散化されていないとは、以下のことを意味する。
単一のノード(すなわちコネクタ)がすべての通信を管理する。
分散台帳間の この単一のコネクタは単一障害点を意味し、分散化なしの場合、従来の
TTP(例:公証人)。これに対し、完全な分散化である
CLIでは、分散台帳の全ノードが以下の条件を満たす必要があります。
他のどのノードにも接続できること。
分散台帳の単一点をなくすことができます。
しかし、通信のオーバーヘッドが大きくなる可能性があります。例えば
例えば、コンソーシアムでプライベート分散
台帳の相互運用を決定した場合、各台帳の相互運用性(Cross-ledger interoperability:CLI)を解決する必要があります。
異機種混在に関連する課題を解決し、かつ、その課題を実現するために
トークンエコノミーの可能性を最大限に引き出す(例えば、ビジネスプロセスの革新に関して;Weking et al.2020)。CLIとは
分散台帳間の通信のことで、例えば
例えば、クロス・レッジャー・アセット・トランスファーを実行するため、あるいは
分散台帳をまたいでスマートコントラクトを実行する(Kannengießer et al.2020b)。これまでのところ、CLIに関する進展は
主に理論的なもの(例えば、Backら2014、Herlihy 2018;
Zamyatin et al.2019)。これらの理論的な貢献に基づいて、研究者や実務家は様々なCLIアーティファクト(CosmosやPolkadotなど)を開発し、その中から
CLIアーティファクトの設計のための最初のアーキテクチャ・パターン
公証人スキームやサイドチェーンなどの
(例: Deng et al. 2018; Kannengießer et al. 2020b; Koens
and Poll 2018)。これらの研究貢献と実用
の実装はCLIの大きな進歩ですが、同時に
クロスレッジャー・トランザクションの原子性、創造的かつ実用的なトランザクションの理解など、新たな課題が浮き彫りになっています。
の境界を越えた運用オプションがあります。
分散型台帳 これらの課題は以下のように分類される。
技術的な分散化と政治的な分散化の2つのグループ
CLIの分散化
CLIの技術的分散化。CLIの技術的な分散化は、その度合いが増加する(と同時に
分散し、相互接続された数に応じて減少します。
中央集権的な組織ではなく、独立した組織として運営されるノード
権威(例:合意形成における静的なリーダーノード)。
技術的な分散化の適切な程度を決定することは、現在、CLI
なぜなら、それはCLIアーティファクトの設計に強く影響するからです。
(分散環境における情報の流れなど)。
台帳)、セキュリティ特性(原子性、安全性など)があります。
可用性)。技術的な程度を理解することができる。
分散化は、全くない状態から完全な状態までの連続体である。
分散化。CLIが分散化されていないとは、以下のことを意味する。
単一のノード(すなわちコネクタ)がすべての通信を管理する。
分散台帳間の この単一のコネクタは単一障害点を意味し、分散化は従来の
TTP(例:公証人)。これに対し、完全な分散化である
CLIでは、分散台帳の全ノードが以下の条件を満たす必要があります。
他のどのノードにも接続できること。
分散台帳の単一点をなくすことができます。
しかし、通信のオーバーヘッドが大きくなる可能性があります。例えば
例えば、コンソーシアムでプライベート分散
台帳の相互運用を決定した場合、各台帳は、その台帳に対応する
コンソーシアムのメンバーは、独自のコネクタを設定することで
他のコンソーシアムメンバーの(不正の可能性のある)コネクターへの依存を避け、相互運用性を確保する。その後
各コンソーシアム・メンバーは、その保守を担当します。
コネクタを所有することになり、全体的な保守性が高まります。
分散台帳の労力を削減することができます。
分散台帳全体に対して1つのコネクタのみ(無
分散化)。それぞれの利点と利点があるため
分散化の度合いの違いによる欠点。
エージェントが分散台帳を接続する場合、どの程度の分散化が自分たちの目的に合っているかを個々に判断する必要があります。
CLIは直接的または間接的に実現することができる。
(図1参照)。直接的なCLIでは、従来のTTPも
分離された分散台帳間の相互運用を可能にするために、分散型デジタルプラットフォームは必要ない。ノード
分散型台帳と直接通信することができます。
の分散台帳を利用することができる。これに対し、間接的なCLI
を仲介する(中央集権的または分散的な)TTPが必要です。
分散台帳間の通信 しかし
直接的なCLIが望ましい(例:単一障害点が少ない)。
間接的なCLIは、複数個所間の相互運用を容易にします。
分散型台帳は、個々の分散型台帳が
は、CLIアーティファクトの仕様にのみ準拠する必要があります。
対象となるすべての分散台帳の仕様ではなく、分散台帳の仕様となる。
分散台帳間の相互運用性が限定的であること
(異質性が大きいことなどが原因)。
初期の)電子データ処理の非互換性
国際標準が導入される前のアプローチ
(例:金融取引のSWIFT)。を容易にするために
異種分散台帳間の通信
インターフェースと手順が必要です(例えば、サプライヤーのオンボーディング時の電子データ交換や
オープン・バンキング)。例えば、標準化されたインターフェース
CLIの成果物がより多くの分散台帳と互換性を持つようになり、柔軟な
のウォレットは、分散化されたクロス台帳トランザクションをサポートします。

Political Decentralization of CLI. Political decentralization of CLI refers to the degree of equal distribution of
permissions and responsibilities across all agents that
independently act according to their individual incentives
and work jointly on a common goal. Current studies point
out the complexity of political decentralization, for example, regarding decentralized governance and related political challenges (e.g., organization of decision rights; Beck
et al. 2018; Reijers et al. 2016). To date, agents usually
take part in the governance of the distributed ledger(s) to
which they contribute (e.g., by providing a node). With
CLI, agents can create cross-ledger business relations,
which will affect the creational options (e.g., because of
potentially larger network effects) and the governance of
the involved distributed ledgers. For example, tokens
stored on the target distributed ledger will become usable
for agents of other token economy instances. Technical
advancements can become more difficult because of more
dependencies between distributed ledgers. These exemplary challenges point out the need for decentralized crossledger governance aside from the highly discussed decentralized governance, which mostly focuses on individual
