Pocket

真正の利殖法

実業というものはいかに考えてよいものか、もちろん世の中の商売、工業が利殖を図るものに相違ない、もし商工業にして物を増殖する効能がなかったならば、すなわち商工業は無意味になる、商工業はなんたる公益もないものになる、さりながらその利殖を図るものも、もしことごとく己れさえ利すれば、他はどうでもよかろうと言うことをもって利殖を図って行ったならば、その事物はいかに相成るか、むつかしいことを言うようであるけれども、もし果して前陳のごときありさまであったならば、かの孟子の言う「何ぞ必ずしも利を曰はん、又仁義あるのみ」云々、「上下交々利を征りて国危し」云々、「苟しくも義を後にして利を先にすることをせば、奪はずんば饜かず」となるのである、それゆえに真正の利殖は仁義道徳に基かなければ、決して永続するものでないと私は考える、かく言えば、とかく利殖を薄くして人欲を去るとか、普通外に立つと言うような考えに悪くすると走るのである、その思いやりを強く、世の中の得を思うことはよろしいが、己れ自身の利欲によって働くは俗である、仁義道徳に欠けると、世の中の仕事というものは、段々衰微してしまうのである。

学者めいたことを言うようであるが、支那の学問に、ことに千年ばかり昔になるが、宋時代の学者が最も今のような経路を経ている。
仁義道徳ということを唱えるにつきては、かかる順序から、かく進歩するものであるという考えを打ち棄てて、すべて空理空論に走るから、利欲を去ったら宜しいが、
その極その人も衰え、したがって国家も衰弱に陥った。その末は遂に元に攻められ、さらに禍乱が続いて、とうとう元という夷に一統されてしまったのは宋末の慈惨である。
ただ、とかくは空理空論なる仁義というものは、国の元気を沮喪し、物の生産力を薄くし、ついにその極、国を滅亡する。
故に仁義道徳も悪くすると、亡国になるということを考えなければならぬ。されば利殖を主義とするか、おのれされ利すれば宜しい。
人は構わぬという方の主義に基づいてやって行くか、今いう隣国のある一部分、元の当時の有様はそれである。
人は構わぬ、おのれさえ宜ければ良い、国家は構わぬ、自己さえ宜ければ良い。

その極、国家は如何なる権利を失い、如何なる名声を落とすとも、個人の発達を考えて国家を顧みる人は、ほとんど稀だという有様である。
宋の時代には、前述の道徳仁義について国を亡ぼしたし、今日はまた、利己主義において身を危ううすると、いわねばならぬのである。
これは独り、わが隣国ばかりではない。他の国々も皆、同一であって、つまり利を図るということと、仁義道徳たる所の道理を重んずるということは、
並びたって相違ならん程度において、初めて国家は健全に発達し、個人は各々その宜しきを得て、富んでいくというものになるのである。

試みに例えば、石油であるとか、もしくは製粉であるとか、あるいは人造肥料であるというような業務について考えてみても、もし利益を進めるという観念がなくて、
なりゆき次第でどうでも宜いというような風にやったならば、決して事業が発達するものではない。
富の増進するものではないことは、明らかである。仮に、もしその仕事が事故の利害に関係せず、人毎に儲かってもおのれの仕合せにならぬ。
損しても不仕合せにならぬということであったならば、その事業は完全に進まぬけれども、おのれの仕事であれば、この物を進めたい。
この仕事を発達せしむるということは、争うべからざる事実である。されば、もしさういう観念から他のことを凌いで、あるいは世の中の大勢をしらず、
あるいは事情を察せずに、われさえ善ければ宜しいということであったならば、如何になるか。

必ずともにその不幸を蒙って、おのれ一人を利そうと思った。そのおのれもまた、不幸を蒙るということになるのである。
ことに、ごく昔の事物の進歩せぬ時代は、あるいは「マグレ」幸いということがあったけれども、世の進むにしたがって、すべての事物がどうしても、
規則的にやって行かなければならぬ時代において、おのれの自身さえ都合が宜いと言うならば、例えば鉄道の改札場を通ろうというに、狭い場所をおのれさえ先へ通ろうと、
皆思ったならば、誰も通る事ができぬ有様になって、ともに困難に陥る。近い例をいうと、おのれのみという考えが、おのれ自身の利を進める事が出来ぬというは、こと一事に微しても
分かるだろうと思うのである。ここにおいて、私が常に希望する所は、物を進めたい、増したいという欲望というものは、常に人間の心に持たねばならぬ。

しかしてその欲望は、道理によって活動するようにしたい。この道理というものは、仁義徳、相並んで行く道理である。その道理と欲望とは相密着して行かなければ、この道理も前にいう、
支那の衰弱に陥ったような風に走らないとはいえない。また、のちにいう欲望は如何に進んで行っても、道理に違反する以上は、いつまでも奪わずんば饜かずという不幸を見るに至るであろうと思うのである。

 

もっと知るには・・・

Pocket