Pocket

外出後に家に戻ってみると鍵を閉め忘れていた。
そんな経験は誰しもがあることでしょう。

朝の忙しい時間についうっかり。
考えごとをしていたなど、余裕のないときに鍵の閉め忘れは起こるようです。

 

家を離れている、数時間の間に空いていた玄関から男が侵入し、
しまっておいた現金が盗まれていた。

空き巣被害は、ついうっかりでは済まされません。

 

空き巣の侵入手段を調べてみると、第1位は「無施錠」という結果になっています。
つまりすぐに実践できる防犯対策は、「施錠」なのです。

 

家のものが盗まれ窓やドアの鍵も壊されてしまったら後悔ばかりが残ってしまいます。
そうならないためにも閉め忘れを防止する方法を紹介します。

 

それはQrio Lockです。

 

Qrio Lockは、スマートフォンでカギを操作できるスマートロックです。

一般家庭などの既存の鍵に取り付けることでスマートロックにし、
スマホを鍵にして施錠・解錠が簡単に管理できるというもの。

その機能を使えばドアの開閉をセンサーが検知してホテルのようなオートロックにすることができ、鍵の閉め忘れを防げます。

 

取り付けは付属の両面テープで貼り付けるだけです。
ドアに穴を開けることも、特別な工事も必要ありません。
剥がれにくく、後残りしにくい両面テープなので、賃貸住宅でも安心です。

 

設置したあとは専用のアプリをダウンロードして、
チュートリアルに沿って設定をすればアプリの操作で簡単に鍵の開閉ができるようにもなります。

 

つまりオートロック機能だけでなく、
スマホを鍵にして施錠・解錠が簡単に管理できるようになります。

 

他にもアプリの入ったスマホを身に付けたままドアに近づくとハンズフリーで解錠することができるので、
荷物を持ったまま両手がふさがった時でもいちいち鍵を取り出す必要がないのは便利です。

 

別売りされている『Qrio Hub』を購入すれば、ネットワーク経由で鍵の開閉ができるので外出先から施錠・解錠をすることが対応可能です。
アプリ上から鍵を複製して他人に付与することもでき(削除もできる)とても便利になります。

Qrio Lockの操作情報が、スマートフォンに通知されるので、
いつ、誰が解施錠したかがわかるので、家族の外出や帰宅のサインになって安心です。

 

またスマホを持ってない人にはリモコンキーで鍵の開閉ができるので、
必ずしもスマホが必要ではないので新しくスマホを買う必要もありません。


 

通勤や通学などで外出するときに、

「部屋のカギ閉めて出てきたっけ?」
「戸締りしたかな?」

と不安になったことや・・・

「あれ?部屋のカギがない!?」

 

なんて経験をしたことがある方はいつ空き巣に家を荒らされていてもおかしくありません。

 

今すぐのQrio Lock導入がおすすめです。

Qrio Lockはここから。

 

Pocket