distributed ledgers.
Depending on the degree of technical decentralization
and the choice for direct or indirect asset transfers,
decentralized cross-ledger governance may introduce
political centralization through a hierarchical organization
of nodes. For example, when a consortium uses a single
connector maintained by a single agent (low degree of
technical and political decentralization) to achieve indirect
interoperability, a two-level hierarchical structure emerges
from the roles of the different nodes: regular nodes in the
distributed ledger and the connector. The emergence of this
hierarchy indicates a low technical and political degree of
decentralization because permissions and responsibilities
are not equal among nodes. In the previous example, the
single agent controlling the connector represents a kind of
TTP, introduces a single point of failure, and can impede
CLI and the token economy instances on separate distributed ledgers, for example, by delaying or blocking
agents’ asset transfers or becoming a performance bottleneck. Agents of the separate distributed ledgers depend on
few agents controlling the respective connectors (e.g., regarding the implementation of technical updates for CLI),
potentially giving rise to hierarchy in the governance of
CLI and, eventually, of the individual distributed ledgers.
In full technical decentralization with direct interoperability, all nodes (and consequently all agents that control
nodes) reside on the same hierarchical level. This favors democratic decisions of nodes across distributed ledgers,
the integration of CLI artifacts, and the interoperability
with token economy instances across distributed ledgers.
Proposition 2: The degree of decentralization of the
token economy depends on the degree of decentralization
of individual token economy instances and their interoperability considering multiple perspectives (e.g., political
and technical).
Drawing from the introduced limitations of separated
token economy instances and our propositions, we conclude that there is a pressing need for CLI resulting from
the inherent characteristics of the token economy that
reflect those attributed to business ecosystems (e.g., competition and cooperation between organizations). A single
(kind of) CLI artifact will not interconnect all distributed
ledgers, and we will witness a large heterogeneity of distributed ledgers and CLI artifacts that use the full spectrum
of the degree of decentralization and direct and indirect
CLI. For example, no decentralization of CLI could be
used for confidential data management, while full decentralization of CLI better prevents censorship across distributed ledgers.
The consideration of human actors in the design of
distributed ledgers and CLI artifacts points out the complex
and strong interdependence between technical decentralization and political decentralization to achieve true
decentralization. The complexity of this interdependence
makes it challenging to understand the relationship
between the social and the technical and to explain the
effects of decentralization on the token economy and ISs in
general when only one of the two domains is considered.
To really understand decentralization of ISs, research
should combine the social and the technical and take a
sociotechnical perspective on decentralization (Sarker et al.
2019). Thereby, information systems (IS) research can be
the missing link between the technical and the political
perspective on decentralization.
