Pocket

引用記事:Apple to Build European Semiconductor Design Center in Munich

Apple Inc. said it’s planning to build a new semiconductor design center in Munich as part of a 1 billion-euro ($1.2 billion) investment push to develop custom chips for 5G mobile and other wireless technologies in Germany.

Apple plans to move into the 30,000-square-meter (98,400-square-foot) facility near central Munich in late 2022 and plans to hire hundreds of people, the company announced on Wednesday.

Apple to Build European Semiconductor Design Center in Munich
A rendering of Apple Inc.’s new semiconductor design center in Munich.Source: Apple Inc.
“I couldn’t be more excited for everything our Munich engineering teams will discover — from exploring the new frontiers of 5G technology, to a new generation of technologies that bring power, speed, and connectivity to the world,” Chief Executive Officer Tim Cook said in a statement.

Read More: How Apple Built a Chip Powerhouse to Threaten Qualcomm and Intel

 

Apple Inc.は、ドイツで5Gモバイルやその他のワイヤレス技術のためのカスタムチップを開発するための10億ユーロ(12億ドル)の投資促進の一環として、ミュンヘンに新しい半導体デザインセンターを建設する計画であると発表しました。

アップルは、ミュンヘン中心部に近い3万平方メートル(9万8,400平方フィート)の施設に2022年後半に入居する予定で、数百人を雇用する計画であることを水曜日に発表しました。

アップル、ミュンヘンに欧州半導体設計センターを建設
Apple Inc.がミュンヘンに建設する半導体デザインセンターの完成予想図.出典:Apple Inc: Apple Inc.
“最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏は声明の中で、「5G技術の新境地の開拓から、パワー、スピード、コネクティビティを世界にもたらす新世代の技術まで、ミュンヘンのエンジニアリングチームが発見するすべてのことに、これ以上の期待はありません」と述べています。

続きを読む アップルはどのようにしてクアルコムとインテルを脅かすチップの強豪企業を築いたのか

 

 

 

The area around the Bavarian capital is a hub for chip development, with the Fraunhofer Group for Microelectronics, one of Europe’s major semiconductor-based technology research institutes, based in Munich and longtime Apple partner Infineon Technologies AG located in the region. Apple’s investment in Germany will be spread over three years.

 

The company has been developing its own semiconductors to bring more of the technology that runs its smartphones, laptops and tablets in-house. Last year, it said it will develop its own cellular modem, potentially displacing supplier Qualcomm Inc. for the technology that lets iPhones connect to the web, access apps and make phone calls.

 

A shortage of semiconductors, which have a supply chain that’s difficult to adjust quickly, have hit several industries starting last year as companies underestimated consumer demand during the pandemic.

The European Union kicked off a program this week to produce its own advanced semiconductors by 2030, aiming to account for at least 20% of the world’s chips by value and to create technology more advanced than those made by industry leaders like Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. and Samsung Electronics Co.

 

 

バイエルン州の州都であるミュンヘンには、ヨーロッパ有数の半導体技術研究機関であるフラウンホーファー・グループ・フォー・マイクロエレクトロニクスが拠点を置き、長年のアップルのパートナーであるインフィニオン・テクノロジーズ社もこの地域に所在するなど、この地域はチップ開発の拠点となっています。アップルのドイツへの投資は、3年に渡って行われます。

アップルは、スマートフォンやノートパソコン、タブレット端末を動かす技術をより多く内製化するために、独自の半導体を開発してきました。昨年、アップルは独自のセルラーモデムを開発すると発表し、iPhoneのウェブ接続、アプリケーションへのアクセス、通話を可能にする技術において、サプライヤーであるクアルコム社に取って代わる可能性を示しました。

半導体はサプライチェーンの調整が難しいため、昨年のパンデミック時に消費者の需要を過小評価したことで、いくつかの業界で半導体の不足が発生しました。

欧州連合は今週、2030年までに先進的な半導体を独自に生産するプログラムを開始しました。このプログラムでは、世界のチップの金額ベースで少なくとも20%を占め、台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング社やサムスン電子社などの業界リーダーが製造するものよりも高度な技術を生み出すことを目指しています。

 

<英語学習におすすめ>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

 

Pocket