Pocket

仕事が楽しくなる!!! 効率的にやりがいのある仕事をしたくないですか?

仕事を楽しく、効率的にこなせる人は、仕事に対して余裕があり、プライベートも充実しています。
仕事に追われるのだけではなく、趣味の時間も充分に確保して、満喫しているのです。

そういう人は言うまでもなく、仕事もかなりの成果をあげており、
楽しく、やりがいを持って仕事に取り組んでいるのです。

 

あなたも、仕事もプライベートも充実した生活を送れるようになりたくないですか?

 

今回はあなたが、仕事を効率的に進めることができかつ、やりがいをもって、取り組むことができるようになる方法を教えます。

 

やりかたを間違えているとどれだけ頑張っても成果はでない

仕事をこなしても、こなしても、成果がなかなかでない。
つくった資料も、読みにくいと一蹴され作り直しに時間をとられてばかりで、一向に成果がでない。

 

そんなことばかりだと、仕事が嫌になってきませんか。

 

 

そう言った、気持ちはわかります。
仕事での挫折は多くの人が経験する道です。

 

取り組んでも、取り組んでも、仕事に全く進捗や成果がでない。
私もそうでした。

 

毎日、16時間程度は会社にいて仕事をしているのに、作った資料や報告書は一蹴される。
私もやってられないと感じる時期はありました。

まわりからは全く認めてもらえないのです。

 

仕事のスキルを学ぶと仕事ができるようになる

しかし、それがあることを学んでから改善していくようになったのです。
そのあることというのが、「仕事の構造化」と「仕事のシステム化」といった仕事のスキルです。

 

 

限られたエネルギーの中で、成果を上げるためには

求められた成果を出せる仕事を優先して、他のことにはエネルギーを使わないことが大切です。

 

 

求められた成果が得られれば、例えその他のことがダメでも

文句を言う人はいないハズです。

なぜなら、仕事ができる人とは成果を出す人のことだからです。

そもそも、仕事ができないと感じてしまうのは

「求められていること」と「自分がやっていること」にズレが起きてしまっているからだとも言えます。

自分に何を求められているのかが明確化されていないから

あれもこれも全力でやろうとしてしまい、仕事が遅くなりミスが出てしまいます。

では、どうしたら成果を出すことができるようになるのか?

1.自分はどんな成果を求められているのかを知る
2.何をすれば、結果が手に入るのかを知る

 

上記の2つを知ることで、仕事ができないという状況を改善することができます。

 

詳しくはこちらから→加藤将太さんが教える「構造化」、「システム化」

 

 

仕事ができるようになり、成果でてくると仕事にやりがいが感じられます。
頼りにされているという充実感や、仕事が進んでいる達成感によって仕事がさらに好きになってきます。
嘘のように思えるかもしれませんが、仕事ができるようになるとそんな気持ちが沸き上がってくるのです。

 

人生の多くの時間を占める仕事にやりがいを見いだすことは、充実した豊かな毎日を過ごすためにもとても大切です。
仕事にやりがいを持てないまま、何となく働くだけでは、モチベーションが保てず、キャリアアップも難しくなってしまうばかりか、心身の疲弊にもつながってしまいます。

 

そんな気持ちを変える方法が

加藤将太さんが教える「構造化」、「システム化」

を学ぶことです。

 

 

 

もしあなたが、仕事を通して下の5つの項目のどれか一つでも、求めるなら

加藤将太さんが教える「構造化」、「システム化」

を学ぶ事はとても大切です。

 

高い給与がもらえる
人により重要度は異なりますが、人が生活するにはお金も重要な要素です。特に、趣味や暮らしにお金をかけたい人や、貯金をできるだけしたいという人にとって、高い給与は大きなやりがいとなります。どれだけハードワークであっても、毎月の給与やボーナスのためにがんばることができる…というタイプの人もいるでしょう。給与にやりがいを求める人には、仕事の成果が給与に結び付きやすい仕事であるほど、モチベーションを高く維持できるといえるでしょう。

成果が認められる
仕事を終えたときの達成感や、成果が認められたことによる喜びに、やりがいを見いだす人もいます。楽しい仕事ばかりではなく、時にはつらいと感じることがあっても、努力し、熱意を込めて仕事をした結果、目標を達成したり周囲に認めてもらえることが、大きなやりがいにつながるという人も多いはず。売上や成績など、実績が数値化されやすい仕事だと、特に成果が明確に出るため、このタイプの人はやりがいを持ちやすいといえます。

能力が発揮できる
自分の持つ知識や能力を発揮することが、やりがいにつながるという人もいます。他人と差別化された能力が発揮できることは、その人にとって大きな強みや自信となります。仕事そのものに楽しさを見いだせることができる人も多いのではないでしょうか。特にクリエイティブな職業や知識を活かせる職種、資格が必要となる仕事に従事する人の場合、このようなやりがいを見いだす人が多いでしょう。

人の役に立つことができる
社内の人や顧客から感謝されたり、頼られたりと、自分が誰かに貢献できていると実感することにやりがいを見いだす人もいます。仕事で苦労することがあっても、「ありがとう」の言葉でモチベーションが保たれる…ということもあるはず。アシスタントやサポート業務、テレオペレーター、接客・販売関連、医療・介護関係など、人のためになる仕事がしたいという人にとっても、重要なポイントとなるのではないでしょうか。

自分が成長できる
仕事を通じてできることが増えたり、人として成長できたりすることにやりがいを感じるという人もいます。理想とするキャリアプランや、将来のビジョンが明確な人ほど、自己成長を実感しやすいはず。このような人は、「成長するためには何が必要なのか」ということを意識しながら働けるため、仕事に積極的に取り組めるのではないでしょうか。

 

 

もしあなたが、仕事が楽しくなる!!! 効率的にやりがいのある仕事をしたいと思っているなら

加藤将太さんが教える「構造化」、「システム化」を一度学んでみてはどうでしょうか。

(ちなみに、無料で学ぶ事ができます。)

Pocket