To discuss emerging areas for interdisciplinary research
related to technical and political decentralization in the
token economy and especially point out the importance of
IS research and innovations in this emerging field, we
invited researchers and practitioners with different foci on
the token economy. The invitees present emerging trends
related to the token economy and draw propositions from
their scientific and practical works.
Roman Beck (European Blockchain Center, IT University of Copenhagen) sheds light on the standardization in
DLT from a macroeconomic perspective and discusses the
token economy as a foundation for network goods represented as tokens.
Horst Treiblmaier (Modul University Vienna) synthesizes the concept of sustainability with the many facets of
the token economy and concludes with an agenda for token sustainability. Thereby, he clarifies the role of the token
economy based on decentralized digital platforms to
innovate existing business models and even create new
ones.
Mary Lacity (Blockchain Center of Excellence,
University of Arkansas) introduces existing applications of
the token economy in supply chain management to track
and trace assets and shows novel directions for future
research and practice.
Johann Kranz (Ludwig-Maximilians-Universita¨t
Munich) elaborates on DLT systems’ potential for decentralizing the digital economy. He argues that decentralization is a possible remedy to mitigate the excessive
concentration of epistemic and economic power of a few
dominant firms which raises increasing social, political,
and economic concerns.
Gilbert Fridgen (University of Luxembourg) elaborates
on the innovations emerging from the token economy from
the perspectives of the industry and individuals and elaborates on the decentralization of token economies.
Ulli Spankowski (Bo¨rse Stuttgart) discusses the innovations through the token economy from the finance perspective and proposes potential transformations of the
financial market through tokenization based on DLT.
Andre´ Luckow (BMW Group) presents the potential of
the token economy for the automotive industry by
improving supply chain transparency by means of the
example of the DLT system Partchain.

CLIの政治的地方分権。CLIの政治的分権化とは、以下のような平等な分配の度合いを指す。
すべてのエージェントに権限と責任を与え
各自のインセンティブにしたがって独立に行動する
と共通の目標に向かって共同作業を行う。現在の研究では
は、例えば、分散型ガバナンスと関連する政治的課題(例えば、決定権の組織化など)に関して、政治的分権の複雑さを指摘している(Beck
ら 2018; Reijers ら 2016)。現在までのところ、エージェントは通常
分散型台帳のガバナンスに参加する。
ノードを提供するなどして)貢献する。しかし
CLIでは、エージェントはクロスレジャーのビジネス関係を作成することができます。
これは、創造的なオプションに影響します。
ネットワーク効果が大きくなる可能性がある)、ガバナンスが
を、関係する分散台帳の 例えば、トークン
対象の分散型台帳に保存されたものが使用できるようになる
他のトークンエコノミーインスタンスのエージェントのために 技術的
が増え、進化が難しくなる可能性があります。
分散台帳間の依存関係 これらの例示的な課題は、個々の分散台帳に焦点を当てた分散型ガバナンスが盛んに議論されているのとは別に、分散型クロスレッジャーガバナンスの必要性を指摘するものである。
分散型台帳
技術的な分散化の程度に応じ
また、資産の移転を直接または間接的に行うかどうかの選択も重要です。
分散型クロスレッジャー・ガバナンスは、以下のような可能性があります。
階層的な組織による政治的中央集権
ノードの 例えば、コンソーシアムで単一の
コネクターは1つのエージェントによって管理されている(程度が低い
間接的な技術的・政治的分権を実現するため
相互運用性を確保するために、2段階の階層構造が出現します。
の通常ノードと、異なるノードの役割から構成されています。
分散台帳とコネクター この出現は
