Pocket

オペレーションのしくみづくりや、高負荷オペレーションの人力による実施、システム開発に時間を割いては、顧客が望むサービスを素早く提供しなければならないこのビジネスでは成功できません。
ビジネスを立ち上げ、加速させるには前述のような機能を備えたパッケージサブスクリプションシステムを導入する方が効率的・効果的です。

そして、その分の時間を顧客データ分析に割くべきです。

代表的なサブスクリプションシステムは、プロダクト管理、契約管理、請求・回収管理、売上計上、そしてデータ分析機能を備えています。
前述のようなプロダクト管理機能、契約管理機能に加えて、請求計算、税金計算、請求書作成機能、従量課金データの連携機能、決済代行との連携機能、クレジットカード会社システムとの連携機能、売上計上のための仕訳出力機能などを備えています。
また、顧客との契約変更履歴の分析や、解約を防ぐためのレポート分析機能を持っています。

ちなみに、代表的なサブスクリプションシステムパッケージのズオラは、前述の機能をすべて備えておあり、、さらにはプロダクトの課金形態への対応は多岐にわたっています。
パッケージをリリースしてから今まで、毎月バージョンアップを行い、欧米の多くの企業のサブスクリプションシステムとして活用されています。
「アドオン開発は可能なのですか」といった質問は、不要のものとなるのです。

各システムとの相互連携が必要

サブスクリプション・ビジネス成功の鍵である顧客の求めに応じた素早い対応と、顧客がどのようなサービスを欲しているかを分析するにはどうしたらよいか。
それを実現するために必要な、各システムとの接続について説明していきましょう。

迅速に対応するには、まず、顧客との多様な接点を持つことが欠かせません。
そのためには、EC(電子商取引)サイトやCRM(顧客情報管理)システムとサブスクリプションシステムを接続することが求められます。

特にB to Cビジネスの場合、ECサイトとの接続が必須といってもよいでしょう。
ECサイトでのわかりやすい課金体系やサービス内容を提示できることに加えて、その情報をサブスクリプションシステムへ即座に連携できることが必要です。

最近ではこのような連携をAPIを用いて、実装するケースが増えています。
さまざまなSaaSアプリケーションがAPIによる標準接続口を持っています。

 

もっと知るには・・・

Pocket