Pocket

令和2年度技術士第一次試験問題[基礎科目:環境]1-5-5

科学技術の歴史に関する問題も技術士試験では頻出です。ここでは、「不適切なものはどれか」という問いにも気をつけましょう。

今回の項目は

1. 適切な説明です。江戸時代を通じてすでに軽工業の分野で成熟を迎えていましたが、主に機械など西洋技術の導入によりさらに発展していったものです。世界遺産に認定された富岡製糸場などが例ですね。

2. これも適切です。しかし、低賃金労働力を酷使することでさまざまな問題が起こっていた負の側面も知っておく必要はあるでしょう。

3. これも適切です。たとえば、問題文中にもある日本工学会の歴史によれば、「日本工学会は明治12年11月18日、工部大学校(東京大学工学部の前身)の土木、電信、機械、造家、化学、鉱山、冶金7学科の第1期卒業生 23 名により相互の親睦、知識の交換を目的として創立され」とあり、当時の最高学歴者によって組織されたことがわかります。

4. これは不適切です。テイラーの科学的管理法は日本にも導入されましたが、品質管理ではなく労働者管理の方法論になります。

5. これは適切です。取り組みの一環として、1918年に工政会が発足しています。

以上から、最も不適切なものは4. となりますので、正解選択肢は4.です。

[解答:④]

もっと知るには・・・

おすすめ参考書

amazon 楽天

■資格取得に関してのおすすめ記事

資格取得のその先… まず第一に「資格」自体取得したところであまり意味をなしません。資格取得はゴールではなく稼ぐための手段なのです
学歴・資金・資格なしでも人生を一発逆転できる方法とは
仕事で成果を上げるために必要な2つの「仕事の構造化」と「仕事のシステム化」について

Pocket