の技術的・政治的な程度が低いことを示しています。
権限と責任があるため、分散化される。
は、ノード間で均等ではない。先ほどの例で言えば
コネクタを制御する単一のエージェントは、一種の
TTP、単一障害点、障害になる可能性があります。
CLIとトークンエコノミーのインスタンスは別々の分散型台帳上にあり、たとえば
エージェントの資産移動、パフォーマンスのボトルネックとなる。個別分散台帳のエージェントは、以下のものに依存している。
それぞれのコネクタを制御する少数のエージェント(例えば、CLI の技術的な更新の実装に関して)。
のガバナンスにヒエラルキーが発生する可能性がある。
CLI、そして最終的には個々の分散台帳のために。
直接相互運用が可能な完全な技術的分散化では、すべてのノード(ひいては
ノード)は同じ階層に存在する。このため、分散台帳にまたがるノードの民主的な意思決定に有利である。
CLIアーティファクトの統合と相互運用性
分散型台帳を介したトークンエコノミーインスタンスとの連携。
命題2:トークン・エコノミーの分散化の度合いについて
トークン・エコノミーは、以下の分散化の程度に依存する。
個々のトークンエコノミーインスタンスとその相互運用性を多角的(例えば、政治的
と技術的)。
分離した場合の制約を紹介したことから
トークンエコノミーインスタンスと我々の提案から、CLIの必要性が急務であると結論づけました。
トークンエコノミーが持つ固有の特性
ビジネス生態系に起因するもの(例:組織間の競争と協力)を反映しています。単一の
(種類の)CLIアーティファクトは、すべての分散型アプリケーションを相互接続することはできません。
分散型台帳とCLIアーティファクトの異種混在が進むと思われる。
分散化の度合いや直接・間接の
CLIです。例えば、CLIを分散化しないことで
一方、CLIを完全分散化することで、分散型台帳全体における検閲をより効果的に防止することができます。
の設計において、人間の行為者を考慮すること。
分散型台帳とCLIの成果物は、その複雑さを指摘するものである。
を実現するためには、技術的な分散と政治的な分散が相互に強く依存し合っています。
分散化である。この相互依存の複雑さ
を理解することは困難です。
社会的なものと技術的なものの間にあるものを説明すること、また
分権がトークン経済やIS全般に及ぼす影響について
どちらか一方の領域だけを考えた場合、一般的には
ISの分散化を本当に理解するために、研究
社会的なものと技術的なものを融合させ
社会技術的な視点で分散化を考える(Sarker et al.
2019). それにより、情報システム(IS)研究は
技術的側面と政治的側面の間のミッシングリンク
の観点で地方分権を考える。学際的な研究のための新たな領域を議論すること
における技術的・政治的な分散化に関するものである。
トークン・エコノミーの重要性を指摘し、特に
この新しい分野におけるISの研究と革新のために、我々は
異なる研究テーマを持つ研究者・実務家を招聘しています。
トークンエコノミー 招待者たちは、新たなトレンド
トークンエコノミーに関連した命題を導き出す。
を紹介します。
ローマン・ベック(コペンハーゲンIT大学、ヨーロピアンブロックチェーンセンター)は、以下の標準化に光を当てている。
マクロ経済学的な観点からDLTを論じるとともに
トークンで表現されるネットワーク財の基盤としてのトークンエコノミー。
Horst Treiblmaier氏(Modul University Vienna)は、持続可能性の概念とトークンエコノミーの様々な側面を統合している。
トークンエコノミーは、トークンの持続可能性のためのアジェンダで締めくくられます。そして、トークン・エコノミーが果たすべき役割を明らかにした。
分散型デジタルプラットフォームをベースとした経済
既存のビジネスモデルを革新し、さらには新しいビジネスモデルを創造する
を紹介しました。
メアリー・ラシティ(ブロックチェーン・センター・オブ・エクセレンス。
アーカンソー大学) は、既存のアプリケーションを紹介します。
トークンエコノミーはサプライチェーンマネジメントにおける追跡
また、今後の新たな方向性を示しています。
の研究・実践を紹介します。
ヨハン・クランツ(ルートヴィヒ・マクシミリアン大学
ミュンヘン)は、デジタル経済の分散化に対するDLTシステムの可能性について詳しく説明した。彼は、分散化がデジタル経済の過度な負担を軽減する救済策になりうると主張しています。
少数の専門家による認識力と経済力の集中
社会的、政治的な問題を引き起こす支配的な企業です。
と経済的な懸念があります。
Gilbert Fridgen (ルクセンブルグ大学)は、次のように述べた。
トークンエコノミーから生まれるイノベーションについて
また、トークンエコノミーの分散化について解説した。
Ulli Spankowski (Bo¨rse Stuttgart) は、金融の観点からトークンエコノミーによるイノベーションを議論し、トークン経済の変革の可能性を提案する。
DLTをベースとしたトークン化により、金融市場が活性化する。
アンドレ・ルコウ(BMWグループ)は、DLTをベースとしたトークン化を通じて
自動車産業におけるトークンエコノミー
サプライチェーンの透明性を向上させる。
DLTシステム「Partchain」の例。

2 Standardized Tokens as Network Goods and Source
of Value Creation
Roman Beck
The token economy depends on the widespread acceptance and use of interoperable DLT protocols as interaction
standard in order to benefit from positive network effects in
inter-organizational networks and to avoid challenges that
can occur when different DLT protocols compete in the
same industry or market. Competition between DLT protocol standards can jeopardize value creation in inter-organizational networks, as DLT protocols share
characteristics of club, common, and public goods that only
unfold their full potential when assimilated widely. Once a
DLT protocol is instantiated in a specific way, it is called
DLT system.
