Pocket

今回は目標を達成するための朝の時間の有効活用についてお話します。

 

なぜ朝の時間の有効活用が大切かというと、
脳は朝が一番エネルギッシュなので、
成果をだしたいなら朝に取り組む事が一番効率がいいからです。

 

脳は何かを決断するたびに疲れます。
そのため、決断を繰り返した夕方の脳よりも
朝の脳のほうがハイパフォーマンスであるために朝に
一番大切にしたい事に時間を使う必要があるというわけです。

 

例えば脳みそが疲れる決断というと、
メール確認や、着る服の決定などこんな小さな事でも、エネルギーを消費してしまいます。

 

意思決定を排除して自分が一番成果を出したい仕事に取り掛かる。

 

 

これがお勧めなのでこういった、

決断を排除しながら、朝に取り組む習慣化も身に着けかたを紹介していきます。

 

 

まずは、成果を出したいタスクに取りかかる前の小さい意思決定っての全て排除する必要があります。

 

 

 

 

具体的に言えば、例えば朝ごはん。
なにを食べるか迷うのであれば、朝ごはんを排除して取り組むようにしてみましょう。
実際にそれぐらいの徹底ぶりっていうのが成果を出すためには大切だと感じています。

 

 

 

起床 ⇒ タスク

 

 

 

 

これぐらい徹底した習慣をつくると、
意思決定による脳の疲れを限りなく排除でき
質の高いタスクができるのではないでしょうか。

 

 

 

そして、習慣化というのは(エネルギー)脳の疲れを軽減できます。

 

ブログで成果をだすには最低100記事からなんて言われていますが、
最初の3週間はかなりエネルギーが必要だけど、
3週間毎日やってたら『習慣』になって、それ以降は苦痛じゃなくなってきます。

 

 

 

 

それは最初の3週間は決断によって、エネルギーを消耗しているからです。
しかし、それが1ヶ月後には、習慣となって、当たり前のように作業ができるようになります。

 

 

 

習慣化される前と後で、違いは何だろう?って考えてみると、
「最初は、今日は疲れてるしやめとうかな、とか、
でも毎日続けるって決めたのに今日やらないと明日もやらなくなるんじゃ・・」
みたいな事を色々考えて、脳のエネルギーをかなり消費するからです。

 

 

一方で習慣化されてからは、作業を開始するまでに一切思考を必要としないのです。
そのためかなり効率よく作業に取り組むことができるようになります。

 

 

 

朝の時間だけではなく日常生活すべてにおいて、
「習慣化できるものは、可能な限り習慣化してしまう」
事で脳のリソース(エネルギー)をうまく使えるようになります。

 

 

 

 

 

習慣化については昔の記事がいくつかあるので紹介します。

・94の研究によって証明された最強の習慣作りif-thenルールとその応用法:https://livemyself.com/archives/1245
・エネルギーの概念を学んで人生を変える習慣化を作ろう。:https://livemyself.com/archives/1305
・人生を変える習慣!!:https://livemyself.com/archives/93
・人生が精一杯なのはエネルギー不足。概念を学んで人生を変える習慣化(ランニング、読書等)を作ろう。:https://livemyself.com/archives/130
・ネットビジネスで月収1万円の壁を突破するための習慣化:https://livemyself.com/archives/1385

Pocket