実技

リングスリーブ
リングスリーブ 刻印のマーク 電線の組み合わせ
Φ1.6mm Φ2.0mm 異なる径の場合
2本
3~4本 2本 1.6×1本+2.0×1本
1.6×2本+2.0×1本
5~6本 3~4本 1.6×3~5本+2.0×1本
1.6×1~3本+2.0×2本
1.6×1本+2.0×3本
電線の長さ
工事個所 ケーブル長さ 電線長さ 銅線長さ
電源 0 0 0
施工省略 0 0 0
端子台・ブレーカー 0 50 10
ジョイントボックス 100 100 コネクタ:12
リングスリーブ:20
アウトレットボックス 100 120
スイッチボックス 100 100 スイッチ、コンセント:10
パイロットランプ、3路スイッチ:12
ランプレセプタクル 50 40 20
露出型コンセント 50 30 20
引っ掛けシーリング 50 15(ゲージ合わせ) 10(ゲージ合わせ)
わたり線 100 100 スイッチ、コンセント:10
パイロットランプ:12

学科

電線の太さ

電線の許容電流
単線 許容電流 より線 許容電流(より線)
1.6mm 27 5.5mm² 49
2.0mm 35 8mm² 61
2.6mm 48 14mm² 84
3.2mm 62 22mm² 115

 

電線の減少係数
同一管路の電線数 電流減少係数
3本以下 0.70
4本 0.63
5、6本 0.56
7本以上15本以下 0.49

 

分岐回路での配線用遮断器と電線の太さとコンセントの関係
配線用遮断器の定格電流 電線の太さ コンセント
15A 1.6mm以上 15A以下
20A 2.0mm以上 20A以下
30A 2.6mm以上 5.5mm²以上 30A以下
40A 8mm²以上 30A以下 40A以下
50A 14mm²以上 40A以下 50A以下
分岐回路の開閉器および過電流遮断器の施設

設置場所: 分岐回路の開閉器および過電流遮断器は、低圧屋内幹線からの分岐点から3m以下に設置しなければなりません。
例外条件:
分岐回路の電線の許容電流が幹線の過電流遮断器の定格電流の35%以上の場合、取付点を8m以下に延長可能。
分岐回路の電線の許容電流が幹線の過電流遮断器の定格電流の55%以上の場合、制限なし。

注意事項
「3mを超え8m以下が35%、8mを超えると55%」と覚えましょう。

 

絶縁電線とケーブルとコード

地中配線の直接埋設式の施設は、ケーブルを使用しなければなりません。

引用元(画像):改訂版 この1冊で合格! 広川ともきの第2種電気工事士学科試験 テキスト&問題集 Kindle版

【第二種電気工事士】GPTに聞く!デルタ結線の電圧降下計算:正しい方法と実効値の理解