In other words, standardization of DLT protocols to
harvest their potential benefits is more complicated than
standardization of goods that have predominantly a standalone value, as is typically the case with private goods.
Furthermore, tokens cannot unfold their potential unless a
supporting system is in place, comprising commonly
accepted norms, agreements off-ledger, and technical
norms and rules enforced on-ledger. Only after commonly
accepted sociotechnical systems have been assimilated,
value creation in inter-organizational networks can take
place.

2 ネットワーク財としての標準化トークン、およびその供給源
価値創造
ローマン・ベック
トークンエコノミーは、相互運用可能なDLTプロトコルが相互作用として広く受け入れられ、使用されることに依存します。
のネットワーク効果を享受するための標準規格です。
組織間ネットワークで発生する問題を回避し、かつ
異なるDLTプロトコルが競合した場合に発生する可能性があります。
同じ産業や市場 DLTプロトコルの規格間競争は、組織間ネットワークにおける価値創造を危うくする可能性があります。
クラブ財、共通財、公共財の特性は、そのようなものであってこそ
広く同化することで、その潜在能力を最大限に発揮することができます。一旦
DLTプロトコルが特定の方法でインスタンス化されたものは
DLTシステム。
つまり、DLTプロトコルを標準化することで
その潜在的な利益を享受することは
私的財のように単体での価値が大きい財の標準化。
さらに、トークンは、以下のような条件が揃わないと、その潜在能力を発揮することができません。
をサポートするシステムです。
られる規範、オフリージャーの協定、そして技術的な
の規範やルールがオンレジで施行される。一般的な
社会技術的なシステムが同化している。
組織間ネットワークにおける価値創造が可能になる。
の場所です。

2.1 Tokens as Public Good
The reason why companies struggle to realize the potential
of the emerging token or DLT economy is that it is not
about innovating a private good, but about innovating a
network good, which shares more similarities with public
goods rather than private goods. Commercial models
generally only address private goods scenarios.
Public goods are also referred to as ‘‘collective consumption goods’’ (Samuelson 1954, p. 387), as they can be
used simultaneously while at the same time nobody can be
excluded from their use. From that, the principles of nonrivalry and non-exclusion in consumption derive to classify
goods (Samuelson 1954).
If a good, such as a token standard, is characterized by
non-rivalry, then the consumption of the standard is not
interfered with by the simultaneous use of the same standard by someone else. Several entities can use the same
good to the same extent under same conditions. If a good
possesses non-exclusion properties, then no one can be
excluded from the consumption of the good. The ability to
exclude someone from consumption is a necessary condition for the supply of private goods. But the ability to
exclude someone is not given per se, but by assignment of
property rights (Musgrave, 1959, p. 9).
Pure public goods are given if a good fulfills both criteria. The opposite of this is the pure private good, characterized by rivalry in consumption and the possibility to
exclude others from consumption: if a unit of the private
good is consumed, then it is no longer available to other
consumers. Table 2 depicts a classification of pure public
and private goods together with possible other combinations. Club goods are characterized by the fact that consumers are excludable and – to a certain degree – that they
are non-rivalry in consumption. Typical examples of this
category are permissioned public DLT systems where
access is only granted if certain conditions are fulfilled.
Common goods possess rivalry in consumption, but
exclusion is not possible.

2.1 公共財としてのトークン
企業がその潜在能力を発揮するのに苦労している理由は
トークン経済やDLT経済が出現しているのは、それが
私的財の革新ではなく、私的な財の革新である。
ネットワーク財は、公共財と類似している。
私的財よりむしろ財 商業モデル
一般に、私的財のシナリオにしか対応していない。
公共財は「集団消費財」(Samuelson 1954, p.387)とも呼ばれる。
同時に使用され、同時に誰も使用することができない。
その使用から排除される。そこから、消費における無競争性、非排除性の原則が導き出され、分類される。
財である(Samuelson 1954)。
トークン・スタンダードのような財が、以下のような特徴を持っているとすれ
非競合性とは、その規格が消費されないことです。
同じ規格を他人が同時に使用することで妨害される。複数の主体が同じ規格を使うことができる
同じ条件下で、同じ程度の財を ある財が
非排除性を持っている場合、誰も排除されることはありません。
その財の消費から排除されること。排除する能力
消費から誰かを排除することは、私的財の供給のための必要条件である。しかし、その能力は
誰かを排除することは、それ自体で与えられるのではなく、譲渡されることで
財産権である(Musgrave, 1959, p.9)。
純粋公共財は、財が両方の条件を満たしている場合に与えられる。これとは逆に、純粋私的財は、消費における競争と、消費者が消費する可能性があることを特徴とする。
他人を消費から排除する:もし、私有財産を一単位
消費された財は、もう他の人が手に入れることはできません。
消費者 表2は、純粋な公共財の分類である。
と私的財の組み合わせが考えられる。クラブ財の特徴は、消費者が排除可能であること、そして、ある程度は
は、消費における非競合性である。この典型的な例として
このカテゴリには、許可制のパブリックDLTシステム
へのアクセスは、特定の条件を満たした場合にのみ許可される。
共通財は、消費における競争力を持つが
除外はできない。
2.2 Standards and Network Goods
Digital goods constituting network standards, such as the
internet, can be used anywhere in the world (Shapiro et al.
1998) and, thus, are not restricted to a certain geography of
jurisdiction. Hence, the scope and potential application of
digital goods is considerably broader compared to physical
goods (Choi et al. 1997), which is why the standardization
of DLT systems in general and DLT-based tokens specifically is of enormous macroeconomic importance for decades to come.
Digital public goods with strong positive network effect
characteristics are called network goods. Network goods
constitute quasi-standards as they require a critical mass of
significant size which is why one will rarely find them
covering just a small market segment (Economides and
Himmelberg 1995). DLT systems and tokens based upon
them are network goods, which extend the traditional
goods classification as illustrated in Table 2, as will be
explained in the following and is illustrated in Table 3
(adapted from Beck 2007).
Pure private goods are characterized by perfect competition in all product and factor markets, perfect information (complete, accurate, and freely available) on the
relevant prices and characteristics of products and factors,
and perfect mobility of all resources. Furthermore, and in a
direct distinction to public goods, pure private goods must
not have any kind of externalities (positive or negative) in
the production and consumption of goods or any other
interdependence in consumption between consumers. To
guarantee a functioning market, private goods must always
have an excludability property, meaning that everyone but
the buyer of the good is excluded from its benefits. Some
goods have the characteristics partly of private goods (no
effects or spillovers on third parties in the case of a pure
private good) and partly of public goods at the same time.
It is possible for the market to produce such club goods to a
limited extent (Buchanan 1965), but not at an appropriately
satisfying level for all market participants.
DLT systems can be implemented as permissioned
public systems, where access must be granted by a governing body (club network good) or as permissionless
public system, (pure network good). In both cases, the
collective use is not only possible, but necessary, while the
value of a pure public good is not defined or does increase
with the number of collective users.
Proposition 4: DLT systems and tokens based upon them
are network goods where collective use in not only possible, but necessary to increase value creation in inter-organizational use cases.
2.2 標準とネットワーク商品
ネットワーク標準を構成するデジタル商品、例えば
インターネットは、世界のどこでも利用できる(Shapiro et al.
1998)、したがって、特定の地域に限定されることはない。
の管轄となります。したがって、その適用範囲と可能性は
デジタル商品は、物理的な商品と比較して、かなり広範です。
品(Choi et al. 1997)であり、そのために標準化された
一般的なDLTシステム、特にDLTベースのトークンのマクロ経済的な重要性は、今後数十年にわたり非常に高いと言えます。
強い正のネットワーク効果を持つデジタル公共財
の特性を持つものをネットワーク財と呼ぶ。ネットワーク財
のクリティカルマスを必要とするため、準標準となる。
そのため、ほとんど見かけません。
小さな市場セグメントをカバーしている(Economides and
Himmelberg 1995)。DLT システムとそれに基づくトークンは
ネットワーク財は、従来のネットワーク財を拡張したものであり
表2に示すような財の分類は、後述するように
で説明し、表 3 に示す。
(Beck 2007 より引用)。
純粋私的財は、すべての製品・要素市場における完全競争、完全情報(完全で正確、かつ自由に利用できる)、そして、そのような情報源から得られる情報によって特徴づけられる。
製品および要因の関連する価格と特性。
そして、すべての資源の完全な移動性である。さらに、次のような点で
公共財と直接的に異なるのは、純粋な私的財は、次のようなものでなければならないということです。
外部性(正負)がないこと。
財の生産と消費、または他のいかなる
消費者間の消費における相互依存性。そのため
市場が機能することを保証するために、私的財は常に
には排除可能性があります。
その財の買い手は、その利益から排除される。いくつかの
財は、部分的に私的財の特性を持っています。
純粋な場合、第三者への影響や波及はありません。
私的財でありながら、同時に公共財でもある。
このようなクラブ財を市場が生産することは、ある程度は可能である。
ブキャナン1965)、しかし、適切な範囲ではありません。
すべての市場参加者が満足するレベルである。
DLTシステムは、許可制として実装することができます。
公共システムで、アクセスは管理団体によって許可されなければならない(クラブネットワーク財)、または許可不要の
公共システム、(純粋なネットワーク財)。どちらの場合も
集団的な利用は可能であるばかりでなく、必要である。
純粋な公共財の価値は定義されないか、または増加する。
は、集団利用者の数によって変化する。
命題4:DLTシステムおよびそれに基づくトークン
はネットワーク財であり、組織間のユースケースにおいて価値創造を高めるために、集団的な利用が可能であるだけでなく、必要なのである。

2.3 Token Standardization and Network Effects
Network externalities can be considered as effects ‘‘in
which the equilibrium exhibits unexploited gains from
trade regarding network participants’’ (Liebowitz and
Margolis 1995). Exploitability gains can only be realized if
the same solution is used over the whole network, which is
the reason why standardization is important. Network
effects exist horizontally among users of DLT systems
(direct) and vertically from the availability of supporting
products and services (indirect). In both cases, the individual assimilation decision to use a certain DLT system
and related tokens affects the assimilation behavior of other
market participants. This interdependency is characterized
as bandwagon-, herd-, avalanche-, and Veblen-effects
(Ceci and Kain 1982; Choi 1997; Leibenstein 1950).
Network-effects-generating DLT systems call for a large
number of users in order to generate value in inter-organizational networks. As the assimilation outcome of network goods can lead to multiple market equilibria (Arthur
1983, 1989), a formalized standardization process can
guide the assimilation process toward a collectively preferred and stable outcome. As network goods tend to create
natural monopolies with strong lock-in effects, it is crucial
to define standards for DLT systems that account for economic and societal implications.
Proposition 5: Standardization of DLT systems and
tokens based upon them that are characterized by strong
direct and indirect network effects has strong economic
implications for providing value in inter-organizational use
cases

2.3 トークン標準化とネットワーク効果
ネットワーク外部性は、”in”効果として考えることができます。
均衡が未開拓の利得を示す場合
ネットワーク参加者に関する取引”(Liebowitz and
Margolis 1995)。搾取可能利益は、以下の場合にのみ実現される。
ネットワーク全体で同じ解が使われること、これが
標準化が重要な理由である。ネットワーク
DLTシステムのユーザー間で水平的に存在する効果。
(直接的に)、また垂直的には、サポートする製品の入手可能性から
製品・サービス(間接的)。どちらの場合も、あるDLTシステムを使うという個人の同化の意思決定が
と関連するトークンの同化行動に影響を与える。
市場参加者 この相互依存関係は、以下のような特徴がある。
バンドワゴン効果、群れ効果、雪崩効果、ヴェブレン効果として
(Ceci and Kain 1982; Choi 1997; Leibenstein 1950)。
ネットワーク効果を生むDLTシステムには、多くの人が必要です。
組織間のネットワークで価値を生み出すためには、多くのユーザーが必要です。ネットワーク財の同化結果は、複数の市場均衡をもたらす可能性があるため(Arthur
1983, 1989)、形式化された標準化プロセスによって
は、同化のプロセスを、集団的に好まれ、安定した結果へと導く。ネットワーク財は
強いロックイン効果を持つ自然独占であるため、以下のことが重要である。
経済的・社会的な影響を考慮したDLTシステムの標準を定義すること。
命題5:DLTシステムの標準化と
トークンに基づくトークンで、強い
直接・間接のネットワーク効果は、強い経済効果をもたらします。
組織間利用における価値提供の意味合いもある。
事例

 

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket